● 民間防衛〔Wikipedia〕
民間防衛(みんかんぼうえい、civil defense)とは、武力紛争等の緊急事態において市民によって国民の生命及びインフラストラクチャーや公共施設、産業などの財産を守り、速やかな救助、復旧によって被害を最小化することを主目的とする諸活動をいう。民防と略される。文民保護の機能もある(日本では国民保護に相当)。



余命三年時事日記
■ 2016年3月15日時事 「余命三年時事日記(2016.3.15)」より
(※mono.--前半は別話題のため略、詳細はブログ記事で)
/
.....自警団については過去ログで何回かふれている。
「日本の有事民間防衛」から
(中略)「国民保護法では国民の協力を求め消防団や水防団、防災協会や防犯協会、町内会や自治会をはじめとした自主防災組織(自主防犯組織)の活躍が期待されている」とありますが、その実態は超危険です。調べてみるとそのほとんどが通名在日で汚染されています。
自主防災組織その他、みなボランティアですが防災、防犯のほぼすべてに、タクシー関係、パチンコ関係の在日が通名で入り込んでいます。公的地方自治体も問題です。
1992年の地方公務員教師の国籍条項撤廃を皮切りに在日の圧力による地方自治に問題が生じているのです。
在日が一般行政職員になれる県は現在、岩手、神奈川、愛知、三重、滋賀、奈良、大阪、鳥取、高知、大分、沖縄だそうです。一般職警察職員は各都道府県が採用し、各警察署に配属されますが、小沢王国岩手県には在日の警察職員(警察官ではない)がいるそうです。 警察官であろうが一般警察職員であろうが、岩手県の職員であり、警察署に配置されているということは警察の機密にも接することが出来るということです。危険すぎます。
(後略)

たとえば警察には防犯協会とか交通安全協会というような民間組織があるが、その中身はというと、防犯協会はパチンコ屋、交通安全協会はタクシー会社というように、ほとんどが在日に汚染されている。そういう状況の中での在日対策の組織作りは危険きわまりない。彼らは常に動きを監視しているのである。
もしどうしてもというならば、各自治体で受付している予備自衛官補の制度を利用すればいいだろう。自営業や学生が主体となるが、民間で臨時に自衛隊の訓練を受けることができる。10日単位で5課程ある。当然、戦闘訓練もある。都合の良いときに細切れで参加できるし、全課程終了の義務もない。 純日本人でなければ訓練には参加できないから、その点でも安心である。 別に公表することもないから秘密裏に民間防衛ネットワークが構築できる。 一度自衛隊の広報に相談されたらいかがだろうか。


■ 日本の有事民間防衛 「余命3年時事日記(2014.3.12)」より
(※ あちこち略、詳細はブログ記事で)
/
 韓国が棄民方針をくずさず、また在日がどっぷり在日特権につかって自主的に帰国をしないのであれば事態はこのまま最悪のパターンに進みます。各地の暴力団が武装化を進めているのはそれなりの覚悟があるということですね。日本側も自衛隊を主体にテロゲリラ対策を急いでいます。機動戦闘車の配置が関西から始まったのも対策の一環ですね。
 韓国2010年の一連の法改正で動員法が大統領令に集約されたことから推察すると、韓国は納税、国防義務を課せられている国民は有事には自動的に動員されると考えているようです。国民の生命の安全を考えればあり得ないことを韓国はやっているのです。
 この結果は、在日韓国人は自動的に老若男女すべてが戦闘員になるということで、当然、強制送還の対象となります。帰化を含めると100万人にもなろうかという韓国人が敵国人となったとき、韓国は帰国命令を出さず放置する方針のようですから残酷ですね。
 ただ日本としては韓国人はすべてが軍属となるのですから対処は格段に楽になります。文民であれば敵国人であっても保護拘束送還という手間がかかりますが、軍属は戦闘です。日韓双方に憎悪感が溢れていますから戦闘は凄惨な殺戮戦になりますね。
(※ 中略)
/
 民間防衛について、元航空幕僚長・田母神俊雄は、消防団の制度を改正して企業や民間人を消防団に取り込むことを主張する。
 田母神によれば、民間人は有事に際しては消防団員のように民間防衛活動をするべきであり、第二次大戦における反ナチスのレジスタンス闘争のように、民間人が火炎瓶・ボウガン・猟銃・スタンガン等の武器を用意して侵略者を迎え撃つことは、結果的には自衛隊や警察の活動を妨げかねないという。
 また、レジスタンス気取りの民間人によるテロ・ゲリラ戦法は、刑法上の正当防衛・緊急避難には該当しないため、これに失敗した場合は侵略者による民間人の大量虐殺が誘発され、もし成功しても現行法のままでは戦後になって罪に問われる虞があり、民間人の武装レジスタンス化は許されない旨の見解を示している。
/
 「国民保護法では国民の協力を求め消防団や水防団、防災協会や防犯協会、町内会や自治会をはじめとした自主防災組織(自主防犯組織)の活躍が期待されている」とありますが、その実態は超、危険です。調べてみるとそのほとんどが通名在日で汚染されています。
 自主防災組織その他、みなボランティアですが防災、防犯のほぼすべてに、タクシー関係、パチンコ関係の在日が通名で入り込んでいます。公的地方自治体も問題です。
 1992年の地方公務員教師の国籍条項撤廃を皮切りに在日の圧力による地方自治に問題が生じているのです。
 在日が一般行政職員になれる県は現在、岩手、神奈川、愛知、三重、滋賀、奈良、大阪、鳥取、高知、大分、沖縄だそうです。一般職警察職員は各都道府県が採用し、各警察署に配属されますが、小沢王国岩手県には在日の警察職員(警察官ではない)がいるそうです。 警察官であろうが一般警察職員であろうが、岩手県の職員であり、警察署に配置されているということは警察の機密にも接することが出来るということです。危険すぎます。


