☆ Movements.org
☆ CANVASOPEDIA
☆ OTPOR オフィシャルなサイトの筈だが、コンテンツへは繋がらないで、シンボルマークだけが表示される。
   ☆ Otporの画像
   ☆ エジプト革命に現れた「OTPOR」の旗


【関連すると思われるので掲載】
■ 「2月4日に全世界の米国大使を呼び戻した理由」 「日本の独立を目指して」より
 ・ヒラリーが演説したそうですが内容が漏れてきません。
  その後の展開をみると 世界に騒乱を起こすという通告 ではなかったでしょうか?
  準備しておけ、とね。
  石油と食料を高騰させ騒乱を起こしいくつかの政府を転覆させる。
  とりわけ 資源保有国と、反米国、イスラムがターゲット
【OTPOR】
■ エジプト・カラー革命・裏話 4月6日運動とオトポール!(2011.2.23) 「メモノメモ」より
 ・旧ユーゴスラビアの「 オトポール 」(Otpor / Отпор) とエジプトの反ムバラク体制運動が関連があることは前から指摘されていたようだ。
 ・CANVASは、イラン、ジンバブエ、ミャンマー、ベネズエラなどの若者による反体制グループを支援している。
 ・メモ
裏の情報から見るクセがつくと、ロスチャイルドの陰謀とかニュー・ワールド・オーダーといった情報に漬かりすぎてしまいそうだから横目で見る程度にしてるけど、 こういろいろと出てくると漬かってしまいたい誘惑が・・・(;´Д`)
【若者運動連盟】
■ 中東と北アフリカの情勢の発端 - Alliance of Youth Movement 「東京kittyアンテナ」より
 ・だがその淵源は2008年に紐育で開催された若者運動連盟( Alliance of Youth Movement)だな
 ・米国務省、CFR(外交問題評議会)、元国家安全保障スタッフ、国土安全保障省顧問、AT&T、Google、Facebook、NBC、ABC、CBS、CNN、MSNBCや、MTVを含む米国企業や媒体の代表者たちが数多く参加した
 ・陰で暗躍するグローバリストの陰謀者たち
  Globalist Coup Plotters Acting Shady
 (ランド・デストロイヤー 2011年2月22日の記事:トニー・カタルッチ)
  中東革命までのタイムライン
 ・いくらアメリカやヨーロッパのエスタブリッシュメントが、とぼけた顔をして、「中東に、これほどの大革命が起きることなど想像もしなかった」と芝居じみた演技をしてみせたところで、彼らが仕掛けたことは誰の目にも明らかなことです。

【関連】
バラ革命 オレンジ革命 4月6日若者運動 オトポール CANVAS
【若者運動連盟】
■ Google革命工場-アライアンス・オブ・ユース運動: カラー革命2.0(2011.2.22) 「マスコミに載らない海外記事」より
 ・Movement.orgは、米国務省とコロンビア大学法律大学院と公式に手を組んでいる。その企業スポンサーには、Google、ペプシや、オムニコン・グループが含まれており、いずれも世界支配主義者の集団、外交問題評議会(CFR)のメンバー企業だ。CBSニューズはスポンサーであり、世界支配主義者の集団、チャタム・ハウスの加盟企業リストに載っている。他のスポンサーには、Facebook、YouTube、Meetup、Howcast、ナショナル・ジオグラフィック、MSNBC、GenNextや、PR会社のエデルマンが含まれている。
 ・エジプトの 4月6日運動 はその一つで、アメリカが、ホスニ・ムバラクを打倒に成功し、連中の手駒モハメド・エルバラダイが大統領の座につくかも知れないという事態における彼等の役割は、刺激された若者のこの新手の大群をいかにうまく動員するかの完璧な例だ。
 ・Movements.orgというのは、実に、 諸外国の主権をあやつり、むしばむためにしっかりつかんで離さない新しい仕組み なのだ。





.