+クチコミ検索〔新満州国〕
  • 「新満州国」を含む口コミが見つかりません。
+ブログサーチ〔新満州国〕
  • 「新満州国」を含むブログが見つかりません。
+ニュースサーチ〔新満州国〕
● 河豚計画
河豚計画(ふぐけいかく)とは、1930年代に日本で進められた、ユダヤ難民の移住計画である。1934年に鮎川義介が提唱した計画に始まるとされ、1938年の五相会議で政府の方針として定まった。実務面では、陸軍大佐安江仙弘、海軍大佐犬塚惟重らが主導した。ヨーロッパでの迫害から逃れたユダヤ人を満州国に招き入れ、自治区を建設する計画であったが、ユダヤ人迫害を推進するドイツのナチス党との友好を深めるにつれて形骸化し、日独伊三国軍事同盟の締結や日独ともに対外戦争を開始したことによって実現性が無くなり頓挫した。



■ 日本人が誰も知らない北朝鮮の真実!から ~北朝鮮は日本陸軍諜報員(金策)こと畑中理(はたなか、おさむ)が建国した 「Mutual Aid Japan(2017.4.7)」より
/
転載:http://ameblo.jp/kyasutaka1/entry-11469717712.html (※mono....この転載元はブログの背景や文字色が、申し訳ないが読みづらいものとなっております。)

北朝鮮は戦前大日本帝国陸軍が大陸に送り込んだ工作員(中野陸軍学校出身)の日本人金・策(キム・チャク)こと畑中理(はたなかおさむ)構築した国家なのです。

北朝鮮を建国したと言われる故金日成(キム、イルソン)国家主席は、抗日独立戦争の英雄4人を合体して作り上げた単なる偶像です。

(※mono....以下「福計画」に直接関係のない文は略させていただきます。詳細はブログ記事で)
/
日本軍国主義,大陸浪人,日本人馬賊,玄洋社,黒龍会,甘粕機関の残党,ユダヤ人,陸軍中野学校のスパイ崩れ,里見機関のアヘン売人,児玉機関(児玉誉士夫)の
残留組,麻薬や偽札の製造技術者,731や516の下請け,明石機関のWスパイ…,
…キリがない.これら “日本人” の2世,3世が,しぶとく生き残っているのだ.
…このリストに,瀬島龍三(伊藤忠商事)の愛弟子・張成沢(チャン・ソンテク)も入れておこう.張成沢.金正日の妹である金敬姫の夫である
もうひとつ,忘れてはならない 重要な “思潮” が,北朝鮮に流れ込んでいた.

それは,“極東にユダヤ人の国家を建国する運働” である.
この “計画” は,今も強固に生きている.厳然と生きている.
北朝鮮では,なにもかも,すべてが,死なず,生きているのだ.
横田めぐみさんも,“極東ユダヤ国・建国運動” も,玄洋社も,軍国主義も….
この流れを,世界で最も注目し,注視しているのは,イスラエルだという.

「いま,大連(中国)でも平壌(北朝鮮)でも,“移住イスラエル人” が増えている.」
“移住イスラエル人” とは,イスラエルから大連に移住してきたユダヤ人だ.
もっと詳しく言うと,イスラエルという国を捨てて大連に移住してきた人達だ.
「大連は天国だ! 夜,安心して眠れるので心臓病が治った」
と,大連に来て1ヶ月というイスラエル人がしみじみと言っていた.
突然ロケット弾が飛来し,いつ死ぬか分からないイスラエルは “地獄” だったらしい.
別のイスラエル人は…,
「大連だけではない.平壌にも多くのイスラエル人が “移住” をはじめている」
と教えてくれた.そして,さりげなく “予測” してくれた.
「3年もしないうちに,“移住” は何万人規模になるだろう.」
そして,驚くべき “予想” を付け加えた.
「10年後には何十万規模になる.そして,第2のイスラエルができる!」

さらに,もっと驚く情報がある.
「この第2のイスラエルをつくる運動を進めているのは,北朝鮮在住の日本人だ!」
と言うのだ.

私が驚いたのは,その運働の名前だ.

なんと,『福計画』.(=フク(Fortune Under Korea)プロジェクト).
…飯山さん.これは 『河豚 (フグ) 計画』 の北朝鮮バージョンじゃないのか?