■ 有事における民間防衛から逃げるな 民間防衛の積み重ねが戦後なるものを終わらせる 「強い日本を目指す日本臣民のブログ(2011.3.24)」より
/
自警団続々、我が街守る 仙台・沿岸地区被災者

  東日本大震災で被災した仙台市の沿岸地区で空き巣などが多発しているとの情報を受け、各避難所や地域で自警団を組織する動きが目立っている。 宮城県警備業協会も住民の不安解消を図ろうと、警備員1日約70人を自主的に派遣している。

 宮城野区南蒲生地区などの被災者約450人が避難する岡田小では20日、若手有志15人が自警団をつくった。日が暮れると、軽トラックの荷台に乗り込んだ数人の団員が懐中電灯を照らして一帯をパトロールに当たる。交番と協力し、不審車両のナンバー情報も共有している。
  自警団リーダーの農業二瓶透さん(49)は「夜は避難所に寝泊まりするが、その間にうちでは米を盗まれた。これ以上、自分たちの土地が荒らされるのを黙って見ていられない」と結成の動機を語る。
(※ 中略)
/
日頃は、マスゴミや日教組の平和ボケ無力化洗脳を受けてもいざ、有事になると自警団を組んで守るべきものを守ろうとする。

自警団とは、関東大震災と朝鮮人とからめられて「悪」の如く言われるが、災害や戦後の焼け野原では警察や軍隊という国家権力が機能しない場面が出てきた時に、結局は「個人の集合体である共同体」というものに頼らざるを得なくなる。

自警団のリーダーの発言は、「 戦後的なるもの(自分の身を守るために戦うことを否定する) 」と真っ向から反する発言と言えるが、これに気付くことで「敗戦66年」が終わるのだ。
(※ 中略)
/
今回の一件で思ったことは、 一人一人が高い意識を持って民間防衛を積み重ねた結果が、国家防衛になるということだ。

国家を防衛するために、核武装などをした上で副次的なものとして、民間防衛があると思っていたが、それが逆だったということを感じたものだ。


■ 日本型民間防衛は可能か 「松下政経塾>塾生レポート(2005年11月)」より
/
 前回レポートにて、「国民保護は民間防衛の足掛かり」と述べた。しかし、これは、法律を整備して、国民保護を諸外国並みに改めればよい、ということは意図していない。私は、日本には日本特有の民間防衛の姿があると思っている。法律を整備することも重要だが、より重要なのはいかにして実効性と継続性を持たせるか、なのである。実効性という点では「国民保護法」が想定するのは武力攻撃事態対処であるが、将来的には、防災にも対応できうるような汎用性を持つシステムに発展させるべきである。なぜなら、武力攻撃であれ、自然災害であれ、ファーストレスポンダー(第一対応者)は国民だからである。自助の精神がなければ、自らのみ安全を確保することはできない。また、継続性という点では、仮に、今後100年間、日本が平和だったとしたら、それで廃れてしまうような制度、システムでは意味がない。

 ではそのためには、何をどうすればよいか、そしてそのための具体的な取り組を本レポートで報告したいと思う。
(※ 以下略、詳細はサイト記事で)











.