■ 共食いと戦争と可能性 「虚空と君のあいだに」より
 ● もうすぐ戦争が始まったら、「もっといい共食いのシステムはないのか?」と、今よりも声が聞こえてしまうのかな?
そういう苦しみ、本能や生命の根源にさえ 立ち向かえる力=改善できる能力 を、 知性 というべきなのかもしれないね。

■ 地球人類がいま直面している悲惨、不幸(各地の争い、貧困格差、地球環境悪化など)の最大原因(元凶)は何か。その解決策は何か~日本はそれを解決できる優位な立場。健康英知研究所」より
 ● ヨーロッパの科学者の推計によれば、この小惑星、地球の最適人口は3億人、人間が地球と言う惑星で「最大限耐えて生存できる限界人口」せいぜい50億人と計算されている。
 ● 唯一この人口爆発を防ぐ正常で自然な解決策は、人類が英知力を発揮して、避妊による産児制限を徹底して、人口爆発を防ぐことだ。
■ 共食い 「常識ぽてち」より
 ● 牛や羊に同じ仲間の肉が入った餌を与え続けると防御的に異常たんぱく質のプリオンが発生し共食いを止めさせる為に病気を発生させるのです。世界には人食い人種がまだ存在するようですが、その人種にも共食いによる異常たんぱく質に起因する同様の神経疾患が確認されています。
■ 人口増加問題は戦争をすることで解決可能である 「Oriran」より
 ●んなこたないよ!28.2% ●そのとおり!7.7% ●これだから平和主義者は困るねぇ、人口が減る事にデメリットはないのだよ!7.7% ●ゴム使えYO!7.7% ●ビンラディンの第二次爆破テロを期待しよう。5.1%
■ 人口増加に賛成?反対?【イラン】 「News from Middle East header(日本語で読む中東メディア)」より
 ● マフムード・アフマディーネジャード大統領はチャンネル1のテレビ・インタビューのなかで、人口抑制策への異議を明言し、「多くの人が冗談だと思っているようだが、以前にもお話ししたように、私は二人っ子政策には反対だ。というのも、わが国には1億5000万人の人口に耐えうるだけの能力があるし、現在のわが国の能力は、ここ30~60年で大きく変化を遂げているからだ」と述べた。
 大統領は、二人っ子政策は西洋の政策に他ならず、いまや彼らはそれを後悔して、自らのアイデンティティーと文化を守るために莫大な資金を費やす羽目に陥っていると指摘、「結果ははっきりとしているのに、なぜその〔西洋の辿った〕道を歩む必要があるのか?」と語った。
.