満州にユダヤ人の自治区をつくるという計画には,80年もの歴史があるのだ.
この計画は,当初 『河豚 (フグ) 計画』 と名づけられた.
ユダヤ人は河豚みたいに “毒” もあるが,調理の仕方では最高の料理になる…,と
いうわけだ.この計画を発案したのは,日産グループの総帥・鮎川義介だった、注目すべきは, 『河豚計画』 を大日本帝国政府が閣議決定をして,“国家の方針”として,実際に,満州国において実行に移していたことだ.
ちょうど,ナチス・ドイツによる迫害から逃れた,何万人ものユダヤ人がシベリヤ経由で満州に到着しはじめていた.
このなかには,“日本のシンドラー” 杉原千畝氏が救った6千人のユダヤ人もいた.
この6千人も,満州における大日本帝国陸軍の救助活動と保護活動がなかったら,野垂れ死にしていた可能性が高かった.
だから今でも ユダヤ人だけは 大日本帝国陸軍には感謝しているのである.

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)


■ 自国滅亡後のフグ計画によるユダヤ人の脱出・満州移住と引き替えにイスラエルは大東亜共栄圏に寝返った? 「国際情勢の分析と予測(2014.5.16)」より
(※ 前半の引用記事多数略、詳細はブログ記事で)
/
 安部首相が5月12日に訪日中のイスラエルのネタニヤフ首相に対して「両国の友情は、杉原氏の『命のビザ』でイスラエルの何千もの命を救ったことにさかのぼる」と述べたことが注目される。これは、近未来に国際金融資本の世界覇権が消滅することで米軍が劇的に縮小し、米国の支援によって維持されているイスラエルが滅亡するという予測を前提として、フグ計画を実行することでイスラエルに居住するアシュケナジー系ユダヤ人を満州に脱出させ移住を許可することを日本がイスラエルに対して確約した事を意味すると思われる。

 翌5月13日には天皇皇后両陛下と懇談したネタニヤフ首相は「イスラエルと日本には共通点がある」と述べ、いずれもおびただしい数の市民が犠牲となったホロコースト(ユダヤ人大虐殺)と、広島、長崎への原爆投下を挙げ、天皇陛下は「ホロコーストは大変に痛ましいことだったと思います」と語ったという。これは、広島、長崎への原爆投下が、欧州大陸の親ドイツ国家の活動によって現在「真実」であるとされているホロコーストと同様の世界最大級の反人道的行為であり戦争犯罪であるとの見解をイスラエルが表明したことを意味する。

 従来イスラエルは国際金融資本=フェニキア・カルタゴ系商人の忠実な僕であり、中近東では米国の唯一の同盟国であった。そのイスラエルが「米国はホロコーストを起こしたナチスに匹敵する最悪の犯罪国家である」と表明したのだ。フグ計画と引き替えにイスラエルは大東亜共栄圏に寝返った。コペルニクス的価値観転換がとうとう始まった
(※ 後略、詳細はブログ記事で)

■ 再興された満州国はツラン民族の絆を根拠にアシュケナジー系ユダヤ人難民を受け入れる 「国際情勢の分析と予測(2013.6.2)」より
/
板垣英憲氏の5月30日のブログ記事が興味深い。

『北朝鮮の事情に詳しい外交専門家筋の間では、「横田めぐみさんは、新潟県の海岸から北朝鮮の工作員に拉致されたけれど、そのとき、日本の警察と自衛隊が、周囲から見守っていた」「北朝鮮は、大日本帝国陸軍のスパイ養成学校である中野学校出身の残置諜者が、日本を守るための第2の日本として建国した」「皇室の血を受け継ぐ横田めぐみさんは、北朝鮮の女帝になっている」「横田めぐみさんは、2012年5月、7月、9月の3回、密かに帰国して、公安警察と交渉したが、失敗し、今後は皇室関係者と相談すると言い残して北朝鮮に行った」等々、様々に取り沙汰されている。真偽のほどは、間もなくわかるであろう。』との記事は、北朝鮮の拉致事件が実は国策として日本と北朝鮮の両国政府の共同事業の形でおこなわれたことを示している。
(※ 中略)
/
北朝鮮による半島統一と大高句麗建国は、残置諜者政権の存続という点で朝鮮総督府に似た性格を持つ。満州国再興と併せて考えれば、これは間違いなく大東亜戦争前への復帰であろう。そして、北朝鮮による半島統一戦争はアジアにおけるヤルタ・ポツダム体制の終焉を意味する。この戦争には日本を含めて南朝鮮以外のアジア主要国全てが北朝鮮側に立って宣戦布告し、勝者となる。そしてその戦勝国が集まって戦後処理のための国際条約を結び、それが新しいアジアの国際システムを規定することになる。 自民党による自衛隊法の改正は南朝鮮との戦争を可能にすることが主目的であろう
(※ 後略。太字はmonosepia)
...............................................
コメント より
満蒙の地 (sam)  2013-06-02 22:22:28

