+ブログサーチ
2017年10月19日(木)

+ニュースサーチ
● 民主党(日本 1998-)
● 民主党トップページ
● 民主党の正体 「国民が知らない反日の実態」より
+...
(close,
(※mono.ブログ本文は略、リストのみ)
/
  • 菅直人首相 在日韓国人から104万円献金・ 赤松広隆 外国人経営企業6社から300万円献金
  • 前原誠司外務大臣 在日韓国人から25万、2社から135万円献金(辞職)
  • 蓮舫、脱税関係企業から120万円献金
  • 枝野、革マル派系労組から800万円献金
  • 馬淵国交相、粉飾社長から12万円献金
  • 海江田大臣、管轄する公取から摘発を受けた3社から140万円献金  
  • 小林正夫、東電労組や電力総連から6650万円献金
  • 小林千代美、北教組(日教組)から1600万献金(公職選挙法違反で起訴され辞職)
  • 福山哲郎、六本木のガールズバー代を「会合費」で支出 マスコミ関係者との懇談で使用
  • 野田元首相 「中国人パブ」に政治活動費21万円 小沢元代表も4万円発覚
  • 民主江田法務大臣ら政治活動費で 「韓国女性クラブ」や「ニューハーフショーパブ」
  江田五月 法務大臣が237万円、 川端達男 文部大臣が114万円、
  直嶋正行 経産大臣が146万円、 松野頼久 官房副長官が51万円、
  松本剛明 外務大臣が 34万円
  • 北沢副代表、香典217万円・祝儀29万円・見舞金20万円を政治資金から支出
  • 大串博志議員、殺された暴力団組長の葬儀弔問に訪れ香典と焼香
  • 枝野幹事長、新年会収入240万円を記載せず・・「単純ミス」と言いわけ
  • 山井和則、後援会収入3年間記載なし・・「単純ミス」と言いわけ
  • 菅首相や鳩山前首相ら、拉致事件の容疑者周辺団体へ総額2億500万円を献金
  • 民主党、朝鮮総連にパーティ券販売
  • 蓮舫大臣の事務所兼自宅、母親のファミリー企業が所有と判明 →「家賃支払いの有無」など回答せず実態不透明
  • 荒井聰大臣、実態のない事務所費4222万円計上(内訳は キャミソールやパチンコCD代など) → 菅内閣は国会を”審議拒否”して野党反発
  • 中井洽氏にも光熱水費問題、架空1070万円発覚
  • 鳩山首相、3億円超の献金虚偽事件と12億円脱税疑惑が発覚 →秘書のせいにして説明責任を果たしたと豪語
  • 松本政調会長、家賃のいらない衆院会館に1866万円の事務所費
  • 渡部最高顧問、実態ない事務所費が約1億8千万円・・「10年前は当たり前」と弁解 (*肩書きは当時。すでに議員を辞めた人も含みます)




■ 民主党が解党せず1人だけ残して新党をつくるのは100億円の政党交付金の返還義務を回避するため 「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現(2016.2.25)」より
/
民主党が解党しないで1人だけ残して新党をつくるのは100億円の政党交付金の返還義務を回避するため
つまり、国民の血税を持ち逃げするためだ!
党名ロンダリング(通名変更)して過去の悪事を消し去ろうとするが、権利や財産はキープする在日韓国人や在日朝鮮人の「在日特権」と同じだ!

http://netgeek.biz/archives/66660
民主党が解党しないで1人だけ残して新党をつくるのは100億円の政党交付金の返還義務を回避するため
2016年2月24日、netgeek

民主党が現在検討している実質的な解党について、奇策が暗躍している。通常、政党は解党した場合、政党交付金を国庫に返還する義務を負う。それをなんとか回避するために民主党は現在、あの手この手で抜け道を探っている。

現時点で最有力策として検討されているのが、「民主党に1人だけ残して新党を別につくり、1人以外はみんな移動する」というものだ。


この方法ならば民主党が解党するわけではないので、100億円近い政党交付金は返さなくてもよくなる。ルールの抜け道をつく実にずる賢いやり方だ。一部のマスメディアはこの真実を報道せず、あえて表面的な手続きだけを解説している。

報道ステーションはそのうちの一つだ。あえて隠している。

(※mono.--以下略)


(※mono.--前後略、詳細はブログ記事で)
/
1人だけ残った民主党がが国民の血税100億円を受け取り、その100億円を党名ロンダリング(通名変更)した後の新党のために使おうという魂胆だ!

【通名変更】(党名ロンダリング)した後も権利や財産はキープできるという特権は、まさに「在日特権」そのものだ!

さすが、元在日韓国人が多数在籍している政党だ。

ーーーーーーーーーー

■ 民主党の党名変更の真相とは。「自虐」と「懺悔」の理由。 「大和心への回帰(2016.2.25)」より
/
民主党は次期総選挙で負ける準備を着々と進行させているようだ。

〈民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい〉という自虐的なコピーの参院選ポスターもそうだが、今回維新を吸収して党名変更することも負ける準備に追い討ちをかけているようだ。

ネット上などでは、維新が民主に吸収されることを隠すためとか、イメ-ジチェンジを図る思惑などが党名変更の狙いと推測されているが、果たしてそれだけだろうか。世論調査でも国民は全く期待していないという結果が出ている。(「期待しない」が63%)

(※mono.--中略)
/
一方不思議なことに、1/26の代表質問に立った岡田代表は、安倍総理に懺悔の弁を述べている。これは一体何を意味するのか。

「2009年夏、私たちは政権を担うことになりました。(中略)いろいろ足らざる点はありましたが、何よりも、日本が直面している困難に立ち向かい、説得し、乗り越えるだけの覚悟が足りなかったことを深く反省しています」

安倍自民党に塩を送る民主党 お家芸の内ゲバ体質変わらず
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160216/plt1602161540005-n1.htm

民主党政権の失政に国民は失望し、危機感を覚えたことがトラウマとなって焼き付いている。故に、二度と再び政権に復帰することはありえないが、それにしても今更突然「自虐」だの「懺悔」というのもおかしなことである。
なぜならば、野党に転落してからも真摯に反省の弁など聞いたことがないし、ますます高慢不遜な態度で国民の顰蹙を買い続けてきたからである。

どうやらこの豹変ぶりには裏がありそうであると疑っていた矢先、余命ブログが党名変更の理由を次のように指摘した。
(相変わらず拙ブログで余命のURL貼り付けはエラ-となるため転載に留める)

(略).....2015年7月9日以降、人の流れと金の流れが追えるようになった。これからはマイナンバーの活用により脱税、福祉、医療の不正受給や組織の関連、実態があぶり出されることになる。在日やサヨクに近い民主党や共産党は戦々恐々だろう。
昨年12月17日に余命本が出版されたが、その過程で、反日勢力とのたたかいがあった。 反日勢力=共産党という図式がはっきりとして、余命三年時事日記の配本は解消したものの、2月10日青林堂ジャパニズム「共産党の正体」2月18日、これも同じく共産党の正体「井上太郎最前線日記」ということでたたみかけられている。3月17日には余命ハンドブックとして在日や反日勢力の癒着の構図と実態がスヒョン文書や花王文書等で暴かれることになっているから、 彼らが党名変更を急ぐのは、その危機感のあらわれである。
なにしろ民主党政権の恥部がそっくり暴露されるわけであるから、選挙は戦えない。
目先を変えようという姑息な手段はもう国民には通じない。手遅れだろう。

(474 2016年2月24日時事)より転載

(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)


■ 民主党はなぜ嫌われるのか 「アゴラ-池田信夫(2016.1.31)」より
/
民主党の自虐的なポスターが物笑いのたねになっている。「すぐに信じなくてもいい。野党として、止める役割をやらせてください」というコピーは、もう二度と与党はやりたくないという意味だろうか。

このポスターをみると、民主党はなぜボロ負けしたのか、いまだにわかってないようだ。たぶんこのコピーでいう「民主主義」とは、「強行採決しない」とか「憲法を守る」とかいう意味だろうが、そんなものは政策ではない。民主党政権が壊滅したのは、選挙で約束した政策を何も実行できなかったからだ。

彼らは問題を逆にみているが、日本の統治システムはきわめて民主主義的にできている。役所の課長補佐が起案し、課長が関係各省と調整し、局長が政治家と根回しした法案が事務次官会議に上がったときは、すべて決まっている。閣議はそれにハンコを押すだけの儀式だ。この過剰なデモクラシーを変えないで「政治主導」などというスローガンだけでは、何もできない。

憲法の建て前とは違って、国会は「国権の最高機関」ではなく、政策は役所がボトムアップで決める官僚内閣制だ。本来はこの統治システムを変える必要があるが、民主党政権は閣僚や政務三役が官僚に命令するだけで政治主導が実現できると考え、概算要求の再提出や事業仕分けなどをやったが、役所の抵抗で何も実現しなかった。

むしろ問題は、長期にわたる自民党政権の中で形成された過剰なデモクラシーを是正し、意思決定を官邸に集中することだ。そのためには官邸スタッフを増やし、局長級も政治任用にするなどの制度設計が必要だ。そういう地味な努力を省いて、岡田代表が街頭デモに参加して「反安倍」を叫んでも、何も変わらない。

彼が共産党との選挙協力で候補を一本化すれば民主主義が実現できると思っているとすれば、夏の参院選(あるいはダブル選挙)で民主党は惨敗に終わるだろう。一度は徹底的に嫌われて解党しないと、彼らの目は覚めないと思う。


■ 「民主党国会議員・金銭疑惑リスト」拡散中! 広げるだけでも愛国保守活動です! 「なでしこりん(2016.1.29)」より
(※mono.--前略)
/
民主党の愚かな行動に義憤を感じた人たちが「政治とカネ 民主党ブーメラン」というリストをネット上にあげておいでです。私も「広げるだけでも愛国保守活動」の教えに従って、がっつり参加しますね。今さらながら、民主党議員のひどさにあきれます。民主党議員の肩書きは「民主党政権時代」のものも含んでいます。

