・「理論上は、需要が供給を上回った時点から電圧、周波数が下がり始め、発電、輸送双方が正常に作動しなくなり、停電のリスクは高まります。ただし、もともと『でんき予報』のピーク時供給量は余裕を持った数値であるうえ、夜間の余剰電力を利用した 揚水発電の数値は供給量の中にほとんど含まれておらず 、100%で即停電とは極めて考えにくい」

--------------------
■ でんき予報:東電の「虚・実」広報(2) 「社会科学者の時評(2011.7.1)」より

 ・ 6000万キロワットを超える電力供給力を備える東電 が「本当の『最大供給能力』」を明かそうとしないかぎり, 6月29日の電力使用率「93.2%」は,にわかに信じられないというよりは完全に〈眉唾モノ〉の比率 である。



 ・Yahooや東電のホームページ、駅の電子掲示板などで表示されている「電力使用状況グラフ」の使用率数値が、水増しされていることが分かった。「ピーク時供給力」を、稼働可能な設備のフルの容量ではなく、そのつど東電が恣意的に決めた「供給目安」の数字とすることで分母を減らすのがその手口で、実際より15%も上乗せされている日もあった。


ごみパンより

1時間ごとの東京電力の電気使用状況とピーク時供給力に対する現在の使用量の割合を表示します。皆様の節電に役立ててください。
「width=164&height=300」の部分を変更すれば様々なサイズに合わせてご利用いただけます。(デフォルトは幅164ピクセル縦300ピクセル)
お使いのブログに合わせて調節してください。
※東京電力の電力の使用状況グラフから算出しているデータです。

 ・ 福島原発事故からこれまで、東電の発表などによると、供給能力は
    3100万キロワット(3月12日)
    3750万キロワット(23日)
    3800万キロワット(29日)
    3900万キロワット(4月4日)
    3950万キロワット(6日)
と、順調に上昇してきた。
    15日のピーク時の供給量は4000万キロワットだった。

 ・もともと国際エネルギー機関(IEA)は、「日本は、原子力発電不足分を補う石油火力発電の余剰がある」との見解を示していた。そのニュースは、ロイター電で世界に報じられていた。福島原発抜きでも、やれないことはないのだ。東電としては、「原発不要論」が実証されるのは嫌だろうが、ここは国民生活第一で考えるしかない。









.