★ ビスフェノールA【Wikipedia】
 ・現在ではビスフェノールAは、他の「環境ホルモン」疑惑を受けた化合物と同様、通常の摂取条件ではヒトに対して大きな影響を及ぼすものではないという考えが強まっている。ただし生態系への影響、胎児や乳幼児への影響に関してはまだ研究が進行中である
 ・2010年10月13日、 カナダ は動物実験の結果から健康や環境に有害で、神経異常や早熟も引き起こすとして 有毒物質に指定した最初の国 となった

★ ビスフェノールAのホームページへようこそ【ビスフェノールA安全性研究会】 ビスフェノールA安全性研究会では、ビスフェノールAの内分泌かく乱化学物質問題(環境ホルモン問題)に対し、安全性に関する調査・研究活動とその情報を広く社会に提供することに取り組んでいます。

★ ビスフェノールAについてのQ&A(pdf):平成22年1月15日更新 「厚生労働省:食品安全部基準審査課」より


■ ビスフェノールA 皮膚を通して吸収 レシートによく触る妊娠中キャッシャーはご用心 「さてはてメモ帳」より
 ・ビスフェノールA 皮膚を通して吸収 レシートによく触る妊娠中キャッシャーはご用心
 ・ネイチャー・ニュースによると、フランス国立農業研究所の毒性学者らが、健康影響をめぐって論争が続くビスフェノールA(BPA)が皮膚を通して”効率的に”吸収されることを発見した。⇒ ネイチャーニュース / 【参考】農業情報研究所
 ・一日に数枚のレシートに触るだけなら感熱紙が重大な曝露源になることはなさそうだが、それでも キャッシャーとして働く妊婦は用心が必要 ということだ。
 ・BPAはエストロゲンを擬態し、特に妊婦への影響が懸念されている。


★ 「ビスフェノールA」は有毒 カナダが認定、規制強化へ 「47ニュース(2010/10/15)」より

添付ファイル