※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いくら話術を極めても話題がなければ文字通り話しになりません。
ここでは話題の集め方を紹介します。

  • 新聞
 基本。アダルトからヤングまで話せる媒体。朝食前に読もう。

  • めざましテレビ
 朝の情報番組を見るならこれ。音楽や芸能やスポーツなど話題にしやすい内容が豊富。

  • 王様のブランチ(TBS系列)
 料理、本、旅行など様々な分野を取り上げているので広く浅く、情報を得ることが出来ます。

  • ランク王国(TBS系列) 
一週間の音楽、マンガ、ゲームなどの売り上げのランキングを紹介する番組。若者はかなりの割合で見てるんで、コレ見てたら話しに入りやすいかも。

  • 角川クロスメディア
○○ウォーカー 横浜ウォーカーだとか、東京ウォーカーとかの雑誌です。地方ごとに流行っているモノを紹介している雑誌。


【明日のためのその1】~流行を追う

流行と言いましても、別に流行の服を着ろー、だとか、流行の料理でも食べに行こー、ってわけじゃないです。(それも大切だけど)
ここで言う流行とは、「映画」や「小説」、「テレビ番組」などです。
上記の3つの流行を頭に入れとけば、会話も始めやすいです。
例:)「昨日の○○見たー?あれマジ面白いよねー!」
  「この前さー、○○の見に言ったんだけど、全然面白くなかったよー。○○さんは見た?」などなど・・・

これらの情報を得るのに手っ取り早いのは、流行を扱った雑誌や番組を見れば簡単に集まります。↓は手っ取り早く情報を得ることができるモノです。

【明日のためのその2】~家に居るなら外に出ろ

休日家でゴロゴロしてネットやゲームに入り浸っていると、私生活での話題がすぐに尽きてしまいます。
それなら友達と遊んだりイベントに出かけたり買い物に行ったりなど行動を起こす、つまり外に出て見ると
その場で起こったアクシデントなどの出来事や出かけ先で見た面白いものうまいものなど、
話題に幅が広がります。

休日を有意義に過ごすために日記を書くことをオススメします。
日記を書いていると「○月×日 今日は一日中寝てた」と書くのを避けるために少しずつ日記にかけるようなことを始めるようになるでしょう。