● Thrive movement(スライブ ムーブメント)in Japan
世界の全ての人類が「繁栄」するためのアクションです。 2011年11月11日、「リセットの日」に 『Thrive(スライブ)』は上映が開始されました。






■ マネーカルト脱出と自然の力 「千葉市で矯正と予防歯科を中心に診療しているフレンズ歯科クリニックのブログです(2012.10.11)」より
最近マネーカルト脱出を目指す為、子育てをしながら家族が食べる野菜を自然農法で育てているSさんに教えて貰いながら、畑を始めました。横着者の私は勿論今までに作物なんか育てたことなんかは有りません。でも、金融、医療、教育、食糧、水資源、等の生活全般に渡って私たちを支配しようとするマネーカルト。私たちがそのしくみに気付いて日々行動しない限り、残念ながら余り良い未来は待っていません。

では私達は具体的にどんな行動をしたら良いのでしょうか?

このあたりは映画「Thrive」が詳しいのですが、個人的にはこの世の仕組みを知る為にはとてもまとまっていて、その解決策も具体的なので、素晴らしいと思いますし、 市民に力を与える映画だと思います


私は彼らについてほとんど耳にしていなかったが、私が耳にしていることは、もし彼らが映画を非難しているのなら、 映画が正しいことを言っているにちがいないということが私にとって明白になる

■ THRIVE(スライブ)は洗脳か? 「おとりの人間万事塞翁が馬(2012.5.4)」より
ある方面からこの「THRIVE スライブ」の制作会社に資金提供している一社に ロックフェラー財閥が関係していると・・・・・・
だからこの映画は闇の勢力の罠だという話を聞きました。

洗脳するためのサブリミナル映像が入っている云々・・・(笑)とか。。。。まことしやかに噂されています。

まぁなんでもそうなんですが、両方の意図が錯綜するのは普通の事なんでしょうね。
いずれにしても、どんなモノでも私は単なる情報の一つだと考えています。
一回みたくらいで洗脳されるほど強いものだとは到底思えません。
そんなにカンタンに人間のココロが洗脳できるならば、こんな世界になっていないと思うからです。
どうみたって世界はバランバランですから(笑)


■ スライブ。 「世界陰謀(2012.4.28)」より
ただし、彼がイルミナリティの裏切り者であるにもかかわらず、あのようなセレブな生活を続けられるのはなぜなのだろうという疑問符を忘れずに見ていただきたい。

彼の口調から判断して、自身は本気で語っていると考えられるが、彼の活動にイルミナリティは利用価値を見出しているのだろう。
たとえば反分子のあぶり出しのためとか・・・。
実際、7/10の2分過ぎころには「完全支配のためには反対意見の管理が必要」とポロリと本音が・・・!!

少なくとも日本の出来の悪い政治家のウソよりは説得力がある。
それは彼が心からそう考えているからだろう。


映画「THRIVE」では--これらのグループが何十億もの人々を殺し、地球の人口を彼らが感じるサイズにすることを望み、より簡単にコントロールしようとしている事実があると示してくれます。


この中で「P&Gの御曹司フォスター・ギャンブル」という言い方を我々はしがちだが、この資本主義の株式システムの時代では、これは大きな誤解を生み易いということであるということを再認識できる。

我々は、「P&Gの御曹司フォスター・ギャンブルさんは、P&Gの創始者ご子息なのだから、あっち側の人だろう」と考え易い。
しかしながら、もはやそういう時代はアメリカにはあまりない。少なくとも、P&Gは数世代も創業家は会社から追放されて久しいというのである。フォスター・ギャンブル氏はこれをまず指摘している。名前こそ、P&Gというギャンブルを入れているが、まったくギャンブル家とはいまでは関わりが乏しい。

ーーーーーーーーーーーーーー



■ blanklink plugin Error : URLかページ名を入力してください。は陰謀だった。という方が多いようです。){http://yamada.blog2.fc2.com/blog-entry-391.html
「朝霧の中で(2012.4.1)」より / 記事保護
アセンションは究極の自己啓発・理想の実現さんより<転載>

映画Thrive(スライヴ,スライブ)は陰謀だった。アセンションの波。
このブログでは陰謀の手口を紹介することで、スライヴの陰謀を示唆しておりました。

これまで断言せずに来ましたが、ネットでスライヴの急騰する情報に危惧を感じました。

ネット上は陰謀だらけなのです。

私はスライヴは陰謀であるとを断言し、以下に記します。
お断りしておきますが、反感を感じる方も多いかと思います。
それはいたしかたない事と思います。
人類のほとんどは闇が作った世界の中に生きています。

私は闇から抜け出しつつも、心の中に未だに闇が潜んでいることを知っています。
だから・・・何が起きているか・・・分かります。

}

■ 国際金融資本が世界を支配している構造を明らかにする映画「スライブ」 「フランシスコの大麻解放日記(2012.1.19)」より
スライブで説明される世界の支配構造の図解。これを見ると「オバマ大統領ですら権力の操り人形でしかないアメリカの現実」というのは冗談ではないことがわかる。
国際金融資本が世界を支配している構造を明らかにする映画「スライブ」

地球はもともと豊かで繁栄するようにできているはずなのに、どうして人類はいまだ戦争や貧困であふれているのか?

国際金融財閥が世界を支配している構造を明らかにするTHRIVE(スライブ)という映画が世界中で注目を集めている。

制作者のフォスター氏は、あの世界企業のP&Gの直系の子孫。だから、ものすごいエリート教育を受けて育った。ただ、その途中で「あれ…これってもしかして親父の会社の方がまちがってるんじゃないか?」と気づき、ドロップアウトしたという。そして、世界の仕組みを暴露するこの映画をつくることに、人生のすべてをかけたのである。

スライブで説明される世界の支配構造の図解。これを見ると「オバマ大統領ですら権力の操り人形でしかないアメリカの現実」というのは冗談ではないことがわかる。

ロスチャイルド、ロックフェラー、カーネギー、J.P.モルガンなどの「国際金融財閥」が頂点で、その下に世界銀行とIMF、その下に「国内中央銀行」、その下にシティバンクやHSBCなどの「大銀行」、その下に製薬会社や石油会社やモンサントなどの「世界企業」、そして更にその下にようやく「政府」である。

「世界中の人々にネガティブな思考を植えつけることで支配する」というのが資本家グループのやり方である、という点もスライブでは描かれている。











.