................................................................................
  • 菅直人首相 在日韓国人から104万円献金・ 赤松広隆 外国人経営企業6社から300万円献金
  • 前原誠司外務大臣 在日韓国人から25万、2社から135万円献金(辞職)
  • 蓮舫、脱税関係企業から120万円献金
  • 枝野、革マル派系労組から800万円献金
  • 馬淵国交相、粉飾社長から12万円献金
  • 海江田大臣、管轄する公取から摘発を受けた3社から140万円献金  
  • 小林正夫、東電労組や電力総連から6650万円献金
  • 小林千代美、北教組(日教組)から1600万献金(公職選挙法違反で起訴され辞職)
  • 福山哲郎、六本木のガールズバー代を「会合費」で支出 マスコミ関係者との懇談で使用
  • 野田元首相 「中国人パブ」に政治活動費21万円 小沢元代表も4万円発覚
  • 民主江田法務大臣ら政治活動費で 「韓国女性クラブ」や「ニューハーフショーパブ」
  江田五月 法務大臣が237万円、 川端達男 文部大臣が114万円、
  直嶋正行 経産大臣が146万円、 松野頼久 官房副長官が51万円、
  松本剛明 外務大臣が 34万円
  • 北沢副代表、香典217万円・祝儀29万円・見舞金20万円を政治資金から支出
  • 大串博志議員、殺された暴力団組長の葬儀弔問に訪れ香典と焼香
  • 枝野幹事長、新年会収入240万円を記載せず・・「単純ミス」と言いわけ
  • 山井和則、後援会収入3年間記載なし・・「単純ミス」と言いわけ
  • 菅首相や鳩山前首相ら、拉致事件の容疑者周辺団体へ総額2億500万円を献金
  • 民主党、朝鮮総連にパーティ券販売
  • 蓮舫大臣の事務所兼自宅、母親のファミリー企業が所有と判明 →「家賃支払いの有無」など回答せず実態不透明
  • 荒井聰大臣、実態のない事務所費4222万円計上(内訳は キャミソールやパチンコCD代など) → 菅内閣は国会を”審議拒否”して野党反発
  • 中井洽氏にも光熱水費問題、架空1070万円発覚
  • 鳩山首相、3億円超の献金虚偽事件と12億円脱税疑惑が発覚 →秘書のせいにして説明責任を果たしたと豪語
  • 松本政調会長、家賃のいらない衆院会館に1866万円の事務所費
  • 渡部最高顧問、実態ない事務所費が約1億8千万円・・「10年前は当たり前」と弁解 (*肩書きは当時。すでに議員を辞めた人も含みます)
........................................................................

(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)


■ 野党の器が小さすぎる 「パチンコ屋の倒産を応援するブログ(2016.1.9)」より
(※mono.--前半のインドネシア高速鉄道関連記事は略。)
/
お次は民主党の連中(この件は社民、維新、共産も結託してます)のクズっぷりがよくわかるニュースから。

維新から橋下系が分裂しておおさか維新の会が発足しましたが、
昨年、維新の中では松野頼久や江田憲司のパシリである小野次郎らが
維新の党の中でなんの合意形成もはからずに
民主党との合流のためになんでも反対路線で共闘することを勝手に合意。

対する本来の維新勢力であった橋下系がこれに反発して
与党側と是々非々で政策議論をすることを主張してきました。

そして昨年分裂して分裂後初の国会となった今国会では
野党の一つであるおおさか維新の会に対して
(そもそも自民党政権は質問時間の大部分を野党に渡している)
なんでも反対、揚げ足取り路線での結託をしようとしない上、
松野頼久ら維新を乗っ取った民主党の連中にとっても邪魔者でしかありませんでした。

そこで民主党を中心とする野党側は
「野党の質問時間をおおさか維新の会には与えない」
と国会初日から質問時間の配分を巡って徹底的にゴネました。

そこで自民党側が自民党の持ち時間を分けるから
野党側からも少しは時間を分けてやってくれという事になったのです。
ですがさらに民主党がゴネ続けているために
おおさか維新の会が予算委員会を欠席する事になりました。


そして何でも反対だけが野党だというのなら我々は野党でも与党でもないと
そういう主旨の発言を馬場議員が6日にしたことをねちねちと繰り返し取り上げ
「与(よ)党でも野(や)党でもないならゆ党だ(だから俺達野党の質問時間を分けることは絶対にしない)」
としてさらに野党側の質問時間をおおさか維新に分けることを拒否し続けています。


【「民主がいじめ」おおさか維新、衆院予算委を欠席 「ゆ党」への質問時間「削減」に抗議】
(※mono.--引用記事略)
/
民主党を支持している人達というのは
こういう器の小さすぎる人間が大好きなんでしょう。
恥ずかしい話ですが、事実ですから仕方ないですね。


特に高木義明の発言は自分達が数で野党側の主導権を握っているからと
弱い相手を得意になってイジメているのがよくわかると思います。

レイプ津田弥太郎といい、高木義明といい
労組上がりは人として最低であることが良いのでしょうか?

こんなことやっていて「いじめ撲滅」なんて言ってるんですから笑わせてくれます。

ちなみにこれ、現在の野党側の質問時間の調整担当となっているのは
維新の会を乗っ取った旧民主党議員の一人である石関貴史です。
当然、今回の質問時間イジメの共犯者です。

民主党だけ叩くのはフェアではないので
民主、社民、共産、維新らが共同でおおさか維新の会をいじめている
という点を指摘しておきます。
{
(※mono.--以下の北朝鮮核実験関連記事は略)}


■ 民主党が党名変更!マイナスイメージを払拭する狙い・民主党のみ公式チャンネルのコメント欄を封鎖 「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現(2015.1.6)」より
(※mono.--前後略、詳細はブログ記事で)
/
これは、在日朝鮮人や在日韓国人が犯罪をしたり都合が悪くなったりすると通名を変更するのと同じ手法だ!

民主党政権時代のマイナスイメージを払拭するための「党名ロンダリング」だ。

流石、多数の通名を使いこなしてきた帰化人議員が多い民主党だ。

民主党には、確認されているだけでも、白眞勲、蓮舫、尾立源幸、福山哲郎の少なくとも4名の帰化人国会議員がいる。

白眞勲(はく しんくん=ベック・ヂンフン)は本名を使用しているが、他の連中は通名(芸名)を使用している。

その中でも、陳哲郎(チン・チョルラン=福山哲郎)などは、Wikipediaから『帰化』に関する記述を全て削除した程の隠蔽主義者だ!

民主党は、総じて隠蔽体質だ。


そして、民主党は、批判を拒絶する体質も非常に強く持っている!

最近、各政党の中で、民主党のみがYou tubeの公式チャンネルのコメント欄を封鎖していることが判明した!


維新の党】 / 【日本の政党
■ 中身の議論をスルーして賞味期限の切れた維新と賞味期限の切れそうな民主が衣を変えようと喘ぐ! 「愛国者の邪論(2015.12.2)」より
/
破たんしている「新党」結成=政界再編の欠陥は何か
全く判っていない!
国民のために憲法をどう使うか!しっかり議論すべき!
政党助成金を受け取っていることを隠ぺいするな!
誰が食わせているのだ!

維新の党が年内解党で調整 野党結集にらみ判断 12月2日 10時47分  http://this.kiji.is/44596637003630070?c=39546741839462401

/
維新も民主も
立憲主義を否定する安倍政権に対峙する態勢とは
どんな理念と政策を構築するのか
国民にハッキリさせるべきだ!

民主党と維新、統一会派合意へ7日にも党首会談  12月1日 23時21分http://this.kiji.is/44428081980571655?c=39546741839462401

/
本質は路線問題だが、カネの問題もある!
政党助成金を廃止すべきだろう!

分裂の混乱、早期収拾を=維新代表選で両候補  2015/12/01-20:51 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015120100971

(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)


維新の党】 / 【日本の政党
■ 民主党と維新の党は合流するのか? 「せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』(2015.12.2)」より
/
維新の実態は旧民主&旧みんなの党

民主党と維新の党が年内の統一会派結成で合意の見通し。維新の新代表選出を経た7日にも、正式合意へ。
2015/12/01 22:49 【共同通信】
http://www.47news.jp/FN/201512/FN2015120101002157.html

今、維新の党に残っている議員は下記の人達だそうです。
残留組一覧
(※mono.--名簿はブログ記事で)
/
対して離脱して橋下氏の新党に加わった人達。
離脱組一覧
(※mono.--名簿はブログ記事で)
/
それぞれの特徴を記載してみます。 先ずは残留組

★民主党から流れた人。
★みんなの党から結いの党と流れた人。

離脱組の特徴

★自民党から出発。選挙区事情で公認が取れず、維新の会に流れた人。
★維新の党からの出発

いずれの人達も目まぐるしく居場所を変えていますが、そのそもの出発は自民党か民主党に別れるようです。

残留組は民主党出身者が多いので、もう岡田代表も受け入れたら良いでしょう。しかし、民主党の解党を要求しているので、なかなかそう簡単には受け入れできないようです。


民主党は保守派が離れて、このような民主党と旧みんなの党の出身者が今更戻っても支持率アップにはならない。 来年の参院選挙は衆院解散のダブル選挙となる可能性も出ているので、早くこのような政界渡り鳥は一掃されて欲しいものです。

ダブル選挙となれば、争点は憲法改正となります。自民党・橋下新党でどれだけ議席を取れるのか?そして公明党は憲法改正に対する態度をどうするのか?

これらの点が注目されます。

(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)


■ 嘘吐きあるいはもっと深刻な何か 「パチンコ屋の倒産を応援するブログ(2015.10.5)」より
(※mono.--前後略、詳細はブログ記事で)
/
小西のツイートが嘘であることがわかります。

己の卑怯な発言を誤魔化すために平気で嘘を垂れ流す。


そういえば民主党の顧問弁護士団による専門チームを作ってもらって
小西にツイッターで物言いを付けてきた連中を名誉毀損で訴えると
散々脅していたときも嘘っぱちでした。

なにせ当時の党代表だった海江田万里氏自身が否定したんですからね。

常に相手に対して偉そうな態度で物を言ってきて、
都合が悪くなれば平気で嘘をついて相手を脅す事も躊躇無し。
さすが民主党議員と言ったところでしょうか?

で、リンク先のハフィントンポストの記事では、
小西洋之のダイブの件をきちんと取り上げてくれています。

以下、ハフィントンポストの記事から引用。

..............................
■参院特別委では小西氏のダイブを佐藤氏が防ぐ

小西氏は、9月17日の参院平和安全法制特別委員会で鴻池祥肇委員長が手にする議事進行表を奪おうとしたが、与党議員に囲まれ近づけなかったため、頭上から飛びかかっていた。このとき、佐藤氏が小西氏の顔を払いのけて防いだが、小西氏は「佐藤氏に殴られた」と主張していた。
..............................





