いろいろブログ&サイト【陰謀論・裏の歴史・まさかの世界】 / 統治権力 / アジェンダ / 陰謀論 / テロの脅威 / ファシズム / 世界の裏側で / イルミナティ / ロックフェラー vs ロスチャイルド / ユダヤ / 黒龍会 / 【資料】 / 9.11同時多発テロ / ワクチン / ビルダーバーグ会議 / 国際金融資本(あるいは「巨大複合金融機関」) / 影の銀行システム / 多国籍企業 / NFTC(全国貿易協議会) / 新世界秩序【NWO】 / The Anglo-Saxon Mission(アングロサクソン・ミッション) / アイアンマウンテン報告 / 世界の人口削減計画 / 食料・種子 / マインドコントロール / Google / 原子力 原子力発電 / チェルノブイリ事故 / 福島原発事故 / 深部探査船「ちきゅう」 / マイクロチップ / ブルービーム計画 / X-Day / 若者運動連盟( Alliance of Youth Movement) / 煽動 / プロパガンダ / スライブ / アセンション / ニューエイジ / ボーイング787 / 国境なき医師団 / 横道裏道けもの道

+ブログサーチ
2017年12月11日(月) 2017年12月10日(日) 2017年12月09日(土) 2017年12月08日(金) 2017年12月07日(木) 2017年12月06日(水) 2017年12月05日(火) 2017年12月04日(月) 2017年12月03日(日) 2017年12月02日(土) 2017年12月01日(金) 2017年11月30日(木) 2017年11月29日(水)

+ニュースサーチ This RSS feed URL is deprecated
ノーベル平和賞授賞式 被爆者も演説 - NHK
折り紙で作った三越伊勢丹ショッピングバッグが凄い ー『シン・ゴジラ』にも ... - Yahoo!ニュース 個人
巨大ロボが登場するパズルアクション「Star Child」と,病院ホラーADV「The Inpatient」のプレイレポート - ニコニコニュース
自分好みなYOMEと異世界を冒険!ラノベ的王道世界観が魅力のMMORPG「アルケミアストーリー」プレイレビュー - Gamer
中国、AIチップで「世界トップ」目指す戦略明らかに 動き始めた巨大 ... - 産経ニュース
元U-19日本代表・木暮郁哉、シンガポールで語る(後編)「行動と情熱が世界を動かす!」 - サッカーキング
「2017国際ロボット展」で見た、VRが進化させるロボット技術の未来 - ニコニコニュース
ノーベル物理学賞 “極めて珍しい受賞”に注目 - NHK
光学迷彩で消える!?攻殻機動隊の世界を舞台とした激ヤバVR ... - ニコニコニュース
『シノアリス』“現実篇”の少女を生み出したふたりのキーマンの制作秘話 現実篇グレーテルのデザイン画も初公開!【インタビュー】 - ファミ通App




■ 「子どもが生贄に…」元イルミナティ構成員が“顔出しインタビュー”で号泣暴露! 脱退時には激しい拷問も! 「excite-news(2017.8.25)」より
/
 世界を裏で牛耳っているとされる秘密組織「イルミナティ」にかつて在籍していた元メンバーの顔出しインタビューが公開された。組織の内部事情から組織を脱退するに至った衝撃的な事件まで赤裸々に語っている。


■涙の告発「子どもが生贄に…」

 オランダの新興メディア「De Vrije Media」のインタビューに応じたのは、オランダ人のロナルド・ベルナルド氏(オランダの金融会社「de blije b」の創設者)。もともと企業家として財を成したセレブだったが、成功への欲望はそれで満たされることなく、 “マイナス100度の冷凍庫に良心をしまって”金融業界に参入。出所の怪しい金のマネー・ロンダリングなど違法な業務に、最高レベルで5年間携わりながら、世界金融の仕組みを学び、銀行・各国政府・諜報機関・テロ組織がいかに結託して世界のマネーを回しているかを理解したと語っている。その間、ロバート氏は冷徹無常な“サイコパス”になる訓練を受け、たとえ携わった業務の影響で自殺者が出ても、同僚と笑い飛ばすような人間になっていたそうだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/08/post_14250.html

「私たちは、人々を見下し、嘲笑っていました。人もモノも単なる商品、廃棄物であり、全ては無価値なゴミです。自然、地球だってそうです。全てを燃やし破壊したって構わないのです」(ベルナルド氏)

 金融業界でかなりの実力者となったベルナルド氏は、クライントの紹介で悪魔崇拝者の秘密サークルと終身契約を結ぶことになる。…

ベルナルド氏曰く、彼らの教会では、まるで映画『アイズ・ワイド・シャット』の1シーンのような異教的で官能的なミサが開催されており、ベルナルド氏も大変楽しんだとのことだ。しかし、終わりは突然やってきた。ベルナルド氏が良心を取り戻す事件が発生したのだ。それは、生贄を捧げる儀式に立ち会った時のことだという。

