+クチコミ検索
+ブログサーチ
2017年10月17日(火)

+ニュースサーチ
● ロシアのネオ・ユーラシア主義者であるアレクサンドル・ドゥーギンの北朝鮮観 「国際情勢の分析と予測」より
● 金王朝の “深い謎” 「飯山一郎のHP」より
ーーー
+クチコミ検索〔北朝鮮核実験〕
+ブログサーチ〔北朝鮮核実験〕
+ニュースサーチ〔北朝鮮核実験〕



■ 対北朝鮮制裁を考察! 「侍蟻 -SamuraiAri-(2017.9.20)」より
(※mono....前半略)
/
各国の例に倣い、「好ましからざる人物」の退去・摘発を強化せよ!


 ペルーに続き、スペイン政府は北朝鮮大使を国外退去とした。

:関連エントリー
2017年09月15日 北朝鮮制裁と移民・難民問題!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52057177.html

 それ以前にはメキシコ政府が北朝鮮の核実験に抗議。北朝鮮大使を「好ましからざる人物」として国外退去処分としている。

 さらに、それより前には金正恩の異母兄である金正男が暗殺された事件について、マレーシア当局の捜査を批判した駐マレーシアの北朝鮮大使が国外退去処分で追放されている。

 たかが不法滞在の外国人さえ、難民認定申請やら国外退去処分の取り消しを求めた裁判やらで、まともに強制送還出来ていない日本政府とは何と雲泥の差であることか。

 それどころか、先日などは一度は不法滞在で摘発されていながら、仮釈放となったまま逃走していたベトナム人が不法行為の現行犯で逮捕されそうになった際、警察官の腕に噛みつき、片手に手錠をしたまま逃走するという事件まで起きている(後に逮捕)。

 ドイツでは北朝鮮関連の宿泊施設が北朝鮮の外貨獲得に直結する(北朝鮮非難決議に違反する)として閉鎖に追い込まれている。

 朝鮮戦争も同然の状況にあって、北朝鮮政府関係者の国外退去は当然のことで世界の常識。

 ペルー、メキシコの中米2ヵ国や今回のスペイン政府の対応は、トランプ米政権による「北朝鮮包囲網」構築への外交努力があったればこそだろう。

 一方、元より国交のない我が日本こそが北朝鮮包囲網で一番、後塵を拝していると言えるかも知れない。

 北朝鮮系パチンコ店の営業は言うに及ばず、『朝鮮総連』が依然存在しているばかりか、その傘下組織である朝鮮民族学校のOBが朝鮮高校の無償化を求めて訴訟まで起こすに至っている。

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)


◆ 【韓国崩壊】北朝鮮が核開発を強硬に進めてる本当の目的が ヤ バ す ぎ る !!! 韓国滅亡は必然だった!!! 「News-U.s.(2017.8.14)」より
/
615 :名無しさん@1周年:2017/08/12(土) 23:53:46.81 ID:5y8u9i1O0.net
南北統一 の為には、在韓米軍撤退が必要
在韓米軍撤退の為には、米朝不可侵条約が必要
米朝不可侵条約の為には、核武装が必要

この国策を半世紀かけてやっている国家が北朝鮮。
全ては南北統一に行きつく
金正恩は基地外でも何でもなく
非常にロジカルに核武装を淡々と進めている

(※mono....中略)
/

641 :名無しさん@1周年:2017/08/12(土) 23:57:33.87 ID:5y8u9i1O0.net
日本軍国主義,大陸浪人,日本人馬賊,玄洋社,黒龍会,
甘粕機関の残党,陸軍中野学校のスパイ崩れ,
児玉機関(児玉誉士夫)の残留組。
北朝鮮には満州から逃れた、
これら “日本人” の2世,3世が,
しぶとく生き残っている。
これは戦後“満州” のすべてが北朝鮮に流れ込んだからだ。
このリストは金正恩の後見人であり、
瀬島龍三の愛弟子・張成沢(チャン・ソンテク)も入る。
(張成沢は金正日の妹である金敬姫の夫)

誤解を恐れずに言うならば、

北朝鮮は満州国の亡霊 なのである。



■ 熱情も憤激もなく見る北朝鮮問題 「DEEPLY JAPAN(2017.8.11)」より
/
晩御飯の時、消そうかと思ったけどとりあえず付けていたNHKの7時のニュースを見たところ、日本では、PAC3の配備が決まって、なんだか安心みたいなことを言っていた。あはは。

北朝鮮からミサイルが発射される場合のその発射地点がどこかによって迎撃体制も異なると思うんですが、そういうのは無視なんですかね。

そういえば、おととしロシア軍がカスピ海からコルベットでクルーズミサイルを撃ったことがあった。カリブルミサイルのお披露目ですね。あの時、ああ、これを極東に持って来たら相当使いでがあるだろうなぁと確か書いたと思う。

中東は各国に戦意の高い地上兵がいるところだし、そもそも街ごとに降伏したり反抗したりするのでどうしたって地上兵の決戦になる。でも極東はそうとも限らない、むしろその前のミサイルvsミサイルの色彩が今のところ濃い。そこでカルブルみたいな、移動可能でどこから出てくるのか相手方が予想できない、その上性能がいいミサイルって役に立つだろうなぁとか思ったわけ。

別の言い方をすると、ミサイル防衛網は最初も気休めだけど、さらに気休めになったって感じがした。

(※mono....中略)
/
いずれにしても、なんとなくこの人にせよトランプにせよ、アメリカはチャイナに下駄を預けたがっている節が見え隠れするのだが、その意味はおそらく、中露の二重の凍結を見たくないからではないのか、とか思ってみたりもする。

北朝鮮問題:二重の凍結と「お前が折れろ」
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/4945aaceff90980b7f8bb87b8bc05028

なぜなら、この提案は北朝鮮に核を諦めさせる&米韓の大演習を止めろ、なので、潜在的には極東の米軍の再編成を引き起こすから。これが面倒なんでしょう。日本はおいしいし、韓国もいい具合におかしいままだし、ここを離れたくない。離れないためには演習でもしないと仕事がない。敵が欲しい。だったら北に核でも持たせておくか。になる。

それでは何も変わらない by 中露。なので、強力に二重の凍結をプッシュすると思うな。そして、北朝鮮の核問題を解決するという大義から言ってもこっちの方が理が通ってるってのも強み。

今日も言ってる、ラブロフ。二重の凍結だよ、と。


■ 北朝鮮の”戦後処理”はどうなるのか? 「万国時事周覧(2017.4.25)」より
/
【北朝鮮情勢】朝鮮人民軍創建85年記念日、南東部で過去最大規模の砲撃訓練 韓国メディア報道 日米韓は核実験など警戒
 米軍と一戦を交えるか否かは別としても、北朝鮮の運命は風前の灯です。ここ数日の動きを観察していますと、米軍による対北空爆については中国は容認し、ロシアも積極的な介入は控える様子が窺えます。

 近い将来における北朝鮮の敗北が確実であるとしますと、今から準備すべきは、北朝鮮の”戦後処理”です。米中ロ共に永続的に北朝鮮領を合法的に軍事占領下に置くことができないとなりますと、朝鮮半島北部には空白地帯が生じることになります。朝鮮半島とは、近代以降、列強のパワーがせめぎ合う地域として知られていますが、今般も、国際社会は、同様の問題に直面しています。20世紀初頭にあっては、日本国が朝鮮半島を併合することで一定の地域的安定を得ましたが、今日においては、別の方法を模索する必要があります。想定される”戦後処理”とは、
(1)北朝鮮の枠組みを維持した上での”金王朝”の排除と新体制の樹立、
(2)韓国への併合、
(3)国際共同管理、
(4)国際分割管理、
(5)国連における信託統治 …などです。
あるいは、軍事分野だけを切り離して国際管理下に置き、主たる内政権限は韓国に統合するといったコンビネーションもあり得ます。

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)


金正恩
★ 中国当局 金正恩氏に対し「亡命」をするよう説得している可能性 「livedoor-news[大紀元](2017.4.17)」より
/
朝鮮半島 - 中国、金正恩氏へ「亡命」説得か 有事回避のため=韓国メディア

 北朝鮮が新たな核実験に踏み切るかどうか注目を集める中、中国当局が、金正恩朝鮮労働党委員長に亡命するよう説得しているとの可能性が伝えられている。

 韓国紙「朝鮮日報」(10日付)は、現在韓国国内の情報誌の内容を引用し、「4月末までに、中国当局が金正恩委員長の亡命を説得する。説得が失敗に終われば、米国は先制攻撃を加える」と報じた。

中国当局、過去にもカンボジア国王を亡命 ポルポト政権誕生前
 在米中国問題専門家の石涛氏も、中国語ラジオ局「希望の声」の評論番組で同様の見解を述べた。

 「金氏に対して圧力をかけ、自ら政権を離れて亡命するよう説得している可能性が高い。中国当局は過去、故ノロドム・シハヌークカンボジア国王を保護したことがある。金氏に対しても、例えば、マレーシアなど他の国に亡命させ、その後の面倒をすべてみるのは十分考えられる」と述べた。

 石氏は、金正恩氏が他の国に亡命となれば、北朝鮮の金政権が崩壊し、韓国と統一していくとの見通しを示した。

 いっぽう、金正恩氏は30歳前に最高指導者の立場につき、周辺幹部の粛清などで独裁体制を強めている。韓国の情報機関『国家安保戦略研究院』によると、2011~2015年までに金正恩政権は、100人以上の朝鮮労働党幹部を処刑している。金正恩氏が、亡命によりその地位を安易に放棄するかどうかは不明。

(翻訳編集・張哲)



4/16 朝 北朝鮮が何らかのミサイル発射、すぐに爆発
核実験はまだなし

米国政府「短中距離ミサイルでICBMではない。失敗に対処はしない」様子見の構え

追加で派遣した空母ミニッツ打撃群とイージス鑑16隻の到着と
ペンス副大統領の訪日を待つ構えか

カールヴィンソン、ニミッツもそれぞれイージス2隻ぐらいづつ随行なので合計20隻

海自の6隻合わせてイージス艦26隻体制

※地球上のイージス鑑は80隻ぐらい



中露の情報収集鑑が米空母を追尾
&中国潜水艦20隻出動

北海艦隊と東海艦隊がそれぞれ10隻

なのでニミッツ・イージスを増援決定か



朝鮮半島周辺海域大混雑!

米海軍空母打撃群2 

イージス16隻

複数の戦略核原潜

ヘリ空母含む海自の艦隊

中露の情報収集鑑

中国潜水艦20隻

横須賀には空母ロナルドレーガン

/
4/14 国外向けラジオ放送「平壌放送」で「乱数放送」

「823ページ69番、467ページ92番、957ページ100番」

拓大荒木教授「日本国内で混乱を起こせという指令ではないか」

同日、北朝鮮政府、朝鮮学校に「奨学金」として2億1800万を送金

これテロ資金でしょ!

朝鮮総連のサリンテロに警戒を!

(※mono....以下略)


■ 北朝鮮のミサイル発射失敗とは? 「万国時事周覧(2017.4.16)」より
(※mono....ところどころ略、詳細はブログ記事で)
/
 本日午前6時20分頃(日本時間)、北朝鮮は、東部咸鏡南道新浦からミサイルを発射したものの、発射直後に爆発したと報じられております。朝鮮半島情勢が緊迫している中での出来事であり、北朝鮮側の意図を読み解くための分析が急がれています。

 第一の推測は、既に報じられているように、ペンス副大統領の訪韓を牽制するために、ミサイル発射で威嚇したというものです。言い換えますと、ペンス副大統領、否、アメリカに対する脅迫であり、訪韓時において副大統領の命を狙える立場にあることを誇示するためのミサイル発射となります。
/
第二の推測は、中距離弾道ミサイルのノドンは既に完成しているとされているため、ノドンであれば日本国、長距離弾道ミサイルであればアメリカを狙った先制攻撃であった可能性です。韓国が標的であれば日本海に面した新浦ではなく、内陸部のミサイル基地を使用するはずだからです。当ミサイルは中距離弾道ミサイルとする見方が有力ですので、失敗したとすれば、日本国にとりましては不幸中の幸いとなります。
/
 第三に、前日の15日に華々しく故金日成主席生誕105周年を祝賀する軍事パレードを催し、アメリカに対して一歩も引かぬ強気の姿勢を表明した手前、一先ずは、本気度を示すために”ミサイル実験もどき”を演じたとも推測できます。発射実験が失敗したとなれば、アメリカは即時に軍事行動を起こすはずはない、と計算した演出です。
/
 第四の憶測は、長距離弾道ミサイルの開発成功、あるいは、核兵器量産体制の確立までの時間稼ぎのために、北朝鮮が、敢えて自国の技術力を低く見せるようと偽装したというものです。


朝鮮半島情勢
■ 開戦前夜 「日比野庵本館(2017.4.15)」より
/
4月12日、アメリカ・ジョンズ・ホプキンス大学のシンクタンク、米韓研究所は北朝鮮北東部・豊渓里の核実験場を撮影した商業衛星画像から、「北側の坑道付近で活動が続いているほか、主要管理施設で新たな活動が確認され、指令室付近にも数人の職員の姿が捉えられた」として、新たな核実験の「準備が完了し、待機中」だとする衛星写真の分析結果を発表しました。

また、アメリカ国営ラジオ放送ボイス・オブ・アメリカも同じく12日、アメリカ政府その他情報筋の話として、北朝鮮が「坑道に核爆発装置を設置したようだ。現地時間15日午前にも実験を行う可能性がある」と報じています。

これについて、北朝鮮外務省の韓成烈次官はAP通信の取材に対し「最高指導部が決めた時刻、場所で核実験が行われるだろう」と述べ、核実験の準備が終わっていることを事実上認めました。

そしてさらに外務省はアメリカによるシリアへの軍事攻撃を非難し、「アメリカは朝鮮半島でこれを再現しようとしている……アメリカが少しでも動けば戦争の味を見せてやる」と威嚇しています。

これに対しアメリカは、既に空爆の準備が終わり、大統領のゴーサインを待つだけと見られています。

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)


◆ ブログ『国際情勢の分析と予測』のコメント欄より
/
北朝鮮の化学繊維ビナロン (読書貧乏)
2017-04-14 16:19:19
知っている人には申し訳ないけれど、北朝鮮には自国発明のビナロンという化学繊維がある。
それで人民の服をまかなっているらしい。
そう言えば洋服の青山とかで北朝鮮産のスーツなんて輸入していた。
化学繊維などの分野が強いんでしょうね。

しかしビナロンの発明されたは日本の京大。
今の韓国生まれで京大に学んだ李 升基(リ・スンギ)なる人物が日本人化学者と共同に開発した。
彼はその後、軍に協力的ではなかったので拘束されていたとか。
さらに朝鮮戦争開戦後、北朝鮮側に亡命。
そこでビナロンのプラント開発に尽力する。

もちろん厚遇されたが、彼はなんと北朝鮮の原子力研究所の初代所長に任命されている。

王子様的に日本のエージェント臭がプンプンしますね。
日本軍に協力的じゃなかったのもアリバイっぽい。
日本が北朝鮮の核開発に協力したのもこの線かも。

北朝鮮が一体何なのか僕には未だわかりませんが、トランプ大統領によってその真の姿が明らかになりそうです。




■ チキン金正恩、今日はパレード謁見、核実験のボタンを押さず。 「Ddogのプログレッシブな日々(2017.4.15)」より
/
米の挑発に「殲滅的攻撃で応じる」 平壌で大規模軍事パレード、核実験など確認されず 【産経ニュース】2017.4.15 12:47
(※mono....引用記事略)

/
今日、核実験が行われるかドキドキしていたのに、このパレードのニュースは報道されていたが、地上波、BS、CSでは我が家ではCNN以外情報が流れていなかった。CSの日テレ・TBSのニュース専門チャンネルもスルーだ。

元々金日成の誕生日である今日実験をするつもりがなかったのか?25日の北朝鮮軍創設85周年なのか?

車両やミサイル部隊の主力が平壌に終結しているのに、核実験を行いその直後に攻撃されてはたまらないので、今日は避けたのであろうか?

核実験の準備は整っているはずだ。本来ならば今日核実験をしてもおかしくはなかったのだ、だが、瀬戸際外交のプロである北朝鮮は、核実験の強行は、米軍のレッドラインで、米軍の攻撃を受けると分析したのであろう。金正恩はビビったのだ。
核実験のボタンを押さなかったのだ・・・

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)


金正男】 / 【マレーシア
■ 【インテリジェンスY】金正男氏が殺害された事件を巡るマレーシアと北朝鮮の動き 「二階堂ドットコム(2017.2.24)」より
(※mono....前半略)
/
2017年2月13日午前9時にクアラルンプール国際空港のLCC(格安航空会社)専用の第二ターミナルで死亡した「男性(金正男氏)」を巡って、マレーシアと北朝鮮の関係が悪化しているが、「司法解剖の結果」に関するマレーシア政府の発表の内容如何で当該事案・当該事件の行方やマレーシアと北朝鮮の関係の今後、北朝鮮を取り巻く国際関係に大きな影響を及ぼすものと思われる。

http://www.j-cia.com/archives/13165 ←※有料課金記事


■ 金正男暗殺 ~ 対話が通じない金正恩には、軍事的圧力の強化で臨むしかない 「私的憂国の書(2017.2.16)」より
/
 金正男が13日午前9時、マレーシアのクアラルンプール空港で2人組の女性に襲われ、死亡した。犯人と思しき女1人逮捕されたが、マレーシア当局は女がベトナムの旅券を所持していたと発表し、一方で国営ベルナマ通信が女はミャンマー人だと伝えるなど、情報は錯綜している。当局はもう一人の女と、事件に関与したと目される男4人を追っているという。いずれにせよ、時間を追うごとに「暗殺」ということばが真実味を帯びる事件だ。

(※mono....中略)
/
 さて、この事件に我が国も無縁ではない。今回の事件が暗殺と仮定すれば、金正恩は間違いなく、会話が成立するような指導者ではないのだ。日本の対北朝鮮に対する対応姿勢は「対話と圧力」ということばで表現されるが、その「対話」など成立しないことを、正恩は自ら国際社会に示したのである。

 では、残る「圧力」とはなにか。より具体的に言えば、それは軍事オプションだろう。経済的圧力は、中共が裏で平壌を支援する方針を改めない限り、効果は限定的だ。北朝鮮にかかわる日本の課題は、拉致被害者全員の奪還と軍事的脅威の除去である。いずれも対話による解決が見込めないと判断したとき、残る手段は軍事的圧力を強化しかない。具体的かつ象徴的なイシューは敵基地攻撃能力というオプションだろう。それに反対する陣営や9条信者には、どうやったらこの対話の通じない相手から拉致被害者を奪還できるのか、具体的方法論を提示してもらいたいものだ。

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)


■ 台風10号の影響から続く北朝鮮での歴史的な洪水の死者行方不明者が80名を超える 「アース・カタストロフ・レビュー(2016.9.7)」より
/
3日ほど前に、

2016/09/04

という記事でお伝えしました北朝鮮の北東部の、同地域としては史上最悪級の洪水での死者が 9月6日までに 60名にのぼり、いまだに被害が拡大し続けていることが報じられています。

人的な被害の他にも、非常に大規模な被害が出ているようで、北朝鮮の朝鮮中央通信によれば、これまでに、農地約 20,000エーカー(約 8000ヘクタール)が水没し、農業に壊滅的な被害が出ていると共に、公共の建物 560棟が水没、また、30の生産工場および 20の学校が破壊されたか、あるいは浸水したとしていると、アメリカの UPI 通信社は報じています

(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)


