ロシア-ユダヤ闘争史 「平成中野学校(2014.4.8)」より】


■ ユダヤ人と世界 「金融黒魔術」によって滅ぼされる世界経済 「戦争はなぜ起きるのか(2012.6.10)」より
  • こうしたユダヤ人を称える本は肯定されるが、逆にその真の恐ろしさ、つまりユダヤ人が支配する経済の中で埋もれて死んでゆ貧しい大衆、という違った視点から書き綴ると、「反ユダヤ主義者」として世界からつまはじきにされてしまう。
 かつてキリスト教世界で蔑まれ、踏みにじられてきたユダヤ人たちは、その悔しさをバネに、世界の主権をひっくり返した。
 それまでは欧米社会の支配者と言えば、ローマ教皇と王族たちであったのだからー


■ ユダヤ時代の終焉 「ROCKWAY EXPRESS(2012.4.6)」より

 ・このように、嘘で塗り固めた歴史のため、欧米の人々の精神は呪縛されたままになっていた。しかし、今やそのような嘘が次々と暴露される時代をむかえている。その嘘を暴露するものたちは、ユダヤ人自身であろうし、またそれが望ましい。20世紀の「ユダヤの世紀」は、21世紀には、太陽の光の中(太陽電磁波+太陽霊光)でしおれる葉のようにしぼみ落下し消滅していくことは、まちがいないことであろう。


リビア
■ イスラエルは傭兵をカダフィに送っている(2011.3.3) 「ROCKWAY EXPRESS」より
 ・反イスラエルだったリビアのカダフィ政権に、イスラエルの会社が イスラエル政府の許可を得て 、5万名のアフリカ人傭兵をリビアに送り、19倍のピンはね(給料2000ドル/日の内、傭兵100ドル・会社1900ドル)をしている、という。

《カダフィ - ユダヤ人説》
■ リビアのカダフィ大佐がイスラエルに亡命を希望した場合、帰還法でユダヤ人として認定されるため、拒否できず(2011.2.25) 「Infosecurity.jp」より
 ・「カダフィの祖母(ユダヤ人女性)は、最初、同じユダヤ人の男性と結婚した。しかし、彼が彼女を酷く扱ったので、彼女は、逃げ出して、イスラム教徒の男性と結婚した。その二人の子供がカダフィ大佐の母親。」なのだという。

■ 変人の行方(2011.2.26) 「経理日誌@イ国の小さな村より」より
 ・ もしも、大佐がユダヤ人として申請して帰還法で認められたら?
移民特権で移民時の渡航費用は全額イスラエル持ち。移民後半年間の生活保護と住居手当、語学学校(ウルパン)は無料。3年間はいろいろな租税優遇措置があります。もうお年ですから働くことはムリでしょうけれど、最低年金はもらえます。
3年後はパスポートが取れ、渡航も出来ます。
■ 国際世論の正体 「東京kittyアンテナ(@w荒」より
記事引用
 ● 国際世論というものが 胡散臭く背景に明確な狂信 があるということを弁えておかないと「自由」とか「民主主義」というビッグワードに絡め取られて騙されるだけだろうね(@wぷ
■ 統合機運の基盤~ユダヤ教(出自バラバラの寄せ集め集団を統合する観念) 「日本を守るのに右も左もない」より
記事引用
 ● ユダヤ教とは、本源集団を破壊されて共認基盤を失った出自バラバラの戦争捕虜(奴隷)たちを 寄せ集め集団として統合するための観念 だったと考えられる。そのためには、特定部族の統合観念である守護神信仰や神話では統合することはできない。寄せ集め集団を統合するために、 部族を超えた唯一絶対神 が作り出された。これがユダヤ教の原型であろう。


.