● レジャー白書2012pdf 「公益財団法人日本生産性本部(2012.10.29) 」より
● パチンコの正体 「国民が知らない反日の実態」より
  ・パチンコ = 在日朝鮮人・韓国人の基幹産業
  ・パチンコチェーンストア協会政治アドバイザー
  ・パチンコ業界と警察の癒着

+ 動画



■ パチンコ業界壊滅情報第2弾。 「大和心への回帰(2015.12.20)」より
/

拙ブログで12/1に出稿した「脱税、マネロンの温床・パチンコ業界が壊滅に追い込まれるか!」の追加情報について取り上げることにする。

既稿の通り、遊技産業健全化推進機構が6月1日から新たに「遊技機性能調査」を開始し、検査員がホールに知らされないまま行われる、いわゆる「覆面調査」方式によって偵察を続けてきた。

当時の報道の概要は以下。
「調査は稼動中の遊技機に対して行われるもので、具体的には検査員が営業中に無通知で入店し、無作為に選んだ遊技機(パチンコ・パチスロ等)を一定時間試射。
この試射を通して、一般入賞口に全く入らないケースなど釘曲げが疑われるものをはじめ、風適法令違反や不正な取り扱いをチェックする、という流れになりそうだ。
なお、遊技機性能調査が開始されても、半年程度は猶予期間として、原則、行政通報は行わない方針とされる。」

(12/1・大和心への回帰) 脱税、マネロンの温床・パチンコ業界が壊滅に追い込まれるか!
http://blogs.yahoo.co.jp/nagomi3878/41237310.html

(※mono.--中ほど略、詳細はブログ記事で)
/
だが、クギ曲げ台は数十年前から行われていたことが明るみになっているが、なぜ今になって警察は動き出したのか。

掲載記事に詳細は触れられていないが、これも安倍政権による反日・在日懺滅作戦の一環であることが窺われる。

暴発絡みの防衛上から暴力団組織の壊滅を突破口に、巨額の脱税、マネ-ロンダリングの摘発にパチンコ業界にタ-ゲットを絞ったシナリオの一環であることが推測されるのである。

記事によれば、1年前の今年1月頃から調査実施計画が始まり、6月から内偵開始、そして年内には撤去指示が始まったのである。その間計画から実行まで約1年である。

暴力団の摘発も、今になって?と思われるような数年前の犯罪、それも比較的軽微な事案について摘発を開始したのも米国テロ凍結が公表されてからおよそ1年後くらいからであった。

政権は、計画的にタ-ゲットを絞りつつ段階的に動いているものと見ることができる。
次のタ-ゲットも既に水面下で動き出している可能性が高い。

その予兆は日々の動きを凝視しつつ洞察していれば、自ずと見えてくるのではないだろうか。

私見ではあるが、次なるタ-ゲットとしていよいよ反日メディアに向き始めているのではないだろうか、と思われるのであるが如何であろうか。

(※mono.--以下興味深い記事は略、詳細はブログ記事で)


■ 脱税、マネロンの温床・パチンコ業界が壊滅に追い込まれるか! 「大和心への回帰(2015.12.1)」より
/
パチンコ業界が壊滅の危機にさらされている。
以下、渡邉哲也氏の解説。

【パチンコ】業界壊滅?クギ曲げパチンコ台全面回収へ[桜H27/11/30]
http://www.nicovideo.jp/watch/1448865969

一時は売上高年間30兆円と云われたパチンコ産業も、03年ころをピ-クに漸減しつつあるとはいうものの、13年の統計でも19兆円弱という巨大産業である。
ホールの売上規模は19兆円弱
http://pachinko-shiryoshitsu.jp/structure-industry/scale/

パチンコ業界は、95%以上が北朝鮮を中心とする在日の独占産業であるとされているが、脱税やマネ-ロンダリングの温床とされてきた。

遊技産業健全化推進機構は、既に6月1日から「遊技機性能調査」を開始しているが、
半年程度は猶予期間として、原則、行政通報は行わない方針とされていた。
これまで検査院は覆面調査を通じて無作為に選んだ遊技機(パチンコ・パチスロ等)
を一定時間試射し不正な釘まげなどを調査してきた。

