■ blanklink plugin Error : URLかページ名を入力してください。攻撃は周遊船を麻痺させた後、米国にミサイル攻撃をさせるよう刺激します。){http://higasinoko-tan2.seesaa.net/article/169193242.html
「ロストワールド Season2.3」より
}
ChemBlog-ケムログ 」より  ★★
■ ウェイン・マドセン:中国が発射したミサイルが南カリフォルニアで目撃された
 ● ワシントンDCを拠点とする独立調査報道記者のウェイン・マドセンは、月曜日に南カリフォルニア沖合の上空で目撃された ミサイルは中国のもの であったという、11月10日付けの独占記事を(購読者に)配信している。北京の意向は、 米国に警告を与えるため にその力を誇示する事なのだという。
 ● 米国の金融評価の格下げに結びつけられたミサイルによる示威行動は、 北京からワシントンに向けられた軍事力及び経済力の誇示 であった。
----------
■ 軍によるとミサイルのような物体はミサイルではなかったという
 ● リチャードソンによると、潜水艦或いは迎撃機から発射された弾道ミサイル、若しくは海上の海軍艦船が使用している、防御のための対ミサイル兵器である可能性があるという。
日本時間8日未明、カリフォルニア南部沿岸で、ロケットを打ち上げたような軌跡雲が報告され、その正体をめぐってケンケンがくがくのやりとりが続いている。これは、おそらく阪神大震災直前に神戸で観測された竜巻雲の一種と同じもので、 地殻の超高エネルギーピエゾ電荷によって粒子線が放射された軌跡雲 だろう。これは 超大型地震の前に、周辺地域で多く観測されるもの で、筆者も無数に確認してきた。
 地震前兆でクラックが生成される前、花崗岩が圧縮されると、ピエゾ効果によって数千万ボルトという信じがたい電圧が発生することが確認されている。この分離した電荷が再結合する過程で、さまざまの電磁気現象を発生させるが、地殻内部を励起し、粒子、例えば電子を最強のガンマ線なみのエックス線として放射するだけでなく、透過性の強い粒子も励起して放射する可能性が強い。エックス線が地表に出るまでに散乱吸収されるが、もの凄いエネルギー連鎖によって地表で放射する励起粒子も多いはずだ。

(monosepia注:昨日「ミステリーミサイル」関連記事にリンクしましたが、「In Deep」さんが詳しく調べて下さっていますのでリンク貼ります。)
■ アメリカで大騒動の謎の巨大ミサイル発射を巡る米軍の困惑 「In Deep」より
 ● 「いくつかの異なる軍と部署で現在調査をしているが・・・」と、米軍の 空軍宇宙軍団 ( AFSPC ) 司令部のスポークスマンであるアンソニー・ローク氏は述べる。
他にも、 アメリカ戦略軍 ( USSTRATCOM )、 地球規模攻撃軍団 ( Air Force Global Strike Command )、そして、ミサイル防衛局(Missile Defense Agency)の関係者たちも同じように困り果てた様子で語った。

■ ロサンゼルス沖で謎の飛行物体 「東京kittyアンテナ(@w荒」より
 ● 昨今国内及び国外で続く不可思議な事件は、所謂米国の10年に1度の「武器在庫一掃お客様感謝セール」とも言うべき不況一掃のための 公共事業である戦争の前兆 と見ている(@w荒





.