★ 北朝鮮のミサイル発射は韓国が仮想目標、労働新聞報道で明らかに 「東亜日報(2016.3.12)」より
/
10日の北朝鮮の短距離ミサイル発射が、韓国攻撃用核ミサイル実験だったことが分かり、波紋を呼んでいる。
北朝鮮の労働新聞は11日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が、「核抑止手段」を備えた戦略軍西部戦線攻撃部隊の弾道ロケット発射訓練を参観したと報じた。また、「今回の訓練は、海外侵略武力が投入される敵地域の港への攻撃を仮想し、ターゲット地域の設定された高度で核戦闘部を爆発させる方法で進められた」と伝えた。「敵地域の港」とは韓米合同軍事演習が行われている韓国のことであり、核戦闘部は核弾頭(核爆発装置)が搭載されたミサイルの弾頭部分を意味する。
北朝鮮が公然と韓国をターゲットに核ミサイル発射実験をしたのは初めて。盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領は2006年、北朝鮮のテポドン発射に対して「実際の武力攻撃のためのものではない」と言ったが、北朝鮮の核ミサイル開発が韓国ではなく米国を狙っただとか自衛権だという当時の評価が誤りであったことが判明したのだ。


朝鮮半島情勢
★ 北朝鮮、米韓軍事演習に対抗して「韓国解放作戦」を発表=「これこそ真の虚勢」「その前に借りたもの返せ」―韓国ネット 「レコードチャイナ(2016.3.12)」より
/
2016年3月12日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮が米韓合同軍事演習に対抗し、「韓国解放作戦」を発表した。

朝鮮人民軍総参謀部は12日に発表した声明で「我が軍は、敵の『平壌進撃』を狙った反共和国的上陸訓練には、ソウルをはじめとする南朝鮮解放作戦で、(米韓の)『ピンポイント攻撃』には、われわれ流の電撃的超精密奇襲攻撃で対応する」と述べた。

さらに声明は「今、この時点から前線東部、中部、西部に位置する1次連合攻撃部隊は、『双龍訓練』(※米韓合同訓練)に投入された敵集団への先制報復攻撃作戦遂行に移る」とし、「『平壌進撃作戦』(※米韓合同訓練)に投入された者も、これを考案した陰謀の巣窟も容赦なく火の海にするというわが軍の報復の意思に揺るぎはない」と主張した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「これこそ真の虚勢」
「誰が誰を開放するって?何か勘違いしてないか」
「言うだけなら世界征服も可能だ」

「平壌が焦土化されるか、ソウルが解放されるか、一度やってみたらいい」
「戦うための燃料はあるのか?」
「60年代の武器をまだ使っているような状態でどうやって戦おうと言うのだ?」

「ソウルを開放して何をするつもりだ。北朝鮮では食糧が不足しているらしいが、こっちから冷凍肉でも持って帰るつもりか」
「ごたごた言わせないように、米韓合同訓練じゃなくて、米韓合同で直接北朝鮮に攻め込んでしまえ」

「われわれはすでに1945年8月15日(※第2次世界大戦終戦日)に解放され、北朝鮮よりも良い暮らしをしている」
「解放作戦の前に借りたもの(※借款)を返せ!」(翻訳・編集/三田)

ーーーーー
★ 「先制的報復へ移行」 北、米韓上陸訓練に警告 「東京新聞(2016.3.12)」より
/
 【北京=城内康伸】北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は十二日、米韓両軍が実施中の北朝鮮への上陸訓練「双竜訓練」を非難する声明を発表し、「先制的な報復攻撃作戦へと移行する」と脅した。朝鮮中央通信が伝えた。
 史上最大規模で展開する米韓合同軍事演習に、北朝鮮は反発を強める。核攻撃や報復攻撃で対応すると繰り返し表明しており、朝鮮半島情勢は緊張の度合いを高める一方だ。
 声明は「敵の軍事的対決狂気は極めて無謀になっている」と主張。「われわれの領土、領空、領海に対する侵略のたくらみが確認され次第、直ちに軍事的に制圧、掃討する」と警告した。
 米韓両軍による「平壌進撃を狙った上陸訓練」に対し、「ソウルをはじめとする南朝鮮(韓国)全域の解放作戦で対応する」と韓国全土への攻撃を準備していることを示唆。軍事境界線付近に配置された「第一次連合攻撃部隊」が「いま、この時刻から先制的な報復攻撃作戦に移る」とし、「最高司令部」の攻撃命令を待っていることを強調した。

◆1万7000人参加 米韓など訓練
 【浦項(ポハン)=島崎諭生】米韓両軍は十二日、韓国南東部の浦項で、北朝鮮を想定した上陸訓練「双竜訓練」をメディアに公開した。米韓両軍のほか、オーストラリア軍、ニュージーランド軍の部隊も加わり約一万七千人が参加。韓国での上陸訓練では過去最大規模とみられる。
 訓練は七日から始まった米韓合同軍事演習の一環。韓国メディアによると、今回の演習では初めて、先制攻撃も念頭に置いた新作戦「5015」を適用。上陸だけでなく、内陸部まで素早く進撃し、核やミサイル施設に打撃を与える訓練まで行うという。
 訓練には米軍の強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」など艦艇約三十隻、米軍の新型輸送機オスプレイを含む航空機五十機以上が投入されている。海兵隊員らが海岸に上陸した後、内陸部に拠点を築く訓練を行う。


◆ 北朝鮮 「堪忍袋の緒が切れた。いま、この時刻から報復攻撃作戦に移る」 「政経ch(2016.3.12)」より
/
北朝鮮「奇襲攻撃で対応する」 米韓軍事演習で (2016/03/12 17:42)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000070217.html

「先制的報復へ移行」 北、米韓上陸訓練に警告
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201603/CK2016031202000232.html


4 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/03/12(土) 19:10:35.07 ID:Do2MhpNm.net
宣戦布告しても無視される
6 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/03/12(土) 19:11:24.22 ID:xH4guICa.net
おっかねー(棒)
12 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/03/12(土) 19:12:24.44 ID:yxobjmBV.net
だからいつやるんだと
16 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/03/12(土) 19:13:41.90 ID:LiC6MOpY.net
明日は、堪忍袋2本目の緒が切れた。

(※mono.--以下略)

ーーーーーーーーーーー
★ 北朝鮮内陸部への進撃を想定 米韓が訓練を公開 「NHK-news(2016.3.12)」より
/
韓国で合同軍事演習を行っているアメリカ軍と韓国軍は、北朝鮮内陸部への進撃を想定した、より実戦的な訓練の様子を公開し、北朝鮮の軍事的な挑発には断固として対応する姿勢をアピールしました。
アメリカ軍と韓国軍は今月7日から韓国各地で過去最大規模の合同軍事演習を実施していて、その一環として、12日に南部のポハン(浦項)の海岸で行った上陸訓練の様子を報道陣に公開しました。
訓練には両軍の海兵隊や海軍など合わせて1万7000人余りが参加したほか、艦船およそ30隻、航空機およそ70機が投入され、洋上の強襲揚陸艦から水陸両用の装甲車が煙幕弾を発射しながら上陸し、機関銃や自動小銃を持った兵士たちが中から次々と飛び出しました。
今回の訓練は、北朝鮮の内陸部に進撃する想定で、例年よりも実戦的であり、規模も過去最大だということで、韓国軍の司令官は「米韓の海軍と海兵隊は、危機の際には迅速かつ果敢に現場に投入され、敵の中心を打撃するだろう」と述べ、北朝鮮の軍事的な挑発には断固として対応する姿勢をアピールしました。
一方、北朝鮮の軍は12日に上陸訓練について声明を発表し、「敵によるピョンヤン進撃を狙った上陸訓練には、ソウルをはじめ南全域の解放作戦で対応する」などと反発しており、今後北朝鮮がさらなる挑発に出ることも懸念されます。




北朝鮮ミサイル発射実験
■ 緊迫の北朝鮮弾道ミサイル発射まで 「人を衝き動かすものは愛情という名の情熱(2016.2.7)」より
/
(※mono.--時系列にそって詳細が記載されている。monosepiaオススメの記事。ブログ記事で確認を。)

ーーーーー
■ 北朝鮮弾道ミサイル発射実験 「倒産予測速報(2016.1.31)」より
(※mono.--前略)
/
オバマ米国は今回の北朝鮮挑発に対して必ずや黙認せず、強硬に対応するはずです。度重なる北朝鮮の挑発行動が、まさに朝鮮半島情勢に戦火が再び上がる状況となるでしょう。
習近平中国の責任は、北朝鮮に対して挑発行動を止めさせる強力な圧力行使を早急に行うべきで傍観は許されません。
わが国日本は、万が一を想定して日米安保条約発動、集団的自衛権行使を視野に朝鮮半島情勢のみならず沖縄・尖閣防衛のための防衛出動も準備するはずです。


★ 「核実験…中国に見せつけてやる」 若き指導者が自信を深めた3つの理由とは? 「産経ニュース(2016.2.7)」より
/
 北朝鮮が強行した核実験について、朝鮮労働党幹部らが住民らに「中国に見せつけるため」と説明していることが6日、複数の消息筋の話で分かった。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は7日朝に事実上の長距離弾道ミサイル発射についても強行した。後ろ盾だったはずの中国のメンツをつぶしてまで、対外強硬路線に前のめりになる理由は何か。内部の状況からは、若き指導者が自信を深めた複数の要因が浮かぶ。(桜井紀雄)

■「反米全面対決戦」の裏で…

 「反米全面対決戦を総決算するため、全社会を金日成(イルソン)・金正日(ジョンイル)主義一色にしなければならない」。平壌で2~3日に開かれた党と朝鮮人民軍の拡大会議で金第1書記はこう強調した。核実験の名分にも「米の敵視政策」への自衛を掲げた。

 半面、国内の集会などで、「われわれが最も警戒しなければならない国」と名指ししているのが中国だ。中朝関係者によると、幹部らは「中国は、覇権意識に染まって社会主義の原則を捨て、血盟(同盟)国であるわが国に核開発を禁じる圧力を加えている」とし、こうも述べたという。

 「中国の思い通りにならないという断固たる意志を見せつけてやるために、元帥(金第1書記)の指示で水爆実験をやった」

 金第1書記自身が「中国に譲歩するな」と側近に指示しているともいわれる。

+続き
 中国側関係者は、再三の挑発にも穏健な姿勢を崩さない中国に対する「どんな行動を取っても安全だ」という見くびりが背景にあり、「中国が制裁で原油供給を断っても、完全に中断することはない」との楽観があると指摘する。

■自活可能? 「農業改革成功」を過信

 貿易の9割を中国が占める現状にあって経済の維持が本当に可能なのか。

 「最高生産水準を突破した」。北朝鮮メディアは昨年末、ジャガイモの産地の北部、慈江道(チャガンド)の収穫高についてこう宣伝した。

 正恩政権は2012年に「6・28措置」と呼ぶ経済策を打ち出し、農業改革に取り組んできた。取れ高の一定割合を農民が自由に扱えるようにし、生産意欲を鼓舞するのが狙いだ。

 昨年、一部地域では実際に収穫量の7割が農民に渡ったとされ、さんざん政権に裏切られてきた農民の間で、「元帥が約束を守った」と驚きをもって受け止められたという。

 一方で、昨年、「100年に1度」といわれた干魃(かんばつ)に見舞われ、韓国政府は、穀物生産量が前年比6・3%減ったと推定している。それでも、「農業改革は成功している」といった景気のいい報告から、金第1書記が、国際的に孤立しても、自活は可能だと判断したとみても不自然ではない。

■超強硬派が対外交渉役に昇任

 4日付党機関紙、労働新聞は、会議の席上、紺の人民服姿で金第1書記のそばに座る金英哲(ヨンチョル)氏を写した写真を掲載した。対北情報筋は、昨年末に事故死が発表された金養建(ヤンゴン)氏に代わって、対韓政策を統括する党統一戦線部長と書記を兼務したとの見方を示した。

 英哲氏は、工作機関の偵察総局長を務め、10年の韓国哨戒艦撃沈や延坪島(ヨンピョンド)砲撃を主導したとされ、韓国当局が「超強硬派」と目する人物だ。金第1書記の暗殺を描いた米映画会社に対して14年にサイバー攻撃を仕掛けたとも指摘されるほか、昨年8月には、南北の軍事的緊張を高めた非武装地帯(DMZ)での地雷設置にも関与したとされる。

 相次ぐ挑発で外交的な亀裂を招いたとして本来、問責されるべき人物が、対外交渉を担う最側近の地位を固めたことになる。

 ミサイル発射通告に対し、北朝鮮を擁護してきたロシア政府でさえ、「近視眼的な行為の代償を考慮すべきだ」と警告した。しかし、親中路線を進めた叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏を処刑し、対話派とされた養建氏も死亡した。その直後の強硬派の重用は、周囲が対話を進言する環境が失われ、金第1書記が強硬路線堅持を宣言したことを意味している。
+記事
 自民党は7日、北朝鮮による長距離弾道ミサイルの発射を受け、北朝鮮を非難するとともに、政府に対し日本独自の制裁強化を求める緊急声明を発表した。全文は以下の通り。


北朝鮮による弾道ミサイル発射に対する緊急党声明

平成28年2月7日

自由民主党

 本日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、沖縄県先島諸島上空を通過の上、フィリピン東方海域に落下した。

 わが国をはじめ国際社会は、北朝鮮に対して、関連の国連安保理決議を完全に順守し、核実験や弾道ミサイルの発射等の挑発行為を決して行わないよう繰り返し要求してきた。このような中、先月の核実験の実施に続き、本日、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を強行したことは、わが国の安全保障に深刻な脅威を及ぼすとともに、東アジアをはじめ世界の平和と安全を著しく損なうものであり、断じて容認できない。

 本日の北朝鮮による発射の強行は、累次の国連安保理決議の明確な違反である。国際社会に対する重大な挑戦であり、北朝鮮は大きな代償を払わなければならない。加えて、日朝平壌宣言に違反するとともに、6者会合共同声明の趣旨にも反しており、北朝鮮との対話を通じた問題解決に向けた動きに逆行するものである。

 わが党は政府に対し、北朝鮮への断固たる抗議を表明し、先の核実験の問題と併せて直ちに国連安保理で本件を取り上げ、国際社会の一致した決意を明確にすべく、国連安保理非常任理事国として、関係各国との緊密な連携と早急な折衝を強力に加速させることを求める。また、国連安保理で新たな制裁決議を行う場合は、必ずその理由に拉致問題を含む人権侵害を明記させることを要望する。

 拉致問題に関して、北朝鮮は、平成26年5月の日朝合意をいまだ履行しないなど不誠実な対応を行っており、具体的行動による進展がない。政府は、昨年6月にわが党の北朝鮮による拉致問題対策本部から提言した13項目の制裁強化策を速やかに実施し、わが国独自の対北朝鮮措置の徹底を図るべきである。

 本日の北朝鮮による発射の強行を踏まえ、政府に対し、国民の命と平和な暮らし、わが国の領土・領海・領空を断固として守るための体制の整備、国民への情報伝達や訓練体制の一層の充実化をはじめとする国民保護措置の強化等を推進し、今後ともミサイル防衛に万全を尽くすことを求める。

ーーーーー
★ 共産・志位委員長「暴挙」と糾弾 「抗議する」 「産経ニュース(2016.2.7)」より
+記事
 共産党の志位和夫委員長は7日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについて「厳しく非難し、抗議する」との談話を発表した。

 志位氏は「1月6日の核実験に続く今回の北朝鮮の行動は、核兵器の開発と不可分に結びついた軍事行動であって、国際の平和と安全に深刻な脅威を及ぼす行為だ」と指摘。ミサイル発射が国連安保理決議や6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する「暴挙」と糾弾した。

 さらに「国際社会が一致して、政治的外交的努力を強め、北朝鮮に核兵器・ミサイルを放棄させるための実効ある措置をとることがいよいよ急務となっている」とした。
+記事
 公明党北朝鮮問題対策本部が7日に発表した「北朝鮮ミサイル発射に対する党声明」の全文は以下の通り。


 本日午前9時31分ごろ、北朝鮮が「人工衛星」と称する事実上の弾道ミサイルを発射した。

 国際社会が、繰り返し強く自制を求めてきたにもかかわらず、北朝鮮は、先月の核実験に続きミサイル発射を強行した。国際社会の声を無視した北朝鮮の度重なる行動は、わが国を含む地域と国際社会の平和と安定を脅かす重大な行為であり、断じて容認することはできない。断固抗議する。

 今回の発射は、北朝鮮に対して弾道ミサイル技術を使用したいかなる発射も禁じた国連安保理決議第2087号をはじめ、第1695号、第1718号および第1874号といった累次の安保理決議や、日朝平壌宣言にも違反していることは明らかである。

 政府は、国連非常任理事国として、北朝鮮に対し、関連する国連安保理決議の即時かつ完全な履行を強く求める。先の北朝鮮核実験を受けて議論されている新たな安保理決議とともに、今回の事態に対応する決議が早期に採択されるよう一層働きかけるべきである。

 また、政府は、米国、韓国をはじめ中国、ロシアなど関係諸国と緊密な連携のもと、国際社会が一致して北朝鮮に核開発の断念を強く求めるよう促すとともに、この機会に改めて、拉致・核・ミサイルといった諸問題の包括的解決に力を尽くすべきである。

 引き続き、わが国の平和と安全の確保、国民の安心・安全の確保に万全を期すため、政府は、北朝鮮の今後の動向を含めた情報収集および分析を一層強化し、不測の事態に備えるべきである。
ーーーーー
★ 北ミサイル発射 北朝鮮が「完全に成功」と特別重大報道 「Yahoo!news-産経新聞(2016.2.7-12:50)」より
/
 【ソウル=藤本欣也】北朝鮮は7日正午(日本時間同日午後零時半)、国営メディアを通じて特別重大報道を行い、事実上の長距離弾道ミサイルである地球観測衛星「光明星4号」が同日午前9時(同9時半)に北西部・東倉里(トンチャンリ)の「西海衛星発射場」から打ち上げられ、午前9時9分(同9時39分)、「軌道進入に完全に成功した」と発表した。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が6日に「打ち上げ」の命令を下したという。発射の映像は報じなかった。

ーーーーー
★ 北朝鮮「地球観測衛星の打ち上げに成功」と発表 「NHK-news(2016.2.7 12:36)」より
/
北朝鮮は、事実上の長距離弾道ミサイルの発射について、日本時間の7日午後0時半から国営・朝鮮中央テレビで「特別重大報道」を放送し、打ち上げたのは地球観測衛星だとの立場を示す一方で、「国防力を発展させるために画期的な出来事となった」と主張しました。

+続き
北朝鮮の朝鮮中央テレビは「特別重大報道」のなかで、「地球観測衛星クァンミョンソン(光明星)4号を打ち上げ、軌道に進入させることに完全に成功した」と伝えました。また、キム・ジョンウン(金正恩)第1書記が6日、発射の命令を直接、下したとして命令書に署名している様子も写真を交えて伝えています。
そのうえで、国家宇宙開発局の発表として、打ち上げは北西部にあるソヘ(西海)衛星発射場で行われたとして、「クァンミョンソン4号は軌道を回っており、地球観測に必要な測定機器と通信機器が搭載されている。発射の成功は、国家の科学技術と経済、国防力を発展させていくうえで画期的な出来事となる」として、人工衛星の打ち上げだと主張する一方で、これを通じて軍事力の強化を図っていることを認めています。さらに、「今後も多くの衛星を打ち上げるだろう」として、弾道ミサイルの発射を続ける姿勢を強調しています。
ソヘ衛星発射場とは
北朝鮮が「人工衛星の打ち上げだ」として事実上の長距離弾道ミサイルを発射した場所は、北西部・ピョンアン(平安)北道のトンチャンリ(東倉里)にある「ソヘ衛星発射場」です。
朝鮮半島西側の黄海に面した「ソヘ衛星発射場」では、2012年4月に初めて、事実上の長距離弾道ミサイルの発射が行われ、その際、国際社会に透明性をアピールするため、事前に発射施設が外国メディアに公開されました。
敷地内には、クレーンがついた発射台のほか、エンジンのテストなどを行う「連動試験場」や、コントロールセンターにあたる「発射総合指揮所」が点在しており、今回の発射は2012年12月以来、3回目となります。
「ソヘ衛星発射場」について、韓国のメディアは去年、発射台の高さがこれまでの50メートルから67メートルに改修され、さらに大型の弾道ミサイルを発射できる環境が整ったと伝えていました。