だが今月12/1より、検査院が立ち入った上で、風適法令違反や不正な取り扱いをチェックし、発覚した場合は、即摘発となる。

(※mono.--中略)
/
全国300万台と云われる遊技台のほぼ全機が不適格とされており、摘発されればパチンコ業界は壊滅の危機にさらされることになりそうである。

仮にホ-ルが合法的な機種に入れ替えた場合、多額な資金投下を要することになるが、入れ替えようにも機種製造メ-カ-は適合機種を製造していないとのことである。在庫品も全て撤廃せざるを得ない。
つまり、多くのホ-ルと機種製造メ-カ-もろとも倒産に追い込まれれ、業界壊滅の危機に陥る、ということである。

安倍総理の推進する日本再生計画の威力は、現在次第に炸裂し始めているのである。

(※mono.--以下「マイナンバー」関連記事は略。【マイナンバー法】参照)


■ 嫌パチンコ権 在日潰すは思えばシンプル パチンコ潰せばいいだけだ 「BBの覚醒記録(2014.10.27)」より
/
と、表題のことをふと思ったので。

何を今更?
まあそうなんですが・・・・
本気でパチンコと戦ってます?

タバコ嫌いの人が血相変えて嫌煙権を主張、
やめたい人のために禁煙クリニックがあるほど
嫌煙権には必死なのに、
パチンコに対しては、ゆるくありません?

もっと必死にパチンコを叩きましょうよ。

パチンコをやることは、とても恥ずかしく自らの国を
壊すことへの手伝いしながら、寄付までしてるんだと、
叫びましょうよ。

そのためには、与党であろうと野党であろうと、パチンコに関係した
議員とタレント、コメンテーターはいっせいに叩き、
叩き続けましょう。

韓国に尻尾振りに出かけた日韓議員連盟の連中も相当多くが
パチンコからお金貰ってないかな?

日韓議員連盟の会合場所が、自衛隊の創設記念行事を開く予定だったロッテホテルというのも最低。

日本人としての誇りすら失せたクズ連中。

ちなみにロッテは、高円宮基金にお金を出しているところ。
高円宮夫妻は、韓国の顕忠院にお参りするも叩かれず。

その一方、靖国神社にお参りしたという話は聞かず。
いえ、お参りできないのは解るのですが、しかしそれなら
韓国の靖国・顕忠院には、なぜお参り出来るのでしょうね。

そういう素朴な疑問すら出されない・・・・
病的なまでに歪められた日本。

パチンコを潰そう、本気で。
パチンコに関わる政治家とタレントを潰そう、本気で。

朝鮮カルト創価学会を潰そう、本気で。
これも日本人のお金を韓国朝鮮に渡すシステム。

宗教法人と、パチンコの税制上の優遇、断固反対。
宗教法人税とパチンコ税に手が出せれば、消費税アップなど必要ないのかも。(専門知識がないので計算できない)



■ 見送られる方針となった、カジノ法案 「Annex to a house(2014.6.5)」より
/
カジノ?良いんじゃね?と思う人にも、ちょっと考えて欲しいのがこの法案の中身について、だ。


カジノ法案今国会見送り 自民、集団的自衛権で公明に配慮
産経新聞 6月5日(木)7時55分配信

 自民党は4日、カジノを中心とした複合型リゾート施設(IR)の整備を政府に促す推進法案について、今国会での成立を見送る方針を決めた。公明党や民主党が治安悪化などの懸念を理由に成立に慎重姿勢を崩さないためで、衆院で継続審議扱いとする。集団的自衛権の行使容認をめぐり協議を進めている公明党に配慮する狙いもある。

話としては、公明党への配慮、なんて分析は出ているけれども、実際のところ、これ、法案の不備が色々指摘されているので、仕切り直さざるを得ない状況になっているだけのような。