それでは、生放送で「超どうでもいい」と蓮舫・辻元共に放言した似非フェミ党に怒れる橋本久美先生です。





(※mono.--いくつかのツイート表示は略、詳細はブログ記事で)

レイプされた方にも問題がある?票にならない日本人性被害者には滅法厳しいセカンドレイプ派岡田克也さんは弥太郎と玉砕宣言!


◆ 【証拠動画】民主・津田弥太郎議員(63)による自民女性議員への暴行の瞬間 「保守速報(2015.9.18)」より
/
329:名無しさん@1周年:2015/09/18(金) 18:25:41.56 ID:ouqDIDMQ0.net
これか! 1:30あたりから中央壁のあたりの白い服の人か?
https://www.youtube.com/watch?v=eR6xYuoonpg

474:名無しさん@1周年:2015/09/18(金) 18:37:13.22 ID:kkWQdDph0.net
<>329
ここか?確かに引きずられて行ってるが



■ 岡田克也と民主党は支持されず、その後ろには誰もいない 「ダークネスDUA(2015.9.16)」より
/
2015年9月16日、民主党の岡田克也代表が安全保障関連法案の反対について「私たちの後ろには7000万人、1億人がいる。民意をしっかり体現していくために一致団結して努力しよう」と述べたとされる。

これを聞いた多くの国民は、このように呆れている。

「岡田克也よ、私はお前の後ろに並んでいない。勝手にカウントするな」「本当に後ろに人がいると思っているのか?」「そんなに民意があるのならなぜ民主党の支持率が減っているのか?」

岡田克也の後ろに人がいないのは9月13日の山形市長選でも明らかになっている。

この日、民主、共産、社民、生活の野党4党が安全保障関連法案反対を訴えて市長選に臨んだ。しかし、自民党に敗北しているのだ。

山形は半世紀近く非自民が支配している地域だったのだが、安全保障関連法案反対を焦点にしたら破れているのである。

「市長選が安保法案の審判という側面は否めない」と言っていたが、その言葉通りであるとすると民主、共産、社民、生活には民意がなかったということになる。

民主党は、この敗北についてコメントすらも出さなかった。

(※mono.--以下長文略、詳細はブログ記事で)


■ 正体を表しつつある売国奴 「新・ボヤッキーでトンズラーな日記(2015.9.15)」より
/
それにしてもここ一連の民主党による事業仕分けに絡んだでっかくて軌道が長い「ブーメラン」と、それに対する民主党の反応とかを見ていると、

やっぱりアイツらは日本人が大ッキライなんですな!

それどころか、日本人を「有権者」とすら見ていないんじゃないか?

普通、いくら国民に「自分達の過去の悪行」を非難されたからと言って、すぐに「法的措置を執るニダ!」なんて脅し掛ける国会議員なんて、朝鮮半島以外にはおらんだろう・・・。

枝野も火消しに躍起になってますけど・・・


(※mono.--以下長文略、詳細はブログ記事で)


■ 民主党が支える安倍政権 「鎌倉橋残日録(2015.9.13)」より
/
安倍内閣は戦後70年談話で支持率が少し上がったものの、低下傾向にあり、不支持率が支持率を上回っている。

最大の原因は安保法案のいわゆる「強行採決」だ。同法案成立によって「今よりも戦争に近づく危険が大きくなるのではないか」という不安が、安倍政権の支持率を下げている。

(※mono.--中略)
/
だが、めちゃめちゃになっては困ると感じている日本人も多い。過半数の日本人が安保法案に反対しながらも、対抗馬である民主党の支持率が6%前後で、一向に高まらないのはそのためではないか。

自民党に愛想をつかし、一度は民主党を選んだものの、尖閣領域に進出する中国や竹島、北方領土上陸を試みる韓国やロシアの首脳の動きになすすべなく右往左往。対米関係は冷え込み、東日本大震災時の対応も危なっかしかった。これでは国は任せられないと、民主党への期待は今もしぼんだままなのだ。

民主党以外の野党の政治力はそれ以下であり、ほかにいないから自民党、それも外交に強い安部政権に任せるしかない。有権者はそう思っている。再び春秋の筆法をもってすれば、民主党の体たらくが安倍政権を支えているのである。


■ 【清々しいまでのクソ】民主党「総理がテレビに出たから審議拒否」 「小難しい話をしない、せいじけーざいブログ(2015.9.6)」より
/
もうね、悪い意味での伝説を積み重ねようとしてるとしか思えないワケですが。


安全保障関連法案を審議している参議院の特別委員会の理事懇談会で、民主党などは、法案の審議中に安倍総理大臣が大阪を訪れ、民放のテレビ番組に出演したことは国会軽視だと抗議し、来週までに政府に経緯を説明するよう求めました。


あのねぇ……。


要するに、安倍総理が何をやっても「国会軽視、気に入らない、だから審議拒否」なんでしょ?


そのうち、答弁中に水を飲んだだけで「水を飲むとはけしからん、審議拒否する」とか言い出しかねないな。
いや本当にそう思わざるを得ないくらい、今回の話は酷いです。

(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)


安保法制
■ 安保法制を廃案にしなければならない民主党の本当の理由 「浮世風呂(2015.8.8)」より
/
2015-06-22 赤峰和彦の 『 日本と国際社会の真相 』

平和は暴力や闘争では実現しない

「日本の平和と国民の安全を守るため」の安全保障法制に対して、「反戦平和」を標榜する人たちが、「暴力的」、「物理的」にこれを阻止しようとしています、実に不可解な行動です。「闘争」は「平和」の対極にあるので、「暴力」や「闘争」で「平和」を実現することはできません。

それにもかかわらず、民主党執行部はそれを全く理解していないようです。先日の『速報:政治が大きく動き出した』でもお伝えしましたが、党首討論での民主党・岡田代表が安倍総理に対する発言は尋常ではありません【※1】。民主党によるルールを無視した暴力行為があったことは、大変残念に思います。
【※1】安倍総理:暴力は言論の府である委員会での議論を抹殺する恥ずかしい行為。反対があるなら堂々と委員会で反対の論陣を張れば良いじゃないですか。ああした暴力で、渡辺さんは負傷してしまいました。民主党の代表として二度とやらないように約束をして頂きたい。
岡田代表:公正な議会の運営が確保できるかが問題。強行採決しないと約束してくれますか。こちらだけ責められても困ります!

しかも、岡田代表は党首討論の最後に「私は集団的自衛権の行使に反対です」という言葉で締めくくりました。党内には、集団的自衛権行使、安全保障法制の実現をのぞむ声があるのに、独断的に発言したのはなぜなのでしょうか。民主党の現執行部には特別な事情があるからだと思います。

(※mono.--以下長文につき副題のみ転記。詳細はブログ記事で)

安倍政権が推進していることを嫌がる人びと

民主党・岡田代表と中国の不適切な関係

極左暴力集団との関わり

暴力団との関係

韓国民団、パチンコ業界との癒着

自治労と日教組との関わり

民主党は圧力団体の風下に立っている

テロ三法で民主党の資金源が断たれる

平和な国家づくりをめざす政党は?

◆日教組

◆未だに深刻な状況に気付かない民主党には、自然消滅の運命しか残っていない。

◆安倍おろしは完全なブーメラン自爆行為だということが全くわかっていない

◆「7月9日以降、韓国からの帰化日本人に対する韓国籍離脱証明書の提出状況についての照会が行われる」

◆在日犯罪, 在日韓国・朝鮮人, 工作関係 [在日右翼] 主要右翼一覧  +  指定暴力団 

◆2012年3月24日民主と中国共産党中央対外連絡部(中連部)と、ホットライン設置で合意


■ 「徴兵制になると本当に思ってるの?」と問われた民主党・福山議員「あり得ない」←おい! 「小難しい話をしない、せいじけーざいブログ(2015.7.28)」より
/
なんかねぇ、もうエントリのタイトルだけで全てが終わってますよね(笑)。


もう多くの方がご存知かと思いますが、民主党が与党批判の根拠の一つとして掲げているのが


「徴兵制になる」


という指摘。
しかし、7月25日の「朝まで生テレビ」に参加した独立総合研究所の青山繁晴氏(珍しい……)。
同じく参加していた民主党、福山哲郎議員に対し、徴兵制についてこんな質問をします。
以下、敬称略。

青山
「福山さん自身は、リアリストとして、例えばこの法律だけじゃなくて、今後日本が徴兵制を自衛隊に適用する、自衛隊で徴兵制ってあり得ると思ってる?」

これに対し、福山議員はあっさりと、こう答えています。

福山
「いや、あり得ないです」

( ゚д゚)ポカーン

56:00あたりから

(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)


■ 国会内でプラカード、終わったらポイ捨て。指摘され「野球観戦の家族連れ以下だった、ゴメン」と野球ファンを揶揄。 「小難しい話をしない、せいじけーざいブログ(2015.7.18)」より
(※mono.--写真などあちこち略、詳細はブログ記事で)
/
こんなのは、国会議員のやることではありません。
国民の声を集め、それを基に議論をするのが国会議員です。

プラカードなんか用意したり、掲げてギャーギャー叫んでるヒマがあったら、議論をして頂きたい。
しかも、このプラカードですが、

ものの見事に、カメラの方を向いていますよね。
また、プラカードと一緒にカメラを向いている議員の多いこと。

このいわゆる「カメラ目線」というのが、どういうことを示しているか。言わずもがなですね。
そう、「反対」のためのプラカードや叫びではないのです。

「パフォーマンス」のためだから、プラカードも身体の向きも、カメラに向かうのです。

要するに、顔を売りたいだけです。仕事してる風を装いたいだけ。
浅ましいことこの上ないですね。国会議員失格です。

/
まぁ、ここまででも充分に酷いんですが。
このプラカードが、その後どうなったかというと。

なんと、議場内に打ち捨てられている!

人として最低限の常識、モラルもないということですかね。
こんな連中に、国家の根幹に関わる安全保障を語る資格がありますか?
こんな連中が、真剣になって、日本と日本国民にとってベターな道を探ってくれると思えますか?


■ 民主党、国会でコントを披露する(笑) 「新・ボヤッキーでトンズラーな日記(2015.7.16)」より
/
昨日の昼、NHKのニュースを見ようとチャンネル変えたらいきなりプラカード持ったヤツらが議長席に殺到しているシーンが飛び込んでくるじゃありませんか!