★ 北朝鮮核実験抗議決議の参院採決に欠席した30議員一覧、うち「改選組」は22議員 山本太郎氏らは棄権 「産経ニュース(2016.1.8)」より
/
 北朝鮮の核実験に抗議する決議を採決した8日の参院本会議で、与野党の計33人が採決に加わらなかった。慣例で採決に参加しない山崎正昭議長をのぞく32人が欠席・棄権で、このうち7月に任期満了を迎える「改選組」が22人を占めた。

 参院の定数は242人で、山崎議長を含め212人が出席。押しボタン形式で行われた採決の結果、賛成は209人だった。生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎代表は出席した上で採決を棄権。自民党の末松信介氏も出席したが、採決の結果上は「棄権」となった。

 山崎、山本、末松各氏をのぞく30人が本会議自体を欠席した。全員が欠席届などを提出し、“無断欠席”はいなかった。政党別の内訳は、自民党16人、民主党11人、共産党2人、維新・元気の会1人。公明党、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党、無所属クラブ、新党改革は全員が出席して賛成した。

 欠席者30人のうち22人は7月に任期満了を迎える議員で、自民党が10人、民主党が11人全員、共産党が1人だった。

 8日の参院本会議は北朝鮮が6日に核実験を行ったことを受けて7日に正式に開会が決まり、開会時間は約10分だった。

 本会議を欠席した議員は次の通り(敬称略。名前の前の★は7月に任期満了を迎える議員)。

 【自民党】★金子原二郎▽木村義雄▽★熊谷大▽★小坂憲次▽鴻池祥肇▽中泉松司▽★中曽根弘文▽★長谷川岳▽★藤川政人▽古川俊治▽★水落敏栄▽宮本周司▽★山崎力▽山本一太▽★若林健太▽★渡辺猛之

 【民主党】★足立信也▽★江崎孝▽★尾立源幸▽★北沢俊美▽★小見山幸治▽★桜井充▽★芝博一▽★那谷屋正義▽★前川清成▽★増子輝彦▽★水岡俊一

 【共産党】吉良佳子▽★大門実紀史

 【維新・元気の会】アントニオ猪木


■ 北朝鮮核実験は独自に行われたのか? 「転寝鉛筆(2016.1.6)」より
/
今回の実験の意図は声明通りアメリカに対する自衛措置なのか、金正恩の自国民に対する指導者としての権威付けなのか、あるいは自分への誕生日プレゼント(よく言えたものだ)など各局のコメンテーターは述べている。

しかしどの見解も今一つピンとこない。

(※mono.--中略)
/
今回の実験は北朝鮮が支那、ロシアの拒否権を見通しているのではないか?この2国は今ウクライナ、南沙諸島で国際的批判を受けている。ロシアはシリアでのISでウクライナ問題から目をそらすのに成功しつつある。要は混とんとした状況を作り出せば、自国の覇権(帝国)主義をぼかすことが出来るのである。

この様な見方をすれば、今回の実験の黒幕が見えてくるのである。


★ 北朝鮮、4回目の核実験「初の水爆実験」と発表 「産経ニュース(2016.1.6)」より
/
 【ソウル=藤本欣也】朝鮮中央通信などによると、北朝鮮は6日正午(日本時間午後12時半)に政府声明として、朝鮮人民軍最高司令官でもある金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の命令により「初めての水爆実験に成功した」と発表した。各国の気象当局はこれに先立つ、同日午前10時ごろ、北東部にある豊渓里(プンゲリ)核実験場周辺でマグニチュード(M)5・1の揺れを確認しており、北朝鮮が4度目の核実験に踏み切ったのは確実とみられる。
+続き
 北朝鮮の核実験は2013年2月以来。北朝鮮の主張通り、初の水爆実験に成功したなら、日本を含む国際社会に対する北朝鮮の核の脅威がいっそう高まることになる。8日の金第1書記の誕生日を前に国威発揚を狙ったとみられる。

 同通信によると、金第1書記は昨年12月15日、水爆実験実施の命令を出し、今月3日に最終命令書に署名したとしている。

 声明で北朝鮮は、水爆実験は、米国の核の脅威から国の自主権と民族の生存権を守るための「自衛的措置だ」と主張。実験は「安全かつ完璧に行われた」とし、周辺の環境に影響はないとも強調した。

 さらには、「米国の極悪非道な対(北)朝鮮敵視政策が根絶されない限り、われわれの核開発中断や核放棄は絶対にあり得ない」と表明した。

 聯合ニュースによると、韓国国防省は6日、北朝鮮の水爆実験発表を受け「韓国軍の監視態勢を強化する」と明らかにした。

 北朝鮮は金正日(ジョンイル)総書記時代の2006年と09年に加え、金第1書記時代の13年2月に核実験を行っていたが、いずれも原爆実験で、最初の2回は寧辺(ニョンビョン)の使用済み核燃料から抽出したプルトニウムを使用したとされる。3回目はウラン型の可能性も指摘されていた。

ーーーーー
★ 安倍首相:北朝鮮の核実験は日本にとって重大な脅威 「スプートニク(2016.1.6)」より
/
日本の安倍首相は、北朝鮮の朝鮮中央テレビが、水爆実験を成功させたと発表したことについて、「わが国の安全に対する重大な脅威である」と述べ、強く非難した。

安倍首相は、北朝鮮による核実験について、「わが国の安全に対する重大な脅威で、断じて容認できない。強く非難する」と述べた。共同通信が伝えた。
また安倍首相は、米国、中国、韓国、ロシアなどとの協力を強化すると指摘した。


◆ 【バカッター】サヨク「水爆は安倍の陰謀 北朝鮮は安倍とグル」 「アルファルファモザイク(2016.1.6)」より
/


(※mono.--等々以下略、詳細はサイト記事で)


★ 北朝鮮 水爆実験に向け準備か? 「スプートニク(2016.1.3)」より
/
「北朝鮮は、プンゲリ核実験場で水爆など熱核兵器製造に向けた準備作業を行っている模様だ」―ヨンハップ通信が、韓国国防省の報告書を引用して伝えた。

韓国の化学・生物学・放射線兵器国防司令部が作成した報告書の中では、次のように述べられている-
「すでに北朝鮮当局は、恐らく、ハイテク核兵器製造のため必要不可欠なトリチウム(放射性同位体)を生産している。

北朝鮮の核テクノロジー研究、地下核実験や砲弾実験の歴史、さらには核開発開始からこれまでに経過した年月を考慮するならば、北朝鮮には、水爆など熱核兵器製造のための基礎が存在する。」


★■ <北朝鮮>慣れぬ軍人動員して漁船遭難多発 漂着遺体に兵士含まれる可能性 「アジアプレス・ネットワーク(2015.12.10)」より
/
日本沿岸に北朝鮮のものと思われる漁船が相次いで漂着している事件。北朝鮮の漁業事情を探ると、最近、軍人が慣れない漁労に動員されて遭難事故が多発していることが分かった。日本に漂着した船にあった約30の遺体にも兵士が含まれている可能性がある。北朝鮮内部の取材協力者が9日伝えてきた。(整理/カン・チウォン、石丸次郎)

◆水産事業所が軍人を動員
北朝鮮の沿岸漁業の現状を調査したところ、今年に入り、北朝鮮東海岸で漁船の遭難事故が多発していることが分かった。
東海岸には多くの漁業関連の「外貨稼ぎ基地」がある。主に軍や保安機関などの傘下の会社で、「水産事業所」と呼ばれており、漁獲物を主に中国に輸出している。この「水産事業所」の多くで、今年に入り軍人を動員して船に乗せて漁労に従事させるようになったという。
咸鏡北道に住む取材協力者は次のように言う。
「軍人たちは船の操舵なんか知らないし、海上では方向もわからない。魚の獲り方も知らない。それで船に漁師を一人乗せて送り出すのだが、事故が多発しているそうだ」
しかし、なぜ軍人が漁船に乗るようになったのだろうか。その原因は金正恩氏の「軍人たちに魚をしっかり食べさせよ」という<方針>にあるという。

◆金正恩氏の方針が軍人の動員の原因
今年に入り、金正恩氏は水産関連の企業や施設を頻繁に視察。その模様は官営メディアで繰り返し報じられている。例えば11月25日付け労働新聞は、軍部隊傘下の「水産事業所」を訪問した金正恩氏が「軍人と人民に魚を十分に供給することは党の確固たる決心だ」と語ったと報じている。
金正恩氏の<方針>には絶対服従しなければならない。水産事業所では、海産物を軍に差し出さねばならなくなった。ところが漁労に投入できる人員が足りない。
「水産事業所では、魚を食べさせるという名目で、自分たちの船に軍人を乗せることを認めてもらった。一般人を使うと獲れた魚を報酬として分けなくてはならないが、軍人には必要ない。要は、軍人たちを働かせて金儲けしているのだ」
と取材協力者は言う。

(※mono.--以下略、詳細はサイト記事で)

★■ <北朝鮮>農場で激しい抗議活動発生か 幹部宅に連日投石の情報も 「アジアプレス・ネットワーク(2015.12.3)」より
/
咸鏡北道の協同農場で、脱穀後の米の引き渡しを巡って、農民と協同農場の幹部との間で対立が発生、農民たちが夜間に幹部宅に投石を繰り返すなど、騒動が続いている模様だ。北朝鮮内部の取材協力者が12月2日に伝えてきた。(整理/カン・チウォン、石丸次郎)

事件が発生したのは、咸鏡北道のある協同農場。稲の刈り取りを終えた農民が、個人の取り分を農場の施設を使って脱穀したところ、農場幹部が農民たちの借金清算を理由に米を全量引き渡さなかったため、集団抗議が発生したという。
この農場を訪れて調査したアジアプレスの取材協力者は、対立発生の経緯を次のように述べた。
「今年は収穫物のうち、農民の取り分については家に持ち帰ることを許された。農場の幹部たちは農民たちに『農場の機械で脱穀してやる』と持ちかけたのだが、断りなく借金分を差し引いたため農民たちの怒りが爆発した。農民たちは『脱穀詐欺』だと言っている。幹部個人宅に押し掛けたり、夜間に投石するなど騒動は一週間続いている」。

一方、近隣の他の農場の状況を、別の協力者が取材したところ、騒動には至っていないものの、脱穀を巡る同様のトラブルが発生して農民たちから不満の声が上がっているという。
協同農場での集団農業を続けて来た北朝鮮では、この数年、耕作を実際に担当するグループ=「分組」を細分化し、事件のあった農場では、今年に入ってほぼ家族単位で生産を請け負う運営を始めていた。そのため、従来の「分組」の幹部の権限が縮小していた。

※アジアプレスでは、中国の携帯電話を投入して北朝鮮国内の情勢を調査している。

■ 北朝鮮、核施設すべて稼働開始 「二階堂ドットコム(2015.9.15)」より
/
朝鮮中央通信が伝えたところによると、北朝鮮はすべての核施設の稼働を開始した、とのことだ。

ミサイルは北京かソウルか、どっちに落ちるかな?日本?ないない。日本になんか落としたら、世界恐慌がやってくる。世界中から総攻撃されるよ。

いよいよ南を攻めるときが来たか。あるいは、北京にミサイルを向けるのか。

すでに中国とロシアの「同盟のようなもの」は、原油価格の低迷でなくなったと思ってよい。中国、というか、北京は四面楚歌だ。


★ 北朝鮮「ニョンビョンの全核施設を稼働」 「NHK(2015.9.15 15:47)」より
/
北朝鮮は、事実上の長距離弾道ミサイルを発射する可能性を示唆したのに続いて、15日、「ニョンビョン(寧辺)のすべての核施設が再整備され、正常稼働を開始した」と発表し、ミサイル発射と核開発の動きを連動させることでアメリカなどを揺さぶるねらいがあるとみられます。
+続き
北朝鮮の国営メディアは、15日、原子力研究院の院長の話として「ウラン濃縮工場をはじめとしたニョンビョンのすべての核施設と実験用原子炉が再整備され、正常稼働を開始した」と伝えました。そのうえで、「アメリカなどが敵視政策を続けるならば、いつでも核の雷鳴で応える準備ができている」として、アメリカなどをけん制しました。
ニョンビョンでは、北朝鮮の核問題を巡る6か国協議での2007年の合意に基づいて、核兵器の原料となるプルトニウムの抽出につながる実験用原子炉を無能力化するなどの措置が取られました。しかし、キム・ジョンウン(金正恩)第1書記が最高指導者になったあとのおととし4月、北朝鮮指導部は、核開発と経済の立て直しを並行して進めるという立場から、ニョンビョンの核施設を整備し直して再稼働する方針を明らかにしていました。
北朝鮮は14日夜、来月10日の朝鮮労働党創立70年に合わせて事実上の長距離弾道ミサイルを発射する可能性を示唆したばかりで、ミサイル発射と核開発の動きを連動させることで、対話の糸口が見えないアメリカなどを揺さぶるねらいがあるとみられます。

北朝鮮の核開発を巡る最近の動き

北朝鮮は、これまでも核開発を加速させる姿勢を繰り返しアピールしてきました。
おととし4月、北朝鮮は国営メディアを通じて「国の原子力工業を現代化し、核物質の生産を増やすため」として、内閣に「原子力工業省」を新設したことを明らかにしました。
去年4月には、北朝鮮北東部のプンゲリ(豊渓里)にある核実験場で、4回目の核実験に向けた準備とも受け取れる動きがあることを、韓国国防省が明らかにし、緊張が高まりました。
さらに、ことしに入ってからは、1月に発表された韓国の国防白書が「北の核兵器の小型化能力が相当な水準に達した」と指摘し、北朝鮮の核開発が進んでいる現状への警戒感をあらわにしましたまた、
世界の軍事情報を分析しているイギリスの研究機関「IHSジェーンズ」は、先月、ニョンビョンにあるウラン濃縮施設について、ことし2月初めに濃縮作業が本格化したと指摘し、これによって北朝鮮の濃縮ウランの製造能力が倍増した可能性があると分析していました。

ーーーーー
★ 米 ミサイル発射示唆の北朝鮮をけん制 「NHK(2015.9.15 7:15)」より
/
北朝鮮が来月10日の朝鮮労働党創立70年に合わせて事実上の長距離弾道ミサイルを発射する可能性を示唆したことについて、アメリカ国務省は、いかなる発射も国連安全保障理事会の決議違反だとけん制し、今後、日本や韓国と対応を協議する方針です。
+続き
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は14日夜、国家宇宙開発局長が「新たな地球観測衛星の開発が最終段階にある」と述べたと伝え、人工衛星の打ち上げと称して事実上の長距離弾道ミサイルを発射する可能性を示唆しました。関係国の間からは、来月10日の朝鮮労働党創立70年に合わせて発射するのではないかという見方が出ています。
これについてアメリカ国務省のカービー報道官は14日の記者会見で、「北朝鮮に対しては弾道ミサイル開発に関するあらゆる活動の中止を求める国連安保理の決議がある」と強調しました。そのうえで、「どのような衛星の打ち上げであれ、弾道ミサイル技術を使う以上、決議違反だ」と述べ、北朝鮮をけん制しました。
アメリカは、日本や韓国と、今月下旬にもアメリカ国内で、北朝鮮を担当する高官による協議を行う方向で調整を進めていて、北朝鮮が発射に踏み切ることも視野に情勢を分析し、対応方針を確認する見通しです。

■ この混乱時に乗じて南進せよ! 「二階堂ドットコム(2015.8.25)」より
/
北朝鮮は、9月3日のパレード開始と同時に南進すればいい。これが千載一遇のチャンスだ。

日本の集団的自衛権が確立すると、ややこしくなる。世界経済も混乱していてちょうどいい。終わり次第反転、北京も攻撃し、瀋陽軍と共に北京侵攻、なんてことすれば尊敬するのになあ(笑)


サイバー攻撃
■ 北朝鮮のサイバー攻撃に中国の影 「東京kittyアンテナ(2014.12.26)」より
/
金正恩の暗殺計画を扱った映画の上映に際して
北朝鮮の「121部隊」が関与したと思われる
サイバー攻撃がソニーの映画子会社に対して
行われた(@w荒

北朝鮮のサイバー攻撃に関しては、
専門家は中国の関与を疑っている様である(@w荒


ネット環境が殆ど皆無の北朝鮮で抑(そもそも)
サイバー攻撃の専門家を育成するのはあまし現実性が無い(@w荒

アメリカは中国に対して「全部お見通しなんだぞ」という意図で
あの様な粘着めいた言い回しで
サイバー攻撃が「中国経由」と言及し、
中国に「いかなるサイバー攻撃も許さない」と
言わせたということになるが、
問題は中国の奈辺が北朝鮮のサイバー攻撃部隊と関与し、
その中国側の勢力が習近平とどの様な関係にあるかである(@w荒

+続き
中国の電網戦力は
中国人民解放軍総参謀部第三部二局中国人民解放軍61398部隊であり、
これは上海にあり、
2007年に完成した12階建てビルに拠点を置いて
英語に堪能な要員数千人を抱えて活動している(@w荒


場所的には上海閥の勢力圏だね(@w荒


今回直接攻撃を担当した121部隊は朝鮮人民軍偵察総局の下部組織だが、
構成員はほぼ数千人で
中国やロシアで訓練を受ける者もいるという。
だが中国当局っていうか習近平がそれを把握しているとは限らない(@w荒

多分上海閥と北朝鮮の121部隊は繋がっている(@wぷ

金正恩が最も恐れていることは
アメリカを怒らせることだ。
それを金正恩への忠義面をして121部隊がやっちゃったということだね(@w荒

上海閥が何を狙っているかというと、
「サイバー攻撃は許さない」と発表した習近平と金正恩の仲を裂き、
金正恩を自分たちの方に引き寄せて
アメリカと対立したとき便りになるのは矢張り上海閥だ!
と思わせ、
習近平の指導力を殺ぐ(そぐ)ために
金正恩を道具として利用するのが狙いだとをもうね(@wぷ

こういった政治的将棋の裏が読めないと、
何時まで経っても表面的なお題目やイデオロギーに
振り回されて間違った判断をすることになるとをもうよ(@wぷ


★ サイバー攻撃「北朝鮮が関与」、米FBI断定 「ロイター(2014.12.20)」より
/
[ワシントン 19日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)は19日、ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)の米映画子会社、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)に対するサイバー攻撃について、北朝鮮政府が関与していたと正式に結論付けた。

FBIは声明で、攻撃は受け入れられない脅迫行為と批判、当事者に費用や結果責任を負わせる姿勢を明確にした。

今回の攻撃には「破壊的本質」が含まれ、「威圧的な本質」とあいまって、以前発生した他のサイバー攻撃と異なると指摘した。
+続き
オバマ大統領は1830GMT(日本時間20日午前3時半)、年末の記者会見でこの問題に触れるとみられる。

FBIは「われわれの捜査や、米政府部内との緊密な連携の結果、これら行動の責任は北朝鮮政府にあると結論付ける十分な情報がそろった」と説明した。

また「北朝鮮の行動には、米企業に著しい害を与え、米国市民が表現する権利を抑圧する意図がある」と批判。「こうした脅迫行為は、受容できる国家の行動範囲を逸脱するものだ」と断じた。

手段やインフラが、過去の北朝鮮の攻撃で使われたものと類似していると説明した。

FBIは「米国や米国の国益を脅かすサイバー上の手段を用いる個人や集団、国家を特定、追跡し、費用や結果(責任)を負わせる」と表明した。

ただ、具体的な米側の対応について言及しなかった。

ーーーーーーーーーー
★ 北朝鮮、サイバー攻撃に関与せず=外交官 「ロイター(2014.12.20)」より
/
[国連 19日 ロイター] - 北朝鮮外交官は19日、北朝鮮政府はソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)の米映画子会社、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)に対するサイバー攻撃に関与していないと述べた。

米連邦捜査局(FBI)はこの日、北朝鮮政府がSPEに対するサイバー攻撃に関与していたと正式に結論付けたと発表。

これについて北朝鮮外交官は、匿名を条件にロイターに対し、「北朝鮮は関与していない」と述べた。

★ 北朝鮮が外国人旅行者の入国禁止へ、エボラ熱を懸念=旅行会社 「ロイター(2014.10.23)」より
/
[ソウル 23日 ロイター] - 北朝鮮は、エボラ出血熱への感染をめぐる懸念を理由に24日から外国人旅行者の入国を禁止する。北朝鮮専門旅行会社がロイターに明らかにした。
+続き
同国と関連のある外交官や企業関係者の渡航が禁止措置の対象に含まれているかどうかは明らかでない。

