+ クチコミ検索
+ ブログサーチ
+ ニュースサーチ



日韓スポーツ
■ たかがサッカー、されどサッカー!甘く見るとフジTVデモの二の舞いだぞ! 「社会科学上の不満(2017.6.7)」より
/
アジアサッカーリーグでまた韓国が駄々をこねている。
ガッツポーズを試合後にしたとか言って、どうでも良いではないか、しかもノーカットのビデオでそんなシーンはなかった。
冤罪である。日本に負けたから騒いでいると証明された。

試合終了直後に、浦和ベンチの方へ駆け寄って浦和スタッフらと喜ぼうとする槙野に向かって、なぜか、反対側の位置にいた韓国済州ベンチのスタッフや青シャツの補欠選手が抗議しに動き出してる
試合終了直後に、浦和ベンチの方へ駆け寄って浦和スタッフらと喜ぼうとする槙野に向かって、なぜか、反対側の位置にいた韓国済州ベンチのスタッフや青シャツの補欠選手が抗議しに動き出してる
そしてフィールド中央へ戻ろうとした槇野と鉢合わせになった

動画ソース(3分20秒過ぎあたりから)
https://youtu.be/Xz9vVpNmA00?t=200

世界がこの問題をどう見ているか?

米国「済州が悪い」
イギリス「済州が悪い」
ドイツ「済州が悪い」
フランス「済州が悪い」
スイス「済州が悪い」
中国「済州が悪い」
日本「済州が悪い」

済州監督「喧嘩両成敗」
在日「挑発した日本人に喝!」
日本マスゴミ「日本にも非がある!」

試合終了直後に、浦和ベンチの方へ駆け寄って浦和スタッフらと喜ぼうとする槙野に向かって、なぜか、反対側の位置にいた韓国済州ベンチのスタッフや青シャツの補欠選手が抗議しに動き出してる 。
との書き込みが秀逸。

マスゴミは喧嘩両成敗にしたいのであろう?朝鮮人がよく使う手法である。
アジアサッカーリーグがマトモに裁定できないのであれば、国際サッカー連盟に調停を持ち込めば良い。国際スポーツ裁判所にも持ち込もう。このビデオと共に。

(※mono....以下略)


■ 暴動の責任を浦和に転嫁し、被害者ヅラする済州ユナイテッドの意見書 「私的憂国の書(2017.6.6)」より
/
 先週、埼玉スタジアムで起きた済州ユナイテッドの暴動事件。日本国内ではこれを「乱闘」と表現しているマスコミも散見されるが、ことばの使い方には正確を期してもらいたい。あれは乱闘などではなく、南鮮チームによる一方的な暴動だ。一種の言葉の応酬や軽い小突きあいなどはスポーツの延長線上にあるとしても、済州の選手の阿部勇樹への暴力、その後の「人狩り」などは、スポーツとは全く別次元の暴力に他ならない。

 別に私が浦和のサポーターでなくても、現地であの惨状を見ていなくても、済州ユナイテッドの一方的な暴力行為であることは「事実」である。(実際、現地にいるより、TVを見ている方が分かり易いケースも多々ある。) しかし、日本のメディアでは、両成敗論も少なからずある。サッカー専門のニュースサイト「WORLD」でも、南鮮選手の主張を取り上げ、「両チーム共に、今後はこのような結末とならないよう、自身の振る舞いを真摯に振り返る必要がありそうだ」と締めている。そして、テレビなど、「浦和が悪い」という意見でまとまってしまう番組があるというのだから、開いた口が塞がらない。

 舞台は、「サイテーモーニング」と揶揄され続ける偏向番組、「サンデーモーニング」だ。発言の詳細は、KSL-Live!に書き起こしがあるので参照願いたいが、番組を支配するのは張本勲氏の「浦和が悪い」なのだ。

 勝っているチームがサイドライン際でボールを保持し、時間を消費させることは、サッカーでは立派な戦術だが、張本はそれを「エチケット、マナー、礼儀がない」という。これだけでも意味不明なのだが、「負ける者のマナーもあれば、勝利する者にもマナーが必要である」と言った済州の監督の主張を全面的に肯定し、それを「東南アジアの美徳」という。張本はついでに、「肩から上へガッツポーズをしたりね、俺はお前をやっつけたんだ!いう態度をとっちゃあダメよ」と発言しているのだが、過去のこういう画像を見せられたら、なんと言い訳するのだろう。それに、WBCで日本に勝利した南鮮チームが、マウンド上に太極旗を立てたとき、この人物は何かを指摘したのだろうか。

