■ [特報]フレッド・ホイル博士の霊に捧げる:インドに降った赤い雨の中の細胞が 121度の温度の下で繁殖し、銀河にある光と同じ光線スペクトルを発した 「In Deep」より  ★★
 ● 今回の記事は何だか嬉しくて、涙を流しながら翻訳しておりました、英国カーディフ大学のチャンドラ・ウィクラマンシゲ博士とインドのコーチン科学技術大学の物理学者、ゴフレイ・ルイス教授の執念の賜といってもいいかもしれません。
 ● パンスペルミア仮説というのは、彗星や小惑星や、あるいは恒星間にある宇宙塵や宇宙雲に至るまであらゆる宇宙空間の中に生命が存在し、地球の生命の起源はこれらの中のひとつか、あるいは複数の種からできているという考え方だ。










.