中国に拠点を置く北朝鮮観光専門旅行会社ヤング・パイオニア・ツアーズのガレス・ジョンソン氏は「明日からは、最近訪れた国に関係なく、いずれの国からの旅行者も入国が認められなくなるという公式のニュースを北朝鮮の業者から受け取ったところだ」と語った。

他の北朝鮮専門旅行会社もこのニュースを確認し、北朝鮮と中国の公式ルートを通じて知ったとしている。

中国に拠点を置く北朝鮮専門旅行会社の高麗ツアーズのニック・ボナー氏は「北朝鮮の方針は非常に変わりやすく、禁止措置がいつまで続くのかは分からない。年内に予定している3つのツアーを実施できることを願っている」と話した。

世界保健機関(WHO)によると、エボラ熱で少なくとも4877人が死亡。感染者は19日の時点で1万人に迫っている。


■ 北朝鮮の観光客入国禁止措置って・・・ 「二階堂ドットコム(2014.10.24)」より
/
エボラを理由にしているけど違うだろ。

戦争じゃないのか。


★ 【韓国×北朝鮮】北朝鮮軍が軍事境界線に接近!韓国軍が警告射撃! 「中央日報(2014.10.19)」より
/
北朝鮮軍が18日、江原道鉄原(カンウォンド・チョルウォン)の軍事境界線(MDL)周辺に接近し、韓国軍は対応指針に基づき警告放送と警告射撃をした。合同参謀本部が明らかにした。合同参謀本部はこの日、「午前8時30分から午後4時まで北朝鮮軍10人余りが江原道鉄原郡北方の非武装地帯(DMZ)からMDL周辺に何度も接近し、韓国軍が警告放送後に警告射撃を実施した」と明らかにした。
 合同参謀本部関係者は、「北朝鮮軍が軍事境界線の標識を確認し、通路開拓などの活動をした。韓国軍監視哨所(GP)でMDLに接近する度に警告放送をした。3回にわたる警告放送後に対応指針に基づき個人火器のK-3機関銃で警告射撃をした」と説明した。
 同関係者は、「北朝鮮軍はMDLを越えることはせず、韓国側の警告射撃に対応射撃をすることもなかった。特別な衝突や交戦はなく午後4時ごろ北上し復帰した」と付け加えた。
 北朝鮮軍は10日に韓国の民間団体が京畿道漣川(ヨンチョン)から飛ばした対北朝鮮ビラ散布用の風船に向け14.5ミリ高射銃10発余りを撃つなど今年に入り26回にわたり武力示威や挑発をしている。
 韓国軍関係者は、「北朝鮮軍がMDL線上に接近し軍事境界線の標識を点検したり通路開拓などの活動を行い韓国軍が警告放送と射撃をするのは時々あること。今年も数回同様のことがあった」と話した。(中央SUNDAY第397号)

ーーーーーーーーーーーー
★ 非難ビラ散布は「宣戦布告」 北朝鮮が韓国に連日警告 「朝鮮日報(2014.10.24)」より
/
【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は24日、韓国民間団体による北朝鮮非難ビラの散布について「宣戦布告」だと主張し、絶対に容認できないと重ねて警告した。

 北朝鮮は朝鮮中央通信を通じ「祖国統一研究院白書」を発表し、非難ビラの散布は国際法違反であり、「あらゆる虚偽と捏造(ねつぞう)でわれわれの最高尊厳と体制を冒涜(ぼうとく)、中傷するのは事実上の宣戦布告だ」と主張した。

 北朝鮮は朴槿恵(パク・クネ)政権で2回目となる南北高官級協議の開催に合意しているが、開催の前提条件としてビラ散布を中止させるよう韓国政府に連日迫っている。

 23日には対韓国窓口機関の祖国平和統一委員会が、25日に予定される韓国保守団体によるビラの散布が強行されれば、「北南(南北)関係は回復不能な破局に陥るだけでなく、事態が険悪になるだろう」と警告した。


■◆ 金正恩第1書記の妹の金予正=横田めぐみの娘の恩慶が第1書記の代行に就任?(princeofwales1941) 「国際情勢の分析と予測 2014.10.6 記事のコメント欄」より
/
CNN.co.jp : 金正恩氏不在の北朝鮮、妹の金与正氏が代行就任か - 2014.10.09 Thu posted at 10:44 JST

最高指導者の金正恩第1書記が公の場から姿を消した北朝鮮で、 正恩氏の妹の金与正氏が兄に代わって代行の地位に就いたのではないかとみる説が浮上した。

正恩氏は1カ月以上、公の場に姿を見せておらず、痛風説、糖尿病説、関節障害説などが 飛び交っている。脱北者でつくるシンクタンクは、闘病中の正恩氏に代わって与正氏が 代行の地位に就いた可能性があると指摘した。情報の出所は明らかにしていない。

北朝鮮情勢に詳しい専門家によると、北朝鮮のメディアは与正氏を朝鮮労働党の
「副部長」と呼んでおり、今年に入って党の会合などで頭角を現してきた。
米シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」のアナリスト、ビクター・チャ氏は
「同氏が一時的に何らかの地位に立った可能性はある。北朝鮮の体制は、たとえ名ばかり
だったとしても、金一族なしで維持するのは難しい。金正恩氏の体調が優れないのなら、
金一族の直系でこの地位に立てる人物は与正氏しかいない」と指摘する。

与正氏は1987年か88年生まれで、正恩氏とともにスイスの私立学校に通っていた。
故・金正日氏が4人の女性との間にもうけた7人の子どもの末娘で、正恩氏と同じ母から生まれた。
父に気に入られてスイスから帰国後は政府の要職を与えられ、正恩氏の体制下でも
首席補佐官的な役割を果たしていたという。
北朝鮮のナンバー2とナンバー3の韓国訪問も、与正氏の関与が大きかったと
北朝鮮情勢に詳しいマイケル・マッデン氏はみる。

10月10日には朝鮮労働党創立69年を祝う式典が開かれる予定で、この場に正恩氏が出席するかどうかに大きな注目が集まっている。
http://www.cnn.co.jp/world/35054908.html
http://assets.nydailynews.com/polopoly_fs/1.1968223.1412822119!/img/httpImage/image.jpg_gen/derivatives/article_970/kim9n-3-web.jpg

金正恩の妹の金予正と横田めぐみの娘の恩慶は同一人物?「正」は正日の、「恩」はめぐみの子供の印? - 国際情勢の分析と予測
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/c8283c3842b2fd749fb438fe6e4f568a


★ 金正恩氏不在の北朝鮮、妹の金与正氏が代行就任か 「CNN.co.jp(2014.10.9)」より
/
(CNN) 最高指導者の金正恩(キムジョンウン)第1書記が公の場から姿を消した北朝鮮で、正恩氏の妹の金与正(キムヨジョン)氏が闘病中の兄に代わって代行の地位に就いたのではないかとみる説が浮上した。
正恩氏は1カ月以上、公の場に姿を見せておらず、痛風説、糖尿病説、関節障害説などが飛び交っている。脱北者でつくるシンクタンクは、闘病中の正恩氏に代わって与正氏が代行の地位に就いた可能性があると指摘した。情報の出所は明らかにしていない。
北朝鮮情勢に詳しい専門家によると、北朝鮮のメディアは与正氏を朝鮮労働党の「副部長」と呼んでおり、今年に入って党の会合などで頭角を現してきた。
米シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」のアナリスト、ビクター・チャ氏は「同氏が一時的に何らかの地位に立った可能性はある。北朝鮮の体制は、たとえ名ばかりだったとしても、金一族なしで維持するのは難しい。金正恩氏の体調が優れないのなら、金一族の直系でこの地位に立てる人物は与正氏しかいない」と指摘する。

与正氏は1987年か88年生まれで、正恩氏とともにスイスの私立学校に通っていた。故・金正日(キムジョンイル)氏が4人の女性との間にもうけた7人の子どもの末娘で、正恩氏と同じ母から生まれた。
父に気に入られてスイスから帰国後は政府の要職を与えられ、正恩氏の体制下でも首席補佐官的な役割を果たしていたという。
北朝鮮のナンバー2とナンバー3の韓国訪問も、与正氏の関与が大きかったと北朝鮮情勢に詳しいマイケル・マッデン氏はみる。
10月10日には朝鮮労働党創立69年を祝う式典が開かれる予定で、この場に正恩氏が出席するかどうかに大きな注目が集まっている。


拉致問題】 / 【朝鮮半島情勢
■ 北朝鮮の最新の動向について(拉致問題、南北会談) 「赤峰和の「日本が、日本であるために」(2014.10.9)」より
(※ あちこち略、詳細はブログ記事で)
/
日本側が北朝鮮に行くことになった背景は、9月29日の中国・瀋陽で行われた日朝外務省局長級協議で、宋日昊(ソン・イルホ)朝日国交正常化交渉担当大使から「調査の詳細な現状は平壌で特別調査委から直接聞いてほしい」と表明を受けたことによるものです。

日本側は、北朝鮮に行って特別調査委の委員長を務める徐大河(ソ・テハ)国防委員会安全担当参事兼国家安全保衛部副部長らからの聴取を想定している模様です。

ただし、これらの問題については、日本のマスコミは総じて冷ややかに見ているようです。毎日新聞のように、どうも本質的には拉致問題の解決を望んでいないような記事が多いように思います。
/
また、この「拉致問題を金銭的に解決する」ために北朝鮮に言いようにあしらわれているとする話も一部に出回っているのも事実です。
でも、それらは真実なのでしょうか? どうも、いろんな思惑が挟まっての観測記事ばかりのような気がします。
その点を最も信頼できる情報筋に伺いましたところ、非常に明快な答えが返ってまいりました。
  • 金正恩氏は本気で拉致問題を解決する意思があるようです。
  • 金銭的な問題よりも、日本との国交正常化を図ることを優先したいと考えています。
  • 日本側に来てもらう理由は、拉致被害者本人の「帰国の意思」を確認してほしいからです。
  • 北朝鮮での生活を、今更変えるつもりのない方もいるようです。
  • 問題は、マスコミを含め、関わっている人たちの中には、拉致問題の解決を純粋に喜べない人がいることです。
  • 交渉の失敗を期待する人さえいるのです。
  • 全国民が心を一つにして、一日も早い解決を祈りたいと思います。
/
<南北高官会談がマスコミに与えた衝撃>


南北高位級会談の実施で合意 北朝鮮幹部が電撃訪韓 仁川=貝瀬秋彦 朝日新聞 2014年10月4日

北朝鮮の黄炳瑞(ファンビョンソ)・軍総政治局長ら最高幹部らが4日、韓国・仁川で開かれていたアジア大会の閉会式にあわせ、訪韓した。韓国統一省によると、北朝鮮の軍を実質的に取り仕切る総政治局長の訪韓は初めて。黄氏らは韓国大統領府の金寛鎮(キムグァンジン)・国家安保室長らと会談し、南北高官会談を10月末から11月初めの間に実施することで合意した。【中略】北朝鮮は今回、金正恩(キムジョンウン)体制で実質的なナンバー2とされる黄氏や、前の軍総政治局長で国家体育指導委員会委員長の崔竜海(チェリョンヘ)書記、対南関係を統括する金養建(キムヤンゴン)・朝鮮労働党統一戦線部長を送り込んだ。最高幹部を3人まとめて送るのは「極めて異例」(外交筋)だ。

朝日新聞のこの記事は、拉致問題に比べてなんとなく嬉しそうに感じるのは筆者だけではないと思いますが・・・。
これで、朝日新聞にとっては「日本が孤立化」するように見えて来たのからかもしれません。この問題についても、最も信頼する情報筋のお話は以下の通りです。
  • 北朝鮮の高官の韓国訪問で、マスコミは、北朝鮮が孤立しているから、韓国に対し懐柔策を取っているかのように報じています。
  • これは的外れです。
  • 北朝鮮は、韓国が政治的にも経済的にも弱体化していることを知っています。
  • 莫大な軍事費を使って韓国を併合するのではなく、軍事的な背景をちらつかせて無血で韓国を併合しようと考えています。
  • したがって、北朝鮮が韓国を併合するという戦略には変わりはありません。
  • 金正恩氏になってから、戦術が大幅に変わってきました。
  • 友好国とすべきはどこの国か、気を許してはいけないのはどこの国かなどの分析が細かくされるようになってきました。従来のように、相手かまわず喧嘩を売るような体質から大きく変化してきたということです。
  • 日本のマスコミは、北朝鮮情勢については、韓国メディアや、中国メディアからの情報だけに頼っているので、実態を把握できずにいます。
  • また、中国や韓国メディアは自国に都合のよい報道の仕方をするので、実態とは大きくかけ離れています。つまり、不正確な報道と言えます。
  • 北朝鮮の実情を把握するためには、マスコミ自体が、冷静な洞察力を持って観察することが必要です。
  • マスコミ関係者におかれましては、もう一段の認識で取り組んでいただきたいと願っています。

北朝鮮に関する報道は、予断を交えず、ありのままを見たほうがいいようです。


■ 4日以後横須賀から米艦艇が相次いで出動 - 北朝鮮情勢との関連 「東京kittyアンテナ(2014.10.8)」より
(※ ブログの行変え文を編集済み)
/
10月6日の二階堂.comの記事によれば、4日以後横須賀から米艦隊の艦艇が相次いで出動し、残っているのはドック入り艦艇だけとのことである(@w荒

ヲレがをもうにこれは北朝鮮情勢と関連がある(@w荒

金正恩が公の場に姿を見せなくなって1ヶ月になる。
暴飲暴食による糖尿病と通風で手足に軽い麻痺が出たとの噂もあり、健康問題により権力の座から離れている可能性がある(@w荒

先月末に北朝鮮の首都平壌は閉鎖されており、これは政変が起きた証拠とも言える(@w荒

また北朝鮮のナンバー2,3,4の高官がアジア大会終了直前に韓国を訪れ、更にその直後に南北の警備艇が銃撃戦を行うという矛盾的な事態が発生している(@w荒

米艦隊の横須賀からの出撃は、現下の不測の事態に対応するためのものであるとをもっている(@w荒

ヲレの考えでは金正恩はそもそも無能な傀儡であり、父親がつけてくれた老臣を次々と切って蛸が足を食う真似をしたので益々権力基盤を失い、今回の痛風によって職務を執行できず、権力の座から追われている可能性もある(@w荒

をそらくこの機に乗じて朝鮮労働党と軍の間で「真の権力」を巡って権力闘争が起きており、それが3高官の訪韓と直後の南北警備艇の銃撃戦という矛盾した事態が出来した背景であろうとをもわれる(@w荒


■ メモ 「二階堂ドットコム(2014.10.6)」より
/
「北朝鮮国境に中国軍集結:4日の北朝鮮トップ3人の緊急訪韓は、正恩氏の動静に関して協議とされているとの情報。一部正恩氏に毒殺説。これもガセかもしれませんが御参考まで。」

以上メモ。そろそろ南進してほしいところだ。

ーーーーーーーーーーーー
■ 未確認情報 「二階堂ドトtコム(2014.10.5)」より
/
「平壌が封鎖状態との情報が流れています。正恩氏から妹に権限が委譲されたとも・・・・正恩氏の病状は骨折でも通風でも無く、重篤な脳梗塞では無いでしょうか。情報はガセであるやも知れません」

まぁ、観測気球なのかもしれないし、本当にそうなのかもしれない。封鎖ということは、逆に南進するかもしれないということ。妹に権限委譲というはなしだけがダミーの可能性もあるけど、電話して聞いたらわかると思う。普通に聞くのが一番なのよこういうときって。誰もそうしないから 笑


■ 北朝鮮でクーデターが起きた?・・・金正恩はもはやリーダーではない! 「日本や世界や宇宙の動向(2014.10.5)」より
/
日本でも、金正恩が入院中に妹が彼に代わって北朝鮮を統制しているとの情報が流れていましたが。。。呑気な日本のネット・ユーザーは金正恩の妹は可愛い!などと言っています。
とんでもないことです。この女、自分の兄からリーダーの地位を奪ったのです。さっすがに野蛮国家です。野蛮な金王朝がやることは野蛮な朝鮮人そのものです。
残酷な金正恩も彼の妹も金正恩一家も、そして、これまで独裁支配してきた指導部も、全員が北朝鮮の政界から追放されるべきなのに、今度は妹が北朝鮮のリーダーになってしまったのですから。。呆れます。金偽王朝は毒コケの蒸すま~~で~~~でしょうか。
それにしても、現在、指導部が内部分裂しているそうですから、リーダーが誰であろうと、内戦が勃発する可能性もあります。このように北朝鮮が大混乱しているときに、日本の拉致被害者の捜査などまともにやれるわけがありません。日本政府は北朝鮮を甘く見ていた可能性があります。拉致被害者の情報など日本に教えるわけがありません。北朝鮮に対して制裁を一部解除するなんてどんでもないことです。制裁を強化しないことには日本は北朝鮮の混乱のとばっちりを受けることになりかねませんね。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/10/breaking-kim-jong-un-out-of-power-over-north-korea-things-are-getting-weirder-in-north-korea-what-exactly-is-the-truth-video-video-3039304.html
(概要)
10月4日付け:
北朝鮮で内戦が迫っています。
金正恩が入院中に彼の妹が北朝鮮を統制しはじめました。現在、ピョンヤンは完全に封鎖されており、北朝鮮のエリートですら、ピョンヤンの外に出ることも外から中に入ることもできなくなっています。北朝鮮は異常事態です。
北朝鮮のエキスパートによれば、ピョンヤンが封鎖されたということは、既にクーデターが起きた可能性があるとのことです。。金正恩はもはや北朝鮮のリーダーではありません。

(※ 中略)
/
Vice の情報では、金正日のプロパガンダ活動組織の一員として働いていた北朝鮮の元高官、Jang Jin-sung氏の発言として。。。。朝鮮労働党組織指導部は金正恩の命令に従うのを止めたそうです。
金正日の命令のみに応えてきた朝鮮労働党組織指導部は、今でも北朝鮮で大きな実権を握っており、北朝鮮を実効支配してきました。指導部は、北朝鮮の経済を国内で厳しく統制するか、さらなる貿易を通じてより多くの外貨を獲得するかを巡って内部で激しく意見が分かれています。
先月オランダで北朝鮮の高官に対して行ったスピーチの中でJang氏は、指導部が内部分裂しており北朝鮮に内戦が勃発する可能性があることを示唆しました。

金正恩はいくら北朝鮮のリーダーだからと言って反体制派を虐殺していてはリーダーの地位を失います。
金正恩が、自分の家族をどう猛な犬に餌として与えたことから指導部は彼をリーダーの地位から引きずり下ろすことにしたのです。
金正恩は彼の家族を何人も処刑しています。彼は自分のおばやいとこを処刑し、おじを裸にして檻の中で飼っている40匹のどう猛な犬に餌として与えたのです。
金正恩は自分の家族に対してもそのような残酷なことができるのですから、彼の家族でない人々は彼にどのようなことをされるか分かりません。
現在は彼の妹のキム・ヨジョンが彼の代わりにリーダーとして北朝鮮を統制しているそうです。(ビデオ投稿者:私は金正恩も彼の妹も一日も早く失脚してほしい。彼の代わりとして妹に北朝鮮を統制させるべきではない。)
キム・ヨジョンは朝鮮労働党組織指導部に対し、自分が金正恩の代わりに(入院中に兄の地位を奪った。)リーダーとして北朝鮮を統制することに理解を求め、承諾を得ました。

このように、今では金正恩はリーダーとしての地位から引きずりおろされ、最高人民会議にも出席していません。これまでは北朝鮮のリーダーは必ず最高人民会議に出席していました。金正恩が欠席した理由として、足首の負傷により入院中であるためとしていますが、実際は妹にリーダーの地位を奪われ失脚したのです。