「え?なんで韓国の国会のニュースやってるの?」

と思ったら、何と!日本の国会の、しかも生中継だったんです!

(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)
/
昨日の国会では、民主党が体を張ったコントを国民に披露してくれましたよ!

      • まあ、既にネットでも話題になりまくっているのでご存じの方の方が多いと思いますけど(^^;)




いやあ、これ見た時最初「え?」と思った後に

「これって起立しているから民主党も賛成したって事じゃん!」

って事実に気付いた時にはもう大爆笑してしまいましたわ。

何と言うツンデレ劇を見せやがるのでしょうな、民主党は(笑)

(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)


■ 少し古い記事と比較すると、民主党は政権の時はマスコミ恫喝しながら、野党になると「言論の自由」と言い出す二枚舌政党であることが良くわかる 「宇田川敬介のC級ニュース解説と宇田川的ぼやき(2015.7.2)」より
(※mono.--前後大幅に略、詳細はブログ記事で)
/
さて、記事の一番最後の記事を読んでいただいたのはいかがなものか。
 これは2012年3月17日の週刊現代である。
 この時はまだ野田首相で、なおかつ、国家はねじれ国会であった。自民党は谷垣総裁で、消費税増税においてちゅおど三党合意などを行っていた時期である。みんなの党の渡辺代表が様々な発言を行うと同時に、大阪では維新の会が猛威を振るっていた時代であろう。
 さて、この時代に、は民主党の輿石東幹事長の発言がこれだ。
 「間違った情報ばかり流すなら、電波を止めてしまうぞ!政府は電波を止めることができるんだぞ。電波が止まったら、お前らリストラどころか、給料をもらえず全員クビになるんだ」(上記より抜粋)
 さて、この内容は、今回の百田発言やそのほかの自民党議員よりもさらに悪質である。はっきり言って「電波を止める」というのは、単純に言えば、政府の権限で行うことであり、その「権力を使った圧力」を主張しているのである。これは、スポンサーに言うというのとは全く違う。スポンサーに対してはあくまでもお願いするだけで、政治の権力が「依頼」はするものの、それに従わなければならないような話にはならない。一方、電波を使った圧力ということに関しては、完全に政治権力の裁量で行えることであり、その裁量権を持つ与党幹事長が恫喝するのであるから、これは「政治権力の私物化」である。
 依頼と政治が独力でできることを混同してはならない。なおかつ、今回の内容は、あくまでおスポンサーに依頼に行くだけであるが、輿石の話は「お前らリストラどころか、給料をもらえず全員クビ」と、民間企業の雇用契約の内容にまで介入しているのである。


■ やってはならないことを全部やった民主党政権 「浮世風呂(2015.6.13)」より
/
「失われた3年」!?民主党政権時代に日本に起きたこと

2013年05月16日 NAVERまとめ

圧倒的人気を背景に成立した民主党政権

2009年7月21日、衆議院が解散。「政権交代選挙」が行われる。各種世論調査では終始民主党の圧倒的優勢が伝えられた。

結果、絶対安定多数を超える308議席を確保して、民主党は政権交代をついに実現。308議席は一つの党が獲得した議席数としては戦後最多であった。

また比例区の得票も2984万4799票を獲得し、日本の選挙史上で政党名の得票としては過去最高を記録した。
(※mono.--以下長文略、詳細はブログ記事で)



衆議院の厚生労働委員会は12日、労働者派遣法改正案に反対する民主党などの野党議員が、
開会を阻止しようとして、
大混乱となった。

まずね、いつも言ってるかもしれませんが、ここがおかしいでしょう。

派遣法に反対だったら、反対理由を堂々と述べ、徹底的に議論をし、修正を求めるべきです。
委員会の開会を阻止するなど、完全に民主主義を冒涜している。

そして、民主党の連中は何をやらかしたかというと。

厚生労働委員会は、派遣法改正案の審議と採決に反対する民主党議員らが、渡辺委員長の入室を阻止しようとして、もみ合いになった。
渡辺氏は、この際、首に手をかけられたり、けられたりした
という。
(※mono.--後略、詳細はブログ記事で)

ーーーーー
■ 民主党は暴力装置! 「新・ボヤッキーでトンズラーな日記(2015.6.13)」より
/
昨日はちょっと忙しくて6時だか7時だかのNHKニュースしか見る事が出来なかったのですけど、TV付けた途端国会らしき場所で多数議員が1人を囲んで小突いてたり、更には院長席に詰め寄って飛びついたり手元の原稿を取り上げようとしたりする映像が流れててビックリ!

「なんだ、又韓国の国会の様子を日本のニュースで取り上げているのか」

と思ったら、その後の報道内容でこれが韓国ではなく「日本の国会の様子」だった事を知って、思いっきり衝撃受けましたわ!
(※mono.--中略)
/
「ピケを張る」って言葉、初めて知りましたわ。

かつて組合がバリバリの武闘派ストやってた頃の話なんて知らねえもんなあ・・・。

そして上記記事では「先祖返り」とか言ってますけど、民主党内には社会党崩れのヤツや、中核派&革マル派とも「懇意」にしているヤツがゴロゴロしているので実際には

「今までも隠し切れていなかった本性を強めに表しただけ」

の話。

今更驚くには値しませんな・・・・・・呆れて笑うだけで。

それにしても、民主党がここまで焦りまくっているって事はやっぱり現政権のやっている事は「日本国民にとって間違っていない」と言う事なのでしょう。
(※mono.--後略、詳細はブログ記事で)


■ 民主党はこれで国民の支持が得られると思っているのか? 「パチンコ屋の倒産を応援するブログ(2015.3.21)」より
/
一昨日の3月19日に民主党が緊急記者会見を開きました。
(※mono.--会見動画はブログ記事で)
/
緊急などといってマスコミに通達して招集したわけですが、
その内容が「NHK籾井会長のハイヤー私的利用の件について」です。

昨日当ブログに書きましたが、
秘書とか経理担当者が費用を整理して後から籾井会長に請求を出して終了
という程度の話でしかないでしょう。

これで無理やりにも籾井会長の首を取りたいというよりは
民主党の支持基盤の一つであるNHK労組から
せっかく俺達が事務担当から情報をリークさせたのだからこれで籾井の首を取れ
とプレッシャーをかけられたといった当たりが実態ではないでしょうか?

今までも民主党の部会と称して籾井会長を呼び出し、
階猛や逢坂誠二ら民主党議員が集団で恫喝を行ういわゆる
「糾弾会」(部落解放同盟の常套手段)をやって
露骨に政治圧力をかけていたわけですが、
それでも籾井を辞任させることができないので焦っているのでしょう。
(※mono.--長文中略)
/
民主党は18日に行った糾弾会(民主党曰く「部門会議」)では
ハイヤー問題の真相究明がない限り15年度予算案の国会での審議に応じないと言っています。
(※:民主党って平成27年度予算と言わずに西暦の後ろをとって表記するんですね)

民主党が求めるハイヤー問題の真相究明というのは籾井が辞職することただ一点です。
真相究明なんて言ってますがその実理由はなんでもかまわないのです。
(※mono.--長文後略)


■ 感覚がおかしい 「パチンコ屋の倒産を応援するブログ(2015.3.2)」より
(※mono.--前半の「田中龍作」「ニューヨークタイムスのマーティン・ファクラー記者」については略、詳細はブログ記事で)
/
先週までの国会質疑は民主党が
民主「西川が辞めなければ審議拒否するぞ」
 ↓
西川「審議の邪魔になっては・・・辞めます」
 ↓
民主「西川が突然辞任したから審議拒否だ!」

という状態でした。

ブログ主としてはたまには民主党を擁護してみようと思います。

この審議拒否はそもそも政策議論する気がはなっからなくて
理由はなんでもよくて審議拒否で引き延ばしを行って予算の年度内成立を妨害するため
というものだったろうと思います。

違法に問えないので西川は辞めないだろうと高をくくって審議拒否をの理由に使うつもりだった。

というのが実態だろうと思います。
実際に民主の質疑は政策についてはまったく触れずに
揚げ足取りと違法だ違法だとたたく事だけに終始していました。

ところが西川が連中の予想を裏切ってあっさり辞任してしまったために
彼らは質疑で自民をたたくネタが無くなってしまった。
そもそも政策議論する気がなかったので他に何も準備していなかった。

そこで困って西川が辞任したけどやっぱり審議拒否することにした。
と考えて間違いないでしょう。
(※mono.--中略)
/
で、玉金こと玉木雄一郎が
代表者が同じ企業だから迂回献金だ!として
ツイッターでも「違法献金について追求した」なんて言っていた西川の件ですが、
(そもそも西川が落選中で議員でない時の補助金の話を無理矢理関連づけてますし)
これも毎日新聞の記事が元で毎日新聞の書いている通りに追求しただけの事でしたが
玉木本人が与党議員だった時に補助金交付が決まり、
玉木本人の選対本部長までやっていたN氏が代表を務める企業8社から
280万円の迂回献金を受けていた事が発覚しブーメランとなりました。

さらに新たに岡田克也も本人が民主党政権で副総理だったときに補助金交付を決定し、
補助金を受けていた企業のグループ企業から献金を受けていた事が明らかになりました。

で、岡田側は「日清製粉グループと補助金を受けていた日清製粉は別会社だから問題はない」
と言っています。

というわけで企業情報。

名称:株式会社日清製粉グループ
所在地:東京都千代田区神田錦町一丁目25番地
代表取締役:大枝 宏之

名称:日清製粉株式会社
所在地:東京都千代田区神田錦町一丁目25番地
代表取締役:大枝 宏之


代表と所在地が同じなんですが?
玉木雄一郎さーん、出番ですよ。岡田克也に辞めろと啖呵を切ってくださいねー。
(※mono.--中略)
/
枝野「今回のようなことが起きないように政治資金規正法を改正したらどうか?」
安倍「民主主義のコストをどうやって負担するかという話だと思うが、議論自体はやった方がいいのではないか?」
枝野「いま総理がこうおっしゃられましたので、自民党から我が党に建設的なボールが投げられる
ことを望みます。」

なんて感じで枝野の方は言葉のキャッチボールができていなかったようです。
(いつものことですが)