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)




■ 自販機に潰された連中がいるらしい 「パチンコ屋の倒産を応援するブログ(2016.1.31)」より
/
ではこちらのニュースから
.............................................................................................
【(朝鮮日報日本語版) 大韓サッカー協会「日本は韓国の優勝自販機」】
カタール・ドーハは韓国と日本のサッカー代表の明暗が交錯してきた場所だ。1993年10月、ドーハで行われたワールドカップ(W杯)米国大会アジア最終予選。韓国は脱落の寸前まで行ったが、日本がイラク戦で後半終了間際に同点ゴールを許したことから日本を上回り、劇的に本大会出場チケットを手にした。この出来事を韓国では「ドーハの奇跡」、日本では「ドーハの悲劇」と呼んでいる。

 2011年1月にはここで韓国と日本のアジアカップ準決勝が行われた。韓国は延長後半のアディショナル・タイムに黄載元(ファン・ジェウォン)のゴールでPK戦に持ち込んだが、結局は日本に屈してしまった。

 またドーハだ。韓国と日本のサッカー五輪代表チームは30日夜11時45分(韓国時間)、カタール・ドーハのアブドラ・ビン・カリファ・スタジアムで2016アジア・サッカー連盟23歳以下選手権(AFC U-23)の決勝戦に臨む。両国とも決勝進出した時点で既にリオデジャネイロ五輪本戦出場を決めているが、韓日戦は負けられない勝負だ。大韓サッカー協会は今回の日本戦での応援スローガンを「日本は韓国の優勝自販(JAPAN)機」に決めた(訳注:韓国語の自販〈=自動販売機、読み方はジャパン〉と英語で日本を意味するJAPANが同じ発音・表記になることをかけたもの)。

 五輪代表チーム(23歳以下)のこれまでの戦績は6勝4敗4分と韓国が上回っている。直近の2試合はどちらもビッグマッチだった。2012年のロンドン五輪3・4位決定戦では朴主永(パク・チュヨン)と具滋哲(ク・ジャチョル)の連続ゴールにより韓国が2-0で勝ち、銅メダルを手にした。14年の仁川アジア大会準々決勝では張賢秀(チャン・ヒョンス)のPKで韓国が1-0で勝った。この時、韓国に敗れたメンバーが今大会の日本代表チームの主軸だ。日本はリオ五輪に備えるため、23歳以下が出場する仁川アジア大会に当時20-21歳の選手を主に出場させた。
(2016/1/30 朝鮮日報)
.............................................................................................
/
韓国は
「日本は韓国の優勝自販機」
というヘイトスピーチをサッカーの対日本戦のスローガンにしました。

試合はというと日本が0-2から後半3-2にひっくり返しての逆転勝利でした。

いくら自販機の釣り銭口や自販機の下を漁っても優勝は落ちていませんでした。


こんな韓国ですが韓国政府は民潭を通して日本へ内政干渉を続けて来ました。
その民潭を日本国民の上に君臨する権力を持たせるために
人権擁護法案や外国人参政権をいままでも要求してきました。
そして最近ではヘイトスピーチ規制と外国人参政権を求めています。

日本に対してはどれだけ悪口をいってもかまわないという連中が
自分達の事実を言われることを嫌がって
「ヘイトスピーチニダ!彼奴らを言論弾圧するニダ!逮捕しる!」
と言っているのがヘイトスピーチ規制要求運動なんです。

事実を言われたら困る。
それは純粋に彼らが根っからの嘘吐きであり、
嘘に嘘を重ねて特権を拡大してきたからです。

所詮は嘘でしかありませんから事実を周知拡散されてしまえば崩壊します。

ーーーーー
■ 祝 清々しき逆転勝利 「BBの覚醒記録(2016.1.31)」より
/
大韓サッカー協会「日本は韓国の優勝自販機」
 朝鮮日報日本語版 1月30日(土)8時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000548-chosun-kr

大韓サッカー協会は今回の日本戦での応援スローガンを「日本は韓国の優勝自販(JAPAN)機」に決めた(訳注:韓国語の自販〈=自動販売機、読み方はジャパン〉と英語で日本を意味するJAPANが同じ発音・表記になることをかけたもの)。

これは、ヘイトスピーチにはならないの?