このブログではこの手の話を扱ってこなかったので、そもそも、日本にカジノは必要なの?って話から、紐解いて行かねばならないだろう。

カジノといえば、単純に言えば賭博場であり、日本には既に公営の賭博施設がいくつかと、グレーゾーンにいる(いや実は真っ黒なんだけど)存在がある。

(※ 中略、詳細はブログ記事で)
さて、ここで問題になってくるのが、日本各地で蔓延っているパチンコだ。

何しろ、パチンコは賭博では無いと定義されているので、刑法185~187条の適用は無い事になっている。

「あれ?金銭の授受が発生するよね?」と思った方もいるかも知れないし、「ああ、三店方式のグレーゾーンね」と思った人もいるかも知れない。

簡単に言うと、賭博法の抜け道を突いて(抜けていないんだけど)いるのが、パチンコなのである。

だが、パチンコは依存症を生み出し、本人の生活基盤の破壊や、仕事や学業への影響、人間関係の破壊をもたらすケースも少なくないわけで、賭博法の趣旨からすれば本来は法規制されるべきである。

そうなっていないのは、単に利権の温床になっていて、簡単に手が付けられない分野になっているという理由からだ。

(※ 以下略)


朝日新聞
■ 【 無責任マスゴミ】朝日「ナマポのパチンコ浪費は唯一の楽しみ」<-それ娯楽じゃなくて依存症だろ 「世の中を生暖かく見守るブログ(2013.3.6)」より
/
使えるお金が限られている、そのカネの出所は税金、とわかっているのだから普通の人なら理性が働いてギャンブルには使わない。
理性が働かないからパチンコに通うのであって、それはもう依存症になっているってことだ。
「覚醒剤しか楽しみがない、だからナマポでクスリ買わせて」って言ってるようなもんだ。
そんなに生活保護者をパチンコ中毒しておきたければ朝日がナマポリアンのパチ代出してやればいい。
朝日のナマポパチンコ基金とかつくればいい。
マラソンとかハイキングとか金のかからない趣味ならいくらでもあるだろ。
(※ 以下ブログ本文で。太字はmonosepia)

■ パチンコが法律で禁止されて困る人は6.6% 雇用を心配する声 「 瞬刊!リサーチNEWS(2013.1.29)」より
(※ 太字はmonosepiaによる)
/
繁華街や地方都市の街道沿いなどでよく見かけるパチンコ。だが、 韓国では パチンコが原因の借金による自殺が相次ぎ、さらにパチンコ業界と政府の癒着という政治スキャンダルなどが問題視された結果、 2006年に“パチンコ全廃” となった。

一方、日本のパチンコ業界は、深刻な売上の減少が続いているという。公益財団法人日本生産性本部が発表した「レジャー白書2012」によると、パチンコ業界関連の指標では、市場規模が前年比2.5%ダウンの18兆8960億円。1回以上の参加人口は1260万人で、前年に比べ410万人と大幅に減少。30兆円産業と言われてきた日本のパチンコ業界も、危機的な状況に陥っているといえる。

そんな中、今回は「パチンコ・パチスロが法律で禁止されたら困りますか?」という調査を行った。結果は以下の通りだ。

  • 困る:6.6%
  • 困らない:88.0%
  • わからない:5.4%
(リサーチパネル調べ、14万4594人が対象)

調査では、「困らない」が9割近くを占める結果となった。以下にそれぞれのコメントを紹介する。(すべて原文ママ)

(※ 以下略、本文を。)


■ パチンコ脱税 「二階堂ドットコム(2012.6.30)」より
  • 法人税法の条文上は間違ったことは何一つありません 。パチンコ業界に限らず、風俗営業系の会社は子会社が比較的多く存在します。パチンコやキャバクラなどで働いているよりも、お洒落な名前の子会社を作ってそこから派遣されているようにするほうが世間体が良いからです。

しかし本当に実態のある子会社、必要性のある子会社なら全く問題ありませんが、 租税回避を目的としたペーパーカンパニーの設立や合併は、許されるものではありません

ご存じの方は少ないと思いますが、税務当局には「 行為又は計算の否認 」という必殺技があります。これは 租税回避目的が明らかであればその行為を否認して、これらの行為(会社分割や合併)がなかったものとして法人税額などの計算をし直すことができる というもの。組織再編税制においてもこの規程が用意されており、税務当局は必殺技を使ったことになります。


/
+ 動画コメント欄から





.