「それでは、今回私がインタビューを受ける理由となった出来事をお話しましょう。それは海外で開かれた、生贄を捧げる儀式に招待された時のことです。これが、限界でした……生贄にされたのは子供たちです」(同)

「彼らはこんな儀式を何千年も続けているのです。私はかつて神学を学んでいたのですが、聖書にはイスラエル人がこういった生贄の儀式をしている記述があります。イスラエルの最初の10部族がバビロンで捕囚されたのも、子どもを生贄に捧げるこの儀式のせいです」(同)


■脱退時には激しい拷問も

 ベルナルド氏は子どもたちを生贄に捧げるよう命令されたが、それを拒否。この時から彼の精神は徐々に壊れていったという。涙を流しながら告白を続ける。

「もう私はまともに機能することができませんでした。成果も振るわなくなり、仕事を断るようになっていきました」(同)

 それでもベルナルド氏は極めて責任の重いポジションにあったため、簡単に仕事を辞めることはできなかったという。そしてある日、ベルナルド氏の体は完全に機能が停止、気が付くと病院の集中治療室で寝ていたそうだ。…

辛い記憶のため多くは語らなかったが、これには組織脱退時の過酷な拷問が関係しているとのことだ。最後にベルナルド氏は、ある書物を読むことが、この組織のことを知るために重要だと語っている。

「『シオン賢者の議定書』はトンデモ本だといわれていますが、この信じられないほど退屈な本を読み通すことをおすすめします。これを読んで理解すれば、毎日の出来事が新聞を読むように分かるようになるでしょう」

 以上がインタビュー第一弾(現在のところ第三弾まで公開されている)の内容だ。これまで噂されてきたイルミナティの黒い話がほぼ事実だったことが、これで明らかになったと言えるだろう。第二弾ではさらに深く世界金融とイルミナティとの関係が詳細に語られている。辛い記憶を掘り返し、涙を流してまで告白してくれたベルナルド氏の勇気に拍手を送りたい。
(編集部)






※mono....上記記事を知ったのは下記記事より
■ オランダの銀行家が暴露 「黄金の金玉を知らないか?(2017.8.29)」より


■ 彼等こそ世界を支配している人たちです。 「日本や世界や宇宙の動向(2015.12.14)」より
/
アメリカを支配するものは世界を支配していると言っても過言ではないと思います。
以下に記事は、これまで表に出なかった影の支配者(或いは集団)を明かしています。彼らこそアメリカや世界を支配している連中だそうです。もちろん、ユダヤ金融資本、グローバル企業、政治家もアメリカを支配していますが、見えないところで最も大きな影響を及ぼしている集団の代表格が彼らなのかもしれません。
その中に放送してよいテレビ番組を決定している集団がいますが、彼らこそ視聴者を洗脳している集団ですね。
ネット上にはポルノ関連サイトがあふれています。ニュース・サイトからもポルノ関連サイトへのアクセスが簡単です。このようにして世界中の男性たちを淫乱の地獄に陥れ、人間としての品格を失わせているのかもしれません。それに性犯罪も増加します。
ネット上でも、悪魔の誘惑があります。


(※mono.--中ほど略、詳細はブログ記事で)

アメリカ及び世界を実質的に支配している闇の存在は以下の通りです。
(※mono.--以下詳細は略、ブログ記事で)

Media Rating Council(直訳:メディア格付け評議会)

Andrew Marshall(アンドリュー・マーシャル氏)

MindGeek(ウェブサイトのデザインと開発を行う会社)

NSA とForeign Intelligence Surveillance Court(直訳:国際情報監視裁判所=FISA裁判所)


■ ≪中国の背後には誰が控えているのか≫<AIIB。。中国共産党単独主導とは思えない>【世界秩序オモテの代表米国が、最後には特別待遇で迎えられる!?】 「宝当仙人の野次馬日記(2015.4.25)」より
/
日本の大マスコミ。。大新聞
 は、米欧通信社から情報もらう
  しかし全く信用出来ないのは
   米欧発信の情報を間違えて
    日本的解釈を加えるからである

オバマ大統領は。。とか
 習近平国家主席は、という
  個人が主語となったその
   ニュース報道の表現こそが
    極めて日本的解釈なのである

(※mono.--中略、詳細はブログ記事で)
/
日米は。。とか、G7といったって
 日本は単なる金づるに過ぎない
  それをG7の枠組みとか。。我々
   とか、よく読めば全て日本的解釈

AIIBは。。中国が米国中心の
 国際金融秩序への挑戦の一里塚
  いかにも日本・日銀らしい解釈だが。。
   絶対に違う!ように思えてならない

典型的な日本経済界雑誌
 しかし、ひとつのヒントにはなるだろう

...............................................

