■ EeePCの軌跡
要するにモバイル端末機器活用が趣味のブログです



★■ iPhoneを充電しながら通話をしていた女性が感電死か / アップル「徹底調査をする」 「ロケットニュース24(2013.7.15)」より
(※ 前略)
/
  • 死因は感電死
日付が変わった12日0時すぎ、家族は愛倫さんが感電したと通報。鑑定の結果、馬さんの死因は感電死、首のあたりにハッキリと通電した痕跡があったそうだ。

  • 充電中のスマホ使用で感電する?
充電中のスマートフォンで人が感電することはあるのだろうか? 充電中のスマートフォンでの感電死は考えにくく、多くのネットユーザーから疑問の声も出ている。馬さんが濡れた状態で使っていたのではという説もあるが、状況は不明だ。詳細を調査中とのことである。なお、馬さんが使用していたiPhone5は、2012年12月に購入したものであり、正規品であったという。

  • アップルチャイナが声明「徹底調査します」
中国報道によると、事故を受けて7月14日にアップルチャイナが声明を発表。「我々も深く心を痛めております。亡くなった方とそのご家族にはお悔やみ申し上げます。この事案については徹底調査を行うとともに、全力で関係機関への協力を行う所存です」とのことだ。

ソフトバンクが19日の会見で用いた資料の中で、2013年3月時点のLTE基地局免許許可数は「ソフトバンク1万673、KDDI4516」とし、孫正義社長が「来年の3月に、91%の実人口カバー率をLTEで実現させたい」「KDDIの倍以上先行している」と発言したが、実際は2012年8月18日時点の誤りだった。基地局の増設は両社が急ピッチで進めており、2013年3月時点も「(ソフトバンクがKDDIの倍以上という)現在の数値であるはずがない」(KDDI広報)。抗議を受けソフトバンクは20日、メディア各社に訂正を送付した。
久保内信行‏@tabloid
http://twitter.com/tabloid/status/249790849238577152
しかし、ソフバンのiPhone5、電池の減りが異次元マッハ! LTE切れば解決らしいよ!意味なくていいね!
2012年9月23日 - 1:42

1.ソフトバンクは来年にならないとテザリング不可。更に今年中に申し込まないとダメ
2.料金が同じだけど速度はauの方が速い
3.LTEの基地局もauのほうが増設は早いはず
4.auスマートバリューを使えば最大2年間月額1480円ソフトバンクより安くなる
5.ソフトバンクはいろいろと罠が多い

なおこの結果はあくまでも「9月23日午後時点の山手線での結果」であり、これを持って日本全国のネットワークの状態を判断できるものではない。通信速度は時間・場所・タイミング(そのときの基地局利用者の多寡、他のユーザーが何をしているか)などでも変わるものなので、あくまでも参考程度に見てほしい。
KDDIは「都内では負けない」と豪語していただけのことはあり、山手線をカバーするLTEエリアはかなりたくさんある。KDDIの場合、iPhone 5がLTEで利用する2.1GHz帯の周波数は、トラフィックが多いエリアに重点的に設置されているため、ネットワークが混雑している場所ほどLTEが入る可能性があるという有利な状況だ。ただ、裏を返すと都内以外はまだ手薄であるとも考えられる。

 一方ソフトバンクモバイルは、基地局の数が多いことをアピールしていたが、特にトラフィックが多い山手線の南部では3GからLTEへの切り替え工事が難航していて、今回のテストでもLTEが利用できたのは秋葉原、上野、田端、渋谷のみだった。ただ、ここも数カ月以内には改善される見通しとのことなので、テザリングが利用可能になる1月までにはおそらくLTEが使えるようになるだろう。


■銀座アップルストア

SB iPhone 5  LTE 19.19Mbps
SB iPhone 5  3G 1.63Mbps
SB iPhone 4S  3G 1.48Mbps
au iPhone 5  LTE 54.6Mbps
au iPhone 5  3G 2.68Mbps
au iPhone 4S  3G 1.78Mbps


ーーーーーーーーーーーー
■ 【 #iPhone_5 】どっちが速い!? ソフトバンク vs au速度ガチンコ対決! 「ギズモード・ジャパン(2012.9.24)」より
今回の対決を通じて気づいたことは、繋がりやすさではau、スピードではソフトバンクという点。移動中の両キャリアのiPhone 5を見ていると、auがLTE接続をしているとき、ソフトバンクは3G接続ということが多いのです。このことから、LTE接続のエリアはauのほうが広範囲であることが予想できます。

逆に、データ通信の速度で見ると、ソフトバンクのほうが全体的に高速。非公式の測定では20Mbpsを超えることもありました。ここ一番の瞬発力はソフトバンクに分があると言えます。

なお、今回の検証は、あくまでも特定の場所、時間帯での一結果に過ぎません。この記事を見てる方はお分かりかと思いますが、違う時間帯、違う場所で行った場合、逆の結果になる可能性もあります。その点をご了承ください。

いやー、でもiPhone 5は快適ですよー。あまり圏外になることもありませんでしたし。楽しいiPhone 5ライフを送ってください!!


■ iPhone5、auは7GB制限、ソフトバンクは1.2GB制限。 「No!SoftBank(2012.9.23)」より
これがソフトバンクの「後出しジャンケン」のようです。
auは7GB制限とバカにしていたソフトバンクと信者ですが、残念ながらソフトバンクは1.2GB制限だったようです。

3GどころかLTEも通信規制対象でしたー。
はーい、景表法違反で完全アウトー。
全然無制限じゃないですね。これ詐欺でしょ。国民生活センターや消費者庁、さらに総務省にもクレームを入れるべきです。

1.2GB以上通信してしまうと、それだけで翌々月は丸々1ヶ月通信規制
LTEが高速だからって動画とか見て遊んでると数日でアウトでーす。
もう既にみんなアウトなんじゃないですかね?
これで5460円という高額なパケット代を支払わされる皆さん。素敵ですね。
ちなみに3Gの規制を食らうと超低速での通信しか出来ません。
LTEはどうなるでしょうね?









.

添付ファイル