☆ エリア51の神話 「懐疑論者の祈り」より
以上、エリア51はことさら怪しい施設のように扱う必要はない。こういった場所がないと、新しい機能の航空機開発などが出来ないわけで、必ずどこかにこういった施設が必要だ。そして、まさしくその施設がエリア51なのである。



■ 米CIA「エリア51」認める!:「エリア52」の方が重要になった!? 「Kazumoto Iguchi's blog(2013.8.17)」より
(※ あちこち略、詳細はブログ記事で)
/
まあ、いまではスタン・デヨ博士のいた、オーストラリアの中央砂漠地帯の地下にあると言われる「エリア52」の方が先に進んでいるから、国内の「エリア51」の方はあまり重要でなくなったのかもしれないですナ。

今後の動向を見守る他はない。


★ エリア51はある、UFOは知らん=米CIA 「WSJ(2013.8.19)」より
/
 ネバダ州の砂漠の中のある区域はSFファンや未確認飛行物体(UFO)マニア、飛行機愛好家の間で「エリア51」として話題になってきた。米中央情報局(CIA)はこのほど機密指定を解除した公文書でこのエリア51の存在を公式に認めた。
+続き
 ジョージ・ワシントン大学の国家安全保障アーカイブが情報公開請求権を行使しU2偵察機の歴史に関する公文書をCIAから入手したもので、先週公表された。公文書はエリア51の存在は認めているものの、「インディペンデンス・デイ」などの映画にあるように政府が宇宙船の残骸を保管している可能性については一切触れていない。

 公文書には、CIA幹部と航空機メーカー、ロッキードの関係者が第2次世界大戦時の飛行場を見つけた経緯に関する情報が含まれている。この飛行場がのちにエリア51として知られるようになった。エリア51は地図上の位置にちなんでつけられた名前。この区域は「Paradise Ranch(パラダイス牧場)」や単に「the ranch(牧場)」とも呼ばれていた。これは人里離れたこの場所を魅力的に見せるためでもあった。

 「スカンク・ワークス」の名称で知られるロッキードの秘密飛行機部門はエリア51でU2偵察機やSR71偵察機(ブラックバード)、F117ステルス戦闘機、無人飛行機など数多くの航空機の開発と試験を行った。

 国立安全保障アーカイブの上級研究員ジェフリー・リケルソン氏は今回開示された公文書と10年前に編集された形で開示されたエリア51に関する資料を詳しく調べた。リケルソン氏によると、新しく開示された公文書から、CIAがエリア51の関連情報の開示についてこれまで以上に前向きと言えるかもしれないと述べた。

 「(CIAが)この報告書を開示したことで、これらの計画に関する追加的な情報を入手できる可能性が広がった」とリケルソン氏は話している。

 しかし、CIAはエリア51とUFOとの関係を否定し続けている。

 CIAの報道官は「CIAの報告書を読んでわかるのはCIAが『エリア51』と呼ばれるネバダ州の一地域でU2やA12といった偵察機の試験を行ったことだ」と述べた。報告書は宇宙人やその他の陰謀説に一切触れていないと指摘、そうしたものは「SFの世界に任せておくのが一番いい」としている。

ーーーーーーーーーー
★ 秘密基地「エリア51」はやはり存在した CIAが認める 「msn産経ニュース(2013.8.19)」より
/
 UFO関連で話題にされることの多い「エリア51」の存在を、米中央情報局(CIA)が認めた。公文書請求により、ほぼ検閲のない形で書類が公開されたのだ。
+続き
 異星人やUFOと関連づけられることの多い、ネヴァダ州の砂漠にある秘密試験場の存在について、米中央情報局(CIA)がこれまでの機密を解除した。

 「エリア51」の名で知られるこの基地については、そこにある試験場で開発された高高度偵察機「U-2」の、計画の来歴に関する書類の中で明らかにされていた。この書類は、1992年に内部向けに書かれたもので、1998年には、厳しく検閲された形で機密解除されていた。

その書類がこのほど、リベラル系の研究組織「米国家安全保障アーカイヴ」の(2005年に行っていた)公文書請求により、ほとんど編集されていない形で再び公開された。

 書類には、核実験場に隣接していたことを理由に、試験場が1955年に取得されたとある。CIA、米空軍、およびロッキード社のスタッフがすぐに移動し、U-2の開発を始めた。

