■ 裁判所の控訴の勧めと「甘えの構造」 「永田町異聞」より
 ● お詫び、謝罪があれば日本人は相手を許す性向がある。それは日本人の美点でもあるが、情に流されやすい脆さもはらむ。
西洋人も、中国人も謝ることを嫌うところをみると、他国と海を隔て、黒船来航まで他国から侵略される心配をほとんどしなかった日本人のDNAは、よほど謝る人の善意を信じるようにできているのだろう。
 ● 死刑判決を下しながら控訴を勧めた裁判員裁判、法的拘束力を持ちながら裁判所に判断を丸投げした小沢一郎氏への検察審査会議決。いずれも「感情」と、その場の「空気」が、法治の精神を歪めているように思える。

■ テクノラティ検索
#technorati
■ クチコミ検索


■ ブログ2


■ ニュース1


■ ニュース2


.




.