● 明治維新〔Wikipedia〕
明治維新(めいじいしん)は、江戸幕府に対する倒幕運動から、明治政府による天皇親政体制の転換とそれに伴う一連の改革をいう。その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・文化・教育・外交・宗教・思想政策など多岐に及び、日本を東アジアで最初の西洋的国民国家体制を有する近代国家へと変貌させた。





神道
■ 為政者が歴史を口実に使いだすときは全体主義化の始まり 「Various Topics(2013.11.22)」より
(※ 前後略)
/
 明治国家の最大の目的は、帝国主義戦争に生き残ることで、このために徳川300年の平和に慣れた国民を戦争に動員する必要があった。西洋には君主を超えた神の権威があるが、明治になってかつぎ出された天皇にはそういう重みがなかったので、 国体という概念が作られ、国家神道という宗教が創作された
(※ 太字はmonosepia)

■ ニッポンから日本へ(2) 「MU(ムー)のブログ(2013.4.15)」より
下は 「真説 ニッポンの正体:高橋五郎×小池壮彦 著」(ミリオン出版)  からの引用記事

/
外人イカサマ商人らが作り上げた≪明治維新≫

日本は150年前に終わった国・・にもかかわらず、まだ「明日がある」などと叶わぬ
希望を選挙民に配り続けてきたのが、我が国の政治家や各界リーダーたちだ。
私は彼らを150年来の≪ベテラン詐話師の末裔たち≫と呼ぶ。悪気がなく無邪気な、
いわば歴史痴ほう症に罹った御仁たちという詐話師である。(中略)

だが、無理もない。彼らは150年前の外人イカサマ商人らが作り上げた明治維新の実態
を知らない日本人の子孫たちだからだ。そして、明治政府のリーダーたちですら、
真実の歴史ストーリーから目をふさがれ、自身が騙されていることに気づかなかった。
明治政府は外国勢力の手で巧妙にでっちあげられたいかがわしい傀儡政府だった。
その歴史的事実から日本人全体が目隠しをされ、外国勢力がでっち上げた偽史にまんま
とはめられてきた。

日本が戦争で占領支配されたのは70余年前のことだと誰もが信じている。
だが、何度もいうが、日本は150年前から、外国勢力の手で明治政府を立ち上げさせ
られた植民地国家だったのだ。明治以来騙されてきた事実を知らない当時の元勲や
知識人は新政府を自分たちが樹立した革命的な民主主義国家だと信じてきた。

■ ニッポンから日本へ(1) 「MU(ムー)のブログ(2013.4.14)」より
/
よく、「日本を守りたい」という健気な方がおられますが、何を守りたいのでしょうか?
この国は150年も前から、日本ではなくニッポンなのです。つまり、「守る」のではなく
「取り戻す」のが本義なのです。(どこかの党のスローガンですが・・)

まぁ、このシリーズを読まれれば、いかに日本という国の魂が風前の灯なのかおわかり
になると思います。それを、偽ユダヤ人や某国の精にしても始まらないレベルなんです。
国籍なんか関係なし・・魂の問題ですな。胃がんだろうと、大腸がんだろうと末期がんは
末期がん、モルヒネ打ってなんとか凌いでいる状態。日本を取り戻すのは大変ですぞ。


■ ロスチャイルド家が仕組んだ明治維新!一同が写っているフルベッキ写真!日本の裏にフリーメーソン 「正しい情報を探すブログ(2013.3.7)」より
(※ 前後大幅に略)
/
明治維新については多くで語られていますが、明治維新とはロスチャイルドなどの欧米勢力が反幕府勢力に支援をして、幕府転覆を引き起こさせたことなのです。

例えば、長州軍や薩摩軍に最新の武器を提供していた勢力が欧米の武器商人たちであることは調べるとすぐに分かります。


☆ Kazumoto Iguchi's blogより「明治維新」関連記事

■ 明治維新の真実:「薩長軍は、タリバンだった!?」
(※ 下は長文からの抜きコピペ)
/
無私の「武士道精神」「ヤマトごころ」を徹底的に排除し、個人の「利権」を基礎にする国造りに変えるしかありません。このためには、武士階級、端的にその象徴の「江戸」を完全否定しなければなりません。
 そのために、武士(薩長)でもって武士(江戸)を排除する。これが明治維新の真実です。
 こうして見ると、明治政府が極端な欧米化政策をとった本当の理由が見えてくると思います。彼らは世界金融支配者の裏からの支援を受けて、政権に就きました。世界が称賛してモデルとした江戸のパラダイス社会を徹底して否定するしか彼らの生きる道はなかったのです。
/
明治維新というものの本質は、英米のアングロサクソン国家、今でいうところの「偽ユダヤ人国家」が、偽ユダヤ人による世界統一政府樹立のために、アジア支配を目論だ時、アジアのまだ残っている最高文化勢力であった、この日本、江戸時代の日本を、金融的にも政治的にも破壊することが目的だったというにすぎない。

ーーーーーーーーーー
■ トケイヤーの「ユダヤ製国家日本」:「ユダヤ製国家日本、日本製国家イスラエル」の方が良かったか!? 2012.5.10
(※ 下は長文からの抜きコピペ)
/
日本統治下の国々は、中国であろうが、韓国朝鮮であろうが、基本的には人道主義を主張し尊んできたわけである。トケイヤーがいうには、日本の差別の無さは、当時傑出していて、欧米諸国など比ではないと言っている。その伝統は、おそらく明治維新よりずっと前の江戸時代にできたもので、商人であろうが、武士であろうが、実質的にはほとんど差別がない社会になっていた、その伝統であるとトケイヤーはいう。

ーーーーーーーーーー
■ トケイヤーの「ユダヤ製国家日本」2:いま蘇る鉄砲伝来の真実!
(※ 下は長文からの抜きコピペ)
/
一般には、日本人が明治維新を起せた原動力は、識字率の高さ、寺子屋制度、武士制度、天下太平の江戸時代の文化、などがその原因とされている。しかしながら、私個人の印象では、日本には、古来から日本刀に代表される鉄の技術があったこと、そしてそれがポルトガル人ピントによる鉄炮伝来による鉄炮技術ができたこと、こういう鉄炮と刀の技術が、日本の近代化を実現する原動力となったことはまずまちがいないだろうと見る。今でいう科学技術の力が、江戸時代までに日本には潜在的に備わっていたのである。

ーーーーーーーーーー
■ たかじんのNOマネー:おめえにやる生活保護はねえ〜!「外人天国」日本! 2012.6.5
(※ 下は長文からの抜きコピペ。)
/
明治維新は、江戸時代と質が違う日本社会へ移行させるものだったことはまず間違いない。要するに、半島人による日本支配を目的としたものであったのだろう。その悪しき伝統が今も綿々と続いているのである。

逆に言えば、日本人の人の良さ、お人好し、優しさ、親切心が外人につけ込まれるスキを与えているというわけだが、それがまた日本人の良いところでもあるというわけである。















.