そして集団的自衛権の件で問題となる発言を行いました。

「ホルムズ海峡が封鎖されて石油が止まる事が、武力攻撃を受けた場合と同等なんですか?」

さすが「ただちに影響はない」を繰り返し、
菅直人と枝野のコンビで情報隠蔽をやっていただけのことはありますね。

「国民の生活が第一」なんて言ってたのは民主党でしょうに。
(※mono.--後略、詳細はブログ記事で)


■ 民主党代表選と集団的自衛権 「私的憂国の書(2014.12.26)」より
/
 はっきり言って、民主党の代表がどうなろうと、期待はもちろんのこと、興味すら全くないのだけれど、斜陽政党とはいえ、一応は野党第一党である。しかも、誰が代表になるかによって、野党再編の引き金が引かれる可能性がある。加えて、今度の通常国会には集団的自衛権行使容認の閣議決定を肉付けする、安保法制の整備が待ち受ける。これに対し、徹底抗戦するか、是々非々をスタンスとするか、分かれ目となる可能性もある。

 よく、集団的自衛権の行使容認化で、「日本は他国の戦争に巻き込まれる」という政治家や評論家、タレントなどが、テレビで血相を変えて訴えているのを見ることがある。こういう人たちは、国家間の問題は「話し合いで解決しろ」という人たちだ。その他には、憲法解釈の変更はまかりならぬから、きちんと憲法改正という手続きを経てから言えという人たちもいる。建前に生き、現実を直視できない人たちだ。

 現次世代の党(当時、みんなの党)の和田正宗議員が、今年5月26日、憲法調査会で興味深いな質疑を行っている(エントリー最下部)。この質疑で和田議員が、参考人の慶大名誉教授の小林節に対し、「米国への基地提供は集団的自衛権ではないのか」と問い質したしたところ、小林は「集団的自衛権は海外派兵のことである」と頓珍漢な答弁を行った。両者の議論を逆説的に解釈すると、米国への基地提供は個別的自衛権の範疇だということになる。これはおかしい。

 日本は、現憲法下において、集団的自衛権を行使している。その例が、朝鮮戦争だ。数多の米軍機が日本の基地から朝鮮半島に飛び、兵站も日本に在る米軍基地を発地とした。これが個別的自衛権と解釈できるなら、法的解釈とは、こねくりまわせば何でも成り立つことになってしまう。

 話し合いで物事が解決できるという考えは、一言でいえば妄想だ。拙ブログの引用で恐縮だが、今年6月30日に、こう書いた。

 「話し合い」は軍事力を行使した後に、最後の調停に使われる手段であるのが現実なのだ。支那は、パラセル諸島の領有について、話し合い以前に実力行使している。フィリピンとの問題であるスプラトリーでも同じだ。「話し合い」とは、実力を行使し、自国に有利な状況を生みだしておいてから行うものなのだ。

 そのようなリアリズムの中に身を置くとき、相手国に実力行使をさせないことが、「話し合い」よりも大切なのである。それを担保するのは、抑止力以外にない。集団的自衛権の行使を容認すると、戦争に巻き込まれる恐れがあるという人たちは、どうすれば戦争に巻き込まれない状態を作れるかを考えればよい。「話し合いをする」だとか、「憲法9条を守る」という観念論では、対外的な説得力をなんら持ち得ないことを理解すべきだ。
 誰が民主党代表になっても構わないが、「話し合い至上主義者」は勘弁してもらいたい。政治家には、現実の脅威と向き合う義務がある。総理大臣であれ、野党の一兵卒であれ、現実に対処するという点においては共通の義務を負っているのだ。安保を語れなkれば、党代表になる資格はない。そういう資質を持った政治家が民主党にほとんどいないという現実が、支持離れを誘発していることを自覚すべきである。


■ 民主党よ、覚悟を決めよ ~ 残された道は解党か分裂しかない 「私的憂国の書(2014.12.16)」より
(※mno.--前略、詳細はブログ記事で)
/
 左右両翼の議員を抱えながらも民主党が割れないのは、支持母体があるからだろう。今回の選挙で、支持母体・団体を持たない政党がことごとく敗れ、維新を除く第三局が文字通り消えていった状況を見て、民主党議員らは「党を存続させねば」「党から出るまい」という決意を強くしたはずだ。しかし、民主党が民主党を守れば守るほど、国民の理解と支持は離れて行く。いくら不意打ち解散とはいえ、民主党の政策は、政策と呼べるものではなかった。2009年夏から3年3ヶ月をかけた壮大な社会実験は大失敗に終わったが、大失敗から学んだ民主党の姿を国民は見ぬままだ。「今こそ流れを変える」は政策ではない。2009年のキャッチフレーズ「政権交代」が、政策ではなく手段だったのと同じなのだ。

 野党再編は加速せざるを得ない。加速しなければ、この選挙の敗北から何も学ばないということだ。だが、野党再編は、民主党がそのままの状態を保ったままでは実現しない。私は民主党を絶対に支持しないが、建設的な野党の存在は常に必要であることは間違いない。このまま沈むか、或いは再編に着手し、政界地図を塗り替えるかは、ひとえに民主党にかかっている。願わくば、改憲勢力と護憲勢力に分かれてもらいたいと思う。高望みと批判されるかもしれないが、そういうパラダイムの大転換と呼べる荒治療を経ずして、自民と公明の連立解消は為し得ない。

第47回衆議院議員選挙
■ 民主党の幹部が仲良し記者にこれを言いました 「二階堂ドットコム(2014.12.2)」より
/
野党幹部が、記者とのオフレコ取材の席で、衆院選の苦戦を認めたうえで、「自然災害が起きて首相官邸が対応できなかったら、(議席増の)自信はある」と語っていたメモが永田町の一部に流れ、波紋を広げている。これが事実ならば、政治家としての資質を問われそうだ。この取材メモは、与党幹部や官邸周辺も入手し、情報当局などで分析が行われている。メモによると、野党幹部は衆院選の現状について、「かなり厳しい状態になっているのは事実」「まだ状況は変わる」などといい、選挙の潮目が変わる可能性として、以下のように語っている。

「安倍晋三首相の失言が最大のチャンスだ。党首討論でイライラしてくれたらベスト。そうしたら雰囲気は変わる。うちのトップにもできるだけのネタは仕込むつもりだ」

「閣僚の失言。これは決定的なものがいい。期待するなら麻生(太郎副総理兼財務相)さんくらいか。麻生さんはテレビに出る機会はあるの?」

「マスコミの世論調査報道の後。これは君らマスコミに期待だ。ここで自民党がさらに強くなるのか、それとも風がこちらに吹くのか。本当に期待している」

野党幹部と記者の昵懇(じっこん)ぶりがうかがえる記述だ。そして、野党幹部は「これは完オフ(=完全なオフレコ)だ」といい、こう続けている。

「自然災害とか何か大きな現象が起き、これに官邸が対応できないことだ。菅義偉官房長官も地方に相当出るんでしょ?万が一、2人(安倍首相と菅氏)が官邸にいない時に、こういう現象が起きれば、『官邸は選挙だけに夢中で、政府として最も大事な時に対応ができなかった』となる。こんな事態となり、それだけを攻めれば、(議席増の)自信はある」

いくら選挙とはいえ、悲しすぎる発言だ。 2014.12.02
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141202/plt1412021140001-n1.htm

(引用ここまで)



まぁ、本当であれ嘘であれ、「あいつなら言いかねないな」と思ったのでした。さて、この発言をした大馬鹿者の名前は何でしょう。正解者の中から抽選で・・・いや、送るの面倒なのでやっぱりやめます 笑

ちなみに、うちには上記の話がこんな風に来ています。

————————————————————

先月の11月最終週に、民主党最高幹部の○○さんが自分と仲良しの記者ばかりを集めて、極秘で懇親会を行いました。その席で、「絶対にオフレコだけれど」と言いながら、以下の趣旨の発言をしました。



①これは絶対にオフレコだが、自然災害が起きることを期待している。安倍だけではなく、菅官房長官も地方遊説に出るという情報を既に掴んでいる。安倍と菅が官邸に不在の時、自然災害が起こることを切に願っている。災害が起きれば「官邸は選挙に勝つことしか考えていない、政府として災害に対応できていない」とマスコミと一緒に糾弾できる。こうなった時だけ、30議席は増やせる。だから自然災害でたくさん死んでもらいたいものだ。

②マスコミに「自民党が勝ちそうだ」というキャンペーンをさせ、有権者が却って自民党に投票しないようにする工作を発動。

③民主党が負けないためには、総理に失言させねばならない。よって、党首討論を仕掛ける。特に江田憲司に失言を引き出させる。

④更には麻生財務大臣の失言を引き出す仕掛けをする。

———————————————————-

いやぁ、”上記とは全然関係ない話”ですよ今から書くのは。勘違いしたらダメだよ!絶対に関係ないからね!ないからね!ないからね!

革マルから金もらってる奴はダメだ。というか、左巻きはダメだ。自分の思い通りにならないとテロすりゃいいと思ってるんだもん。思想が幼稚で社会性がないまま育つと、ああいう奴になる。確実に不幸しか訪れないだろうねぇ。

そりゃ、公安が家族も監視対象にするわ。ICレコーダーのデータが出たら終了だろうね。はははは。自殺するんじゃないかな。


第47回衆議院議員選挙
■ 民主党、マニフェスト発表 ~ 残るのはただひとつ、「万年野党への道」 「私的憂国の書(2014.11.26)」より
(※mono.--前後略、詳細はブログ記事で)
/
 さて、選挙目がけて忙しい各党だが、そんな中、民主党がマニフェストを発表した。私は、忌まわしい響きしか持たず、嫌悪感すら抱かせる「マニフェスト」ということばを、民主党はもう今回は使わないのではないかと思っていたが、そこはやはり民主党だ。看板がルーピーだろうと牧場宣伝マンだろうが、やっぱりマニフェストなのだ。大したことは書いてないだろうと思ってPDFを確認してみたが、内容もやはり民主党だった。


沖縄
★ 喜納氏を除名処分 県知事対応で民主党 「琉球新報(2014.10.10)」より
/
【東京】民主党本部は10日、役員会を開き、11月16日の県知事選への立候補を表明している県連代表の喜納昌吉元参院議員を除名処分とする方針を決めた。来週の常任幹事会で正式に決定する。
【琉球新報電子版】

