+ クチコミ検索〔アパホテル〕
+ ブログサーチ〔アパホテル〕
+ ニュースサーチ〔アパホテル〕
+ クチコミ検索〔APA HOTEL〕
+ ブログサーチ〔APA HOTEL〕
+ ニュースサーチ〔APA HOTEL〕



■ 驚愕!アパホテルへの嫌がらせデモの主催者は中国共産党配下の共青団関係者か? 「なでしこりん(2017.2.6)」より
/
日中共産党による日本攻撃はもう看過できません!
..日本での「アパデモ」はやっぱり中国共産党の仕込み?

.....なでしこりんです。昨日の拙リポートにたくさんの「いいね」をありがとうございました。左翼系通信社の「共同通信」は案の定、中国人デモ隊が「平和を大切に」、「中日友好」を訴えていた報じています。ある意味、ニュース報道の「送水ポンプ」的な通信社がこんなヤラセ記事を流すのは中国流の「世論操作」「思想統制」と同じことだと思いませんか?そんな中、ツィッターにすごい情報が流れています。ズバリ、「中国人デモの主催者・俊龍は中国共産党配下の共青団関係者?」という情報です。

(※mono....中略)
/
...説明 が長くなりましたが、「アパホテルにデモを仕掛けたのは俊龍」ということを在日中国人の孫向文さんが暴露されています。孫さんは「日本の立場」で中国を批評している批評家・漫画家の方。私たち日本人が見つけられない「中国情報」を数多く紹介されています。

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)


■ またデフレ自慢している馬鹿がいたようで 「パチンコ屋の倒産を応援するブログ(2017.1.27)」より
(※....アパホテル関連記事のみ転載。他詳細はブログ記事で。なお太字はmonosepiaによる。)
/
さて、アパホテルの件ですが、
マスゴミが捏造報道で世論を誘導しようとか世論を諦めさせて分断させようとか
そういう事を繰り返しています。

アパホテル本社に確認したところでは
札幌アジア大会での撤去について
・大会組織委員会から正式な要請なし
・撤去する予定はない
・札幌の店舗に限定しての撤去も予定もない
とのこと。

つまりそうした報道というのは、
噂を先行させてそういう方向へ誘導しようという作り話ということです。ご注意ください。

日本のマスゴミがいかに取材しないで記事を書いているかがわかります。


今回のアパの件はいろいろと興味深いです。
といいますのも、中共がどういうルートで工作を行うのか、
そのマッチポンプのルートが見えたと思います。

ターゲットを決めて騒ぎを起こして火をつける
(特亜or特定マスゴミ)
 ↓
NHKなど反日マスゴミが追加情報をでっち上げて話の方向性を作ろうとする
(ついでにここで扇動や分断を諮る)
 ↓
この報道に乗っかって特亜が圧力をかける
(ついでに中共が先なら韓国が便乗、韓国が先なら中共が便乗)
 ↓
日本の政治家や外務省、評論家などが日本側が譲歩するよう促す。

という流れなのでしょうが、
今回はアパ側が撤去しないと宣言して徹底抗戦の構えを見せたため
いつものやり方がうまくいかなくなってしまいました。

明らかに中共も韓国も慌てています。
元々がでっち上げで難癖を付けているだけなので
こういう例が一つできてしまうと次から同じ対応をされてしまいかねません。

そこで中国共産党も韓国政府も直接言及して見苦しく圧力をかけています。

せっかくこれまで長いことやってきたマッチポンプによって日本に介入するための構図が
蟻の一穴により崩されかねないのですから相当な慌て様でしょう。

それだけ 日本の反日マスゴミによる世論支配が崩れてきた証 拠でもあります。

アパには是非ともがんばってもらいたいと思います。


■ 「今や知名度は世界一」「いいタイミングで騒いでくれた」「書籍を撤去しない」元谷外志雄アパ代表 「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現(2017.1.27)」より
/
平成29年年1月19日(木)、東京都港区赤坂
第68回勝兵塾月例会 元谷外志雄塾長(アパグループ代表)開会の辞
「アパホテルへの攻撃は、大きな組織が数カ月かけて準備をし、仕掛けてきたと分析している。」
「全国から10,000件を超える激励の電話やメールを頂いている。特に何人もの国会議員から激励の電話を頂いている。」
「私は多くの人達の期待もあって、どういうことがあっても決して撤退なんてことは考えていません。」
「長期的に見れば、知名度を高めたことによってカバー出来る。」

■動画
第68回勝兵塾月例会 塾長開会の辞
https://www.youtube.com/watch?v=2999MIUHNh4
1月19日
勝兵塾の塾長・元谷外志雄(アパグループ代表)
(前略)
言論の自由のない国から言論の自由のある国がそういう事を書いたからといって攻撃する、まあここのところ非常に目立つ存在だったのかもしれません。
アパが世界戦略をというような事で彼らから見ればどこまで伸びる事やろうかと、強大な勢力となって快からぬ事を絶えず拡散していくのはちょっとは迷惑しとるよという事で、
痛い目と言ったらなんやけどマイナスを与えれば少しは反省して撤退するいうかね、もうそういう本は置きませんとか言うかなと思ったんでしょうね。

しかし私はこれまでの主張はアップルタウンを発刊して25年6年経ちますが、一貫してやってる事であって、ここ一二年前からやってるわけでもないし、
勝兵塾だけでももう六年近くやってるわけですから、このタイミングでとなると、そういう直接アパをというよりもその背景に狙いがあるのかな、
となると結構組織が大きいかなあという事とかなり計画的だなあと、ネットの攻撃だけならともかく人が動き出してるという事でですね。
私は多くの人達の期待もあってですね、どういう事があっても決して撤退なんてことは考えていません。

しかしながらそういう事があることによって営業的には今サイトが止まっている状況ですから予約ができないと、アパの公式サイトからの予約ができないと、
中国からも予約しようとしたら予約を受け付けないというような事でいくらかのダメージは出るかもしれませんが、
長期的に見ればですね、名前を売る言うか知ってもらうと言うか、名前の知らないホテルに泊まる人はいないですし、
ネット時代はアパが上手くここまでになれた大きな原因はネット社会の広がりというか、
それによって最も最短「A」から始まる「APA」であり「あ」から始まる「アパ」であってですね、ネーミングの勝利じゃないかなという風に思っています。
そういう時にですね、数ヶ月もすると人は何の事やったか忘れるけども名前だけ残ります。
たぶん、だいたい人の噂も75日とかいうわけですから、三月もするとなんか大騒ぎやったけどあれなんやったかなという事が多いと思います。
だからその間のマイナスはその後の知名度を高めた事によってカバー出来るのかなという思いです。
(以下略)

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)



















.