☆ 世界経済のネタ帳 GDP,失業率,人口,経済成長率,報道の自由,など
☆ 金融大学>【金融用語辞典】



☆■ コラム:「失われた20年」の次は「英国病」か=河野龍太郎氏 「ロイター(2013.12.16)」より
/

河野龍太郎 BNPパリバ証券 経済調査本部長(2013年12月16日)

公的債務の圧縮方法は理論上、増税や歳出削減による財政調整、中央銀行が財政赤字を穴埋めするマネタイゼーションによるインフレ醸成(金融抑圧)の二つしかない。

中央銀行ファイナンスによる追加財政を続ければ、日本経済はいずれ完全雇用に達し、デフレ脱却の道筋が見えてくる。しかし、インフレ予想の醸成に成功すると、長期金利が大幅に上昇、財政危機のリスクが高まるため、政府・日銀にとって長期金利の安定が至上命題となる。長期金利を低位に維持するため、インフレ率の上昇にもかかわらず、ゼロ金利政策や長期国債の大量購入を継続せざるを得ない。つまり、日本経済は金融抑圧の道をたどる。

問題は、金融抑圧の下で、モデレートなインフレを維持できるかということである。
+ 続き









.