■ ビートルズ日本公演は安保闘争つぶしの謀略説 「Wikipedia」より
 ● 公演関係者へのインタビューにおいて、本件について質問がなされているが否定されている。

■ ビートルズの少し怖い話 「Electronic Journal【異文化研修のインテックジャパン】」より
 ● この記事は「ビートルズの少し怖い話」カテゴリー表記ですので、1ページ内に複数の関連記事が配置されています。(注 - monosepia)

■ ロック音楽が恐ろしい本当の理由 「カレイドスコープ」より
 ● ビートルズは麻薬の伝道師としてNWOが世に送り出した

■ ベネズエラにおけるブッシュ・ファミリーのいかがわしい商売【レベリオン誌;エドガー・ゴンサレス・ルイス著】 「どうじまるHP バルセロナより愛を込めて」より
 ● この論文に書かれてある事実は日本ではほとんど知られていないことばかりだろう。ブッシュ息子政権はベネズエラとキューバの政権転覆と新しい形態のラテンアメリカ支配を目論んだが、この論文にはそれまでラテンアメリカの利権・権力構造の中にブッシュ・ファミリーがいかにあくどく食らい込んできたのか、の実態が描かれている。(翻訳者による前文より)


★ 記事より抜粋

ドラッグ、倒錯、ポルノ、ロックンロールがブラウン管に君臨

 1960年代の初めにスタンフォードは、この国の変化するようもっと圧力をかける事を決定した。SRIの攻撃は力を蓄え、運動量は増大した。其の結果今ではテレビのスイッチを押すとスタンフォードの勝利を目の当たりにする事が出来る。
 トークショー番組は際どいセックスについての詳細な特殊を組み、ビデオの特別チャンネルでは倒錯とロックンロールとドラッグとが神のように君臨している。かってジェン・ウェインが支配した場所に、今日我々はマイケル・ジャクソンと称する、人間とは名ばかりの改造人間(彼は人間か?)を配している。彼は人類のパロディであり、英雄として祭り上げられて何百万というアメリカの家庭のテレビ画面に登場しては、旋回し、足を引きずって歩き、ブツブツ言い、絶叫する。何度も結婚を経験した女性が全国的に報道される。不潔でろくに風呂にも入っていない麻薬中毒の頽廃的なロックバンドが次から次に登場し、何時間も放映され空虚な音楽や狂気じみた旋回やファッションや言語錯乱が紹介される。際どいポルノ・シーンが昼メロで放映されても、全く論評されることもない。
 1960年代の初めには、こんなことはとても耐えられなかったが、今では当たり前のようにしてまかり通っているのだ。我々は服従させられ、タヴィストック研究所が「未来の衝撃」と呼ぶ企図に屈伏してしまったのである。
 ここでいう未来とは現在のことである。我々は、次から次へとカルチャー・ショックの絨毯爆撃を受けて精神が痺れてしまった為に、抗議しても無駄なことのように思い込み、引いては抗議する事自体が良くないことだと結論づけてしまっているのである。

■ 世界洗脳の手先ビートルズ 「謎と陰謀:AUM7」より
 ●  多くの人々は、あまりのビートルズの人気に対するひがみだと思って聞き流すかもしれない。しかし、彼の見解は正しかったのである。実は、今から100年も昔にまとめられた『プロトコール』という文書にこう書かれてある。

■ ビートルズ陰謀論 「柿沢謙二ブログ」より
 ● 確かに、ビートルズは、若者にドラッグ文化をもたらしました。
そして、「キリストよりも有名」などとブチあげて、熱心なキリスト教徒たちを敵に回してしまいました。
ビートルスは、世界を堕落させたか。
いやいや、そうは思いたくありません。
僕は、ビートルズから、たくさんのことを学びましたよ。

■ ビートルズは洗脳ソング?について~洗脳の自覚は感じられるものか~ 「だいだいこんの日常に溢れる陰謀~もう騙されない~」より
 ● 何とか研究所がどうたらの話をうのみにして、好きだった音楽を聴かなくする。 これこそが洗脳テクニックなのだ、ということにみなさんも目を覚ますべきです。(注:玉蔵さんの最新記事のあるコメント「ビートルズは洗脳ソング?」よりの引用を引用)


















.