+ クチコミ検索
+ ブログサーチ
+ ニュースサーチ
● 楽天市場
 ▲ 楽天マート



■ 三木谷浩史楽天会長の超ブラック発言「ベンチャー企業では残業代ゼロどころか労働時間を制限するな」 「Everyone says I love you !(2015.4.10)」より
(※mono.--ホワイトエグゼンプションの「残業代0」制度の記事は略、詳細はブログ記事で)
/
教祖降臨 日経BP社

三木谷氏の生い立ちから、孫正義、ホリエモンなどとの交流、楽天社長として大成するまでの軌跡を書いた唯一の本。これだけの立志伝中の人物の割に彼のことを書いた本が少なすぎる。

 さて、それでもこの労働基準法「改正」案では、1のホワイト・エグゼンプション制度の方だけは働き過ぎを防ぐため、継続した休息時間の確保や、労働時間に上限を設けることなどを企業に義務づけています (2の裁量労働制拡大にはそんな規定さえないことに注意です)。

 ところが、今回の改正案に対して、経団連に対抗して作った「新経済連盟」の代表理事である楽天の三木谷浩史会長兼社長がコメントを出しています。


 この中で、三木谷氏はベンチャー企業においては「時間という評価軸が馴染まない」とした上で、労働時間管理制度を適用除外することを引き続き検討していくべきと述べています。

『ベンチャー企業の場合、多くの従業員が企画型の業務を行い、ストックオプションをもらっていることも多く将来的リターンも大きいことにも留意が必要です。

 また、知識と情報を源泉とした高付加価値型サービスを提供することを中心的な活動とする企業等では、従来の時間という評価軸がなじまないことにも留意が必要です。

 このような企業に対しては、健康管理の枠組みを担保しつつ労働時間制度を適用除外することを引き続き検討していくべきと考えます。』

 いやはや、労働時間制度の適用除外にするということは、1日8時間労働だとか週40時間労働だとかいう制限を全部取っ払って!そもそも残業だの、休日出勤だのと言う概念をすべてなくす!!ということですから、物凄いですよね。

 まさに、1日24時間、年365日働けってことです。凄いよ。産業革命の時のイギリスかよ。いや中世?いや奴隷制?

 もう、この奴隷労働法制には突っ込みどころ満載なのですが。

1 ベンチャー企業って何?

 ベンチャー企業とは、ベンチャービジネスの略であり、新技術や高度な知識を軸に、大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する中小企業を指すとされています。

 主にIT産業に使われることが多く、楽天傘下の様々な子会社などはその典型だと思うのですが、もちろんITには限りませんし、なにしろベンチャー企業の定義はあいまいで、奴隷制にされる企業がどれだけ拡大するか全く予測不可能です。

 とにかく、三木谷氏が楽天でこれをやりたいのだけはよくわかります。

2 ストック・オプションで将来的にリターンが多いから、残業代・休日出勤代・超過手当は要らない?

 ストック・オプションと言うのは、従業員に対する報酬の一部としてその勤務する会社の株式を与えておく制度です。

 こうしておくと、もし一生懸命働いてその会社が上場でもしようものなら、従業員の株式の価値は飛躍的に上がるということで、従業員のモチベーションを上げる方法として知られています。また、この制度によって企業買収を防げたり、会社の資産が増えたりします。

 つまり、ストック・オプションと言うのは会社の利益にもなる制度で、従業員の残業代などだけ減らすのは不公平なんですね。もちろん、報酬を株式で支給した分、会社はその分の現金は助かっているわけですし。

 また、「将来的には」というところがくせ者で、従業員が残業代なしに頑張っても、株の価値が上がるか、まして会社が上場できるかなどは運任せ、というよりほとんどないことなんです。ですから、従業員はまさに働き損になる可能性が100%近いということになります。

 つまり、将来リターンがあるから残業代を今我慢しろと言うのは何重もの意味で不合理なんです。

(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)


■ 某IT企業の派遣差別について 「ネットゲリラ(2014.3.18)」より
/
社内公用語を英語にした某IT企業というと、もうそれだけで判ると思うんだが、派遣差別が話題のようで、社員食堂でメシを食べさせて貰えず、近くのスーパーのフードコートで食べろ、と言われるそうで、みんな自分で弁当を持ち込んで、フードコートのレンジでチンして、一時間そこで動かないそうで、まぁ、イオンもいい迷惑だと思うんだが、酷い会社ですねw

