+クチコミ検索〔売春〕
+ブログサーチ〔売春〕
2017年12月10日(日) 2017年12月09日(土) 2017年12月08日(金) 2017年12月07日(木) 2017年12月06日(水) 2017年12月05日(火) 2017年12月04日(月) 2017年12月03日(日) 2017年12月02日(土) 2017年12月01日(金) 2017年11月30日(木)

+ニュースサーチ〔売春〕
+クチコミ検索〔買春〕
+ブログサーチ〔買春〕
2017年12月10日(日) 2017年12月07日(木) 2017年12月05日(火) 2017年12月03日(日) 2017年12月02日(土) 2017年12月01日(金) 2017年11月30日(木) 2017年11月29日(水) 2017年11月25日(土) 2017年11月24日(金) 2017年11月23日(木) 2017年11月22日(水) 2017年11月21日(火)

+ニュースサーチ〔買春〕
売春が合法化されている主な国
デンマーク(18歳以上)、オランダ(16歳以上)、スイス(現状は合意年齢16歳以上)、ドイツ(合意年齢21歳以上)、オーストリア、チェコ、イタリア(合意年齢18歳)、オーストラリア・ニュージーランド(一部上場している売春宿あり)、イギリス(法的には違法だが、金銭授受は合法との判例もあり)、フランス(合意年齢18歳、斡旋、公道勧誘は違法)、ギリシャ(公道での客引きは違法)、台湾(風俗エリア内は合法)、タイ、カンボジア(曖昧…)、インド(客引きは違法、売春は禁止されていない)、アメリカ(ネバダ州以外は禁止)、カナダ(売春は合法、斡旋・経営・生計をたてることは違法)、チリ、ブラジル、メキシコ(売春は違法であるが放置)
日本(売春そのものを禁止するのではなく、売春を助長する行為を禁止)、韓国



■ 上履きを買うために売春した少女。貧困や性的虐待、中高生を追い込んだ現実:あなたは、何ができますか? 「BuzzFeed(2016.8.19)」より
/
売春、レイプ、虐待、暴力……。少女たちが自らの「今まで」をしたためた手記や、その体験を再現した写真が並ぶ「私たちは、『買われた』展」。
そうせざるを得ない状況に追い込まれてしまった彼女たちの、心の底からの叫び声が聞こえる。
展示されている写真は、個人が特定されないように顔を隠している。その上で、彼女たちは自分の体験や思いを記している。
{
(※mono....以下詳細はサイト記事で)}


NHK
■ 検証・NHKの日本毀損 その16 性風俗が母親の身近な収入源なんて聞いたことありません! 「伊豆下田発 高橋とみよ です!(2013.10.18)」より
(※ 前略)
/
日本が貧しかった時代には国営の売春もありましたが、当時は法律で認められていましたから現在の価値観で推し量ることはできません。
市川房江さんたちが猛烈に運動を起こし売春防止法が施行されてからは、日本において売春は違法です。
売春をやらせろとデモを起こす隣国とは、日本はモラルからして違うのです。
性風俗=実質的な売春ですから、隣の奥さんが風俗店に勤めていると聞いたら、恐らく軽蔑の対象となりますよね。
生活苦で昼間だけの収入ではきつく、夜水商売で頑張っている女性はいます。
でも私の周りの昼夜働くお母さんたちは、子供に対して後ろめたいことは絶対にしませんよ。

母親にとって風俗が身近な収入源になっただと?
NHK!嘘も休み休みいいやがれ!
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/10/16/01.html

台風の特番で中止になったのですね。

blanklink plugin Error : URLかページ名を入力してください。{http://megalodon.jp/2013-1016-0203-22/www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/10/16/01.html]
(※ ↑は魚拓のURL)

NHK あさイチ 10月16日(水)

メインテーマ性風俗で働く母親たち
今、子どもをもつ母親たちにとって性風俗の仕事が特殊なものではなく、身近な存在になりつつあります。
育児で仕事に割く時間が限られる母親にとって性風俗業の「短時間・自由出勤」や「高い時給」は働きやすく、
貧困にあえぐ母親たちの“セーフティネット”になっているという現状があります。
また、店にとっても、まじめに働く母親たちは貴重な戦力。託児所や寮を用意するなど、より働きやすい環境を整備しているのです。
その一方で、お金に困っている訳ではないのに、見ず知らずの男性に体を売る母親たちも増えているといいます。
ふとした夫婦関係の悩みから「主婦売春」にはまってしまった、ある女性。その驚きの理由とは・・・
番組では、性風俗店で売る母親たちのそれぞれの事情や、
SNSなどネットを使って不特定多数の男性と関係を持つことができるようになった“手口”の多様化なども徹底取材。
母親たちが働く性風俗の実態を浮き彫りにしていきます。

あのね、子供を持つ母親にとって、性風俗は特殊な仕事です。
貧困にあえぐ母親のためのセイフティーネットとして、母子家庭支援事業や生活保護があるんですけれど?

夫婦関係の悩みでどうしたら売春に行き着くのでしょうか?
私の想像力が鈍いだけでしょうか?

だいたい朝の連ドラが終った8時15分からの番組で、こんなことを放送するなどありえないと思うのですよ。
連ドラ見ながら猛ダッシュで家事をこなし疲れたなあと思いながらパートへ出かけようとしている矢先に、
「奥さん如何ですか?風俗は短時間で高収入が約束されますよ~♪」そう言っているのですけれど?
夫といい争いが絶えなくて気持ちが沈んでいるときに、
「SNSで不特定多数の人と性交渉もってもいいんですよ~みんなやってますよ~♪」そう言っているように聞こえますけれど?

これは公共放送であるNHKが、公共の電波を使い風俗店への勧誘をしているんですよ!
こんな馬鹿げたことを平気でするNHKは即刻解体すべきです

そして総務大臣!靖国参拝も大事だけれど、こちらのほうがよほど大切ですよ。

内部から日本が壊されてしまいます!

自覚してください!


★ 「ドライブスルー」売春、市がオープン スイスに専用施設 「産経ニュース(2013.8.27)」より
/
 スイスのチューリヒ市当局は26日、敷地内に車で入り、その場で売春婦と性交渉を行う「ドライブスルー」形式の専用施設を市内にオープンさせた。フランス公共ラジオなどが伝えた。

 スイスでは売春は合法だが、市中心部の路上で公然と客引きをする姿が目立つようになり、住民から不満が噴出。市は中心部から離れた場所に今回の施設を設置した。

 施設は車1台が入る程度の広さのガレージ形の区画に分かれている。待機している売春婦と値段交渉し、合意に至れば区画の一つに車を入れ、性交渉を行う仕組み。市は路上に比べ「売春婦の安全を確保することもできる」としている。

 利用可能時間は午後7時から翌日午前5時まで。施設の建設費用は240万スイスフラン(約2億6千万円)。年間70万スイスフランの運営費を見込んでいる。(共同)













.