■ 世界の人口が増えすぎて問題だ? それは嘘です。 「日本や世界や宇宙の動向(2013.12.4)」より
/
世界人口がこのまま増え続けると世界の食糧は尽きてしまい、世界中で水や食料の取り合いが起こるなどと洗脳してきた連中がいます。国連などは積極的に人口増加の問題を取り上げています。嘘つきの集まりが国連です。彼らは人口削減計画を実行したいのです。しかし世界の人口が増加してもちゃんと生活していけるだけの土地や資源が地球に用意されているそうです。問題なのは、平等に衣食住を与えられていないことです。貧困層と富豪層との差があまりにも激しく、どこの国でも食糧や資源を強奪しているのが富豪層であり支配層なのです。そのため、一般庶民には食糧が回ってこないのです。それが一番問題です。世界中の貧困者を助けるために、お金をばらまくなどとバカなことを言っている人もいますが、一番必要なのは、きれいな飲料水と農作物を育てる技術を教えることだと思います。69億人の世界人口が平和に豊かに暮らせて行ける方法はいくらでもありそうです。まずは、世界の富や権力を牛耳っている文明の破壊者達(支配層)から支配権を奪うことです。世界の環境を破壊してきた支配層がいなくなれば、自然はよみがえると思います。次に、世界中の人々に農業や他の技術を教えながら、十分な食糧と飲料水を自給できるようにさせることです。途上国では境汚染を食い止めることも必要です。人々が懸念しなければならないことは、世界が人口過密になるということではなく、世界を支配している連中が世界や人類を破滅しようとしていることなのです。
http://beforeitsnews.com/environment/2013/12/overpopulation-not-a-problem-now-and-never-will-be-2486768.html
(※ 後略。詳細はブログ記事で)

■ ビル・ゲイツは無人機を使って大気中に大量の硫酸を撒こうとしています。 「日本や世界や宇宙の動向(2013.8.25)」より
/
世界一の大金持ちであり、世界最悪のサイコパスであり、気の狂った人と言えば。。。ビル・ゲイツです。以下の記事をご覧になることで、ビル・ゲイツがいかに世界の人口を削減しようとしているか。。。つまり、世界中の人々を大量虐殺しようとしているかが分かります。非常に有害なケムトレイルも、実はビル・ゲイツの資金で撒かれているのです。
世界最悪の企業のモンサント社と世界最悪の人間のビル・ゲイツが連携して、世界中の人々を大量虐殺した後に、地球をのさばる恐竜のように、彼らの富と権力で世界を完全支配しようとしています。どうやら、NWOの王に君臨しようとしているのはビル・ゲイツのようです。ビル・ゲイツが地球を狙う悪魔の代表者なのではないでしょうか。
(※ 中略)
/
ビル・ゲイツの計画では、今後20年間にわたり、20億ドルの資金を投入し、80機の飛行機で毎年何百万トンもの硫酸を成層圏にまき散らそうとしています。ビル・ゲイツはバカな大金持ちではないのです。彼は世界一影響力が強い、非常に危険なサイコパスであり、人口削減計画を推進している人物です。ビル・ゲイツは地球上にどのくらいの人々が住めるかを算出する計算式をも作り出しました。ビル・ゲイツは以下の目的で特定のテクノロジーを開発する資金を提供しています。
  • ビル・ゲイツ自身が巨額の富を得る。
  • 大勢の人々を殺すことができる。
彼は地球の気象をコントロールする地球工学の開発に多額の資金を投入しています。ビル・ゲイツの資金により世界の気象がコントロールされているのです。彼は、Solar Rsdiation Managementというプロジェクトに多額の資金を投入し、地球に降り注ぐ日光の量を削減しています。プロジェクトの一環として、何百万トンもの硫酸を成層圏に撒こうとしているのです。
(※ 中略)
/
また、ビル・ゲイツはワクチンを接種すれば、世界の人口を削減できると語っています。
さらに彼は人を殺すことができる危険な遺伝子組み換え蚊の開発に資金を投入しました。そして完成した遺伝子組み換え蚊を会議の参加者の前で放ちました。
ビル・ゲイツは、ますます多くの危険なテクノロジーに資金を提供しています。
彼はコンピュータ・ソフトウェアを独占することで(その莫大な資金を使って)、日光と食糧生産をコントロールし、世界を支配しようとしています。同時に、モンサント社は天候ストレス(高熱、干ばつ、酸性雨、日光の量)に耐性のある遺伝子組み換え種の特許を取得しています。
ビル・ゲイツはケムトレイルなどの地球工学の開発にも多額の資金を投入しています。科学者はビル・ゲイツに買収され、地球工学による地球温暖化の防止(嘘)効果についてのプロパガンダを行っています。


