■ 韓国国会議員が北方領土を訪問:韓国の意図は何か? 「国際情勢の分析と予測(2011.5.28)」より

 ・韓国政府の意図は二つあると思われる。一つは、竹島問題で日本に対する強硬姿勢を示すことで、日本が竹島領有を諦めてくれる可能性に賭けることである。二つ目は、北方領土問題を抱えるロシアと領土問題で手を組んで竹島問題で日本に対して優位に立つことである。ただ、現実にはこの二つの意図は失敗に終わる可能性が非常に高い。日本は竹島問題を韓国をコントロールする手段として温存してきたと考えられるので、韓国が滅亡するまでは譲歩することはないし、韓国が滅亡すれば譲歩する必要が亡くなるからだ。

---------------
■ 「第二次大戦後体制の終わりと見せしめの生贄になるイスラエル・韓国」:イスラエルと韓国の類似性 「~山のあなたの空遠く幸い住むと人のいう~(2008.1.6)キャッシュ保存」より

 ・1.イスラエルと韓国の共通点
 ・2.冷戦の真の目的はユダヤ金融資本による日独封じ込めか?
 ・3.東洋のイスラエルとして建国された大韓民国
 ・4.米国の衰退と罠にはめられて破滅していくイスラエル・韓国
 ・5.イスラエルと韓国が罠にはめられ生贄になりつつある理由に関する考察
 ・6.韓国が日本や米国、欧州によって罠にはめられ生贄になる過程に関する考察:日韓ワールドカップと韓流ブームは韓国を生贄にするための陰謀として実行された?
 ・7.罠にはめられたことに気付いて政策転換を始めたイスラエルの賢明さは韓国と対照的
 ・8.JJ予言と海外情報のプログに書かれた謎の情報とその意義
 ・9.米国の世界覇権崩壊後に予測される米中両国の分裂
 ・10.このシナリオを書いたのは誰か?ユダヤ金融資本の運命は??


■ 韓国が竹島実効支配で強硬路線を突っ走る3つの理由 「日本を良くする為には・・・?(2011.5.28)」より

 ・すでに動き出している竹島周辺に総合海洋調査基地建設計画を含め、韓国政府には各省庁から集めた28計画の候補がある。日本政府はこうした韓国の動きをどう牽制、阻止するのか。図書協定で約束を果たしたなどと笑談している場合ではない。


■ 問題外といってもいいほど小さい日本の領土問題 「阿修羅♪(2010.10.23)」より

リビア
■ イスラエルのリビア軍事介入(2011.3.6) 「ROCKWAY EXPRESS」より
 ・3月3日号の「イスラエルは傭兵をカダフィに送っている」で語られた内容以上の深刻な事態が予想されるようだ。それは カダフィを支援するイスラエルと反乱勢力を支援するオバマ大統領との対決である。
 ・まさしく、 複雑怪奇な様相 を呈してきたようだ。
----------
中東の窓 」より
■ リビア情勢(イスラエルの黒い手)2011.3.1
 ・そしてリビア政府は反乱が鎮圧された場合には、イスラエルの会社に対して、いくつかの油井からの石油およびガスのの探鉱、採掘、輸出を認める事を約した。またこの会社とリビアの軍事組織の訓練、運用等について指導を受けるとの契約にも署名した。
----
■ リビア情勢(カッダーフィのイスラエルコネクション?)2011.3.6 
 ・今度はカッダーフィが islamic jihad (現在ガザを拠点に盛んにイスラエルにロケット攻撃などをしている過激派グループ)の殺害に関与していたという説が出てきました。
しかも イスラエルのモサドと協力して です。
----
■ リビア情勢(SAS隊員の逮捕)2011.3.6
 ・SAS(英国の特殊部隊)隊員(数は不明だがおそらく8名程度とのこと)がリビアの東部で、反政府軍に捕まりベンガジに護送されたと報じています。
 ・このことが波乱は西欧等の 外国の手先の仕業であるとのカッダーフィの宣伝に、更に材料を与えることになる と怒った反乱側の指導者が、彼らの逮捕を命じたものであると報じています。
----------
■ なんとなくリビアの分裂はイスラエル王国分裂を思い出させる。(2011.3.6) 「ウルトラマン ファイティングエボリューション リバース 攻略日記だったのですが」より
 ・なんとなく 北イスラエル王国と 南ユダ王国の分裂を想いださせる。


【陰謀論的考察】
■ イランのフリゲート艦がスエズ運河を通過へ - イスラエルを「刺激」 「東京kittyアンテナ(@w荒」より
 ・「刺激」と括弧付で書いたのは、昨今の中東及び北アフリカの不安定情勢が米国やイスラエル、そして国際金融資本によって仕組まれ、世界経済を回す有効需要を生み出すための 米国の10年に1回の「武器在庫一掃お客様感謝セール」 としての戦争を惹起するために仕組まれ、米国とイスラエルがイランを始めとする中東諸国で戦火を拡大するという台本が見えているからだ(@w荒
 ・エジプトの例に見られる様に、知らない間に親米派が使い捨てされ、反米国となって米軍産複合体の次の「武器在庫一掃お客様感謝セール」の 開催会場にされる可能性 もある
---------- 上の見方に対して↓ -----------
■ なぜ、あなたは中東が混乱してムバラク政権が崩壊すると考えなかったのか 「DARKNESS OF ASIA」より
 ・いずれエジプトの崩壊はアメリカの陰謀で、仕組まれていたものだという「裏情報」みたいなものが出てくるだろうが、 恐らく実態はそうではない
  アメリカですら想定していない出来事が起きていて、それに「議論を重ねて対処」しているのが本当の姿だ。