..............................................................................
この会社には、有名な社内食堂があります。グーグルに対抗して「無料」を打ち出し、晴れの日は富士山も眺められるとあって、社員の利用率は7割以上といわれています。
しかしその陰では、同じ職場で働く仲間を拒む、見えない壁がありました。この食堂は「社員しか使用できない」のだそうです。
しかたなく質問者さんは、「では、自分のデスクで食べていいのですか?」と尋ねると、社員からは「社内では食べるところはありません」「休憩室や会議室も使えません」という、つれない返事が。それでは派遣スタッフはどこで食べるのですか?と聞くと、こう言われたのだそうです。
「近くのイオンの地下にフードコートがあるので、そこで食べて下さい」
金銭的に余裕のない質問者さんは、毎回フードコートで食べると予算的に厳しいと相談すると、「自分で作ってきたお弁当を持ってきて、イオンの電子レンジで温めてみんな食べてますよ」という言葉が返ってきました。
そこで次の日、お弁当を持ってフードコートに行くと、イオンの電子レンジの上には「持ち込みは固くお断りしております」という張り紙があるではありませんか!
それでも他の派遣スタッフたちは、弁当をこっそり出して勝手にチンして、混雑するフードコートに何食わぬ顔で座って食べています。
周りを見渡すと、子どもと買物に来ている母親が座るところがなくて困っている光景がありました。
............................................................................
ところで楽天なんだが、あすこはアフィリエイトの率が異常に悪いので、貼りたくない。Amazonも率が下げられて辛いんだが、それでも5パーセントくらい。楽天は1パーセントです。話にならない。まぁ、そんなわけでおいら、自前でネット販売始めたんですけどね。

そんな事よりハゲだ。柑気楼という育毛剤がありまして、(※ 以下アフェなので略)


■ またしても楽天クオリティ 「ネットゲリラ(2013.3.17)」より
/
楽天市場の鯖が落ちてるようなんだが、ところで楽天がネットスーパー事業に乗り出したそうあなんだが、これがトラブル多発で大騒ぎになってますw
(※ 中略)
/
問題の会社は「楽天マート」といって楽天の100パーセント子会社だそうだが、倉庫が平和島にあって、そこから近いところはまだマシなんだが、遠いところはグダグダらしいw まぁ、東京は広いからw

ーーーーーーーーーー
■ 楽天マートが凄いことになっている件で 「やまもといちろうBLOG(2013.3.16)」より
/
 koboに続く新たな楽天の大爆笑サービスが見事なローンチを魅せているようで、どういう経緯か価格コムに着弾しているという話を聴き見物に逝ってまいりました。
『最悪の楽天マート』 のクチコミ掲示板
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=15882048/?lid=bbs_twt_tweet

 タイトルからして「最悪の」楽天マート。あっさり二つ名がついてしまうあたり、さすがは楽天です。もはやコールセンターも公用語を英語にして対応するしかありません。
 まあ、注文が殺到してロジスティクスが追いつかず配送が遅れるということは、この手のビジネスでは必ずあることでしょうから、致し方のない部分はあるのかもしれません。しかし、そういう大人の配慮や考え方はとりあえず脇に置いておいて、まずは楽天のだらしないビジネスで苦情が殺到しているさまを健やかに笑っておこうというのがネット社会()的なあり方なのではないでしょうか。
 お詫びに1,000ポインツもらえるらしいですが、場合によってはそのお釣りとして腐った生鮮食料品が自宅に漏れなく届いてしまう素敵仕様だったりするようです。スレッドの下のほうにはキーワードが抽出されているのですけれども、すべてのキーワードが中立か罵声というあたりに「最悪の」という形容詞がついてしまう本件の性質が余すところなく感じ取れます。
 楽天もスピードを旨とする組織ですから、問題が起きてからの対策もきっと速いに違いない、ぜひ頑張って欲しい、できれば遠くのほうで、と心から思う次第でありますし、一連の騒動が終わったら一度頼んでみようかな、と思います。はい。




★■ 生鮮食品などの通信販売「楽天マート」 本格スタートでいきなり「トラブル」 「Jcastニュース(2013.3.17)」より
(※ 前後略)
/
 混乱は配送エリアをこれまでの17区市から、東京都や神奈川県、千葉県や埼玉県の71区市に拡大した初日の3月11日、「これまでの数倍もの、想定をはるかに超える注文で商品の調達や物流の手配ができなくなった」ために起こった。
 それにより、約束した配達日に商品を届けられなくなった。翌日も注文が殺到し、11日に届けるべきだった商品を再配達するための配送と、当日の注文を届けるための配送が重なって事態が悪化した、と説明している。







.