 ・なぜ、この時期にこのような歌が賛美されるかというと、大地がイシスであるからである。
  この歌は、日本を越えて海外でも取り上げられているという。
  「オウムの怒りは、大地の怒りじゃ!」 ナウシカでもこのような台詞が登場するが、
  ようするにフリーメイソンの神である、イシスを讃えているため、
  また大地の怒りということにしておけば、政治家もその責任も逃れることができる。

 ・地震も、津波も、原発も、革命も、戦争も、食糧不足も、すべて 女神を救うという口実によって仕掛けられた、人類への罠 である。
  人間に魔法をかけて、冥府へと送り届ける女神の子供たちの。


■ TPPは日本人大量虐殺プログラムの一部に過ぎない。 「超高層マンション スカイヲーカー」より
 ● やがて食糧危機に落とし込む邪悪な日本人など 有色人種の大量虐殺プログラム に過ぎないのだ。 これは罠 なのだ。
■ 人口削減狂想曲 「さてはてメモ帳」より
 ● その通り、彼らは本当に人口削減を望んでいる - あなたの食欲を失せさせるようなグローバルエリートの人口抑制に関するショッキングな22の引用
  ● 現在、爆発的に増加している世界人口の様子はウィルス、或いは伝染病の様相を呈しており、それと戦わなければならないと確信している、多数の グローバルリーダー の存在がある。
  ● 国連は、それに関する方針説明書を発行し、大学はそれに専念するための全体的な過程を有しており、過激な人口抑制支持者は、最高位の政策ポジションの幾つかに任命されており、また地球上の 富裕層に当たるある人々は、それを論じるために会合している。
  ● チャールズ皇太子(Prince Charles)は、つい先日世界人口の急激な膨張を嘆いているといった内容の、際立ったスピーチを行っている
  #1)2009年3月の国連人口部会の方針報告 出生率低下を加速するのに必要な事は何か?
  #2)マイクロソフト社のビル・ゲイツ 新型ワクチン
  #3)バラク・オバマ政権のトップ科学アドバイザー、ジョン・P・ホールデン 女性不妊プログラム
  #4)ジョージ・W・ブッシュ政権の科学アドバイザー、ポール・エーリッヒ 不釣り合いに地球の環境と生命維持系に影響
  #5)米最高裁判所、ルース・バーダー・ギンズバーグ 我々が望まぬ数の人口が増加
  #6)「直面する世界変動:女性、人口と気候」と題された国連人口基金の報告
  #7)ディビッド・ロックフェラー 負の衝撃
  #8)ジャック・クストー 毎日35万人を除去する必要
  #9)CNN創立者、テッド・ターナー[Ted Turner] 2億5,000万から3億が理想的
  #10)アース・ファースト共同創立者、デーブ・フォアマン 約1億人規模までの人口削減
  #11)エジンバラ公フィリップ王子 殺人ウィルスとして地球に戻りたい
  #12)~#22)
  ● 鳩山由紀夫首相は(2010年1月)14日、首相官邸で開かれた温室効果ガスの25%削減に向けたイベントであいさつし、「 地球から見れば、人間がいなくなるのが一番優しい 自然に戻るんだという思いも分かる」  と述べ、・・・これまでも「 国益も大事だが、地球益 も大変大事だ」「 日本列島は日本人だけのものじゃない 」・・・
■ 世界のエリート「人口削減」を語る!2:たぶん5億人になってもうまく行かないだろう! 「Kazumoto Iguchi's blog
」より
 ● かつてジュビロ磐田にいたドゥンガがサッカーとはどういうものかを指してこう言っていた。
「もしお前と俺のどちらかが死なねばならないとしたら、 お前が死ぬ方が良い に決まっている。」
この言葉に白人の典型的な感覚や考え方がよく出ている。