中国高官たちはアメリカ移住がお好き
http://net.keizaikai.co.jp/archives/16206

(※mono.--中略、詳細はブログ記事で)
/
欧州留学が巷間伝えられる
 北朝鮮ロイヤルファミリー
  どころではない、米国との
   親密極まりないパイプに思える
    共産党幹部の資産は数兆円

...................................................................................................

≪《中国提唱のアジアインフラ投資銀行》どうも日本の大新聞・大マスコミ報道は米中対立論調で全く信用出来ない≫<米ソ同様。。米露・米中も対立していない>【日本・韓国はじめ属国はその中で翻弄される】

(※mono.--中略、詳細はブログ記事で)
/
小生も。。欧州各国。。とりわけ
 英国の参加にピンときた。。米国
  いや米欧露は、結局緊密に連携!!

(※mono.--中略、詳細はブログ記事で)
/
元々日米同盟など存在しない
 昭和時代の米中頭越し外交を
  思い出すまでもなく、いつも
   日本は梯子を外され続けてきた

米欧先進国は、我々日本には
 リップサービスで対応。。誤魔化し
  騙して金づるとして使ってきた訳で

しかし、日本を全く信用などしていない
 米欧露の尖兵。。役割分担の中国を
  遥かに信用して、仲間と思っている・・・。


■ エコノミスト 「世界はこうなる」の表紙が不気味です。 「日本や世界や宇宙の動向(2015.2.25)」より
(※mono.--前半は略、詳細はブログ記事で)
/
5月11日は一応、用心をした方がよいかもしれませんね。キチ害シオニストが日本に大災害を発生させる危険性があります。ただ、2011年以来、彼らの計画は失敗し続けていますから、思うように世界をコントロールできていないのかもしれません。

http://vigilantcitizen.com/vigilantreport/economist-2015-cover-filled-cryptic-symbols-dire-predictions/
(概要)
1月8日付け:
週刊エコノミストの表紙・・・「The World in 2015]世界はこうなる・・・に奇妙なイラストが描かれています。そこにはキノコ雲、またパニックと呼ばれるゲーム・ボードにFRBが描かれています。




エアアジア機の失踪は、ご存じかと思われますが、今年1年間だけで、マレーシアの航空機に起きた事件は以下のようになります。
(※mono.--引用記事は略、詳細はブログ記事で)
/
ここに至って、もうこれは異常な出来事の連続だというように考えても構わないのではないかと感じることもあるのですが、今回のエアアジア8501便の場合は、「エアアジア機の残骸確認」(時事通信 2014.12.30)という報道もあり、墜落である可能性が高いわけですけれど、事故は事故として、本当に「通常の事故」なのかということに焦点があるような感じもします。

ウクライナ上空で撃墜されたとされるマレーシア航空17便にしても、今でも、撃墜したことを認めた国や組織はないわけで、結論が出ることもなさそうな雰囲気にもなっています。

このような異常な航空機の消失や墜落が続いている中で、冒頭に載せました記事のように、

「この出来事を予測していたような書き込み」

が、中国のインターネット上の投稿サイトに記されていたことが判明しました。
それは 8501便の失踪事件が起きる 13日前に書かれたものでした。

下がその「マレーシア航空だけではなく、エアアジアにも黒い手が迫る」というタイトルの書き込みです。

冒頭の Epoch Times の記事タイトルには「中国人ブロガー」とありますが、中国語で書かれてあるというだけで、中国人であるかどうかまではわかりません。
(※mono.--後略、詳細はブログ記事で)




■ 「ロスチャイルドを奴隷として扱う一族」がいたとは。 「ふじふじのフィルター(2013.3.30)」より
/
 ロスチャイルド一族が「ビッグ・ブラザー」となり、世界政府の樹立を謀っていると思っていたら、上には上がいて「ロスチャイルドを奴隷として扱う一族」がいたとは。
 よく考えてみると、スイスという国の銀行へは、世界中の大富豪がお金を預けているのだ。皇室も預けていると聞いたことがある。エリザベス女王とか各国の王侯貴族も預けているのだと思う。(追加4月1日:12億人の信者を持つカトリック・バチカンも)。その莫大な資金は、どう運用されているのか。
 ロスチャイルドやロックフェラーは戦争を起こしては、敵対する両陣に金を貸し付けては儲けているが、その金を出す黒幕はスイスの銀行だったわけだ。ということは、世界中の戦争は、世界中の大富豪のお金で行われているということになる。スイスは永世中立国となっており、思考から外されてブラックボックスになっていたが、そのスイスの金融の支配者が、ユダヤ金融のボスだったというのは、言われてみれば、大いに納得がいく。
(※ 以下長文略、ブログ本文で。)








.