★ 関越バス事故 吹き飛ぶ座席「助けて」 「東京新聞(2012.4.30)」より
  • 「助けて」。乗客のうめき声が響いた。付近にはガラス片が飛び散り、座席の一部も吹き飛んでいる。車両の前部は原形をとどめず、運転席のメーターは時速九二キロで止まっていた。

----------------------------------------------
★ 高速7人死亡、バス運転手逮捕「疲れて居眠り」 「読売オンライン(2012.5.2)」より
  • 河野容疑者は1993年に中国から来日し、94年に帰化。2009年7月に観光バスなどを運転できる大型2種免許を取得した。日常会話は日本語でできるが、取り調べは通訳を介しているという。

----------------------------------------------
★ バス会社「陸援隊」白バス営業で過去2度摘発 「サンスポ(2012.4.30)」より
  • バスを手配した旅行会社「ハーヴェストホールディングス」(大阪府豊中市)の橋本卓也専務は、29日昼から断続的に記者会見。多数の死傷者が出たことを陳謝し、運行に当たって「法令上の問題はない」と強調した。また同社も2008年、富山での営業区域外運行などを理由に国土交通相から行政処分を受けている。同専務は「その後は法令を順守している」と釈明した。





■ あきれる群馬県警の幼稚な冤罪事件 「橋本さんのブログ(2012.5.28)」より
  • 「陸援隊」の針生裕美秀は、バス運行の名義貸しを河野化山にしていて、河野化山は、「河野交通」の屋号で中国人向けツアーをしていた。しかし、今回の事故は、河野化山を「陸援隊」が日雇い運転手と雇っていて、 道路運送法違反(名義貸し)ではない。つまり、別件逮捕である。
何故、群馬県警は、針生裕美秀を別件逮捕したのか。それは、ただ、 針生裕美秀を拘束する必要があった からだろう。

  • 祇園暴走事故のおかしさについてはまだ書き足さなければならないことがあるのですが、4月29日という、以前の天皇誕生日に「陸援隊」という、海援隊の仲間で同じく「尊皇攘夷」の組織名称を使ったバス会社の運転手が起こしたこの関越道でのバス事故も非常におかしなことだらけです。


■ プロが感じた関越道7人死亡事故の6つの疑問点 「観光バス運転手の気になるニュース(2012.5.3)」より
疑問1
居眠り運転の場合、かなりスピードが落ちるはずやのに、90キロ以上でてること。。
疑問2
普通、居眠りしても、白線を踏んだら、大きな音がなり、ハンドルもガタガタ振動するのに、
なぜ目覚めなかったの???
疑問4
河野化山容疑者は日本語があまり話せない??? よく大型二種取れたね。。。
疑問5
カーナビ見ながら運転してたって報道があるけど??
今まで、カーナビの付いてる大型観光バスなんか一台もお目にかかったことないし、
もしも、自分のバスにカーナビ付いてたら、恥ずかしくて恥ずかしくて、バスの集まる駐車場とかサービスエリアによーはいらんは。。。

------------------------------------
■ 関越道バス事故の矛盾-現役プロ観光バス運転手の疑問 「すべては気づき(2012.5.3)」より

------------------------------------
■ 4・29関越道事故① 四つの疑問 「南京だより(2012.5.1)」より
  ▲ 4・29関越道事故②逮捕された中国人ドライバー
  ▲ 4・29関越道事故③ ほんとに眠っていたのか?
    関越道事故のドライバーに関する情報、やはりどこか変。

    供述内容は警察の発表。痛みは訴えていないというのも警察の発表。
    弁護士はまず、彼を拘置所から出し、治療を受けさせるよう努力すべきだと思うが、そういうこともしていないみたい。なんなの?これ。大勢の死者を出した重大事故=ドライバーの責任、社会はすでにこういう見方で動いているし、私もそれに反駁するだけの材料はないが、素直にこの論を受け入れるには、なんかひっかかるものが多すぎる。

■ 小泉改悪が関越道バス事故を引き起こした 「陽光堂主人の読書日記(2012.5.2)」より
  • 事故を起こした「陸援隊」という会社は、営業許可のない「白バス」営業をしたとして、過去に2度、道路運送法違反容疑で警視庁に摘発されています。ツアーを企画した旅行代理店「ハーヴェストホールディングス」も、これまでに営業区域外運行などを理由に国土交通省から行政処分を受けたことがあります。起こるべくして起きた事故のようです。
  • 今回の事故の遠因は、小泉改革にあるようです。日刊ゲンダイは、昨日付でこう報じています。(http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5664.html)

    バス激突事故の元凶 小泉純一郎を国会招致しろ

小泉政治の「負の遺産」が再び大惨事を招いた。乗員乗客46人とその親族のGWを暗転させた関越道の格安ツアーバス激突事故。7人の命を奪った悪夢は、本をただせば小泉の無軌道な規制緩和路線にたどり着く。

■ 事故運転手はチャンコロ 「二階堂ドットコム(2012.5.2)」より
  • そんな貧乏バスに乗る方もどうかしてるんじゃないか?安ければいい、なんでもいいんだから、死んだってしょうがないだろ。シナ人使って安く上げるしかないモン。そんなもんがまともだと思ってる日本人の方がどうかしてるよ。


  ▲ 殺したい人間の実名をあげるスレ
   51番目の投稿記事。

■ 頻発する自動車の人の列への突っ込み事故と地震宏観現象 「東京kittyアンテナ(2012.4.27)」より
  • 動物は地磁気を感知する能力があり、鳥や鯨を含め動物はそれによって自らの進む方向を検知している。地震前の岩石の摩擦によるピエゾ電流が放射されることにより地磁気の異常を感知し、異常な行動をとる訳である。ナマズが騒いだり、鯨が方向を見失って大量に浜に打ち上げられたりするのもその一種である





.