【参考】
■ 秒読みに入った?「日本沈没」 「プロジェクト・ブルービーム」より
 ・いみじくもルーズヴェルト自身が言っている。「政治では、偶然に起きることなど一つもない。何かが起これば、それは間違いなくそうなるように予め計画されたからなのだ」
 ・そして、国境紛争の勃発のような突発的な軍事衝突の形で、日本は中国にぶつけられるように仕組まれる。日本は「中国と新たな戦争をさせられる運命」にある。それも10年もかからない。あと5年で日本は台湾海峡か、北朝鮮との戦争に巻き込まれるように計画されている。
----------
■ 日本が危ない 嵌められた日本人 「戦争はなぜ起きるのか」より
 ・私はかつてアングロサクソンの公務員から、「北海道は危ない」という警告を聞いている。
  北海道が奪われると言うことは、実は日本の解体を意味する。
血に塗られているうちに買え! 」とは、ユダヤ王のロスチャイルド男爵が言った格言である。
----------
■ 米国でも一部暴徒か!!! 「田舎の日記」より
 ・菅直人政権の”未来”は?:おそらく日本経済破綻、日本破滅!
  まあ、菅直人政権誕生の目的とは、ズバリ、ネバダ・リポートのシナリオ通りの日本社会を作り出すことなのである。
■ イスラエルの反対にも拘らず、ロシアはシリアに武器販売 「ROCKWAY EXPRESS」より
 ● イスラエルはもう今までのような傍若無人的・武断的・ネオコン的・タルムード的傲慢性にみちた政策の方向転換ということを真剣に考慮し始める時がきたことを悟るべきであろう。
■ 8月21日に向けてカウントダウンを始めちゃったセイウチ・ボルトン 「園田義明めも。」より
 ● ウォーラス(セイウチ形) (Walrus) – 密生した髭が伸びて、上下の唇を覆うようになり、しばしば口全体を覆ってしまう状態になったもの。 ジョン・ボルトンDick Strawbridgeウィルフォード・ブリムリーJamie Hyneman などが例である。
■ ハーバード大学基金が保有する全イスラエル株を売却する by Hillel Koren 「さてはてメモ帳」より
 ● ハーバード大学基金が保有する全イスラエル株を売却する。SECへの報告に売却理由への言及は無かった。(注:SEC=証券取引委員会)
★☆
■ イラン:「イスラエルの存在、危うい」、原発に攻撃なら-国防軍需相 「Bloomberg.co.jp」より
 ● 「われわれが原発を失うようなことになれば、イスラエルの存在が危うくなるだろう」と語った
--------
■ ハーバード大学がイスラエル企業の株を全て売却した模様 - イスラエルによるイラン核施設への単独攻撃の可能性 「東京kittyアンテナ(@w荒」より
 ● ハーバード大学は国務省やCIAに人材を輩出しており、また教授陣もアメリカの国策に関係が深く、最新の国際機密情報を入手できると思われる立場にあるからだ
------
■ やはりこの夏になにかあるのか?17 「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ」より
 ● オバマ政権がイランの原発の稼働を容認したのは、「原発の建設を支援するロシアから、国連安全保障理事会の対イラン追加制裁決議の採択での支持を獲得するための外交取引だった」どころではないことがよく分かる。 ロシアの軍事力による実質的な脅しが背景 にあったと見られる。
------
■ イスラエルが滅亡します 「ネットゲリラ」より
 ● 田中ウーさんちでも「レバノンやパレスチナの側が、イスラエルを倒す祖国解放戦争を起こす番」と書いてる
------
■ 解放戦争に向かう中東 「田中宇の国際ニュース解説」より
 ● ボルトンは8月13日、フォックス・ニュースに対し「イスラエルは 8月21日までにブッシェール原発を空爆せねばならない 。(以下略)- mono.注」
 ● ボルトンの主張は、米政府の見解と食い違っている。だが、CIAや米軍関係者の中にも「イスラエルは、早ければ8月中にイランの核施設を空爆する」「中東で核戦争が起こり、それが(中国やロシアを巻き込んで)第三次世界大戦的なものに発展する」と予測する人々がいる。ボルトンは過激なことばかり言う茶番的な人だが、 「大戦争が近い」という感触は、米諜報界の全体にある
■ 1940年ドイツ=2009年イスラエル【写真多数】 「メモ・独り言・戯言」より
 ● 言葉は要りませんね、これは現実です。
■ シオニスト政権:20年で消滅 「ROCKWAY EXPRESS」より
 ● アメリカのCIAの研究では、シオニスト政権が今後20年を超えて存在することに疑問を示している。

.