★ 北外相、15年ぶり国連総会出席へ…韓国紙報道 「産経ニュース(2014.8.30)」より
/
【ソウル=中川孝之】韓国日報など複数の韓国メディアは30日、国連消息筋の話として、北朝鮮の李洙●(リスヨン)外相が9月のニューヨークでの国連総会に出席し、演説すると報じた。実現すれば、北朝鮮外相の訪米は1999年以来、15年ぶりとなる。李氏が米国との直接対話再開の糸口を探るため、訪米中に米当局者と個別に接触を図るとの観測も出ている。

李氏は金正恩(キムジョンウン)第1書記に近い実力者とされ、4月に外相に就任。今月、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議でミャンマーを訪問した際、岸田外相と接触している。

(●は土へんに「庸」)


■ 北朝鮮 「浮世風呂(2014.7.6)」より
/
北朝鮮へのコメ支援で儲ける人々
かつて橋本龍太郎内閣の時代に、北朝鮮コメ支援に関して、「北朝鮮から謝礼のひと言くらいもらうべきではないか」との世論が巻き起こったことがある。

日本から無償で北朝鮮に50万トンにも及ぶコメを渡しているのだから、「ありがとう」のひと言くらいあって当然だという声が起きたのだ。

これに後押しされて、当時の政府は北朝鮮当局者に謝礼を求めたことがあった。

ところがその時、北朝鮮側から返ってきた言葉は、「コメ支援で大儲けしているのは日本の政治家ではないか。われわれは感謝される側であって、謝意を表明する必要はない」……。

その時、北朝鮮側はわが国政府当局者に対し、コメ支援で儲けている政治家のリストと、その金額を提示したと伝えられている。

そこには与党どころか野党の大物政治家の名がズラリと並んでいたという。

日本が北朝鮮に対して行ってきたコメ支援について精査した米ブッシュ政権は、日本のコメ支援が現実にはカネに代えられていること、そのカネのかなりの部分が日本の政治家にキックバックされていること、しかもキックバックのほぼ全部が橋本派議員のものである事実を掴んだ。

そこで領袖である橋本龍太郎をワシントンに呼び寄せ、直に質したうえで怒りを爆発させたのだ。

北朝鮮はまともに意見交換などできる人間でないことを、忘れてはならない。しかも利権で私服を肥やす獅子身中の虫が日本には驚くほど多いと言うことも。

それ故未だに日本の国会議員は米国から舐められる。

(※ 以下長文、サブタイトルのみ転記。詳細はブログ記事で)

◆北朝鮮が「深刻な」干ばつ、朝鮮中央通信
◆中国、北朝鮮への原油輸出ゼロ…4か月連続
◆朝鮮半島の命運
【宮崎正弘氏のメルマガより】
◆総連への“くびき”再び 「次はレアアース輸出」飛び交う思惑
◆本部競売を阻止せよ 総連トップがブチまけた『政界工作』の全容 産経新聞取材班
◆朝鮮総連は北朝鮮の機関
◆北朝鮮の張成沢氏処刑で習近平主席のメンツは丸つぶれ 中国は韓国取り込み強化へ
◆北で粛清の連鎖…さらなる経済難の恐れ 中朝関係も緊迫
◆【朝鮮半島ウオッチ】北朝鮮の新型ロケット砲「KN09」の威力アップ 韓国軍は強い危機感
◆日朝合意 拉致解決に3つの壁、進展状況精査に総連本部売却問題など…
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11129842996 



★ 中国軍が北朝鮮崩壊の対応検討 国境監視や難民キャンプ設置 「47ニュース(2014.5.4)」より
/
 中国人民解放軍の専門家が、起こり得る危機として北朝鮮の事実上の体制崩壊を想定、中国との国境での監視強化や難民収容キャンプ設営などの緊急対応を検討していることが軍内の文書で3日までに分かった。朝鮮半島情勢をめぐる中国軍内部の検討状況が明らかになるのは珍しい。

 中国は長年北朝鮮の「後ろ盾」役を担ってきたが、対北朝鮮政策の現実主義路線を受け、軍内でも「政変」に備えた実務的な危機管理が本格化していることを示している。

 中国軍筋によると、文書は昨夏、作成された。北朝鮮の国名は明記していないが「わが国北東の隣国」「世襲制の周辺国」などと言及している。(共同)


中朝関係】 / 【北朝鮮
■ 北朝鮮の崩壊を見越して中国政府が準備に入りました。 「日本や世界や宇宙の動向(2014.5.6)」より
/
突然、出てきた情報ですが。。。日本のメディアにリークされたそうです。
どうやら、中国は北朝鮮の崩壊を見越して、早急に準備を進めているようです。
誰が北朝鮮の金体制を崩壊させるのでしょうか。。。もちろん、いつもの連中です。米軍と同盟国軍でしょうね。
オバマが韓国を訪れた際に、北朝鮮に関して確認を取ったことでしょう。韓国に駐留する米軍が北朝鮮を攻撃するのかもしれません。なぜ、このような事をするのかというと。。。もちろん、北朝鮮の民主化や国民の解放のためにやっているのではありません。金融エリートが、中央銀行のない北朝鮮を乗っ取り、中央銀行を置き、資源を強奪しようとしているのでしょう。
日本にとって金正恩体制が崩壊してもどうでもよいことなのですが。。。崩壊することで、拉致被害者が帰国できれば良いのだと思います。ただし、欧米の金融エリートは中央銀行が存在しない最後の国となった北朝鮮を乗っ取ってしまうかもしれませんが。。。北朝鮮は資源も豊かですし。
それより、北朝鮮の反撃が怖いですね。核ミサイルを飛ばすかもしれません。日本がとばっちりを受けたら大変! この夏にかけて、アメリカは自国の経済崩壊をカモフラージュするためにも、北朝鮮と戦争を開始するのかもしれません。中東、アラブ諸国、そしてウクライナでも、シリアでも、アメリカは国を混乱、崩壊させています。
このようなアメリカの政治体制と影の政府は真っ先に崩壊すべきです。
ーーーーーーーーーー
http://beforeitsnews.com/international/2014/05/bombshell-leaked-info-china-preps-for-huge-event-in-north-korea-2481100.html

(概要)
テレグラフ紙によると:
(これは、北朝鮮から日本のメディア(共同ニュース)にリークされた情報です。)
中国政府は金正恩体制の北朝鮮の崩壊に備えて緊急時対応策を策定しました。
中国政府は金正恩体制が長続きするとは思っていません。中国人民軍の立案者が作成した提案書(北朝鮮の幹部の拘留や難民キャンプの設置など)の内容が日本のメディアにリークされました。
秘密裡に北朝鮮の体制を崩壊させようとする動きがあります。さらに、提案書には、中国政府に北朝鮮の国境沿いの監視を強化する必要があると書かれています。
ただし、アメリカ寄りの北朝鮮の反体制派(軍部や政治リーダーら)は、アメリカの情報を引き出すためにも、保護すべきだと記されています。
また、提案書には、金正恩体制の重要人物は特殊キャンプに拘留し、中国の国益を損なう北朝鮮軍の指揮や軍事行動に参加させないように常時監視すべきであると書かれています。金正恩体制の崩壊には外国軍が関与している可能性があり、崩壊後には何百万人もの難民が北朝鮮から逃げ出すことになる事を想定しています。最も安全なルートとして彼らが選ぶのが中国との国境を越境するルートです。
中国当局は、中国に逃げてきた北朝鮮の難民を尋問し、彼らの身元を特定し、中国にとって危険人物であったり、望ましくない人物であれば、彼らを中国から追放することにしています。

(※ 以下略、詳細はブログ記事で)

ーーーーーーーーーー
■ 中国軍が北朝鮮崩壊の対応検討 国境監視や難民キャンプ設置 「richardkoshimizu's blog(2014.5.4)」より
/

「中国が北朝鮮崩壊の対応検討」といいますが、1―3月の対北原油供給を完全に止めているのですから、北朝鮮に引導を渡しているのと同じではないでしょうか?

北朝鮮が暴発しないように燃料をカットする。対南軍事行動に打って出ようとしても車両を動かせない。発電が出来ずに諸工場も稼働が止まる。インフラ機能停止。「北朝鮮崩壊」を促しているも同然では?

かりあげ君の北朝鮮が軍事行動に出られないうちに体制崩壊となれば、ユダヤ金融悪魔の隠し玉が使えなくなり、極東戦争謀略も頓挫ですね。

そして、ドル崩壊。ユダ金さん、御愁傷さま。

(※ 以下略、詳細はブログ記事で)

★■ 北朝鮮 兵士入隊基準引き下げで身長150cm→143cm、体重48kg→37kg以上に 「NEWS ポストセブン(2014.4.28)」より
/
 張成沢・前国防副委員長の処刑後、ナンバー2の座についた崔竜海・軍総政治局長の粛清説が流れた。恐怖政治が敷かれる北朝鮮で、権力中枢に何が起きているのか。
「昨年、わが党は党内に蔓延る汚物を除去した」──。
 金正恩は今年頭の辞で、義理の叔父である張成沢とその一派の粛清劇をそう表現した。「逆賊は容赦しない」という意思を改めて示すことで、独裁体制をより強固にする狙いがあったと見られる。
「金正恩は、中国との太いパイプを背景に経済開放を独断専行し、利権と影響力の拡大を狙った張成沢を許さなかった。粛清を首謀したのは、対立関係にある軍総政治局長の崔竜海と労働党組織指導部第1副部長の趙延俊だ。彼らは公安組織の国家安全保衛部を巻き込み、張の不正を暴くことで正恩に忠誠を示した」(韓国紙記者)
 デイリーNK東京支局長の高英起氏は「張成沢の粛清後、金正恩の暴走はさらに加速した」という。
「崔竜海は、今年に入り数週間も公の場に姿を見せず粛清説が流れました。実際は糖尿の悪化による体調不良でしたが、いつそうした状況に追い込まれても不思議ではない。私は、金正恩政権の最高幹部は崔ではなく、趙延俊と金慶玉(いずれも党組織指導部第1副部長)と見ています。また、正恩の事実上の右腕は張の摘発を指揮した国家安全保衛部長の金元弘で、徹底した監視・統制を敷いて党や軍に睨みを利かせています。ひとたび正恩の不興を買えば、たとえ最高幹部でも張と同様の運命を辿るでしょう」
 粛清の嵐は政権外部にも及んでいる。3月12日の「ラジオ自由アジア」は北朝鮮情報筋の話として、張成沢に近いと見られる国民的俳優や歌手40人余りが強制収容所に収監されたと報じた。
 そうした正恩の圧政に、軍や国民は疲弊している。東京新聞編集委員の五味洋治氏が語る。
「軍の最前線部隊では栄養失調が蔓延し、脱営兵が例年の7~8倍に増えています。兵士の入隊基準は1990年代の『身長150cm、体重48kg以上』から、『143cm、37kg以上』に引き下げられたとの情報もあります」
 一般市民の食糧事情も深刻さを増している。
「配給制度が崩壊している北朝鮮は昨年、全国民への配給正常化を宣言したが未だ実現せず、今年1月に米が配られたのは平壌市民だけでした。現政権下では中朝国境警備が厳重になり、国民の経済活動は停滞しています」(高氏)
 山梨学院大学経営情報学部教授の宮塚利雄氏もこう話す。
「現地情報では今冬も多くの方が飢えと寒さで亡くなっています。張成沢の処刑後は思想統制もより厳しくなり、いまや金ファミリーの話題は最大のタブーとなっています」
※SAPIO2014年5月号


■ 金正恩の妹の金予正と横田めぐみの娘の恩慶は同一人物?「正」は正日の、「恩」はめぐみの子供の印? 「国際情勢の分析と予測(2014.3.21)」より
/
3月18日の「拉致被害者の横田めぐみさんの娘キム・ウンギョンさん(26)と、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記の実妹、予正(ヨジョン)氏は同じ大学に通い、同じ政府機関の部署で勤務していたとみられる」との報道は来るべきコペルニクス的転換の予兆である。二人が同一人物であること(つまり横田めぐみが金正日の妻であり彼らの子供がジョンウンとヨジョン=ウンギョンである)が報道され、彼ら三人家族が北朝鮮の皇室として姿を現す日が近いと想像する。夫の金英男は単なる警備要員で、死んだはずの正日が実は生きていて姿を現し四人家族になるかもしれない。彼らが日本語で大日本帝国の正義の為に北朝鮮人民と帝国陸軍残置諜者が協力して戦ってきたという歴史の真実を語る時、一般の日本人は衝撃を受け、GHQのwar guilt information programから覚醒するだろう。


金正恩
■ そろそろ北朝鮮の金正恩の夫人の病死(実は死刑)が発表される頃ぢゃね 「東京kittyアンテナ(2014.1.11)」より
/
張成沢の粛清後、
妻で金正日の妹の金慶喜の死亡が発表されたが、
確かに重度の糖尿病だったとはいえ
直後に病死とか怪しすぎるから多分粛清だろ(@w荒

金正恩の夫人も、
以前所属していた劇団の構成員による
闇の活動春画の事件が発覚して
全員が即座に死刑にされた後、
全く表面に出て来なくなった。
彼女も以前出演していたという噂が流れたが、
実は金正恩との結婚以前に張成沢と関係があったという
噂も流れている(@w荒

そろそろ病死(粛清)の発表が出る頃ぢゃないかな(@w荒
+続き
政治権力維持のためとはいえ、
叔父叔母そして妻を手に掛けて
失った金正恩は
精神的にズタボロだろう(@w荒

まあ北朝鮮は混乱するだろうね。
金正恩の暗殺とかクーデターも近いとをもうよ(@w荒

理由は彼が父の金正日の様に
権力の動かし方を十分に父(金日成)の元で
学ばずにいきなり最高権力の座に就いたから(@w荒

しかも彼に正しい助言をする者もいない。
いつ自分も粛清されるか知れないのに
金正恩が気にくわない正確な情報を
伝えるはずもない(@wぷ

中国軍が直接北朝鮮に攻め込むか、
それとも中国の上海閥と結んだ烽火隊が
今度は金正恩政権を転覆させて
金正男を中国から呼んで来るという流れに
なるんぢゃないかな(@w荒

張成沢
■ 張成沢一派の粛清が進む北朝鮮 「浮世風呂(2013.12.28)」より
(※ 詳細はブログ記事で)
/
【緊急事態】中国から北朝鮮の張成沢系工作員がゴッソリ消える!!!マスゴミ・朝鮮総連ら在日勢力がパニック状態か…なんと張は9月から軟禁状態だったらしい 2ch「TBSの張本もサンモニから姿を消した」「マジか?」「在日もタダでは済まないんだな」「朝日新聞にも帰国命令が出てると嬉しい」

2013.12.15 News U.S.
http://www.news-us.jp/


張成沢】 / 【大東隆行
■ どうやら例の事件は北朝鮮絡みと見た 「東京kittyアンテナ(2013.12.21)」より
/
張成沢の手下が日本で保有する利権絡みで
張が死刑になった後に
利権を寄越せと本国から言われたが
断ったのでああなったとをもっている(@w荒

北朝鮮系のパチンコ屋は
北朝鮮に莫大な資金を提供している訳だが、
全部送金しているのではなく、
日本で株や事業への投資に回している。
不可思議に突然流行り出した
IT企業とか飲食とか服飾とかその他諸々だ(@w荒

張成沢は
そういった利権を
部下に保有させていた訳だな(@w荒

今後も張一派が日本に残した利権を
本国が回収するために
類似の事件は連続するだろう(@w荒


張成沢
■ 【スクープ最前線】北朝鮮が日本で粛清決行の恐れ 潜入中の張氏一派を狙い暗殺部隊派遣か 「ZAKZAK(2013.12.19)」より
/
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が、日本国内に暗殺部隊を送り込むとの見方が浮上している。銃殺された叔父の張成沢(チャン・ソンテク)前国防委員会副委員長は偽名で何度も日本に入国しており、張一派の潜入工作員が巨額の資金を日本国内で隠蔽しているというのだ。ジャーナリストの加賀孝英氏が驚くべき張一派の対日工作を暴いた。

 罪状は「国家転覆の陰謀行為」。北朝鮮の最高指導者、正恩氏が情け容赦なく見せしめで下した、張氏への残虐な処刑が世界を震撼させている。旧知の北朝鮮ウォッチャーが指摘する。
(※ 以下詳細はサイト記事で)  ⇒ 同記事全文保護

+記事
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が国防副委員長だった張成沢(チャン・ソンテク)氏を全役職から解任したことを受け、韓国では粛清が突然行われた背景に関心が集まっている。張氏が正恩氏の夫人・李雪主(リ・ソルジュ)と不倫関係にあったとのうわさや、正恩氏の異母兄弟にあたる金正男(キム・ジョンナム)氏への資金提供が発覚したなどのうわさが飛び交っている。

 複数の韓国メディアは11日、北朝鮮消息筋の話として、張氏の粛清は北朝鮮の芸術団員がポルノを制作・流通させ、処刑された8月の出来事と関係していると伝えた。報道によると、李氏は結婚前まで張氏と不倫関係にあり、ポルノを通じて不適切な関係が発覚。党が李氏を追及したところ関係を自白し、これに激怒した正恩氏が周囲の反対を押し切って叔父の粛清に走ったという。

 ポルノ事件は朝日新聞が9月20日に報じた。記事は、北朝鮮の人民保安部が、銀河水(ウナス)管弦楽団と旺載山(ワンジェサン)芸術団の団員9人の会話を盗聴し、「李雪主も昔は、自分たちと同じように遊んでいた」という会話を傍受したと伝えた。9人はその後、事件を隠ぺいするため公開処刑されたとみられている。

 李氏は2か月近く公式の場に姿を見せていないことから、一部では「李氏はすでに粛清され、正恩氏は次の花嫁を探している」との憶測も出回っている。

 一方、張氏の粛清は正男氏が関係しているとする見方もある。韓国メディアによると、張氏の最側近が正男氏に接触し、資金提供を行ったことが発覚。更迭された張氏が警備員に連行される場面の写真を公開したのは、密かに正男氏を擁立しようとしていた動きを封じるためだった可能性もあると伝えた。(編集担当:新川悠)

ーーーーーーーーーー
★ 張成沢の側近で金正日の金庫番も処刑「銭の戦争」「血の粛清」 「サーチナ(2013.12.11)」より
+記事
 北朝鮮で粛清された張成沢国防委員会前副委員長の側近であり、金正日総書記の金庫番的な役割を果たした李洙ヨン労働党副部長が処刑されていたことが分かった。毎日新聞が11日に明らかにしたところ、複数の韓国メディアが相次いで引用し、これを報じた。

  同紙は、李副部長は張成沢とともに、海外との資金取引を管理してきた人物であり、この秘密資金を巡って金正恩第1書記側と対立していた可能性があると指摘した。

  張成沢の代表的な側近として知られている李副部長は、1980年代から2010年まで主にヨーロッパで働いていた。スイスに滞在し、現地に隠された「金氏王朝」の秘密資金は約40億ドル(約4120億円)を管理していた。

  また、李副部長はジュネーブの国連事務局代表部常任代表、スイス大使、オランダ大使などに就任し、最高人民会議の代議員と労働党副部長も経験。金第1書記のスイス留学中には保護者的な役割を果たした人物。2010年の帰国後は、朝鮮合弁投資委員会の委員長を務め、張成沢の外資誘致事業を助けたと紹介している。

  韓国メディアは、叔父である張成沢の粛清を完了した金正恩は、4年間の「銭の戦争」を終えたとの見方を示した。さらに、これが金王朝流の血の粛清であると批判した。

  張成沢の失脚と関連してこれまで処刑された人物は、党行政部第1副部長や副部長、関連組織の課長級2人を含め、少なくとも計5人。(編集担当:李信恵)


■ どーなってんの? あの国は 「ネットゲリラ(2013.12.15)」より
/
クーデターだか、逆クーデターだか、騒動に隠れて目立たないんだが、北朝鮮建国の立役者、金策の息子が死んだらしい。89歳というから自然死なんだろうが、葬式は国葬で、処刑された張成沢の妻である、金慶喜、中国に亡命したはずの盧斗哲副首相までが葬儀委員に含まれているというので、またしても「どーなってんの? あの国は」という感じですw ところで、金策というと、「実は日本人」という都市伝説がある。

