人工知能 ※=AI
日本の科学技術 / 先端技術 / 衰退する日本
新幹線 / リニア新幹線
常温核融合あるいは核融合問題
素材
はやぶさ帰還
Mad Science
電波
レーザー
超高層ビルの解体 大成建設が開発。高さ100m以上の超高層建物における環境に配慮した新解体工法「テコレップシステム(Taisei Ecological Reproduction System)」
有機EL 



★ 日本 GPSより100倍正確な測位システム開発 「ロシアの声(2013.5.31)」より
/
日本で、わずか1センチメートルの誤差で地域の衛星測位システムの稼働を、今後10年の間に可能にする技術が開発された。その基本となるのは、新しいタイプの地上ステーションと衛星のネットワークだ。31日、三菱電機が発表した。

 システム作りにそれぞれ取り組んだのは、三菱電機のほか、NECとJAXA(宇宙航空研究開発機構)。新しいタイプの衛星・地上ステーション機構のおかげで、現在世界で最も広く使われている米国の測位システムGPSから届く情報を、大幅に修正する事が可能となる。現在GPSの誤差は約10メートルだ。

 日本に情報処理ステーションを伴った新しいタイプの衛星が3つ以上ある事から、すでに2018年から、誤差1メートルまでの精度の測位ナビゲーション・データをクライアントに提供するのが可能になるだろう。 伝えられるところでは、三菱電機には、誤差の数値を1から2センチにまで改善する開発力がある。

 精度がそこまで増せば、人が操縦しなくても動く自動車や列車の開発が可能になる。そうなれば、原則的に全く新しい交通システムが生まれ、都市での渋滞問題は最終的に解決されるだろう。

イタル・タス


★ 世界初 日本の企業「クモの糸」の量産に成功 「ロシアの声(2013.5.26)」より
/
日本のバイオベンチャー企業スパイバーは、鋼鉄よりも強くナイロンよりも伸縮性のある繊維「QMONOS」(クモの巣)を量産する技術を世界で初めて確立した。スパイバーが25日、伝えた。


 世界の繊維産業界は、クモ糸繊維の製造にチャレンジしてきたが、常に経済的に引き合わなかった。しかしスパイバーはコストを抑え、短時間で「万能繊維」を量生産する技術開発に成功、高価で有害な化学物質を使用せずに、「クモの糸」を人工的に合成する手法を確立した。

 このような「奇跡の繊維」で作られた製品は、強度や伸縮性などで優れているという。

イタル・タス


■ 石英ガラスにデータを数億年保存 「ナショナルジオグラフィック(2012.9.28)」より
 日立製作所(東京都千代田区)は、京都大学工学部の三浦清貴教授らと共同で、耐久性の高い石英ガラスの内部に、コンパクトディスク(CD)並みの容量のデータを記録・再生する技術を開発した。記録の劣化がないまま数億年以上の保存が可能なことから、歴史的に重要な文化遺産や公文書などの新たな保存技術として期待される。
 これらの開発技術によって、石英ガラス内の4層に記録し、単位面積(1平方インチ)当たりの記録密度をCDの35メガバイトを上回る40メガバイトを実現した。また、数億年以上の保存期間に相当する「摂氏1000度、2時間」の加熱試験でも、データの劣化もなく再生できたという。








.