ーーーーーーーーーー
★ 喜納昌吉氏、民主党県連代表を辞任 知事選出馬へ 「琉球新報(2014.10.10)」より
/
 11月の県知事選に出馬を表明している民主党県連の喜納昌吉代表は10日午前、党県連代表を辞任した。翁長雄志前那覇市長への候補者一本化を視野に普天間飛行場移設問題に関する選挙公約について翁長陣営に調整を働き掛けたが、不調に終わったため、代表を辞任して出馬する意向。上里直司党県連幹事長によると、喜納氏は離党はしない考えだという。
 民主党本部は県連代表を変更するよう県連に指示していた。県連は10日午前の常任幹事会で新代表に花城正樹那覇市議を選出した。

ーーーーーーーーーー
■ 変なおじさん 「二階堂ドットコム(2014.10.10)」より
/
ハイサイおじさんだっけか本当の名前は。ほんと、内ゲバの好きな連中だよ。

◎民主党は10日の役員会で、11月の沖縄県知事選への立候補を表明している喜納昌吉元参院議員を除名処分とする方針を決めた。近く常任幹事会を開き、正式決定する。


STAP細胞
■★ STAP細胞問題で今さら民主党の先見の明指摘する声出る 「アメーバニュース(2014.3.16)」より
/
 理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーによるSTAP細胞の論文の真偽に疑問が出ているが、ひょんなことから民主党を評価する意見がネット上で出始めている。
 これは、2009年に民主党が行った「事業仕分け」を受けてのもの。次世代スーパーコンピューターの開発予算削減について、民主党の蓮舫参議院議員が「2位じゃダメなんでしょうか?」と発言したことは当時当事者や市井の人々からも大きな反発を受けた。
 理研はスーパーコンピューター「京」を開発しており、ノーベル化学賞受賞者で理研の理事長である野依良治氏が、当時自民党の会合で予算削減を批判する一幕も見られた。
 野依氏はコストと投資を一緒くたに仕分けすることを「あまりにも見識を欠く」としたうえで、「将来、歴史という法廷に立つ覚悟ができているのかと問いたい」と民主党を含む予算削減を主張する人々を批判した。
 だが、もし、STAP細胞が実際は作れないものだとするのならば、理研の研究にも疑義がつく。当時、理研もかかわったスーパーコンピューター開発に民主党が疑問を抱いたことに対し、今になってこんな意見があがっているのだ。

“結果論もいいとこだが民主が正しかったとは… ”

 さらには、野依氏の2009年の発言に対しては、こんな声も。

“完全にブーメランになってんだよなあ 無能を雇い入れて税金浪費しまくったことがバレちゃったわけで”

 さらには、理研について当時の経済産業省は「WG結論 ガバナンスに大きな問題 国を含めた研究実施体制のあり方について抜本的見直し」とまで指摘していたのだ。WGとは「ワーキンググループ」のことで、「ガバナンス」とは、「組織の統治力」を意味する。
 現在の理研の置かれた状況を踏まえ、「民主有能じゃねーか」と改めて民主党の先見の明に驚く人が出ているのだ。


外国人地方参政権】 / 【在日韓国朝鮮人】 / 【小沢一郎
■ 朝鮮人にコケにされバカにされた日本人 「余命3年時事日記(2014.1.3)」より
(※ 長文です。詳細はブログ記事で。赤字・太字はmonosepia)
/
 民主党が2007年度参議院議員総選挙で大勝した際のYahoo掲示板での在日韓国人によるものと思われる書き込み資料です。
/
Re:いよいよ 投稿者:とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)07時05分31秒
 まま、感情論は置きましょう。我々の目的が実現したら好きなことを言えるはずですから。今後、年金と参政権獲得のキーとなるだろう民主党各議員への献金準備なども準備は順調です。くれぐれも違法にならないように、日本人の感情を刺激しないように、慎重に進める必要があります。
 最近とくに若い日本人の間での「嫌コリアン感情」は無視できないものがあります。各支部で、韓流コンテンツやウリマル講座などを使って、そこで次回の衆院選で民主党に投票してくれる日本人を増やしていきましょう。今の私たちはまだ直接投票ができませんから帰化した同胞の支援と理解ある良心的な日本人たちの協力が必要です。

そうですね 投稿者:スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)07時49分30秒

 今までは、我が同胞たちは比較的攻撃的な声闘というやりかたを使ってきましたが今後はそれだけでは難しい状況になりつつあります。これからの日本社会を背負う 日本人の若者世代をどう理解させていくかが大きなポイントです。
  お人好しな日本人の気質をうまく利用していく必要がある のです。今までの「私たち在日はこれほど差別されてきた被害者なのです」という事実を伝えるだけでは日本人の若い世代は一歩引いて疑います。これからは「私たち在日も日本に貢献していきますから手を取り合いましょう」というメッセージが必要でしょうね。
  日本に対して姿勢を低くするのは我々の自尊心が傷つくものですがそれも数年の辛抱です 。生活保護支給に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を勝ち取っています。同じ条件の日本人がいたら我々のほうが有利なやりかたです。
/
 とにかく 日本の左派はまだまだ利用できます 。とくに日本が嫌いな日本人がいるというのはおもしろいですね。十分使えます。
 日本憲法改悪反対派の議員たちをもう一度洗い出しましょう。 護憲派の人たちは我々と考えが似ていますから、まだ利用できます 。同じような人たちは自民党にもいます。
 落選議員に活動資金を献金するといった方法で良心を目覚めさせることも簡単でしょう。民主党にはかつて北韓の辛先生の擁護をしてくれた人たちもいますし。
 注意しなければいけないのは民主党内の一部の保守派ですね。民主党は圧勝したといえ党内は一枚岩でないところも多いので。ただし基本的に相手は日本人です。一度信用させれば継続して信用し、その上でこちらのつらい状況を 涙ながらに語れば心底同情してくれます。こういった点をうまく使いましょう
/
 この前年金の話しをして、日本で暮らすわたしたち在日韓国人のおじいさんおばあさんには年金をもらえず苦しい生活をしている人たちも多いですと話しをしたら、 日本人だって年金の保険料を払ってなければもらえないよと言われました。そうなんですか?でもそれだって我々の差別の歴史を考えたら 日本は払うのが当然!
/
マスコミ対策 投稿者:スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)15時49分54秒
 あるかたからマスコミ対策は大丈夫なのかと聞かれましたが大丈夫です。ここ数ヶ月の報道を思い出してください。
 自民党の不祥事や失言などは大いに報道されましたが民主党の失言や不祥事はほとんど流れなかったでしょう。ときどき冷や冷やした状態はありましたがテレビ局に新聞雑誌など主要なメディアのほうは本部のほうで抑えてあるようです。
  またマスコミ各社に勤めている同胞たちも自民党の不祥事は徹底的に報道して民主党の失言などはやりすごすような体制ができていますから心配ありません
 なにより日本人はテレビと新聞を信用しますからこの辺は大丈夫でしょうね。大手新聞社やテレビ局はすべて抑えてあるとのことです。愚民対策とでも言いましょう。 知らないのは一般日本人だけというなんとも可哀想な状況ですね♪  


菅直人】 / 【有田芳生
■ [政治]ルールを破って利敵行為をした組織員を罰することができない組織って!?~民主党は菅直人、有田芳生の両名を党籍剥奪・除名すべきだろうが!! 「木走日記(2013.7.25)」より
/
 党の方針を裏切って無所属候補を勝手に応援、応援した候補のみならず民主党公認候補まで共倒れ、今回民主党大敗北の流れにとどめを刺したであろう、菅直人元首相のこの狼藉に対し、民主党の重鎮である江田五月氏がBLOGOSにて意見を出しています。
(※ 後略)


第23回参議院議員通常選挙】 / 【菅直人
■ ネット選挙の暴走機関車トーマスと化した菅直人氏に悪酔いした私 「木走日記(2013.7.22)」より
(※ 前後略、分かりやすい表などが掲載されています。詳細はブログで)
/
さて議席数の増減から単純に勝ち組と負け組を色分けすれば、勝ち組は自民、公明、みんな、維新、共産の5党、一方負け組みは民主、生活、社民、みどり、改革、大地の6党となります。

 当ブログとしてこの結果を分析すれば、一言で表現すれば「 民主と元民主に対する国民の怒りの鉄槌が下されたのだ 」ということだと思います。

 民主党が17議席と半減以下に壊滅的敗北を喫したのと同様に、いやそれよりももっと激しく国民に拒否されたのが、生活、みどりなどの獲得議席ゼロの「元民主」の議員諸氏です。

 今回「元民主」35人の当落は5勝30敗という散々たる結果なのでありました。
/


小沢一郎
■ 海江田が民主党代表 - これで小沢の民主党復党は決まったな 「東京kittyアンテナ(2012.12.26)」より
/
海江田が民主党代表になった様である。
未来の党で小沢と嘉田が揉めていることから考えて、小沢は早晩未来から離脱して民主党に戻るだろう(@w荒
逆に野田派は民主党から追い出されるかもしれないな(@w荒


★ 民主代表選:海江田万里氏を選出、細野氏を幹事長に起用 「毎日jp(2012.12.26)」より
/
 民主党代表選が25日、東京都内のホテルで行われ、海江田万里元経済産業相(63)が馬淵澄夫政調会長代理(52)を破り、新代表に選出された。海江田氏は党役員人事に着手、来年夏の参院選に向け党の立て直しに全力を挙げる。幹事長に細野豪志政調会長の起用が決まり、代表代行には大畠章宏元国土交通相が内定した。海江田氏の任期は15年9月末まで。

 代表選は党所属国会議員145人(衆院57人、参院88人)の投票で行われ、非主流派の複数グループから支持を受けた海江田氏が過半数の90票を獲得。馬淵氏は54票、無効が1票だった。

 海江田氏は選出後の記者会見で、24日につくった漢詩を披露し、「身を粉にして、民主党再生のために生を全うする」と強調。惨敗した衆院選について「外部の方も入れて真剣に総括しなければならない」と表明した。

 党内で賛否が分かれる環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加については「党のとりまとめの表現のまま、慎重に検討する」と述べるにとどめた。

 自民党の安倍晋三総裁が言及している日銀法改正に関しては「日銀の独立性を損なう形になってしまっては中央銀行の信認、円の信認にも関わってくるので避けなければならない」と否定的な見方を示した。