ーーーーーーーーーー
■ 金正日の遺言は「中国を信用するな」 「ネットゲリラ(2013.12.13)」より
/
北朝鮮も、本質的には韓国と似たようなもんで、コウモリ外交だ。力のない小国の定めで、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。むかしは中国とソ連を手玉に取っていた。で、ここしばらくは韓国も北朝鮮も、中国に頼るフリを見せていたんだが、中国が調子に乗って支配力を強めようとすると、反発してアメリカに色目使ったりする。なので今回の騒動も、「親中派は処分しました」というメッセージをアメリカに送るのが目的じゃないか?という見方もあるわけだが、ところで「公開処刑」とよく言われて、今回も側近が公開処刑だというんだが、今の時代、ネットで中継くらいしてくれないと「公開」とは言えないですねw

ーーーーーーーーーー
■ 北朝鮮で2万人粛正 「ネットゲリラ(2013.12.12)」より
/
北朝鮮情勢に関しては、出て来る話がほとんど全て、噂の域を出ない。以前にも、「次男は交通事故で廃人になった」とか「金玉抜かれてオカマになった」とか言われたんだが、今回の逆クーデターの仕掛け人はその次男だという話もあり、実は三男の「親衛隊」だとか、ナニを信じていいやらw なので、張成沢失脚すら、怪しいもんだが、ところで、失脚の原因は「オンナ」だという話も出ている。
(※ 以下略、詳細はブログ記事で)

■ 【北朝鮮】 親日感情に洗脳された北朝鮮住民~在日同胞の受け入れで変化した日本観[09/03] 「東アジアnews+」より
/
北朝鮮人民のみなさん、こんにちは。今日は北朝鮮社会を支配している親日感情について申し上
げます。世界は北朝鮮なら抗日歴を強調して指導者になった金日成(キム・イルソン)の支配を受
ける徹底した反日政権と思っています。しかし、キム氏を神格化した国の北朝鮮では不思議なこと
に住民が親日主義に洗脳されています。

北朝鮮の子供たちは遊ぶ時「ジャンケンポン」といいます。これは事実、日本語です。ところが日
本語とも知らず、昔からある民俗娯楽文化用語と思っています。住民の日常用語にも日本語が多
いです。リヤカー、サラ、シャツなどです。おそらく主体の国の北朝鮮で政権がいくら統制しようとし
ても、外来語ならほとんど日本語でしょう。

それは日本の36年統治による残滓ではありません。意外にもキム・イルソンの主体的な民族優
越主義政策の結果と見ることができます。その始まりは1960年代に遡ります。それまで、北朝鮮
住民は日帝統治36年植民地の歴史について誰もが民族的羞恥心を持っていたし、そのため、日
本なら無条件の敵対感を持っていました。米国や韓国よりもっと根強い憎悪心を抱いていました。

そうした北朝鮮の土地に時ならぬ日本から巨大な"民族大移動"の風が吹きました。およそ10余
万に達する在日同胞の北への送還が始まったのです。その準備を急いだキム・イルソン政権も、
純粋な民族愛で歓迎した住民もまた、その在日同胞の入国が北朝鮮内の永久理念だった反日感
情を崩してしまう重大な契機になろうとは夢にも想像できませんでした。

その時、北朝鮮政権は資本主義から社会主義に転向した彼らを前面に出して体制広報に熱を上
げました。表面ではキム・イルソンの民族優越主義政策宣伝で多くの人々が得するようでした。し
かし、実状はそうではありませんでした。在日同胞らが持ってきた日本の商品は北朝鮮住民たち
には生まれて初め見る不思議な異世界の物でした。

キム・イルソンの社会主義では何でもみな世界最高だと思っていた住民が日本の先進化をのぞく
ことになったのです。在日同胞を本人の意志や出生地により北朝鮮全域に居住させた結果「資本
主義体制は腐っているが、少なくとも商品だけはすばらしくなる。」という共感が全域に広がりもし
ました。

あっという間に北朝鮮は"made in Japan"熱風に支配されました。在日同胞が捨てた商標や包装
紙を拾って家中に宝物のように展示する流行が広がったこともあります。当然、日本商品の特権
を享受する在日同胞は羨望の対象になり、北朝鮮の中産層で確かに座を占めることになりました。
その上位階層は商品の先進化だけでなく日本文化も主導しました。あいさつの礼儀と言語、品性、
さらに食習慣まで在日同胞のすべての様子は確かに他の人々よりやわらかかったし、余裕あるよ
うに見えたからです。その時から北朝鮮内では忠誠の代価で得る身分上昇は極めて平凡に見え
るようになりました。

日本から商品を送ってくる親戚はいないが代わりに文化の模倣でも中産層の品位を獲得しようと
する人々が増えるようになりました。その変化は子供たちにも分かりました。なんで私たちの一家
親戚の中には昔、日本に逃げた人がいなかったのかと大人たちに不平を言うほどだったからです。
北朝鮮政権はキム・イルソンの反日業績を主張しますが、住民は逆に親日主義者になったので
す。

(続きは 2-5 のあたり)


日朝関係】 / 【飯島勲
■ 毛唐が飯島のオッサンが訪朝した件についてガタガタ言ってるが 「二階堂ドットコム(2013.5.17)」より
/
てめぇらだって誰か訪朝するときに事前に日本に通告しているのか?してないだろ。何をガタガタ言ってるんだ。バカの毛唐のくせに生意気なんだよ。 アメリカなんぞ何も恐れることはない。なんでみんなが恐れているのか俺にはさっぱりわからない。普通に米国議会でもペンタゴンでもそのほか情報機関でも、平気で言いたいことを言ったが。せいぜい、帰りのトランクが空いてるくらいでどうせ何もできないのが毛唐だ。
アメリカが怒ると怖いとか失脚とか言うが、実際に誰が何をどうやってされたことがあるのか言ってみてほしいし、もし何かあって言えないとしても、恐れずに国民にそれを公表すればいい。
なーに、最悪、本人とか家族が死ぬだけの話。たいしたことはない。毛唐なんぞ恐れる必要はまるでない。大体、一枚岩じゃないんだから。


★ 北朝鮮、飯島氏に破格の待遇 対外アピール、最大限に 「msn.産経ニュース(2013.5.18)」より
/
【ソウル=加藤達也】17日に訪朝を終えた飯島勲内閣官房参与に対する北朝鮮側の待遇は破格のものだった。金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長は、金正恩(キム・ジョンウン)政権下での実権はともかく、北朝鮮では「ナンバー2」の人物で、元首相でもない「参与」と会談を設定してメディアで公表するのは異例といえ、飯島氏の訪朝を最大限、対外的なアピールに利用し、関係各国の分断を図る北朝鮮の意図があらためて透けてみえる。
+続き
 今回の訪朝は、米中韓には相当なインパクトをもって受け止められたが、関係各国の対応は分かれた。

 中国は静観。 米国は訪日した国務省のデービース北朝鮮担当特別代表が、外務省の杉山晋輔アジア大洋州局長に「不快感」を示したとされる。

 ただ、韓国の反応は、より強硬だ。

 韓国外務省の趙泰永(チョ・テヨン)報道官が16日の会見で、「北朝鮮への対応では韓米日はもちろん国際社会が緊密に協調体制を維持することが重要だ。そうした意味で飯島氏の訪朝はプラスにならない」と、「異例」(韓国メディア)の批判をした。

 韓国は米中との連携を強化する一方、日本を外そうとする動きを強めていることが最近、鮮明になっており、外交筋からは、「日米韓の協調という言葉を朴槿恵(パク・クネ)政権下で初めて聞いた」との冗談も飛び出した。

 朴大統領は訪米時、随所で日本をたたいたが、韓国の国内における不満のはけ口となっている面がある。国内で人事問題で批判され、経済もふるわず不満が膨張。対北関係でも会談要求を一蹴されたところに、今回の飯島訪朝が追い打ちをかけた形だ。

 こうした情勢の下、北朝鮮をめぐる周辺国の共同対処では、韓国の日本に対する欲求不満と“嫉妬”の管理が最大のポイントになるとの見方も出ている。

★ 北朝鮮が核実験を強行 朝鮮中央通信通じ発表 「Yahoo!ニュース[産経新聞](2013.2.12 14:52)」より / 記事保護
/
 【ソウル=加藤達也】北朝鮮は12日、国営朝鮮中央通信を通じ、地下核実験を実施したと発表した。北朝鮮の核実験は2006年10月、09年5月に続いて3回目。先の長距離弾道ミサイル発射に続く国際社会への挑発行為で、日米欧各国が対北制裁強化に動くのは必至だ。金正恩(キムジョンウン)政権の相次ぐ強硬策により、朝鮮半島情勢は緊迫度を増している。
(※ 以下略)

ーーーーーーーーーー
★ 北朝鮮で揺れ、震源は核実験場付近か 米USGS 「CNN.co.jp(2013.2.12)」より
/
+記事
(CNN) 米地質調査所(USGS)は12日、北朝鮮北部で地震のような揺れを観測したと発表した。
震源は過去2回の核実験17 件が実施された付近という。揺れの規模はマグニチュード(M)4.9で、震源の深さは約1キロ。
国営朝鮮中央通信は同日、北朝鮮が朝鮮労働党の会議で「強力な全面行動」に出る方針を確認したと伝えていた。
朝鮮中央通信によると、同会議は「人工衛星と長距離ロケットの打ち上げを継続する必要性を強調」するとともに、「命令が出れば即座に米国と韓国のかいらい軍を壊滅させ、朝鮮の歴史的統一を成し遂げるため、強力な全面行動を実行し、準備に総力を挙げる」と宣言していた。
国連安全保障理事会は先月、北朝鮮が12月に衛星を搭載した長距離ロケットを打ち上げたことを受け、制裁強化の決議を採択した。
これに反発した北朝鮮17 件は、核実験の実施と再度の長距離ロケット打ち上げを予告し、米国に対する敵対姿勢を強めていた。
米当局者は、北朝鮮17 件はいつでも核実験を実施できる状況にあるとの見方を示していた。
ーーーーーーーーーー
★ 北朝鮮でM5・2の地震 気象庁「過去2回と似ている」 「スポニチ(2013.2.12)」より
/
+記事
北朝鮮の地下核実験を監視している日本の気象庁によると、12日午前11時57分ごろ、北朝鮮北東部でマグニチュード(M)5・2の地震があった。約2分後に地震波を検知した。
 同庁によると、震源は東経129・3度、北緯41・2度。震源の深さはごく浅い。「過去2回の核実験の際に検知された地震波とよく似ている」としている。
 同庁は2006年と09年の核実験でも、地震を検知。地震波だけでは核実験かどうか断定はできないが、北朝鮮は本来、自然の地震が少ない。さらに自然地震と違い、今回も地震波の初期微動(P波)が比較的大きく、主要動(S波)が不明瞭といった、過去2回の核実験時に観測された地震波と共通する特徴があるという。
 韓国国防省によると、過去2回の核実験の規模より大きいとするが、日本の気象庁が過去2回の核実験で観測した地震の規模は、09年がM5・3、06年は4・9。
 韓国などで、北朝鮮は二つの核実験を同時に実施する可能性も指摘されたが、気象庁によると12日に観測された地震は1回だけだという。 [ 2013年2月12日 13:17 ]
ーーーーーーーーーー
★ 日米韓で連携確認 北朝鮮での揺れを受け電話協議 「朝日新聞(2012.2.12)」より
/
 外務省の杉山晋輔アジア大洋州局長は12日正午ごろ、北朝鮮で揺れを観測したことを受け、米国のデービース北朝鮮政策特別代表、韓国の林聖男(イムソンナム)朝鮮半島平和交渉本部長とそれぞれ電話で協議した。核実験かどうかの確認と、今後の国連安全保障理事会での対応で緊密に連携することで一致した。


+記事
北朝鮮南西部の穀倉地帯、黄海南北道で昨春来、数万人規模の餓死者が発生していたことが、北朝鮮の内部情勢を独自報道してきたアジアプレスの石丸次郎氏が率いる取材チームの調べで分かった。金正恩第一書記デビューの舞台となった首都平壌建設や、北朝鮮人民軍の掌握のための食糧調達を、穀倉地帯から強制収奪した結果の飢餓発生だったもようだ。目撃証言は一家自殺や人肉食など凄惨(せいさん)な内容で、石丸氏は飢餓の実態と背景について報告書にまとめ、今月中にも国連など国際機関に提出する。(久保田るり子)

麗しい首都平壌と穀倉地帯の飢餓地獄

 北朝鮮は昨年4月、金日成生誕100年祝賀行事と「祝砲」のミサイル発射で金正恩氏の新体制を内外に誇示した。ミサイル発射には世界からの21社170人もの外国メディアを受け入れて指導者デビューを飾ろうとした。ミサイルは失敗したものの、首都平壌は高層ビルの建設ラッシュ、その夜空は花火で彩られており「平壌は発展している」などと報じた外国メディアも少なくなかった。
 しかし、石丸氏らの取材は、その平壌の繁栄が虚構であることを暴き、「人民の生活向上を重視」などと年頭に演説した金正恩体制の“正体”に迫ろうとしている。
 石丸氏によると、取材チームが穀倉地帯の異変をキャッチしたのは昨年3月ごろ。以来、中朝国境に出てきた黄海道の住人取材や、チームのメンバーであり石丸氏が養成してきた北朝鮮人記者による潜入取材などを敢行して証言を集めた。

 『私の村がもっともひどかったのは昨年4月と5月でした。飢えて全滅した一家もあれば絶望して全員が自殺した家もあった。毎日5世帯、6世帯と死人が出た』(黄海南道、農村幹部)
 『目を覆いたくなるような状況でした。青丹郡というところでは住民の何割が死んだかわからないほど。空腹でおかしくなった親が子を釜ゆでして食べて捕まる事件があった』(黄海道の農村に党の方針を伝達するため域内を回った党中堅幹部)
 石丸氏が衝撃を受けたのは、取材した黄海道住民の全員から人肉食の証言が出たという凄惨な事態だという。親子殺人や人肉の密売流通などで、多くは保安部(警察に相当)に通報され処罰されているため住民の間で公然化していたという。

権力による計画的な食糧収奪と強奪

 「国中が疲弊するなかで平壌と軍の安定だけは金正恩体制の至上課題だった。黄海道から収奪されたのは、首都再開発事業に全国から動員された学生や青年同盟(金日成社会主義青年同盟)などを養う食糧と、平壌市民への配給用の『首都米』、軍部隊を維持するための軍糧米だ。地方幹部や警察など権力側がチームを組んで農村から強奪していた。一方、軍用は軍糧米の名目で、収奪は収穫前に田畑に入るケースや収穫後に持ち去るケース、さらになけなしの食糧を隠している住民も、家宅捜索までされて強奪された」(石丸氏)
 約20年間、国境取材などで北朝鮮をウオッチし、約10年前から北朝鮮内部に記者を育成、潜入報道を行ってきた石丸氏は、黄海道が5、6年前から軍による収奪が行われていたことに注目していたという。
 「しかし、昨年から始まった飢餓は明らかに金正恩氏デビューに伴う莫大(ばくだい)な浪費によるものだ。新しい指導者が出たのに『軍に配給もない』では体制は保てないため穀倉地帯に負担を強制したのだ。われわれが取材した証言には、銃を持った軍人が脱穀所から食糧をすべて奪取した目撃談や、上部からの命令でノルマを課され暴力的に奪取する以外に方法がなかったと語る地方の党幹部などの話が少なくない」(同)
 取材チームは、入手した複数証言の分析から餓死者は数万人と推定した。黄海南北道は中国国境に遠いこともあり、中国への脱出者が全土で最も少なく情報が外部に出にくいという。

北朝鮮の食糧事情は好転している?

 欧州連合(EU)は2012年秋に北朝鮮に調査団を派遣、食糧事情を調査した結果は「緊急支援は必要なし」とされ、今年のEUによる対北食糧支援は打ち切られている。また国連の世界食糧計画(WFP)と食糧農業機関(FAO)が昨年11月に発表した報告書も2012-2013年の穀物生産予測は前年対比コメ11%増、トウモロコシ10%増で食糧事情は好転したとしている。
 しかし、北朝鮮は政治的な理由から調査を捏造(ねつぞう)データでごまかすことが多い。このため慎重なクロスチェックが求められる。「作柄が好転すれば幸いだが、農村への収奪については国際機関が本格的に調査する必要がある」(石丸氏)
 調査を続ける同取材チームのもとに現地からは、国際機関の報告とは全く逆の「今年の不作」の予測と生活の不安を訴える声がいまも相次いでいるという。

北朝鮮
★ ボストン事件関与説に反発=北朝鮮 「時事ドットコム(2013/04/20-23:05)」より
/
 【ソウル時事】朝鮮中央通信は20日、ボストン爆弾テロ事件に北朝鮮が関与した可能性を指摘した米メディアの報道について、「捏造(ねつぞう)記事」と反発する論評を伝えた。論評は「米国で発生したテロ行為の犯人として罵倒したことは敵対勢力の不純なたくらみだ」と批判した。
 また、論評は「米国の保守勢力はわれわれに『テロ分子』のレッテルを貼り、『テロ支援国』リストに再び載せ、イラクやアフガニスタンのような戦争の目標にしている」と主張。自らを「堂々たる核保有国」と位置付け、「米国を打撃する必要があるなら卑劣なテロに頼らない」と強調した

■ 独りチキンレースをする北朝鮮 「璧を完うす(2013.3.31)」より
/
<>南北「戦時」入りと表明

いやいや今までも休戦中(朝鮮戦争)で戦時ですが何か?
改めて言ってくれなくても結構ですよ。
色々言葉を変えて勇ましく挑発しているけど、何一つ踏み出してはいない。
いつも口だけ。
(※ 中略)
/
勝手に始めたこの“独りチキンレース”をどう終わらせるつもりなんだ?
どんなに頑張っても、“独り”だけに先にブレーキ踏んでくれる相手はいないんですけどwwww

新満州国
■ 戦時体制に入った北朝鮮 「MU(ムー)のブログ(2013.3.12)」より
/
みなさん、ジクソーパズルのお時間がやってきましたよ~ん♪
国連での制裁決議とは裏腹な摩訶不思議な米・中・北・韓・日の謎解きです。(大袈裟?)
日々のニュースでもご存じのように、北朝鮮は軍事物資の移動やその他で本気みたいな
感じです。旦那なんかは帰宅する度に、「正恩は何やってんだ?」と云います。( ;∀;)
まぁ、それもどうかと思いますが・・まずは本日の板垣氏情報と以下の動画2本を。

(板垣氏情報)

この軍事行動については、米国、中国、日本、イスラエル、ロシアが深くかかわっており、
戦端が開かれれば、勝負は「3日」でつく。北朝鮮は、「38°線」を境とする休戦ライン
の一帯に何本も地下トンネルを掘っており、韓国の首都ソウルにある大統領府「青瓦台」
を目指して、北朝鮮軍が突撃してたちまちのうちに大統領府を占拠するとともにソウルを
占領してしまう。これに対して、米韓両軍はほとんど無抵抗だという。

北朝鮮は朝鮮半島を統一して、2013年内には「大高句麗」を新たに建国する。
これに併せて、中国東北部の遼寧省の首都・瀋陽市、吉林省では住民が反乱を起こす。
そして、この地に「 ネオ・マンチュリア(満州)国 」が建国されて、イスラエル在住の
ユダヤ人が大移住してくる。中国共産党第1党独裁の北京政府は、この東北部を中国
から切り離すことに同意しているという。中国は「漢民族」が独立して新たな国家を
樹立する。中国共産党は全国人民大会(全人代)を開催中だが、習近平次期国家主席は、
上海閥を押さえ切れない状況に立たされており、北京市と上海市はそれぞれ別々の国に
なる可能性が大だという。このほか、中国は、内モンゴル、新彊ウイグル地区、台湾など
がそれぞれ独立、これは上海市に在住の大物F氏の話ある。中国は「緩やかな連邦制」
に移行していくことになる。

(※ 以下略。)


■ 「北の核実験」中国軍が手引き? 「東スポWeb(2013.2.15)」より
/
やはり中国が陰で操っていた!!
12日正午前に行われた北朝鮮3度目の核実験は、
世界中に衝撃を走らせた。
朝鮮中央通信によると、今回の核爆弾は小型軽量で、
爆発力は6~7キロトンと大きいという。
気になるのは中国の対応だが、
表面上は批判的なポーズを見せている。