 どの勢力もかの地に輝ける都市を築きたいのだろう。ユダヤに取っては、100年以上前からの悲願なのだろう。ユダヤ失われた10支族のひとつは満蒙の地を拠点としていたのかと、信じる人たちは、ただ単にアジアを支配するに口実が欲しいだけなのかも知れない。
 しかし、日本にとっても大切な拠点であり、天皇家のルーツを探る上でも興味深い地である。

 ここから先のシナリオは、問題として、その地を支配しているのは、中国であるという、動かない事実である。
 そして、通り道には、韓国という邪魔な存在があり、その意味でも韓国の末路は、明白であり、さらに北朝鮮付近の中国国内は、多数の朝鮮族自治区があり、それは中国国内の少数派民族の数多くの問題に連鎖していくことも明白である。
 そして、どの国が最もこのゲームを有利に進めているかであるが、明らかに日本である。アメリカもイギリスも日本という、存在を無視して関与することは出来ないし、北朝鮮を北朝鮮たらしめた日本の粘り勝ちである。あとは、導火線に火を付けるだけなのである。

大切なことは、日本は当事者にならなくてもよいということである。
..................................................
ーーーーーーーーーー
■ 陸軍中野学校のスパイが建国した「第2の日本」北朝鮮が、朝鮮半島統一に動き出せば、日本は全面協力する 「板垣 英憲「マスコミに出ない政治経済の裏話」(2013.5.30)」より
+記事前半
◆北朝鮮が3年前に、「横田めぐみさんの娘であるキム・ウンギョン(ヘギョン)さんを国外に出国させてもよい」と当時の鳩山由紀夫首相に伝達してきていたのを受けて、鳩山由紀夫首相が金正日総書記宛てに親書を送り、自ら北朝鮮に乗り込む決意をしたところ、外務省が反対したため、実現しなかったという。埼玉新聞が5月29日付け朝刊「3面」(第3総合面)で「めぐみさんの娘出国容認」「北朝鮮 幹部が3年前に伝達」という見出しをつけて、「共同通信の芹田晋一郎記者」の記事を掲載した。
 これは、飯島勲内閣官房参与の電撃的訪朝を受けて、北朝鮮首脳部が、「3年前から日朝関係の改善に努力していたのに、日本政府が受け入れなかった」ということを懸命に印象づけようとしているとも見える。つまり、「今回、安倍晋三首相には、本気で受け止めて欲しい」というメッセージなのであろう。
 安倍晋三首相、小泉純一郎元首相、あるいは自民党の小泉進次郎青年局長の「訪朝」が取り沙汰されているいま、北朝鮮が、そのための「地均し」を進めていることが窺える。
/
◆現在、韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権が、「日本と北朝鮮2国間交渉」(米国と中国が立ち合う)に対して、陰に陽に妨害工作を行っている。韓国が、「蚊帳の外」に置かれていることにジェラシーを抱いているばかりではない。
 イスラエルが主導して、米国、ロシア、それに中国まで加わり、「ユダヤ国家=ネオ・マンチュリア建国」と「北朝鮮中心の大高句麗建設」計画が着々と進んでいることに、焦りと警戒心を募らせているからである。このままでは、韓国は、この地上から消滅させられる。イスラエルと親密な日本が、この計画に深く加担していることも、「反日意識」を高揚させている。米国と中国は、とっくのむかしに韓国を見捨てているのだ。
+記事後半
◆北朝鮮は、国連安保理から経済制裁を受けて、孤立化していると日本のマスメディアは、盛んに喧伝しているけれど、実態は真逆である。
 国連加盟193か国のなかで、北朝鮮が国交を樹立しているのは、162か国に及び、中朝国境線の中国側には、何十万人もの朝鮮族が住んでいる。さらに中央アジアにかけては、2000万人もの朝鮮族が暮らしているといい、金正日総書記は、「朝鮮族の盟主になってはどうか」という話が真面目に議論されていた。つまり、朝鮮半島で孤立化しているのは、北朝鮮ではなく、韓国だということだ。
◆北朝鮮が朝鮮半島統一に向けて動き出せば、日本は当然、この「第2の日本」である北朝鮮を勝利させるために、全面協力することになる。
 それには、いまの平和憲法の下における防衛省・自衛隊では、十分に協力することはできない。やはり韓国軍を攻撃できる体制を整えておく必要がある。この意味では、日本国憲法改正・国防軍=皇軍創設は、急がなくてはならないのだ。