 当時、高度18km以上の有人飛行が可能だとは誰も思っていなかった。そのため、エリア51近くの上空で物体が目撃されるようになると、未確認飛行物体の報告が大幅に増えた。

 専門家は、CIAはエリア51の存在を公式に認めることを意識的に行ったとみている。国家安全保障アーカイヴの研究員であるジェフ・リチェルソンはBBCの記事のなかで、「通常は秘密主義の傾向がある」と語る。「わたしに言える限りでは、エリア51の存在を公式に認めるかを議論するほどの高いレヴェルにまで行ったのは今回が初めてだ」

 ※エリア51ではこれまでに、U-2のほか、「SR-71」、「F-117」など偵察機やステルス機の試験飛行等を行ってきたと見られている。周辺には「無断侵入者は射撃される」「撮影禁止」という警告看板が数多く存在する。

ーーーーーーーーーーー
★ エリア51は実在した UFOでなく実は偵察機の実験場 「朝日新聞(2013.8.18)」より
/
 【ワシントン=望月洋嗣】長らく謎に包まれてきた「エリア51」と呼ばれる米政府の機密区域の存在が、米中央情報局(CIA)の機密文書から初めて明らかになった。「米政府が拘束した宇宙人の収容場所」といったうわさが絶えない同区域だが、CIAは米軍のU2偵察機の実験場だったと説明している。
トピックス「エリア51」
 米国の民間研究機関「ナショナル・セキュリティー・アーカイブ」が、今年6月に情報公開制度でこの文書を入手し、報告した。文書は、CIAが1954~74年にU2を使って実施した極秘偵察任務を分析した内容で、エリア51に繰り返し言及している。
(※ 以下の記事は会員登録が必要)


■ アリゾナ・ワイルダーの証言「エリア51の秘密」/前編 「カレイドスコープ(2010.3.22)」より
/
【アリゾナ・ワイルダーの証言「エリア51の秘密」の記事要約】

アリゾナ・ワイルダーは、ロスチャイルドの落とし子で英国王室出身。今年で50歳近くなるのでしょうか。「ルシファーの花嫁」として、悪魔に捧げられた“壮絶な体験”をした女性です。(と、本人、デーヴィッド・アイクが言っている)
このアリゾナは、エリア51に入ることを許されており、そこで見たことを証言しています。 それは、エイリアンであり、遺伝子操作によって創り出された何種類かの異形の生物。そして、人間と宇宙人の合成人間。 エリア51は、私達がUFOと呼んでいる未知の推進力による飛行物体(兵器)を開発するだけでなく、こうしたミュータントなども開発している、と証言したのです。
レプティリアンにも会っており、実際に人間の形をした存在がトカゲ人間に変身したり、あるいは変身はいないまでも、オーラがとても大きくなったりする様子を目撃した(ということになっている)と言います。
さて、本当に彼女は真実を言っているのでしょうか。

それを、ネットから得られた情報に過ぎませんが、検証してみましょう、という記事です。
答えは(あくまでも、私の見方に過ぎませんが)、アリゾナ・ワイルダーは、結果として「嘘」を言っている、といういうものです。 なぜ、こんなバカらしい嘘をつくのか。 デーヴッィド・アイク同様、「彼ら」の一味であり、我々が「自ら進んでNWOの奴隷になるように仕向ける」ではないか、と結論付けて記事は終わります。
(※ 以下長文記事はブログで)

ーーーーー
■ アリゾナ・ワイルダーの証言「エリア51の秘密」/後編 「カレイドスコープ(2010.3.25)」より
/
ここから、アリゾナ・ワイルダーは「エリア51」について話し始めます。


エリア51についてお話をしたいと思います。これについては私はまだお話をしたこと がありません。私の知る範囲でエリア51の目的についてお話します。

エリア51は、本当は大規模な遺伝子の研究所です。そこはまた、ソウサー・クラフト、いわゆるUFOの開発と研究にも関わっています。 そこでは他にも多数の小さなサブ・プロジェクトが推進されています。

エリア51にはS-4(エスフォー)と呼ばれる場所があります。
それはNSA(ナショナル・セキュリティー・エージェンシー=国家安全保障局)の管轄下にあります。また遺伝子研究がおこなわれている場所があり、それはサンディア研究所の管轄です。
http://www.youtube.com/results?search_query=area51+S4&search_type=&aq=f

そして、もうひとつの区域には、なんとか捕獲することができたエイリアン種族がいます。
(※ 以下長文記事はブログで)











.