だが、事情通によると今回の実験を陰で
“手引き”したのは、
中国の人民解放軍に属する瀋陽軍区の軍人だという
どういうことなのか?
+続き
朝鮮中央通信は、
朝鮮労働党が核実験後に開いた緊急会議の中で、
今後も国際社会からどんな反感を買っても
人工衛星ロケットと称した長距離弾道ミサイルの打ち上げを行う意思があると報じた。

もし本当に「小型軽量化」できたとすると、
ミサイルの弾頭に核爆弾を搭載し米西海岸も
攻撃できることになる。
「北朝鮮は米国のオバマ大統領から
経済援助を引き出すため直接対話に持ち込みたい。
その手段として核実験を強行した」との
政府関係者の見方もあるが、むしろ気になるのは
「後ろ盾」中国の制止を無視して
実験を強行した理由だ。
「今度の核実験は、
国際安全保障理事会の決議に違反しているのは明白で、断固たる措置が取られるでしょう。
ただ、北朝鮮と関係が深い中国がどういう対応を取るかで状況が変わります」とは前出の政府関係者。

肝心の中国は「国際社会の反対を顧みず、再び核実験を行ったことに断固反対する」と批判している。
だが、その一方で関係各国に「冷静な対応」を呼び掛けてもいる。
この煮え切らない対応の理由こそ、中国と北朝鮮の「つながり」を意味している。
といってもここ最近は中国の新指導者、習近平総書記(59)と金正恩氏の“不仲”が目立つ。
習氏が北朝鮮を非難すると、正恩氏は毎年恒例の年賀状を送らず、
中国が打診した特使の派遣も拒否するといった具合だ。
だが、指導者同士が険悪になっても、
軍同士が強く結びついていると指摘するのは、
両国の軍事情勢に詳しい事情通だ。
「中国の人民解放軍は7軍区あり、
北朝鮮との国境を担当する瀋陽軍区が最強といわれている。
その瀋陽軍区は、北朝鮮に食料や武器を支援しており、北朝鮮人民軍のボス的な存在だ」
さらに「正恩氏は軍をコントロールできていない。叔母の金慶姫氏と、異母姉の金雪松氏、それと叔父の張成沢国防副委員長が朝鮮人民軍を率いている。
この3人がいなければ体制を維持できない」
(平壌情勢に詳しい専門家)といい、
「中国の人民解放軍と朝鮮人民軍をつないでいるのが張氏だ」とも。

前出の事情通は「瀋陽軍区の軍人は、米国に対抗できるように核を持ちたいのが本音。だが、さすがに世界の目があるため政府がそれを許さない。
だから、張氏を通じて、北朝鮮に代理で核を造らせたといわれている。北が持てば、自分たちが自由に使えるのだから」。

中国共産党の下に中国政府と人民解放軍が対等の関係にあるのは本紙でも度々指摘してきた。

先日、中国海軍が海上自衛隊の護衛艦に火器管制レーダーを照射したのは、中国政府が知らぬところで軍が独自にやった行為だったことが明らかになっている。
つまり、習氏は自国の人民解放軍を制御できていないのだ。

「もし、中国が率先して北朝鮮に大幅な制裁を加える安保理決議に賛成したら、北朝鮮に核実験をやらせた人民解放軍のメンツをつぶすことになる。
強大な軍事力を持つ人民解放軍が素手のような中国政府にクーデターを起こすのは簡単なこと。だから、政府は強く主張できない」(同事情通)

正恩氏は16日の故金正日氏の誕生日に表舞台に登場して核実験の成功を自慢げに語り市民から歓迎される予定だ。
だが、中国の習氏同様に自国の軍を制御できない指導者でもある。正恩氏と習氏の“似たもの同士”が、東アジアの平和の鍵を握っているとしたら、やはりゾッとする。

■ 北朝鮮恫喝外交の真の狙い 「陽光堂主人の読書日記(2013.2.15)」より
(※ 前文相当に略。)
/
 北朝鮮が本当に中国離れをしたがっているのかどうか、まだ検討を要しますが、水面下で米朝の合意ができているとすれば、米国が北朝鮮制裁に冷淡なのも理解出来ますし、核やミサイルの調達先も自ずと明らかです。

 中朝VS日米韓だと思いきや、中韓VS日米朝かも知れず、国際関係は奇々怪々です。今後北朝鮮は得意の瀬戸際外交を繰り返すでしょうが、関係国の国民は事態を冷静に見極める必要があります。


■ 今回の北朝鮮の核実験に就いて - 北朝鮮における政変が近い 「東京kittyアンテナ(2013.2.13)」より
(※ 前中後略)
/
今回の核実験はプルトニウム型ではなくウラン型であり、同じくウラン型の原爆を有するに至ったパキスタンからの技術供与が疑われるが、問題は北朝鮮は天然ウランが豊富に採取可能であり、多数の核弾頭を製造できるということである。実はこれは何よりも隣国である中国にとって脅威と言える。

尖閣諸島における中国艦艇による火器管制レーダーの日本自衛艦への照射事件の後に北朝鮮が核実験を行ったのは、韓国への接近を強める中国への警告と、そして中国と韓国の仲を裂き韓国を日米同盟の側に押しやることが原因と考えてよい(@w荒

中国と韓国が仲良くなってしまっては北朝鮮の存在意義は無くなる(@w荒

だがこの張成沢の中国の習近平(上海閥)体制への警告がどういう形になって跳ね返るか見ものだな(@wぷ

上海閥に近い烽火隊が傀儡の座に甘んじている金正恩に近づき、権力奪取の野心を炊きつけ、張成沢を権力の座から追い出す策謀に出る可能性があると見る(@w荒

北朝鮮における政変が近いね(@wぷ


■ 核実験=北朝鮮製とは限らない 「陽光堂主人の読書日記(2013.2.12)」より
/
 北朝鮮で3回目の核実験が行われたようです。昨年12月12日に「人工衛星の打ち上げ」として長距離弾道ミサイルの発射実験を行なっていますから、この国は「12」という数字が好きなようです。

 北朝鮮は昨日、米国と中国に対し、核実験の実施を通告していたと報じられていますが、我国はともかく、ロシアにも知らせなかったのでしょうか? 米国は速やかに日本に知らせてきたとされていますが、我国政府が事前に把握していた様子はありません。直前に知らされたのではないでしょうか?

 普通に考えれば北朝鮮には核実験する技術などないので、米国などから技術と資材の提供を受けて行った可能性があります。場所だけ貸した疑いが高いのです。この国は、イギリスやイスラエルといった核兵器所有国と交流していますから。

 オバマ大統領はどういう訳かノーベル平和賞を受賞していますが、これまで4度の未臨界核実験を行なっています。しかし、未臨界実験では心許ないので、どこかで地下核実験を行う必要がありますが、さすがに国内で行う訳には行きません。そこで北朝鮮に頼んだのではないでしょうか? (「新ベンチャー革命」においてもそう推測されています)

 北朝鮮が核実験を強行したことにして極東の緊張を高めれば、米軍のプレゼンスが維持でき、日韓にも高額で役に立たない兵器を買わせることができます。予算が削られて青息吐息の米軍需産業にとって、万々歳の展開です。一番割りを食うのはもちろん、日韓の国民です。

 尖閣で対立をエスカレートさせ過ぎて落とし所を探っている日中両政府にとっても、北朝鮮に矛先が向けば、事態を沈静化させることができます。金正恩様々というところで、役に立つ「お敵様」はこれで当分安泰です。

ーーーーーーーーーー
■ 貧乏国・北朝鮮が単独で核実験できるほど核技術開発は甘くない:その背後関係を読まないとわれら国民は大損する! 「新ベンチャー革命(2013.2.11)」より
/
4.核実験:北朝鮮が単独でできるほど簡単ではない

 軍事用核技術の開発は各国軍事勢力にとってもっとも関心の高い軍事技術開発ですが、軍事用核技術開発に核実験は必須です、核実験なしの核技術開発はあり得ません。しかも、核実験を実行するには高度の技術開発力が求められます、その意味で、あの貧乏国・北朝鮮が単独で核実験できると考えるには無理があります。この素朴な疑問を日本のマスコミは決して取り上げず、ただひたすら、北朝鮮核危機を煽るのみです。

 つまり、北の核実験は高度の核技術を有する勢力の協力が不可欠です。本ブログでは、その協力者こそ、米戦争屋ネオコン(イスラエル軍部やモサドや英国MI6を含む)ではないかと考えます(注12)。ちなみに、北朝鮮はMI6をもつ英国と国交チャネルを開いていますから、そのルートでいくらでも核技術協力を得られるのです。

人工地震
■ 北朝鮮が、核爆発によって「人工的な地震」が発生することを証明してくれたようです 「属国離脱への道(2013.2.12)」より
/
 米、イスラエルとともに悪の枢軸の一角を形成する北朝鮮が3度目の核実験。
 この核実験によって、北朝鮮では「人工的な地震」が観測されたそうです。
 さて、この「人工的な地震」の地震波は公開されないのでしょうか。マスコミの皆さん。


■ 韓国「北が核実験と推定」…前回より大規模か 「来栖宥子★午後のアダージォ(2012.2.12)」より
/
(※ ニュースをふたつ引用し、「『憲法が日本を亡ぼす』古森義久著」からの引用記事。)

■ 北朝鮮の衛星打ち上げ、... 「逝きし世の面影(2012.12.12)」より
/
 北朝鮮は日本にとっては韓国に次いで一番近い1000キロ以内の隣国である
 弾道ミサイルとは名前の通り弾道(放物線)なので、最大射程と最大到達高度は比例する。
 日本が1998年に大騒ぎした射程3000キロ以上と推定されるテポドンは遥か頭上の宇宙空間を飛び越えるので日本の脅威でも何でもない。
 日本国にとって脅威なのが射程が1000キロで、既に100~200基以上が配備済みとされる中距離弾道弾のノドンミサイルである。
 剣呑な破壊命令処置などと日本政府やマスコミが大騒ぎしている長距離弾道弾は、実は日本の脅威とは無関係。
 なんの関係も無いのに日本の世論が極度に硬直化、右傾化した。
 飛行機が飛ぶ大気圏は領空侵犯を主張できるが、人工衛星や長距離弾道弾が飛ぶ宇宙空間は国家の主権が及ばないので日本の主張は無理筋だった。
 14年前のテポドン騒動で日本以外は『人工衛星の失敗である』とした。衛星打ち上げなら日本も行っているので非難したくても出来無い。金もないのに『無駄遣いするな』程度の話である。
日本だけが強硬にミサイル説を主張、他国を説き伏せて国連で北朝鮮非難決議を通して仕舞う。
/
(※ 途中略)
 イスラエル軍の核施設奇襲攻撃と、その後に予想されるイランのホルムズ海峡封鎖の懸念から石油が世界的に高騰しているが、日本の自衛隊が北朝鮮の衛星を本当に迎撃・破壊すれば日本だけではなく北東アジア全体が大騒ぎとなる。
 飛行中の他国の人工衛星を『ミサイル』だとして当該国家の主権が及ばない大気圏外で迎撃する行為とは、公海上を航行する外国船舶を撃沈するのと同じで、その成功の如何に関わらず即戦争行為に繋がる。
/
(※ 途中略)
/
世界的に前例が無い日本政府の超強硬なミサイル破壊命令は、イージス艦艦長(佐官)クラスの自衛隊の中堅現場指揮官の運用次第では『北朝鮮軍』との偶発戦争を引き起こしかねない危険な盲点がある。
 このことに誰も気付いていないとは恐ろしい話であるが、実は『日本の誰もが偶発戦争の危険性を考えない』事実は当然の判断であり『当たり前』なのです。
 これは軍事行動を躊躇わないイスラエルや米国とは大きく違い、平和志向の我が日本国は基本的に『口だけ番長』であり、9条の平和憲法のお蔭で経済制裁の延長線上にある『いざとなれば戦争を行う』との軍事外交の基礎知識的な考えが最初から無い。
 ありがたいことに戦争で一番大事な相手を殺す(自分が死ぬ)『覚悟』も無い。
 これでは日本は今のような政治ゲームは出来ても、イスラエルやアメリカの様な本物の戦争は出来ない。
 この事実を、日本以外の周りの全員が見抜いているのです。もちろん相手の北朝鮮も見抜いているので経済制裁の効き目も自動的に無い。
 日本の破壊命令が『本気』なら世界中が影響する大問題であるが、イスラエルとは違い大騒ぎになりようが無い。
(※ 後略)


■ 今回の朝鮮花火大会に就いて 「東京kittyアンテナ(2012.12.13)」より
/
(※ 前略)
今回の朝鮮花火大会の目的だが、一見米国との直接対話が目的の様にをもえる。だが、本当の意味は中国と韓国の接近を牽制することさ(@w荒

韓国は竹島問題によって日本とのスワップ協定が破棄され、韓流も立ち消えになった。中国とのスワップ額を2倍にして、現在韓国は事実上中国の保護国になっている。中国と韓国がくっつけば、北朝鮮は存在意義が無くなる(@w荒

北朝鮮の現在の最大の脅威は、一般の常識とはかけ離れているが、論理的に観て中国だ(@wぷ


■ 北朝鮮のミサイル発射問題に関して - 深層の視点から / 「世に倦む日日(2012.12.13)」より
/
北朝鮮のミサイル発射問題について、マスコミの議論とは全く異なる観点から論じたい。最初に思ったことは、もし金正日が生きていたら、今回(12/12)の打ち上げはなく、また人工衛星の軌道進入もなかっただろうということだ。金正恩政権だから成功できた。今回の発射は、4月の失敗を挽回しようとするもので、2012年中を目標としていた「人工衛星打ち上げ成功」の国家プロジェクトを完遂させるためのものだ。それゆえに、ロケットの名称も4月に失敗した「銀河3号」をそのまま使い、人工衛星も「光明3号2号機」と銘じている。報道によると、北朝鮮は4月に失敗した6日後に原因の解明を終え、次の発射のため燃焼実験を繰り返していたという。金正日の独裁が続いていたら、責任者は即刻銃殺を免れず、開発チームは強制収容所送りにされていただろう。国家と独裁者の面子を潰して恥をかかせた責任を取らせたに違いなく、そうした恣意的で酷薄な厳罰で報復・加虐するのが金正日の性格と手法だった。 今回、新政権は技術者に失地挽回のチャンスを与えている。同じ失態が二度続けば、世界中の笑い者になるところを、技術者を信頼して国家のリスクを賭ける選択に出ている。金正恩と金正日の指導者としての差異と見るべきで、北朝鮮の国家体質が合理的な方向に変化している点を感じてよい。 それだけではない。北朝鮮は今年だけでミサイル開発に13億ドル(1100億円)を投入したと言われている。余裕があるのだ。


★ 北ミサイル発射に「遺憾」 専門家「中国に服従していない」 「大紀元(2012.12.13)」より
/
中国外務省の洪磊副報道局長は12日の定例記者会見で、北朝鮮の事実上の長距離弾道ミサイル発射について「国際社会が一致して関心を示している中、発射したことは遺憾だ」と述べた。

 中国政府のこの発言について、上海社会科学院の朝鮮問題専門家・劉鳴氏は英BBC放送の取材に、「遺憾」は実際、「反対」と「不満」を意味するとの見方を示した。

 重大な戦略目標をめぐる政策決定において、北朝鮮は「 中国に服従していない 」と劉氏は指摘。北朝鮮は2006年に初めて核実験を行う時から、幾度も中国の反発や警告を無視して強行し、「中国も苛立っている」という。中国は北朝鮮の盟友かつ経済援助国ではあるものの、「北朝鮮への影響力を失いつつある」と劉氏は分析する。

 北朝鮮は今後、小型化した核弾頭や米国を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発に拍車を掛けるに違いない。核弾頭を搭載したICBMを配備するようになれば、周辺諸国のみならず、米国にとっても脅威になると劉氏は懸念している。

 発射直後に新華社が発表した評論も北朝鮮への苛立ちをあらわにした。「世界の国々が皆、大局や他国の憂慮を顧みずに、やりたい放題にやれば、世界は乱れるし、自身にとっても利益にならない」と発射に踏み切った北朝鮮を厳しく批判。「我が道を行く」北朝鮮のこの行動は「地域情勢にとって新たな不安定要素」との認識を示した。

ーーーーーーーーーーーーーーー
★ 北朝鮮ミサイル発射 米NORAD、衛星の軌道進入確認 「朝日新聞(2012.12.13)」より
/
【ソウル=貝瀬秋彦】北朝鮮は12日午前9時49分ごろ、北西部の平安北道(ピョンアンブクト)・東倉里(トンチャンリ)にある「西海衛星発射場」から、長距離弾道ミサイルとみられる機体を南方に向かって発射した。日本政府は、発射された機体が10時1分ごろ、沖縄県上空を通過し、10時5分ごろにフィリピンの東方約300キロの太平洋に落下したとみられると発表。北朝鮮メディアは「人工衛星の打ち上げに成功した」と伝え、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)も「(人工衛星の)軌道に乗ったとみられる」と発表した。国際社会が自制を求める中での発射で、国連安全保障理事会は緊急会合を招集し、対応を協議する方針だ。

ーーーーーーーーーーーーーーー
★ 北朝鮮、ミサイル発射強行の次は核実験か 「ロイター(2012.12.13)」より
/
 北朝鮮は12日にミサイル発射を強行、人工衛星を軌道に乗せたもようだ。米国に到達するミサイルを開発する技術を持っていること見せつけ、国際社会に大きな衝撃を与えた。

 北朝鮮問題に詳しい専門家は、次のステップは核実験、と指摘する。実施なら、北朝鮮にとっては3度目の核実験となる。2009年には、ロケット発射の1カ月後にあたる5月25日に、核実験が実施された。

 韓国政府の試算によると、北朝鮮は1998年以来、ロケットや核兵器の開発に28億─32億ドルを投入。さらに、国連や2国間の制裁が強化されるリスクもあるが、北朝鮮は歯牙にもかけていないもようだ。

 韓国国防研究院のベク・スンジュ氏は「北朝鮮は制裁は不当との立場だ。制裁が強化されれば、核実験実施の可能性は高まる」と述べた。


 国連安全保障理事会は、北朝鮮のミサイル発射について、北朝鮮にミサイルと核兵器の開発を禁じた2006年と2009年の決議に違反するとの立場を示しており、どう対応するのかをこれから議論する構え。

 ただ意外な点は、北朝鮮に一段の核実験やミサイル発射を思いとどまらせることができると、国連安保理が信じているように見えることだ。

 中国ですらも、北朝鮮に及ぼすことのできる影響力はごく限定的だ。


  <最終的な目的は『カネ』か>

 北朝鮮が目指す最終的な目的は、米国との正式な平和条約の締結、外交的な承認、そして、経済立て直しのための巨額の現金だとみられる。

 国民大学校の北朝鮮専門家、アンドレイ・ランコフ氏は「米国が結局は、不愉快な現実に直面し、核やミサイル開発を鈍化・凍結させるための交渉を開始するに違いないと、北朝鮮側は踏んでいる」と指摘。「その見返りに、米国は気前の良い『支援』をせざるを得ない」と述べた。

ーーーーーーーーーーーーーーー
★ 北朝鮮、「衛星」制御できず=信号送信の形跡なし-米 「時事ドットコム(2012.12.13)」より
/
 【ワシントン時事】米CNNテレビは12日、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイル発射によって打ち上げに成功したと主張する「衛星」について、「完全に制御できていない可能性を示す兆候がある」とする米当局者の見方を伝えた。「衛星」が安定した軌道に入っているかどうかも不明という。
 当局者によると、発電用の太陽光パネルを展開するため、軌道投入直後に管制施設から送られるはずの電波信号が、送信されていないという。パネッタ国防長官はこれに関し、「何が起きたかをまだ評価中で、本当に成功だったのかどうか判定しているところだ」と同テレビに語った。
 「衛星」をめぐっては、米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの研究者がこれより先、高度494~588キロの太陽同期軌道上を周回しているとする分析結果を公表。「衛星」には2012-072Aという国際衛星識別コードが与えられた。




