・このようなデバイスにより、将来的に患者は毎日皮下注射を受ける必要がなくなり、医師も薬剤の投与量を患者から離れた場所から調節できるようになるかもしれない。
 ・デバイスの大きさはペースメーカーやパソコンのメモリースティックと同程度で、内部の小さな区画にそれぞれ1回の投与量にあたる薬剤を入れておく。各区画は薬剤の漏出を防ぐナノレベルの厚さの金の膜で覆われている。この膜は無線信号を受けると溶けるようになっており、あらかじめ決められた時間の間隔で薬剤を血中に放出することができる。


■ 対イラン戦争の危機とマイクロチップ埋め込み計画 「憎しみの連鎖(2012.2.21)」より

 ・米国ナスダック上場企業のアプライト・デジタル・ソルーション(ADS、株式の略称ADSX)は、過去、精巧な極小追跡装置「デジタル・エンジェル」を発表しました。この装置は人間の皮下に埋め込むように作られていますが、これが議論を呼び、計画は頓挫したと言われていますが・・・・・・そんなことはないでしょうね。。。







.