+ ブログサーチ〔富士重工業〕
+ ニュースサーチ〔富士重工業〕
+ ブログサーチ〔スバル自動車〕
+ ニュースサーチ〔スバル自動車〕
● 富士重工業(株)
● スバル オフィシャルサイト
● 富士重工業〔Wikipedia〕
  ・ スバル
    スバル(SUBARU)とは、富士重工業が展開する自動車製造部門のブランド名である。



日本の移民問題】 / 【外国人労働者
■ 特別リポート:「スバル」快走の陰で軽視される外国人労働者 「ロイター(2015.7.28)」より
/
[群馬県太田市 28日 ロイター] - 今年5月8日、富士重工業(7270.T)が東京で開いた決算説明会。吉永泰之社長はすこぶる上機嫌だった。米国で「スバル」ブランド車の販売が急増しているからだ。

現地のディーラーたちに会ったら、「スバル車が足りない」と頭をたたかれるかもしれない。だから、次の米国出張にはヘルメットが必要だろう―。吉永氏からはそんな冗談も飛び出した。

スバルの米国売上高はこの4年間で2倍に増えた。成功の原動力となったのは4輪駆動のスポーツ用多目的車(SUV)「フォレスター」だ。米国のドライバーたちを引きつけるのは、同車が持つ走りの性能や手頃な価格、それに社会的責任を果たしている車というオーラ(雰囲気)だ。

「Love Promise」。同社は米国で、そう銘打った企業イメージ戦略を大々的に展開、いまカリフォルニア、ニューヨーク、ワシントンの各州では、「世界に前向きな影響を与える」自動車メーカーとして、スバルを愛用する顧客層が形成されている。

<難民申請者たちが就労>

しかし、スバル車ブームの陰には、同社が喧伝していない別の事実がある。売れ行きが急増している同社の生産が、ひとつにはアジアやアフリカからの難民申請者や安い外国人労働者の存在によって支えられているという点だ。
+ 続き

(※mono.--以下まだまだ続きます。詳細はニュースサイトで。)


★■ 悩めるスバル、アメリカで新車が"瞬間蒸発" たまらず生産能力の増強計画を前倒し 「東洋経済(2015.5.10)」より
/
造ったそばから車が売れていくーー。「スバル」ブランドの自動車メーカー、富士重工業は絶好調の米国市場で贅沢な”悩み”を抱えている。

2014年に新型モデルに刷新した主力のSUV(スポーツ多目的車)の「アウトバック(日本名:レガシィ アウトバック)」は、発売直後から品薄状態が続く人気ぶり。富士重工業の吉永泰之社長によれば、4月の米国販売は約1万2500台(前年同月比17.6%増)だったが、全米のディーラーの在庫は4400台。つまり、たった10日分の在庫しかなかった。スバル全車種の平均在庫日数は20日強だから、アウトバックは極端に少ない。

「まったく足りないと言われている」
+ 続き

富士重工業
★ 富士重工、中国のスバル汽車を合弁会社化 現地販売を強化 「ファスニングジャーナルニュース(2013.1.18)」より
/
 富士重工業は、中国におけるスバル車の販売会社「スバル汽車(中国)有限公司」(SOC)との合弁会社へ移行する合弁契約を締結した。新たな体制により、富士重工業は現地販売への関与を高め、販売体制の更なる強化を図っていく。
 富士重工業は2004年から中国市場に本格参入し、2006年に富士重工業の100%出資会社としてSOCを設立した。中国市場におけるスバル車の販売は2011年度に約4万8千台となったが、中期経営計画(Motion‐V)の最終年度となる2015年度には、約2倍の年間10万台の販売を計画している。
 今回の合弁会社への変更に合わせて、人員の増強や組織の強化を行い、中国企業のノウハウを活かすとともに、営業・サービスの質的向上、スバルブランド向上、各種販売施策の徹底、および戦略的な販売店開発により販売台数の更なる伸長を目指す。

ーーーーーーーーーー
★■ 富士重工業の株高でトヨタの笑いが止まらない?スバルは「とんがったクルマ」でいられるのか 「ダイヤモンド・オンライン(2013.1.11)」より
/
 2012年10月30付の日経産業新聞で、伊フィアットの最高経営責任者が、自動車業界生き残りの条件として1社あたり「最低でも年600万台(の生産)が必要」と述べていた。その少し前に公表されたトヨタ自動車『アニュアルレポート2012』を参照すると、「競争力を生む国内300万台生産」が掲載されていた。

 600万台といい300万台といい、作るほうも大変だろうが、都心の道路を走らせるドライバーのほうも大変だ。スクラップされる車の数を差し引いても、都会の道路は混雑する一方である。

 年末年始、混み合うスーパーマーケットの駐車場で、フェンダーミラーぎりぎりに対向車とすれ違う。そのとき筆者が思わず 「おっ!」と振り返ったのが、スバルのレガシィだ。

「スバリスト」と呼ばれるほど、富士重工業(本文では「富士重工」と略す)の車を支持する人は多い。「いい車だなぁ」と見惚れてしまう瞬間だ。
(※ 以下略。)

ーーーーーーーーーー
日中関係
★ 富士重株の快走止まらず、中国展開の出遅れが幸い-日米販売が好調 「Bloomberg(2012.11.19)」より
(※ 前後略。)
/
日系自動車メーカーの中国販売が10月に半減するなど大幅に落ち込んだ影響で、日産自やホンダは今年度の純利益予想を20%下方修正したが、富士重は同予想を従来比で40%引き上げた。大規模な反日デモがあった9月14日以後の富士重の株価は28%上昇、ホンダ が3.0%の下落、日産自動車は変わらず、トヨタ自動車が3.4%上昇にとどまっている。富士重はダイハツを除く大手8社で唯一、中国生産を実現できず、日本からの輸出で対応していたことが幸いした。






.