■ ダイアナ元妃の事故死は英国情報機関による謀殺だった!? 「情報商材裏サイト(2013.8.18)」より
/
(※ 動画あり)

★ ダイアナ元妃の死は「おぜん立てされた」:ロンドン警視庁の新情報「英特殊部隊関与」 「msn.産経ニュース(2013.8.19)」より
/
 ロンドン警視庁は17日、1997年のダイアナ元英皇太子妃の死去に関して新たな情報を最近入手し、その信憑(しんぴょう)性について調査中と発表した。同庁は情報の内容について明らかにしていないが、複数の英メディアは英特殊部隊が元妃の殺害に関与しているとの内容だと報じた。死因をめぐっては2008年に「過失による交通事故死」と公式結論が発表されているが、根強い陰謀説が再燃しそうだ。(サンケイスポーツ)
+ 続き


★ 関連記事 ★
■ ダイアナ、ケネディ、モンロー、ジョンレノン、そしてマイケル 「矢口壹琅 の ONE LOVE(2013.8.19)」より
/
ダイアナ妃をはじめ、今まで、ある機関、いわゆる裏の政府にとって消したい存在の人間は、ことごとく暗殺されているという事実がある。
もちろん隠された秘密として。
たとえば、水で走る自動車を発明した科学者の、故スタンメイヤー氏だったり。。。
共鳴原子力電池(Resonant Nuclear battery)」という、崩壊した原子力発電所から、放射能を除去するばかりか、そこからエネルギーを採取できるという脅威の発電機を発明した、故ポール・M・ブラウン博士とか。。。


■ ダイアナ元皇太子(※ ママ)の事故死のミステリー 「イギリスホームステイで学ぶ生きた英語(2012.8.31)」より
(※ 前略、詳細はブログ記事で)
/
それでは、なぜ、彼女は死亡したのか。事故当時、偶然に近くに居合わせたフレデリック・マイレ医師によると、彼女は、既に搬送できる状態にあったにもかかわらず、なぜか一時間以上も現場に放置されていたという。そして、ようやくたどり着いた病院の手術室に運び込まれる途中で息を引き取った。このことについては、フランス当局からの詳しい説明はなく、事情は明らかにはされていない。他にも、この事故に絡んでは不可解なことが多く、事故直後から暗殺説が取りざたされていた。

陰謀説がささやかれる一番の原因は、ドディ・アルファイド氏がエジプト人であるということ。人種問題は複雑であるため、あえてこの場では触れずにおくが、他にも、ドライバーが薬物の服用と飲酒により酩酊状態だったとされてもいるが、直前の監視カメラの映像からは、特にそのような様子は見受けられない。

また、後に、ダイアナが以前交際していた英国王室職員の事故死について、「あれは殺されたのだ」と彼女自身が語ったテープが公開されたり、「私の車に事故を起こそうとしている……」と書かれた直筆の手紙が公開されたりしたことから、英国側も再調査をせざるを得なくなり、元夫チャールズにも事情聴取(2004年1月)が行われている。

2007年1月8日に、ダイアナの死因究明の審問が3年ぶりに再開されたが、イギリス警察は、ダイアナの妊娠説とアルファイドとの婚約説を否定。

公式には暗殺でなく、事故とのことですが、真実は謎に包まれたままです。


■ ダイアナ元英皇太子妃、陰謀ではなく事故死=最終報告 「 キラキラ世界(2006.1.215)」より
/
[ロンドン 14日 ロイター] ダイアナ元英皇太子妃が恋人とともに交通事故で死亡した問題を検証していたスティーブンズ前英警視総監の調査団は、最終報告書を公表し、陰謀ではなく事故死と断定した。
(引用:ライブドアニュース)

陰謀ではなく事故死か・・・

 元妃は1997年、パリで恋人のドディ・アルファイド氏と乗用車で走行中、事故で死亡した。アルファイド氏がイスラム教徒だったことから、英情報機関や王室が事故を装って殺害した、との見方も出ていた。

 スティーブンズ前英警視総監は、記者会見で「現在入手できる証拠に基づいて検証した結果、乗用車に乗っていた人々の誰に対しても、殺害の陰謀はなかった。悲劇的な事故だ」と断言。「情報を隠そうという動きはなかったことに満足している。陰謀説は根拠がないことを、確信している」と話した。

 前英警視総監によると、乗用車の運転手が、運転前に飲酒していたことが確認された。また、前英警視総監は、元妃の妊娠説を否定。元妃は「婚約しておらず、近く婚約する予定もなかった」との見方を示した。

 一方、アルファイド氏の父親で百貨店ハロッズのオーナー、モハメド・アルファイド氏は記者会見で、調査結果に失望感を表明している。
(引用:ロイター)










.