■ 慰安婦ネットワークが反原発団体と一体であることを思わず暴露 「世の中を生暖かく見守るブログ(2013.2.18)」より
/
昨年8月、私たちは「慰安婦」問題と関連して、被害者を貶める発言を行った橋下大阪市長の「証拠があるなら(韓国側に)出してもらいたい」との暴言を受けて来日した、「慰安婦」被害者の金福童さんを迎えて9月23日、証言集会を開催しました。
 86歳の被害者が、橋下市長の発言の撤回と謝罪を求め、歴史の事実を証言、会場は多くの参加者であふれました。この日、多数の仲間が場内整理にあたったため、集会は混乱もなく無事に開催されました。

 ところが、集会から半年近くたった2月13日早朝、大阪府警(公安三課)は、とんでもない弾圧を仕掛けてきました。
昨年9月のその集会に参加していた4名の仲間を在特会メンバーからの「被害届」にしたがって「傷害事件」の「被疑者」としてでっちあげ、個人宅及び関係事務所など5ヶ所の家宅捜査を強行したのです。
 一方的に「被疑者」とされた4名のうちには、昨年反原発や放射能がれき受け入れ反対の闘いの中で拘束・起訴され、今も大阪拘置所に勾留中のHさんも含まれています。
警察権力による弾圧はこれにとどまりませんでした。集会の主催者である私たち関西ネットに対しても攻撃の手を伸ばし、連絡先としている「Cafeナビ」にも、同時に強制捜査が行われたのです。
(翌日にはもう1箇所の強制捜査がありました)
 あろうことか大阪府警は在特会メンバーの「被害届」をもって、7ヶ所もの家宅捜査を一斉に行うとともに、「被疑者」とされた人たちに対して任意出頭を要求しています。
さらに私たち関西ネット関係者についても事情聴取を求めてきています。
この出来事に私たちはただただ驚愕し呆れるほかありません。罪のない人間を犯罪者に仕立てあげる警察の横暴を絶対に許すことができません。
こんなことがまかり通るなら、日本はヘイトスピーチの無法地帯となり、国際社会からの非難と嘲笑を免れないでしょう。
以下略 詳細はサイトにて

2013年2月15日 日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
http://up3.viploader.net/news/src/vlnews066286.jpg
http://www.ianfu-kansai-net.org/index.html
/
在特会だから何をされても被害届を出してはいけないとか、受理しては行けないというのも差別だよな。
だいたい「でっちあげ」だから不当というのなら、朝鮮人慰安婦が強制連行されたという「でっちあげ」で日本人の怒りを買っている現実は見えないの?

日本軍慰安婦ネットワーク関係者宅を家宅捜査!!-大阪府警
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1361118303/






.