第46回衆議院議員総選挙
■ 北朝鮮応援発射の企みは失敗する 「陽光堂主人の読書日記(2012.12.5)」より
/
 北朝鮮はミサイル発射の準備をして民自や維新の会を応援していますが、中国はミサイル実験に対して異例の反対表明をしています。(日本経済新聞」) 「 日本政府の対応は大げさで、日米は北朝鮮対応を理由に対中圧力を高めている 」とも述べていて、事の本質を掴んでいます。誰が見ても、これ以外考えられませんが…。

 民自や維新の会は、北朝鮮の応援発射で票を伸ばそうと企んでいますが、上手くゆくかどうか。半年前のミサイル実験は大失敗でしたから、今回も惨めな結果に終わる公算が大です。余り物々しく「破壊命令」などを出すと、政府はまた大恥をかくことになります。

 3年間の民主党政権の間に、多くの日本国民は政治の実態に気が付きました。政権が変わったところで何も変わらず、既得権益層の裏に米国が控えていることも明らかとなりました。

 こうした状態でKYの自民党議員らが中国や半島との対立を煽り続けると、それが本物のナショナリズムに繋がってしまうかも知れません。つまり、矛先が米国に向かう可能性があるのです。


■ 北朝鮮でナニが起きているのか? 「ネットゲリラ(2012.7.20)」より
  • 軍が握っている貿易利権を、党に取り戻そうという動きがあって、その中で抵抗勢力の中心人物である李英鎬(リ・ヨンホ)朝鮮人民軍総参謀長を更迭しようとしたところ、人民軍第8軍団長出身の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)大将(59歳)側と銃撃戦になり、20~30人が死亡、当人も怪我、ないしは死亡した可能性がある、という事らしい。まぁ、相変わらずの馬賊国家です。

ーーーーーーーーーーーー
■ 北朝鮮で流血の政争が行われているのか。約20人の軍人が死亡したとの情報が流れた 「ニュースを読まねば(2012.7.20)」より
  • いずれも憶測の域を出ないが、今後注目されるのは、以下の3点だとされている。

 ・この度の交戦で軍部が崔竜海(チェ・リョンヘ)氏新体制に反発し、さらなる抗争が起きるかどうか。
 ・党による軍への支配力強化により、対米強硬路線に変化が現れるかどうか。

  もしかすると、北朝鮮は中国で鄧小平が行った改革開放路線を目指そうとしている可能性もある。中国は金正日時代から北朝鮮に対し、それを促してきていたとも言われているからだ。が、全てはまだ憶測である。

ーーーーーーーーーーーー
■ 李英鎬解任と先軍政治との決別 「河信基の深読み(2012.7.16)」より
  • 金新体制が脱先軍政治へと舵を切ることは時宜に叶っている。
 先代が死去した時点で、先軍政治に厭きていた北朝鮮首脳部の中では、暗黙の了解となっていた。
 金第1書記を支え、経済再建の改善=改革開放に向かう流れは止まるまい。


★ 藤本健二さんが北朝鮮へ 金正日総書記の専属料理人 「47ニュース(2012.7.20)」より
  • 藤本さんは成田空港で共同通信の取材に「金正恩大将に招待されたので、断るわけにはいかない」と話した。訪問の目的については、明確にしなかった。


  • 北朝鮮も橋下も所詮、シオニスト勢力の傀儡。北朝鮮という“悪役レスラー”に批判させることで橋下に良い印象を植え付けようという必死のメディア工作がバレバレだから(プ


  • 3~4分という具体的な数字が気になります。
「今まで見た事がないような珍しい手段」もです。

こういう表現も今までの北朝鮮軍の発表ではほとんど見ないものです。

ちなみに、「3~4分」という数字は、たとえば北朝鮮が先日ミサイル発射実験をおこなった北朝鮮のトンチャリ(東倉里)という場所にある「西海衛星発射場」から日本の中心部の位置にある名古屋上空まで大体3~4分程度でミサイルが到達します。

  • 図を作ってみて初めてわかったのですけど、先日のミサイル実験の失敗って、 ちょうどソウル上空で爆発させるのと同じ程度の距離で「失敗」していますね


 ・発言者は、長年アメリカのCIAで核兵器専門家として勤務したピーターフライという博士である。同氏はVOA(ヴォイス・オブ・アメリカ)のインタビューに答えて、こう断じている。

  「北朝鮮のこれまで2回の核実験は小型核のEMP爆弾実験だった」――。

  EMP爆弾と聞いて直ちにピンとくる読者は少ないはずだから簡単に説明を加えておこう。それは300キロから400キロ上空で核爆発させることで強烈な電磁波を発生させ、地上の電気・電子機器を一瞬にして機能停止にさせてしまう爆弾のことだ。


(※ 上記記事と関連するのか? - monosepia)
★ 「3,4分以内に焦土にする」北朝鮮軍、韓国政権威嚇特別行動の開始を宣言 「msn.産経ニュース(2012.4.23)」より / 魚拓

 ・具体的な手段は明示していないが、特別行動は一度開始されれば「3、4分よりも短い時間」で「今までなかった特異な手段とわれわれ式の方法」により、全ての挑発の根源を焦土と化すと威嚇した。北朝鮮が韓国に対して何らかの武力攻撃のほか、サイバー攻撃を仕掛けるとの見方も出ている。



 ・今回、北朝鮮による人工衛星発射を米国の早期警戒衛星が捉え、其の情報が防衛省経由で日本の官邸の危機管理センターに情報が届く迄に掛かった時間は何と45分である。
 弾道ミサイルは北朝鮮から日本への距離程度なら10分以内に着弾すると云われているわけで、此の様な瞬時警報システム(笑)など、万が一の時には全く持って無意味だということだな(プ



■ ミサイルの残骸回収に群がる人々--北朝鮮まで回収に乗り出せば黄海大荒れか 「園田義明めも。(2012.4.13)」より
 ・北朝鮮ミサイルの残骸回収に群がる人々。 その中心は当然韓国。

  韓国と並んで米国(掃海艇急派)と日本は捜索チーム派遣。 さらに中国、ロシアも捜索開始との情報も。

  北朝鮮の技術力把握が目的なのか。 それとも北朝鮮とイランのコラボを証明しようと必死なのか。

  北朝鮮とイランのコラボが証明されれば大騒ぎ。 そこに関わってそうな中国、ロシアはもうビクビク。

  秘密を知られてはなるものかと北朝鮮まで回収に乗り出せば、 黄海は一触即発状態になるだろう。


極東情勢
■ ハリボテ人工衛星公開で、米国戦争屋の野望が頓挫 「陽光堂主人の読書日記(2012.4.10)」より

 ・この吉冨進さんの解説は、昨日の「ニュース7」で放映されていましたが、終始目が笑っていました。NHKの要請で辛辣な批評は避けた模様ですが、相当に酷い内容であることが言外の様子で窺われました。

 ・海上自衛隊の護衛艦隊司令官を務め、ミサイル防衛システムに詳しいという金田秀昭元海将が解説していましたが、こちらは尤もらしい顔で、「これは長距離弾道ミサイルの発射試験だ」と危機を煽っていました。自衛隊の思惑が透けて見えます。

 ・日本人にショックを与えて金をむしり取ろうという「米国戦争屋-財務省-野田政権」の企みは、またまた挫折した模様です。却って歪な支配の実態が明らかになってしまったわけで、米国は焦っているのか、最近は強引なやり方が目につきます。資金不足のため、工作にも支障を来しているようです。



■ 北朝鮮が拘束2邦人釈放、体制変化影響か 「NORTH KOREA TODAY(2012.1.20)」より

 ・この事件の背後(中国)と日本政府のこれまでの対応を考慮すると、正恩、なかなかやりますな。 やっぱね、お父さんが一時的にとはいえどんなにためらったとしても、白頭山神話は必要。というか、国家に神話、物語、フィクションが必要なのは日本だろうがどこでも同じだけど。日本政府、馬鹿保守の意見なんか宇宙一どうでもいいから、 正恩をちゃんと受け止めてよホントに。震災復興で川砂必要なんだから

------------------------------
■ 北朝鮮が拘束2邦人を釈放、体制変化が影響も  今がチャンス 「愚直の 日々雑感(2012.1.21)」より

 ・ニュース本文にあるとおり、「 2人の釈放は、北朝鮮の体制が変わったことに伴う融和の兆し 」であり、「 北朝鮮からの前向きなメッセージ 」だ。
  北朝鮮が言うには、「拉致問題は解決済み」という姿勢。日本政府としては、「拉致問題」という言葉を使って、この問題を解決するのは困難だろう。
  「拉致問題」は解決済みかも知れないが、旅行中に「記憶喪失」になり、親切な北朝鮮人に世話をしてもらっている日本人はいませんか、と話しかければいい。世話になっているのだから、それ相当のお礼も必要である。
   相手のメンツも立てなければ、この問題の解決は困難 だ。


★ 北朝鮮が拘束2邦人釈放、体制変化影響か 「読売オンライン(2012.1.20)」より / 記事保護



■ 朝鮮日報が1面スクープをデッチアゲ 危なかった日本の各紙各局 「朝鮮問題深掘りすると?(2012.1.20)」より

 ・韓国の3大紙の一つである朝鮮日報が17日、一面トップで報じたスクープですが、これによると「北朝鮮の立場からすれば西海5島が交戦地域だというイメージを強調する必要がある」「そうしてこそ核、先軍政治も全て正当性を得られる」と金正男紙が語ったというのがその内容です。管理人もその記事を読んでとんでもない嘘を書くものだと思っていたのですが、 それが実際にでっち上げで,記者が,いや新聞社ぐるみで作り上げた嘘八百であることが明々白々と暴露された のです。



■ 横田夫妻はめぐみさんと再会を果たした!? 「陽光堂主人の読書日記(2012.1.16)」より

 ・横田夫妻の表情は、昨年暮れ辺りから変化して嬉しそうな様子が窺えます。飯山氏は本日付のブログで、 横田夫妻は娘のめぐみさんと再会を果たした と述べています。旧満州地方で会ったのでしょうか? あの嬉しそうな様子からすると、その可能性はあると思います。
  しかし、飯山氏の情報によると、 横田めぐみさんは後継者・金正恩の母親 であり、今では北朝鮮のロイヤルファミリーになっています。

-----------------------------------
■ 将軍さまのお気に入り 「ネットゲリラ(2011.10.10)」より

 ・見れば見るほど似ているというか、ソックリなんだが、やっぱりジョンウンは横田めぐみさんの息子だと思うよ。これだけ似ている人が、赤の他人であるわけがない。鼻の形、顔の輪郭、眉毛、唇と、どこからどこまでソックリだ。

-----------------------------------
■ 横田めぐみさんは生きている! (1~5) 「飯山一郎のLittleHP(2012.1.15~16)の記事」より

 ・横田ご夫妻にとっては、まさしく「天国」! その「天国」が降臨した場所は…、
  北京!
  この地で、横田ご夫妻は、一瞬とて忘れえなかった、毎夜毎晩、夢のなかでも想いつづけ見つづけた、最愛の  我が娘・めぐみと、ひし!と抱き合ったのである…。
  だいたい以上が、『横田ご夫妻の“大変身の原因”』の概要である。

  このドキュメンタリー『地上の天国』の脚本(シナリオ)・演出・監督。すべてを担当したのは、中華人民共和国・国家主席・胡錦濤であった。


補足
■ 皇族、横田めぐみさんの息子ことデブリンコ正恩 「匿名党(2011.12.21)」より

 ・日本では「オン」とは読まれない「銀」とか「雲」じゃ日本の「隠れローマン・カトリック」闇人脈にその意図が伝わりませんからね。
だから「オン」と読める「恩」にしたんでしょ。(爆w


■ 北朝鮮の人々の号泣の心理 - 悲しみと嘆きの真の意味 「世に倦む日日(2011.12.22)」より / 記事保護

 ・金正日の死を悲しむ人々の号泣について、北朝鮮から帰国した中国人留学生が「あの涙は本物だった」と証言をしている。その記事の中では、やはり開城工業団地で実際に彼らを目撃した韓国人が、嘆き悲しむ姿の真実性を言っている。私は、青山健煕が日本のテレビ報道で説明するように、あれは演技であり、監視の目が光る集団の中で悲嘆のオーバーアクションを演じざるを得ないのだろうと思うが、しかし、その涙については、単なる「嘘泣き」や「泣き真似」のパフォーマンスではない内面的な深い意味があるように感じる。

 ・飢餓に耐えた日々、家族が病気になって途方に暮れた日々、なのに金正日を讃える歌を歌って隊列で行進した日々、それらの惨めな過去を思い出し、涙を溢れさせているのである。それは、独裁者が死んだことによる安堵感と解放感の放出でもある。縛りつけ凍らせていた心の緊張が緩んだのに違いない。



 ・批判を恐れずに敢えてコメントするが、「北朝鮮の脅威」など東アジアの緊張を創出するためのデタラメである。
  「アメリカ戦争屋」とこれに与する輩どもが日本国内の”御用マスゴミ””御用評論家”を総動員し、「金正日」という役者を利用して、まんまと「北朝鮮=何をしでかすか判らない不気味な存在」との意識づけをおこない、東アジアにおける不穏な空気の創出を主導してきたのである。

  即ち、プロレスにおける「流血の魔術 最強の演技」の世界そのものである。
  早い話、「金正日」も「北朝鮮」も”八百長プロレラー”同然ということである。

 ・金融崩壊と共に待ち受けているのは、やはり「ウォーエコノミー」(戦争経済)による”ちゃぶ台返し”、即ち「リセットボタン」が押されるというシナリオが濃厚であろう。
その着火点の大本命候補は、やはり中東のイラン・イスラエルあたりであろうが、問題は中東に端を発する戦火がどこまで広がるかであろう。


■ 金氏朝鮮の行方 「qazx(2011.12.21)」より

 ・朝鮮半島の資金繰りの一部がパチンコ資金であることは公然の秘密なのであろうが、誰がこんな手の込んだ仕組みを考え実行しているのかは、なかなか難しい。何しろ憲法で禁止されている賭博行為を堂々とやれていること自体が不思議であるからである。
ーーー
  この不思議について、北朝鮮の指導者が大日本帝国陸軍の正統な後継者であるという、大胆な仮説を立て解説しているのが、princeofwalesさんなのだが、今回の金正日の死につても独特の解説をされているので、少々編集してお目に掛ける。
■ 金正日死去 「国際情勢の分析と予測(2011.12.19)」より

 ・北朝鮮の最高指導者である金正日が死去した。死んだのは影武者で本物は昔死んでいる、正恩の母は皇族の血を引く横田めぐみというネットゲリラ情報もあるが真偽は不明だ。私は金日成・金正日は帝国陸軍の正当な後継者であり、本土が米軍に占領された日本の亡命政権であると想像している。金丸信から前原誠司に至るまで、多数の日本の政治家たちが北朝鮮を訪問しているのがその根拠の一つだ。

 ・このコメント欄には、以下のような思わせぶりな書き込みも見られる。
ーーー
Unknown (Unknown) 2011-12-21 01:33:20

7日  北京の日本大使館、脱北者を受け入れないと表明
10日 玄葉が年内に訪米することを約束
17日朝  金正日死去
17日 あきひろ来日
 〃  南朝鮮、支那漁船取締りに海軍の出動を検討(南朝鮮、支那に喧嘩売る)
18日昼  玄葉外相、訪米(目的:普天間日米合意の確認とイラン制裁の石油輸入配慮要請⇒緊急は要しない内容)
 〃   日・南朝鮮首脳会談。慰安婦問題提起(南朝鮮、日本に喧嘩売る)
18日午後 あきひろ帰国
19日早朝 在日米軍と自衛隊がスクランブル連発
19日正午 金正日死去の発表
19日夜  玄葉外相とヒラリーが数時間に渡る話し合い

この日米支の動き方は、間違いなく事前に知っていましたな。そして南朝鮮は何も知らずに周辺国に喧嘩吹っかけまくり。princeofwalesさんの南朝鮮滅亡のシナリオ通りですね。




★ 北朝鮮が3回目の核実験準備か、坑道採掘を確認=報道 「ロイター」より
 ・米韓情報当局が北朝鮮の坑道採掘を確認。坑道は採掘した数本から最適なものが選ばれるとみられ、政府筋は「3回目の核実験を準備しているという明白な証拠だと判断した」という。
  ★ 北朝鮮の豊渓里に新坑道、3度目の核実験準備か (2011.2.20) 「聯合ニュース」より

■ 日本の与党が窮地に陥るとなぜか「北朝鮮が核実験の準備」に入った 「低気温のエクスタシーbyはなゆー」より
----------
■ 核議論すべき86・7% 「オノコロ こころ定めて」より
 ・隣国が次々とタブーを破っていく。
核実験。
領土侵犯。
軍備増強・・・。
我が方は、軍縮?
★ 国会で核議論すべき86・7% 「msn.産経ニュース」より
 ・ 産経新聞社 は12、13の両日、 政治と安全保障政策に関する世論調査 を実施した。
 ・北朝鮮が開発を進めている核搭載可能なミサイルについては9割超が「脅威」と回答。日米安保体制については「堅持すべきだ」と思う人が77・3%を占め、「堅持すべきと思わない」は11・4%にすぎなかった。
★ 中国軍が北朝鮮・羅先特区に駐屯、港湾施設など警備 「朝鮮日報」より
 ・消息筋は「中国人に対する北朝鮮保衛部の規制はほとんどなくなった。北朝鮮も中国軍の駐屯は望んではいないが、 中国資本を受け入れるためには仕方がない判断 したもようだ」と述べた。

■ 朝鮮戦争の終結は近い 「T's Home 日記」より
 ・中国人民解放軍が軍部隊を駐屯させることは、 北朝鮮の資本主義化を中国が諸外国に対して保障する ということだ。
----------
■ 中国軍が北朝鮮特区に進駐 「東京kittyアンテナ(@w荒」より
 ・先般のタジキスタンとの国境画定という名の領土割譲にしても、また尖閣諸島での妄動も、更に今回の北朝鮮への駐屯も、 中国の拡張主義的動きを示すもの




2009.11.7 開城で南北局長レベルの秘密会談。11月14日に2回目の会談を開くことに合意(しかし、10日の軍事衝突で頓挫)*この衝突は南北首脳会談を阻止したい軍の強硬派による?
2009.11.10 黄海で発生した大韓民国(韓国)海軍の艦艇と、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)海軍の警備艇の銃撃戦で、北朝鮮警備艇が被弾し、船体を大きく破損し、多数の死傷者が出る。
2010.2.16 大青海戦での敗北に復讐するという決起大会(金正日総書記の誕生日)
2010.3.26 韓国海軍の哨戒艦「天安(Cheonan)」(1200トン級)の爆発沈没(北朝鮮による 人間魚雷説 あり)
2010.4.14 北朝鮮の金正日総書記は軍の100人を昇進。大青海戦での敗戦の責任を負わされていたチョン・ミョンド海軍司令官は大将に昇進
2010.4.20 メキシコ湾洋上石油掘削基地( ヒュンダイ建設 )の爆発炎上により、大量の原油流出。( キューバ ・ハバナ港から出航した北朝鮮の第17スナイパー隊『別名「自殺」部隊』に人間魚雷攻撃説あり)
2010.4.30 ミシシッピー州の水産会社が石油掘削リグの爆発事件で、損害補償の訴訟。訴えられているのは、BP(英国)、ハリバートン・エネルギーサービス、キャメロン・インターナショナルおよび 現代重工業
2010.5.2 赤松 農林水産大臣が キューバ 入りし、翌3日はキューバ政府関係者と会談し、4日、ラウル・カストロ国家評議会議長と会談。1959年のキューバ革命後、日本の現職閣僚が キューバを訪問するのは初
2010.5.3 ~ 28 核拡散防止条約(NPT)会議開催 :【正式名称「核兵器市場の競合国参入防止に関する条約」】
2010.5.5 北朝鮮 金正日 総書記、北京入りし、胡錦濤国家主席らと首脳会談。人民大会堂での胡主席主催の晩さん会。














.