米韓関係
■ 「鈍感な米国人」が韓国の朴槿恵大統領の演説は皮肉を込めた「米国批判」だったと、ようやく気づき始めた 「板垣 英憲「マスコミに出ない政治経済の裏話」(2013.5.31)」より
/
◆鈍感な米国人が、韓国の朴槿恵大統領演説の真意に、ようやく気づき始めているという。「あれは、日本に向けられた批判だったのではなく、米国に向けられた皮肉を込めた厳しい批判だったのではないか」と。
 朴槿恵大統領は5月8日、米国上下両院合同会議で演説し、「日本批判」としてマスコミが取りあげた部分を含めた前後を抜粋すると、次のように述べていた。
 「尊敬すべき国会議員の皆様
 私たちの第2の旅は、朝鮮半島を越えて広がる北東アジア全体の平和協力のメカニズムを構築することです。
 悲しいことに、今日、北東アジア地域の国々全体として達成することができる、絶大なる可能性のすべてを果たすことができていません。
 この地域の経済は、さらに大きな影響力を得て、ますます結びついています。 しかし、歴史から生じる違いは拡大してきています。
 過去に盲目的な人々は未来を想像することができないと言われます。
 これは、明らかに、現時点における問題です。
 しかし、より重要な問題は明日です。
 昨日起こったことについて失敗がどこにあるかを正直に認めることができなければ、明日はありえません。
 アジアは、私が「アジアのパラドックス」と呼ぶ、成長している経済相互依存と政治的な安全保障協力の間の分断で、苦しんでいます。
 私たちがいかに、この「アジアのパラドックス」を管理するか、このことがアジアの新しい秩序の形を決定します。
 ともに、私たちはこの挑戦に対応しなければなりません。
(※ 中略)
/
  現代史の底流では、イスラエル、米国、ロシア、中國、日本により、中国東北部(旧満州)に「ユダヤ国家=ネオ・マンチュリア」建国計画、朝鮮半島に北朝鮮が中心となり「統一」から「大高句麗」建設計画が着々と進んでおり、このなかで、韓国が「蚊帳の外」に置かれている。 この歴然たる事実を察知している朴槿恵大統領は、何とか「米韓軍事同盟体制」を強化し、決して見放さないよう米国に訴えていたのである。父母を米CIAに暗殺されていながら、米国に依存しなければならない「弱小国・韓国」の悲哀であるともいえる。

■ 戦時体制に入った北朝鮮 「MU(ムー)のブログ(2013.3.12)」より
/
みなさん、ジクソーパズルのお時間がやってきましたよ~ん♪
国連での制裁決議とは裏腹な摩訶不思議な米・中・北・韓・日の謎解きです。(大袈裟?)
日々のニュースでもご存じのように、北朝鮮は軍事物資の移動やその他で本気みたいな
感じです。旦那なんかは帰宅する度に、「正恩は何やってんだ?」と云います。( ;∀;)
まぁ、それもどうかと思いますが・・まずは本日の板垣氏情報と以下の動画2本を。

(板垣氏情報)

この軍事行動については、米国、中国、日本、イスラエル、ロシアが深くかかわっており、
戦端が開かれれば、勝負は「3日」でつく。北朝鮮は、「38°線」を境とする休戦ライン
の一帯に何本も地下トンネルを掘っており、韓国の首都ソウルにある大統領府「青瓦台」
を目指して、北朝鮮軍が突撃してたちまちのうちに大統領府を占拠するとともにソウルを
占領してしまう。これに対して、米韓両軍はほとんど無抵抗だという。

北朝鮮は朝鮮半島を統一して、2013年内には「大高句麗」を新たに建国する。
これに併せて、中国東北部の遼寧省の首都・瀋陽市、吉林省では住民が反乱を起こす。
そして、この地に「 ネオ・マンチュリア(満州)国 」が建国されて、イスラエル在住の
ユダヤ人が大移住してくる。中国共産党第1党独裁の北京政府は、この東北部を中国
から切り離すことに同意しているという。中国は「漢民族」が独立して新たな国家を
樹立する。中国共産党は全国人民大会(全人代)を開催中だが、習近平次期国家主席は、
上海閥を押さえ切れない状況に立たされており、北京市と上海市はそれぞれ別々の国に
なる可能性が大だという。このほか、中国は、内モンゴル、新彊ウイグル地区、台湾など
がそれぞれ独立、これは上海市に在住の大物F氏の話ある。中国は「緩やかな連邦制」
に移行していくことになる。

(※ 以下略。)