 来年夏の参院選では野党の連携がカギを握ることから、「少しでも議席を伸ばすには、野党の協力が必要」と述べ、他の野党に候補者調整を呼びかける考えを示した。ただ、連携相手に関しては「どの党とどうというのは今の段階では考えていない」と述べるにとどめた。【笈田直樹】


■ 海江田万里新代表 「菅直人オフィシャルブログ(2012.12.26)」より
/
 昨日の両院総会で、民主党の新代表に海江田万里氏が選ばれた。海江田氏は旧民主党結成時からの創立メンバー。経済に明るく、中国に関して造詣が深い。みんなで支えてゆきたい。

 「原発ゼロ」実現に向けての戦略の立て直しが急務。自公の連立合意では原発は次第に減らすとなっている。一方、電力業界は一日も早く再稼働を認めさせたいと躍起になっている。当面は原子力規制委員会が敦賀、大飯、東通の原発敷地内の活断層をどう判断するかが注目される。

 政治的面だけでなく、文明的、文化的観点に立つ幅広い国民運動として、「原発ゼロ」社会をめざす運動を一層広げる必要がある。

熟慮が必要。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 海江田万里が民主党代表だって・・・恥かしくないのかね!? 「西新宿 百人町 新宿周辺情報(2012.12.26)」より
/
それにしてもこの人物は、日本のための政治をするのではなく、特亜三国のために動く政治家です。
対中友好派というより対中隷中派ではないのかね!?
パチンコ議員であり、日の丸・君が代も嫌いだから「国旗国歌法」にも反対しました。

海江田万里の所属議員連盟、所属団体、売国行為

  • 民主党娯楽産業健全育成研究会
  • 日朝友好議員連盟
  • 恒久平和議連
  • 国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
  • 金正日総書記推戴の祝賀宴参加議員
  • 外国人参政権賛成派
  • 小沢訪中団参加議員
  • 小沢氏の2011年新年会に参加した議員
  • 菅氏の2011年新年会に参加した議員
  • パチンコチェーンストア協会
  • 2012年民主党代表選赤松広隆推薦人
  • 朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答

朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらかと言えば反対」と回答
チベット弾圧問題に関し、「早くそういう宗教から抜け出してもらいたいという思いでね、経済発展させようとした」と中国共産党を擁護(ミヤネ屋)

ーーーーーーーーーーーーーーー
■ 我が国の政治がエンターテイメントすぎるんですが 「やまもといちろうBLOG(2012.12.25)」より
/
さすがに海江田万里さんはないだろうという願望をぶち破り、あの民主党の葬儀委員長に選任されたそうです。

民主党:新代表に海江田万里氏90票 馬淵氏は54票
http://mainichi.jp/select/news/20121225k0000e010172000c.html

 この民主党代表選ほど「他にいなかったのか」と他人事ながら興味本位で党分裂を期待してしまう自分の悪魔側の心がやるせないわけでありますが、財テク本といい和牛商法の広告塔といい、何よりも東日本大震災という最大の災厄を前にして重量級閣僚たる経産大臣として存分に政治力を発揮するはずが右往左往の挙句自民党に追及されて公衆の面前で号泣し、いつの間にか役職を解かれ、おまけに小選挙区では東京一区住民が満を持して落としたにもかかわらず比例で復活当選を果たし、喋れなくても与謝野馨さんに自民党ってゼッケンを首からさげさせておけば惜敗率はもっと下がって見事無職となったはずの海江田さんが、まさか野党第一党の党首ですよ。


■ 民主党には心底失望した・・。 「超高層マンション スカイヲーカー(2012.12.20)」より
/
今となっては民主党なんてどうでもいいんだが、せっかく小沢が2大政党のフレームを作ったというのにぶち壊してしまって、全く、私は心底失望しているのだ。野田が何時に解散しようがどうしようが関係なく民主党の議席は50議席程度に落ち込んでいたはずなのだ。しかも、今後も無能集団の迷走には歯止めはかからない。何せ、ほとんどが死に絶え、生き残った議席のメンバーを見ての通り、とってもまともな党運営ができる能力を持ってる連中なんていやしない。野田や菅をはじめ、岡田や玄葉、枝野など、もうゴミばっかり。どうするんだって私が気を揉んでもどうしようもないが、もはや絶望感が漂っているのだ。もちろん、もう二度と政権に復帰することはないだろう。だから、もはや議席があってもヘドロのような存在に過ぎず、消えて行くのは時間の問題だ。
(※ 後略)

■ 所属政党経歴書を義務づけろ! 「璧を完うす(2012.11.24)」より
まさに『崩壊』だな。
友達100人ならぬ、離党者100人、憲政史上前代未聞だ。

履歴書に職務経歴書を書くように、立候補者には所属政党の変遷を、ポスターにも選挙カーにも政見放送でも明示するよう義務づけるべきだな。

職を頻繁に変わっている人が採用されないように、党を頻繁に変わっている人はやはり当選しにくいだろう。

例えば、
(自由民主党→新生党→新進党→自由党→民主党→国民の生活が第一)

こんな経歴の人は投票したくないな。
さて誰でしょう?


民主党が18日、消費増税や環太平洋連携協定(TPP)推進など党の政策を受け入れない候補は衆院選で公認しない方針を打ち出した。支持率が低迷する民主党は逆風下の戦いを強いられており、消費増税の是非で分裂した反省も踏まえ、「純化路線」を徹底して活路を開く狙いがある。「世襲禁止」でも一切の例外を認めず、2世候補が多い自民党との差別化を図る戦略だ。



 非野田派が民主党を分党することを考えているとか、仙谷氏も「野田おろし」を画策し始めたという話もあるし。菅前首相もブログで、早期解散に反対する意見を載せていたりもするわけで。
 野田&前原陣営のTPP参加の公約化&早期解散の方針には、党内で抵抗する人たちがまだまだたくさん出そうな感じも・・・。

 そして、ここはもちろん「野田おろし」で早期解散を阻止して、「中道路線へGO!」を<できれば、そこから平和&リベラル系の連携も>期待してやまないmewなのである。(@@)


野田総理の16日解散は、民主党内の細野豪志を担いだ党内クーデターに先手を打ったものだろう。解散すれば民主党は壊滅的な大敗をすることは分かりきった事であり、党内では野田内閣総辞職で進んでいたのだろう。第三極の勢力もまだ解散は先と読んで選挙区調整もまだぜんぜん手が付いていない。小選挙区制だから民主自民の大政党候補を破るには、対立候補の一本化と風が吹かなければ勝てない。

ーーーーーーーーーーーーーーー
★■ 首相「輿石クーデター」封じで乾坤一擲の大勝負 最悪なら50議席も… 「zakzak(2012.11.15)」より / 魚拓
実は野田首相は少し前まで元気がなかった。

 理由の第一は、沖縄県・尖閣諸島の「国有化」が裏目に出たこと。対中強硬派として知られる石原慎太郎知事(当時)の東京都が購入することで日中関係が悪化しないよう、中国の外交当局とも相談して進めたが、中国共産党の権力闘争に巻き込まれ、日中関係は最悪となってしまった。

 さらに、「一蓮托生」と留任させた輿石東幹事長の裏切りに気付いた。輿石氏周辺が、野田首相を引きずり下ろし、細野豪志政調会長を後任首相とする党内工作(=クーデター計画)を進めているとの情報がもたらされたのだ。輿石氏の背後には、「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の影も感じていた。

2009年の政権交代以来、国民無視の党内抗争を繰り返し、東日本大震災や福島原発事故、日米や日中関係などに適切に対応できなかった民主党政権は、最後まで醜態をさらし続けている。

★ 民主動揺 離党ドミノ加速も 「msn.産経ニュース(2012.11.15)」より / 4623201211115minsyu-sankei
14日には閣僚経験もある小沢鋭仁元環境相が日本維新の会に合流するため離党することが発覚。大阪選出の中川治衆院議員は同夜、記者団に「次の選挙に民主党から出馬することはない」と明言した。

 離党予備軍の一人は「首相は無理やり邪魔な議員を追い出そうとしている感じだ。これから離党ドミノが始まるだろう」と大量離党を予言する。

 党内の離党予備軍は15人前後。加えて党内に慎重論が強い環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への交渉参加を首相が次期衆院選の争点にすれば、より大規模な党分裂につながる可能性もある。

ーーーーーーーーーーーーーーー
■ 離党者続出でも起死回生を狙う悪の民主党 「陽光堂主人の読書日記(2012.11.16)」より
 純化された民主党など見たくもありませんが、その数によっては政局のキャスティングボードを握ります。世論調査では自民党の支持率は25%ぐらいですから、単純に割り振っても120議席で、過半数にはとても届きません。3党合意があるので、民主党との連立話が出てくるはずです。

 それに、参議院では民主党は辛うじて第一党の座を保っていますから、自民党が衆院を制したとしても、協力を要請される運びとなります。来年夏のダブル選挙はないと言われた理由はここにあります。

 ここまで計算済みですから、民主党幹部は「去る者は追わず」の態度なのです。中々強かで、3世4世の坊っちゃん議員が多い自民党より一枚も二枚も上手です。


小沢氏の党首討論に 民主・閣僚「何かかわいそうだったね」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1352936561/-100

(^_^;) 産経さんの嫌がらせ記事。
マスゴミに踊らされている単純思考のバカウヨどもは、小沢氏などもう過去の人扱いですが、アメリカ様が最も警戒しているのは小沢氏。 今回の野田工作員の突然解散で自民党に政権譲渡も、小沢封じが目的。民主党内に残っている隠れ小沢派を壊滅させようという魂胆 です。

維新のような似非第三極を捏造したのも「小沢氏の第三極構想を妨害するため」と解せば合点がいきますね

ーーーーーーーーーーーーーーー
★■ 民主断末魔“野田降ろし”噴出! 細野氏かついで「負け幅」減らす? 「ZAKZAK(2012.11.14)」より / 魚拓
野田首相の「年内解散」方針を阻止しようとする姿は、菅直人前首相の進退や、消費税増税などをめぐり党内が紛糾した光景と重なる。これが民主党の体質なのか。

 輿石氏ら解散先送り派の狙いは「 野田首相を退陣させ、細野豪志政調会長を新首相にして、支持率が高いうちに解散して負け幅を減らす 」とされる。細野氏も12日の講演で「私のような人間が何人かいないと、この国は本当にダメになる」と自画自賛するなど意欲的だが、利己的すぎないか。

ーーーーーーーーーーーーーーー
■ 民主党両院議員総会でクーデター 「二階堂ドットコム(2012.11.15)」より
という話があるが、なにすんの?