日本が同じことやったら、韓国では国中、火病でしょうに?

それは、ともかく・・・・

アジアの頂点 ありがとう。


■ なぜ日本はW杯サッカーで負けたか 「心に青雲(2014.7.5)」より
/
 ブラジルで行われたW杯サッカーで、日本チームが敗退したのは、負け惜しみでいうのではなく、最大の要因は韓国の陰謀である。
 サッカー解説者がいろいろ言っていて、それなりに専門家だから的を射ているのだろうが、私の見立てはシンプルだ。

 主たる敗因は足が思うように動かなかったからだと、6月16日の「こまめに水分はとるべきか?」で「対コートジボアール戦では日本選手は相当暑さにやられ脚が動いていなかった。負けるべくして負けた。」と述べたとおりだ。

 それもそのはずで、日本が試合をした会場は全部熱帯で、高温多湿。しかもコートジボアール戦は雨中で、湿度90%だった。体力が消耗して全90分が戦えなかった。素人の私が見ても、日本チームは普段の国際試合と全然ちがっていた。

 作家・佐々木敏氏の主宰する「週刊アカシックレコード」では、日本の1次リーグスタジアムが全部熱帯になる事態とは、「会場を決める抽選が公正に行われたと仮定すると、確率12.5%でしか起きない現象」と指摘している。

 ところが同じく一次リーグで敗退した韓国チームは、なんとブラジルでも比較的気候の良い温帯にある会場であった。それでも勝てなかったのだから、韓国チームはそもそも弱い。
 アジアでは日本が最強になっていて、それでもあんな熱帯で試合をさせられれば実力は発揮できない。

(※ 以下略)

ザッケローニ【サッカー日本代表監督】
■ サッカー日本代表監督のザックは解任すべき 「東京kittyアンテナ(2013.10.14)」より
/
サッカー日本代表監督のザッケローニが、
マリーシアを推奨した様である(@w荒


先日セルビア戦で負けた際、
セルビアが上手くファウルを使って
自分たちに有利に試合を進めたことを
同監督は褒めた(@w荒

こういうのは日本人には適わないし、
その様なことを推奨する監督も
矢張り日本代表チームには適わない
(@w荒

オフサイドトラップ等、
ルールの範囲内で
相手の油断を突くというなら
まだしも、
積極的にルール違反を行うのは
日本人の精神に反する(@w荒

スポーツは単に勝てば良いという
ものではない。
如何に精神を練磨するかが重要だ。

特に代表チームならば
如何に日本人の練磨された精神を
表現するかが最も重要な使命である
(@w荒

マリーシア等という毛唐の卑しい習慣は
日本人にはそぐわない。
ザックは早急に解任すべきである(@w荒


■ 「日本サッカー協会」って反日? それともバカ集団? 「BBの覚醒記録(2013.7.27)」より
/
韓国がどんなサッカーを仕掛けてくるか、故高円宮と皇太子妃の実父・小和田恒氏とが

共同開催実現に暗躍した日韓ワールドカップで、思い知っただろうに。
故高円宮はいかなる理由か、半島にベッタリの方で、小和田雅子さんを宮中に
入れることにも暗躍した方だけれど。ちなみに、皇族の公式な韓国訪問は、高円宮夫妻が第二次世界大戦後初です。 

当時日韓ワールドカップに関わった各国のサッカー関係者がいかに韓国を
罵倒し、日本を称賛したか過去記事で御覧ください。

サッカーを通してみる韓国への世界の評価http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/fe9d92e3580125bce13fdd1ebc69d494

こんなひどい国と共催させられたばかりか、日本は韓国側のサッカースタジアム建設費用まで出させられていて、それらの費用の返済があったのかどうか、一向伝えられません。
韓国に貸したお金が無事戻って来るとも思わないし、彼らに借金であれ何であれ
「悪人の国」、日本からぶんどったお金を返す気は全くないだろうし、踏み倒すことが
正義なのだろうし。










.