ーーーーーーーーー
■ いよいよ動き出す「ネオ満州国」
/
「ネオ満州国」と「内モンゴル自治区のオンドス市への移住計画」は関連性があるでしょうね。

国民4000万人移住の可能性」 (2012.4.18)から抜粋します。

(引用開始)
何千万人もの日本人が直面している「極度な危険性」は、福島第一原子力発電所の結果である。
(中略) このレポートによれば、複数の日本人外交官はロシア外務省に対してこう伝えたという。
これほど多くの国民を移住させる土地を日本国は保有しておらず、したがって千島列島の日本
への返還は「緊急の重要性」をもっている。かりに強制移住を行うとすれば、それはソビエト
連邦においてスターリンが行った極東への強制移住に匹敵するものであり、本質的には
1930年代以降では最大ともいえる大量移住となるであろう、と。

さらに重要な点であるが、このレポートによると、彼ら日本の外交官はロシア側に対して以下
のようにも語った。中国は日本に対して、何千万人もの日本の市民を中国本土に移住させても
よいとする提案を行っている。日本国はこの中国側の提案を「真剣に考慮している」という。
中国の移住先は、「ゴースト・シティー」と呼ばれる地域であり、この地域は不可解な理由に
よって建設されたまま放置されている。(終わり)

ーーーーーーーーーー
■ 国民4000万人移住の可能性 「MU(ムー)のブログ(2012.4.18)」より

ーーーーーーーーーー
■ 4000万人以上移住が必要か?! -ロシア外務省リポート- 「飄(つむじ風)(2012.4.17)」より
/
拙速かも知れないが
日本の危機について、
日本の外交官からの話として、 ロシアリポートは語る!!
なんと、
4000万人の移住が必要となるかも知れない!!

 この話に、ロシア自身が驚愕しているというのである。日本は国土が狭い、とうていその受け入れ先はない。しかも、この話、北方領土問題に関する協議のリポートにおいてである。

 そればかりではない。中国がその受け入れをオファーしているとも書いてある。

 真偽の程は、明らかではないが、もしも、福島第一の第4号炉が一大事になれば、その事は現実のものとなろう。この事は誰しも理解することになる。

 勿論、これは最悪の想定であろう。


■ 「ネオ満州国」の建設はすでに始まっている 「zeraniumのブログ(2012.12.?)」より
/
 アメリカの次に世界の盟主になるのはネオ満州国のようです。
   その主導権を握るのは誰なのか、当然ながらこれは世界共通の関心事です。北朝鮮、アメリカ、ロシア、ユダヤ、そして現在満州の地を握っている中国も手放したくはないはずです。北朝鮮やアメリカとしては、満州を中国共産党の支配下から独立した特別行政区にしたいはずです。そこで中国の瀋陽軍はこうした勢力と結びつき、新しい国家の再建を画策しているはずです。中国共産党としては侵略した土地とはいえ、まがりなりにも中国の一部である満州地域で勝手なことをさせるわけにはいかず、満州の権益を逃さないために必死です。

(※ 中略。)
/
   満鉄の出資で建設された昭和鉄工所は戦後に廃止されましたが、その施設は継承され、鞍山鋼鉄公司として戦後の中国国内の鉄鋼需要を支えました。つい最近、上海宝鋼集団が登場するまでは、永い間中国国内では最大手の製鉄業者であったのです。また、満州と朝鮮の国境近くの吉林省にある豊満ダムは、建設されたその当時では東洋一と言われる規模を誇ったダムであり、あれから70年以上経った今でも水力発電を行ない、農業用水や飲料水の取水地として現役で使われており、地域の人々の暮らしに貢献しています。

   しかしながら、こうした巨大インフラは現地の人々の技術では維持することができなかったので、終戦後、中国の要請で日本の技術者の多くが帰国せずに現地に留まったのでした。それはソ連軍によって強制的にシベリアへ抑留された人々とは違い、中国政府に雇われて給料をもらって働く立場でした。そうした日本人技術者の存在によって、メンテナンスしながら使われてきた施設群でしたが、さすがに建設から70年以上が経って全面的な改装が必要になっています。しかも当時の日本人技術者はすでに亡くなっているので、補修・改装するためには日本の技術がどうしても必要です。

   実は尖閣諸島問題で日中の対立が先鋭化し始めていた2012年8月21日から24日の間、瀋陽軍の大佐が極秘裏に来日していたという情報があります。おそらく当然満州国の再建に先立ち、日本からの投資を呼び込みに来たはずです。これはすでに瀋陽軍が中国共産党管理下を離れ、独自に行動しているということになります。

(「大宇宙連合からの啓示」 田村珠芳著 徳間書店  抜粋)








.