● 航空〔Wikipedia〕
航空という概念・用語は、飛行するための装置(航空機)の設計や開発や製造や運用(運航)や利用などを、広く含んでいる。
個人的な活動も組織的な活動も、空を飛ぶための装置にまつわる活動であれば全て指しうる。航空機の設計・開発・製造を含むので、航空機製造会社(航空機産業)の諸活動を含むことになり、運用も含むので航空会社などによる諸活動も含み、また行政的なこと(航空交通管制、航空法 等々)も含む。
航空の歴史を航空史と言う。
航空が関連する事故を航空事故と言う。
航空は様々に分類しうるが、近年ではひとつには「民間航空」「一般航空」「軍事航空」の3つに分けて把握する方法もある。




★ アメリカ「格安航空時代」は終わった - USエアウェイズとアメリカン航空の合併で再び大手航空会社の時代へ逆戻り 「ニューズウィーク日本版(2013.3.4)」より
/
 安価な運賃で空の旅を楽しんできた者に受難の時代が訪れた。原因は、先日発表されたUSエアウェイズとアメリカン航空の合併だ。既にノースウエスト航空はデルタ航空に、コンチネンタルはユナイテッドに、エアトランはサウスウエストに買収されており、これで近い将来、4大航空会社がアメリカ市場の約70%を占めることになる。
 これが独占とまでは言わないが、30年以上にわたって熾烈な競争が繰り広げられ、常に運賃が下げられてきた時代はこれでほぼ終わったと言っていい。
+ 続き

ーーーーーーーーーー
★ 米航空大手合併 世界の空を競う新時代の到来(2月19日付・読売社説) 「読売新聞(2013.2.19)」より
/
 10年以上にわたる米航空業界の合従連衡に、大きな区切りがついた。米3強が、アジアなど世界の空を主導する新たな競争時代の到来だ。
+ 続き
/
 経営規模が小さい全日本空輸と日本航空の国内2社は、危機感を強めなければならない。一層のコスト削減やサービス充実で、競争力を高めてほしい。
 ただ、両社が次世代の主力機と位置付けるボーイング787がトラブルで運航停止に追い込まれている。その影響が懸念される。
 複雑な電子システムや日米欧にまたがる開発体制が支障となって原因究明は進まず、1か月が経過しても運航のめどが立たない。
 長期化すれば、787導入を前提とした両社の経営計画見直しは必至だ。日米当局は協力して原因究明を急いでもらいたい。
(2013年2月19日01時22分 読売新聞)








.