■ 日本のコンビニ戦争 「日本や世界や宇宙の動向(2014.11.12)」より
/
以下のセブンイレブンの経営方針はまるでヤ●ザです。他のコンビニも同じようなもんでしょうけど。。。
日本にはコンビニが多すぎます。店を増やすことしか考えていない会社!
これ以上、店を増やしても地獄を見るだけ。加盟店オーナーになりたいなんて考えない方がいいですね。
ヤ●ザの社会に関わると人生は地獄ですね。


(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)

■ コンビニオーナーらの記者会見の場所が外国特派員協会である理由 「木走日記(2014.8.18)」より
/
 コンビニチェーンの本部と「フランチャイズ契約」を結んでコンビニを経営するオーナーらが7月30日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開き、その「労働環境」の厳しさを訴えたそうです。

 会見の内容はBLOGOSが報じています。
......................................................................................
BLOGOS編集部2014年08月18日 11:02
「労働条件はアルバイトのほうがいい」コンビニ店主たちが訴える過酷な「労働環境」
http://blogos.com/article/92642/
......................................................................................
 この訴えに対しコメント欄では厳しい意見が多いようです、加盟店のオーナーは、立派な起業家であり経営者であるわけで、契約内容をしっかり確認して契約すべき、自己責任でしょ、というわけです。

 それはそうなのですが、この問題、メディア分析をテーマとしている当ブログとしては、違う切り口で考察したいのであります。

 自殺者まで出ているこの社会問題、すなわちコンビニチェーンオーナーを酷使しつつ、一人売上利益を伸ばし続けているコンビニチェーン本部のアコギな経営戦略について、今回は取り上げたいです。

(※ 以下略、詳細はブログ記事で)

■★ 「労働条件はアルバイトのほうがいい」コンビニ店主たちが訴える過酷な「労働環境」 「BLOGOS(2014.8.18)」より
/
全国どこでも、いつでも営業していて、我々の生活になくてはならない存在となったコンビエンスストア。だが、その店舗を経営するコンビニオーナーが置かれている環境は、必ずしも恵まれたものではないようだ。コンビニチェーンの本部と「フランチャイズ契約」を結んでコンビニを経営するオーナーらが7月30日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開き、その「労働環境」の厳しさを訴えた。

会見に参加したのは、セブン-イレブン加盟店オーナーで、コンビニ加盟店ユニオンの副執行委員長をつとめる三井義文さんと、同ユニオンの顧問である中野和子弁護士、連合岡山の高橋徹会長だ。三井さんは「当初の契約にないことが起きるので本部に質問するが、くわしく教えてもらえない」として、本部と加盟店の間の「情報格差」への不満を口にした。

中野弁護士は、コンビニのフランチャイズ契約は「偽装された雇用関係」であると指摘し、「加盟店に裁量がほとんどなく、年間3000時間以上の長時間労働を強いられている」と、加盟店のオーナーが置かれた環境の過酷さを訴えた。(取材・構成:亀松太郎、高橋洸佑)

(※ 以下略、詳細はサイト記事で)