☆ エリア51の神話 「懐疑論者の祈り」より
以上、エリア51はことさら怪しい施設のように扱う必要はない。こういった場所がないと、新しい機能の航空機開発などが出来ないわけで、必ずどこかにこういった施設が必要だ。そして、まさしくその施設がエリア51なのである。



■ 米CIA「エリア51」認める!:「エリア52」の方が重要になった!? 「Kazumoto Iguchi's blog(2013.8.17)」より
(※ あちこち略、詳細はブログ記事で)
/
まあ、いまではスタン・デヨ博士のいた、オーストラリアの中央砂漠地帯の地下にあると言われる「エリア52」の方が先に進んでいるから、国内の「エリア51」の方はあまり重要でなくなったのかもしれないですナ。

今後の動向を見守る他はない。


★ エリア51はある、UFOは知らん=米CIA 「WSJ(2013.8.19)」より
/
 ネバダ州の砂漠の中のある区域はSFファンや未確認飛行物体(UFO)マニア、飛行機愛好家の間で「エリア51」として話題になってきた。米中央情報局(CIA)はこのほど機密指定を解除した公文書でこのエリア51の存在を公式に認めた。
+ 続き

ーーーーーーーーーー
★ 秘密基地「エリア51」はやはり存在した CIAが認める 「msn産経ニュース(2013.8.19)」より
/
 UFO関連で話題にされることの多い「エリア51」の存在を、米中央情報局(CIA)が認めた。公文書請求により、ほぼ検閲のない形で書類が公開されたのだ。
+ 続き

ーーーーーーーーーーー
★ エリア51は実在した UFOでなく実は偵察機の実験場 「朝日新聞(2013.8.18)」より
/
 【ワシントン=望月洋嗣】長らく謎に包まれてきた「エリア51」と呼ばれる米政府の機密区域の存在が、米中央情報局(CIA)の機密文書から初めて明らかになった。「米政府が拘束した宇宙人の収容場所」といったうわさが絶えない同区域だが、CIAは米軍のU2偵察機の実験場だったと説明している。
トピックス「エリア51」
 米国の民間研究機関「ナショナル・セキュリティー・アーカイブ」が、今年6月に情報公開制度でこの文書を入手し、報告した。文書は、CIAが1954~74年にU2を使って実施した極秘偵察任務を分析した内容で、エリア51に繰り返し言及している。
(※ 以下の記事は会員登録が必要)


■ アリゾナ・ワイルダーの証言「エリア51の秘密」/前編 「カレイドスコープ(2010.3.22)」より
/
【アリゾナ・ワイルダーの証言「エリア51の秘密」の記事要約】

アリゾナ・ワイルダーは、ロスチャイルドの落とし子で英国王室出身。今年で50歳近くなるのでしょうか。「ルシファーの花嫁」として、悪魔に捧げられた“壮絶な体験”をした女性です。(と、本人、デーヴィッド・アイクが言っている)
このアリゾナは、エリア51に入ることを許されており、そこで見たことを証言しています。 それは、エイリアンであり、遺伝子操作によって創り出された何種類かの異形の生物。そして、人間と宇宙人の合成人間。 エリア51は、私達がUFOと呼んでいる未知の推進力による飛行物体(兵器)を開発するだけでなく、こうしたミュータントなども開発している、と証言したのです。
レプティリアンにも会っており、実際に人間の形をした存在がトカゲ人間に変身したり、あるいは変身はいないまでも、オーラがとても大きくなったりする様子を目撃した(ということになっている)と言います。
さて、本当に彼女は真実を言っているのでしょうか。

それを、ネットから得られた情報に過ぎませんが、検証してみましょう、という記事です。
答えは(あくまでも、私の見方に過ぎませんが)、アリゾナ・ワイルダーは、結果として「嘘」を言っている、といういうものです。 なぜ、こんなバカらしい嘘をつくのか。 デーヴッィド・アイク同様、「彼ら」の一味であり、我々が「自ら進んでNWOの奴隷になるように仕向ける」ではないか、と結論付けて記事は終わります。
(※ 以下長文記事はブログで)

ーーーーー
■ アリゾナ・ワイルダーの証言「エリア51の秘密」/後編 「カレイドスコープ(2010.3.25)」より
/
ここから、アリゾナ・ワイルダーは「エリア51」について話し始めます。


エリア51についてお話をしたいと思います。これについては私はまだお話をしたこと がありません。私の知る範囲でエリア51の目的についてお話します。

エリア51は、本当は大規模な遺伝子の研究所です。そこはまた、ソウサー・クラフト、いわゆるUFOの開発と研究にも関わっています。 そこでは他にも多数の小さなサブ・プロジェクトが推進されています。

エリア51にはS-4(エスフォー)と呼ばれる場所があります。
それはNSA(ナショナル・セキュリティー・エージェンシー=国家安全保障局)の管轄下にあります。また遺伝子研究がおこなわれている場所があり、それはサンディア研究所の管轄です。
http://www.youtube.com/results?search_query=area51+S4&search_type=&aq=f

そして、もうひとつの区域には、なんとか捕獲することができたエイリアン種族がいます。
(※ 以下長文記事はブログで)











.