■ アデン湾の謎の渦巻きと宇宙から飛来する3つの巨大物体:NASAの時代は終焉した? 「Kazumoto Iguchi's blog」より
 ● これらの謎めいた情報を結合すると、 どうやらアデン湾の海底にある宇宙人の地下基地(海底地下10km)と地球人の全世界の戦艦がたった今交戦中であり、それが基で地下深部10kmの地点の地震を引き起こしている。そこに宇宙から何十キロにも及ぶ巨大な宇宙船が救援に駆けつけ、2012年12月末(おそらく12月21日)に地球に到来するかもしれない 、というような、まさにハリウッドのSFも真っ青のようなストーリーということになる。どこまでが真実で、どこまでが嘘や妄想か判別できないが、実に興味深い事件がアデン湾近辺で起こっているということだけは確かなようである。

■ 警告された不可解な『渦』は、世界的な天候大災害を引き起こしています 「ロストワールドSeason2.3」より
 ● 2000年後半に米国の科学者がこの渦の「形成」に気づき始め、その後アメリカ人がアフリカ・ホーン岬にあるジブチ(ジブチ共和国最大の都市で首都)に作戦基地を設けました。
 ● この軍隊の増強が 人類の歴史上、その類で最も大規模 で、そして、多くの世界当局が推測しているものを『撃破する』ためにロシアがアメリカ人と手を組む『用意ができている』ことが、 今まで知られていなかった『軍隊』による我々の惑星への攻撃に対処するためだということです
------------
■ 世界各国の海軍がアデン湾で何をやっている? 「BenjaminFulford」より
 ● ロシアの政府の情報サイトによれば、この海軍の集まりは 何かの海底基地を攻撃するための目的 ということだ。
------------
■ 神々の帰還 「ChemBlog-ケムログ」より
 ● 対「テロ」戦争の正当化として隠されているのは、シューメリアの寓話の神、或いは アヌンナキ(Anunnaki)の度肝を抜くような帰還 に備えて、銀河系の「玄関」を秘密裏に保護しているのだろうか?
------------
■ 3つの非常に巨大な物体が地球に向かって飛行している 「ChemBlog-ケムログ」より
 ● 空飛ぶ円盤」の全長は、数十キロにも及ぶ。我々(SETI)に言えるのは、 3つの非常に巨大な物体 が我々の惑星に飛来しようとしている。科学者の計算によると着陸するのは、2012年の12月半ばだという。この日付は偶然にもマヤカレンダーの終わりと一致する。
------------
■ イランで何かが起きている?: 各地で「汚染」という名目で公共機関が閉鎖されている 「In Deep」より
 ● 当局は公害の汚染による閉鎖だと言っていますが、多くの人は、当局の言葉をあまり信じていません。
 天候もおかしい。
 この季節にしては異常に暑いのです。
 そして、 めまいと頭痛を訴えている人たちがたくさんいます
------------
■ この時期のアデン湾地震は偶然か?海上自衛隊ジブチ基地ができたばかりだぞい 「Walk in the Spirit」より
 ● そして、ジブチに、日本の海上自衛隊の立派な基地ができたばかり、 そしたら、(めったに起きない)連続地震発生、
果たして、この地震は、偶然? 人為? それとも、天からの警告?

☆ 海賊対処行動:海賊事案が多発するソマリア沖・アデン湾 「海上自衛隊」より
☆ ソマリア沖・アデン湾における海賊対処のための活動特設ページ 「防衛省・統合幕僚監部」より
------------
■ 日本、ジブチに大軍事基地を建設: 日本のメディアが報じる 「マスコミに載らない海外記事」より
 ● 赤嶺議員は、ジブチで現在建設中である海上自衛隊の新たな施設は“れっきとした軍事基地”だとして批判し、“そのような施設を構築することで、自衛隊は戦後初めて、海外における恒久基地を得ることが可能になる。これは日本国憲法順守の上で極めて重要な問題だ。”と語っている。
------------
■ 自衛隊、ジブチに恒久「基地」- 施設概要わかる 「赤旗」より
●宿舎7棟(収容人員約280人)
●整備格納庫1棟(収容機1機)
●食堂等厚生施設2棟
●事務所2棟
●電源室等の関連施設12棟
●駐機場(収容機3機)
 ※プレハブ構造=一部は鉄骨またはコンクリートブロック=1階建て(電源室のみ2階建て)

■ (風雲急を告げる?)アデン湾からすべての商業船が消えている 「In Deep(2010年11月17日)」より
 ● アデン湾のあたりは世界でもっとも海上交易の盛んな海域で、 商業船がまったく見当たらない というのは、それほど頻繁にあることではないのではないかというような気もします。
------------
■ アラビアプレートで何かが起きている?: アデン湾で観測されている異常な群発地震 「In Deep(2010年11月15日)」より
 ● 「10キロ地震」は、2009年の3月くらいに地球全域で一斉に始まりました。私はその時を覚えています。その後は地球各所の特定地域では頻繁に見られました。その不思議さは、「大体10キロ」なのではなく、「 完全に10.0キロ・ジャストの深さ 」なのです。群発地震として発生することが多いです。原因はわからないですが、ずっと興味を持っていた現象です。

.