★ 16日解散へ首相が決断、12月16日投開票 「ロイター(2012.11.14)」より / 魚拓
野田佳彦首相が特例公債法案、一票の格差是正と定数削減の今国会での実現を求めて、16日に解散すると表明した。自民党はこれに応じる姿勢で、16日に衆議院は解散される。政府・民主党は総選挙の公示を12月4日、投票日を12月16日にすると決定した。

月内に計画していた経済対策は予定通り実施するものの、中身は限定的なものになる見込みだ。

ーーーーーーーーーーーーーーー
★ 野田首相「16日解散」宣言 鹿野氏ら、両院議員総会での説明要求 「FNNニュース(2012.11.14)」より
14日午後6時45分現在、首相官邸では、野田首相や民主党の輿石幹事長らが集まって、協議を続けているという。
首相官邸で、野田首相も含め、政府・民主党の幹部が集まって協議している。
その席では、解散に向けた今後の段取りや、肝心の投票日について意見交換して、これについて方針を決めることになっている。
そして、野田首相の「16日解散」の決断の舞台裏が、少しずつ明らかになってきた。
野田首相はこれまで、岡田副総理ら首相官邸のごく限られた人数で、16日に解散するという意向を固め、絶対に情報を漏らさないように徹底していたという。
そして、関係者によると、野田首相は、党首討論でこれを表明することは、13日に最終的に決めたということで、表明した瞬間、首相の執務室周辺のスタッフからさえ、驚きの声が上がったという。
岡田副総理は、今回のことについて「いろいろなことを合理的に考えれば、このタイミングしかない。自分ならそうした」と述べており、予算編成を新政権が行うスケジュールなどに配慮して、この日程になったことを示唆している。
一方、14日夕方、鹿野前農水相や大畠元経済産業相は、輿石幹事長と会談し、年内解散反対を伝えていたにもかかわらず、野田首相が解散を決断したことについて、両院議員総会を開いて説明するよう求めた。
そして、「太陽の党」の石原共同代表は、「大歓迎だ。人生劇場の歌詞ではないが、やると思えばどこまでやるさ。それが男の魂じゃないか」とのコメントを発表した。


■ 民主党こそ日本国民の障害 「パチンコ屋の倒産を応援するブログ(2012.11.14)」より
平野は民主党が復興事業についても
「幹事長室を通さないと予算をつけさせない」
ということをいまでもやっていることを認めました。
これで民主党が「陳情を幹事長室で独占する」
という暴挙を復興においても行っている事が
国会の議事録にも残ることになるでしょう。

軽く見てみましたが、主要マスコミで
この大問題をきちっと報じているところはありません。
報じれば民主党に致命傷になるからでしょう。
(いままでも報道すれば致命傷になるものはいくつもありましたがスルーされてきましたし)


本来の予算のチェックの場である国会には
民主党政権はまともに資料も出させないどころか
山井和則国対委員長などが嘘を並べて
決算行政監視委員会の開催を妨害するなどし続けてきました。

民主党政権がなぜまともに復興予算の運用ができないかは
当ブログで先日書いた運用側の問題をお読みください。

復興の予算の最大の障害になっているのは
権力によって利権を独占して支配力にしようと考えて
(元々の考案者は小沢一郎)民主党幹事長室による陳情の独占
ということをやっている民主党政権に他なりません。

全ての陳情は民主党幹事長室を通さなければならない。
(地方議会でも民主党系の議員がこれを言って地方議会や首長などに圧力をかけてきました)

これは民主党が政権を取ってから実行していることですが、
請願権を規定している憲法16条違反と言えます。

このことをずっと無視して報道しない自由でスルーし続けてきたマスコミは
法律違反、ルール・慣例破りを繰り返す民主党を擁護し
犯罪的なこの民主党の振る舞いを手伝っていると言えます。

復興がただでさえ進んでいない現状において、
それでも民主党は自分達による利権独占のために
幹事長室による陳情独占を続けています。

彼らがどんなに多くの言葉を並べて誤魔化そうと、
「己の欲望のためには人が死のうと関係無い人達の集団が民主党」
という事実が改めてはっきりしたと思います。


  • 実質的に民主党は、党是である「国民の生活が第一」と言うスローガンを反故にしてしまった。これはかつての社会党が従来の政策を転換したことと似ている。そして旧社会党は解体消滅してしまった。高橋氏は、「1997年の消費税増税の決定は村山内閣である。自民党、社会党、さきがけの連立内閣だ。社会党は、この連立で安保条約肯定、原発肯定、非武装中立の放棄など従来の政策を放棄させられた。しかも消費税増税に加担したため、最終的には消えてなくなった。」ように、民主党は消えて無くなる。



野田政権】 / 【政局
★ 輿石氏の発言要旨=野田・小沢再会談 「時事ドットコム(2012.6.3-15:25)」より / 記事保護


  • 兎に角、日本と云う国を仕切る人間どもは、腐っていると云うか、疑心暗鬼型杞憂病に冒され、躁状態で国家を動かしている。げに怖ろしき状況だ。朝日、読売、毎日、日経が束になって同一論調の社説を書いている。もう完璧な大政翼賛報道に徹している。恥も外聞も、ジャーナリストの矜持もヘッタくれもない餓鬼状態だ。すべての論調が「小沢を見切り、民自で解決」なのだから、異常で異様だ。

------------------------------
■ 野田よ、此処に至っても仙谷の口車に乗るのかね? 小沢、輿石と市場に君らは包囲されている 「世相を斬る あいば達也(2012.6.2)」より
  • 5月30日の小沢氏との会談を経て、首相は、自民、公明両党との修正協議に入る方向にかじを切った。しかし、輿石氏は全党に協議を呼び掛ける考えだ。協議に加わる政党が多いほど交渉は長期化するのは必至で、自民党には輿石氏が採決の先延ばしに動いていると映る。
 また、1日の衆院本会議で民主党 は、自民党欠席のまま公務員制度改革関連法案を審議入りさせるなど、輿石氏の指揮の下、強気の国会運営に出始めた。自公両党は、対話ムードを打ち消す輿石氏の戦術とみている。

------------------------------
■ 野田と小沢の会談、まさか真に受けている奴はいないよな? 「二階堂ドットコム(2012.6.2)」より
  • 消費税攻防がなんたらカンタラとか、報道ではそういう。そういうしかないし、いわゆるマスコミ様という奴らは、余計なことを言うとクレームがつくから。でも、事実は違う。

カネだけ

の話だ。要するに、小沢が金せびっているのだが、「野田が機密費からナンボ出して小沢を納得させ、消費税に賛成させるか」あるいは「機密費で出さないんなら鳩山も連れて党を割るから、最初の鳩山の寄付金と出て行く人数分のカネをわけてよこせ」という話を小沢がしているだけなのだ。


■ ここからが不退転の決意ーいよいよ正念場を迎える 「弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり(2012.6.3)」より

■ 野田・小沢・輿石三者会談の開催場所が持つ政治的意味 「弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり(2012.5.29)」より


-------------------------------
■ 野田が小沢と再会談後、「輿石切り」&自民連携を決断か? but長妻など中間左派の反発強まる 「日本がアブナイ!(2012.6.2)」より
  • 野田陣営や自民党+αの野党から見れば、法案成立に非協力的な輿石幹事長の存在はジャマもの以外の何ものでもないわけで。先月後半あたりから出ていた「輿石切り」を求める声が、どんどん高まっているようなのである。(~_~;)

<また輿石幹事長を解任しようとしている人たちの中には、万一、解散総選挙になった時に、輿石氏が党TOPの幹事長として、選挙の人選や戦略、費用に関する権限を持つことに不安や不満を覚える人たちもいるようだ。<特に野田・前原Gを筆頭に、反小沢派の議員はそう思うのかも?^^;>



 ・麻生政権の時は、麻生元首相の批判も自由でした。
 ↓
  • 麻生首相アキバ演説会に「エロ漫画家で左翼活動家・山本夜羽音」現れる

  このころは、きつい言葉で麻生元首相を批判するプラカードを掲げても、排除されるどころかマスコミが取材するほどで、自由な言論が許され、国民への情報公開もされていました。

  民主党政権になって、新橋での言論弾圧はもちろん、尖閣衝突事件では中国に不利になるビデオを隠避し、日本を憂いてビデオを公開してくれた一色氏を犯罪者として扱おうとするなど、状況が一変してしまったのが分かります。

  このような中、人権救済の名を借りた実質的な「表現規制」政策である人権侵害救済法の制定は、絶対にあってはなりません。



■ 警察庁警備局外事情報部も把握・・・してるよね? 「nikaidou.com(2012.3.6)」より / ※※

 ・この、林明星なる人物を調査したんだがよおwww
  なんと、中国共産党党員で、中国共産党中央対外部のメンバーって事がわかったわけよwww
  つまり中国のガチのスパイってわけなwwww

  民主党が中国のスパイを資金援助したなんて嘘だろうって?ww証拠あるんだよwww
  日中(民主党・中国共産党)両党「交流協議機構」 全体会議において、
  中国共産党中央対外連絡部( 中連部)二局日本処アタッシェという役職で参加している証拠がよおwww






 ・男前日記2/29】は、「一昨日あたりから、菅直人叩きが始まっている」と書いている。実際2月28日には次のような報道が見られた。

ーーー

MSN産経ニュース:自民・谷垣総裁、民間事故調「菅氏による人災の様相」(2012.2.28)
YOMIURI ONLINE:菅首相が介入、原発事故の混乱拡大…民間事故調(2012.2.28)
MSN産経ニュース:【原発民間事故調報告書】米の支援申し出に、閣議で「単に原発事故の情報が欲しいだけではないか」相互不信が高まる(2012.2.28)

異常な行動 「男前日記(2012.2.29)」より

 ・民主党の支持母体・関係団体の相関図です。この図に上がっているうち、革労協や中核派といった極左集団は、いわゆる「反原発デモ、反原発運動」の扇動者でもあります


もし本当に原発事故やその後の対応に怒りを覚えているならば、その矛先は、東電や自民党のみならず、先に挙げたような異常な行動で混乱を拡大させた民主党にも向けられているはずです


賢明な読者諸氏はお察しのことでしょう。連中のやっていることは「民主党の失政の目くらまし」なんですわ。いろいろつながってくるよね