+ ブログサーチ
+ ニュースサーチ

+ 在沖縄米海兵隊の意義と役割(図)、在日米軍の日本における配置図





★ 米軍佐世保基地で発砲か 「西日本新聞(2016.11.3)」より
/
米海軍佐世保基地の公式ツイッターによると、 3日午前9時半 ごろ、基地内で発砲があったとの通報があった。一時的に警戒態勢を取り、全隊員が建物内に避難したが、けが人はないとしている。




米海軍佐世保基地のツイッターで基地内で発砲があったことがアナウンス


在日米軍の佐世保基地内での銃撃。
FBの在日米軍垢が「これは演習ではない」と基地関係者に警告する事態に

(※mono.--以下略、詳細はサイト記事で)


■ 【事件】米軍基地内で銃撃か 長崎県佐世保市 11/3 「まとめまとめ(2016.11.3)」より


■ 横田基地 「二階堂ドットコム(2015.12.27)」より
/
不審者及び不審物が発見されたようです
現在は不審者は確保されたようです。

ーーーーー
■ ほんと? 「二階堂ドットコム(2015.12.27)」より
/
横田基地が緊急閉鎖だそうです。

↑という連絡が・・・ほんと?


★ 米軍横田基地に不審者が侵入、一時屋内退避指示も 「TBSnews(2015.12.27)」より
/
在日アメリカ軍は、26日夜、東京・福生市にある横田基地内に不審者が侵入し、拘束されたと発表しました。

 在日アメリカ軍横田基地のフェイスブックによりますと、26日午後5時ごろ、基地内に不審物を持った不審者が侵入したため、一時、基地関係者に屋内退避の指示が出されたということです。

 その後、不審者の身柄が確保されたため、午後9時前には避難指示が解除されましたが、アメリカ軍は引き続き、捜査を進めているということです。(27日04:12)

ーーーーー
★ 米軍横田基地 - キューバ人か、侵入の男を拘束 「毎日新聞(2015.12.27)」より
/
 米軍横田基地(東京都福生市など)は26日、基地内に不審な男が侵入し、拘束されたと発表した。基地は一時的にゲートを閉ざし、隊員や家族に屋内退避の指示が出された。不審者は亡命を希望するキューバ人との情報があり、警視庁などが確認している。

 横田基地に駐留する空軍の広報担当者によると、侵入した男は26日午後5時ごろ拘束された。その後の取り調べで、所持していた不審物は、爆発物や危険物ではないことが判明した。【國枝すみれ】


■ 北海道に米軍基地を誘致すべし。 「スロウ忍ブログ(2014.7.22)」より
(※ 前後略、詳細はブログ記事で)
/
ロシアや朝鮮半島にも近い北海道は、沖縄と同様、地政学的にも非常に重要な土地である。大陸の反日国家連合(中国・韓国・ロシア)の妄動にも備えるべく、広大な土地が有り余る北海道にこそ、大規模な米軍基地が設置されるべきだろう。ちなみに苫小牧港には“北の横須賀港”に成れるだけのキャパが存在する。

北海道の防衛力強化は、伸び代の大きな北海道経済の発展を促し、ひいてはそれが内地の経済発展を支える要となるだろう。北海道はアベノミクス成功の加速装置なのである。TPPを梃子に、北海道経済は良い意味で生まれ変わることができるだろう。そのTPPの価値を担保するのは間違いなく、軍事力(特に米軍)である。
/
日本周辺の反日国家連合は北海道の地政学的な重要性を知っている。北方領土はロシアが太平洋へ出て行くための非常に重要なシーレーンであり、また津軽海峡は中国にとって同様のシーレーンなのである。反日国家連合の妄動が勢いを増す今、北海道の守備を固めることが如何に重要なのかが分かるだろう。

TPPの価値を担保する上で、北海道の守備強化というのは、日本だけでなく全てのTPP参加国にとって重要なことなのである。


■ 日本では性的虐待加害者米兵の三分の二は服役していない 「マスコミに載らない海外記事(2014.2.11)」より
/
日本のアメリカ軍基地の大半の性犯罪加害者は、その犯罪のかどで服役してはいない。そうではなく、降格、罰金、あるいは戒告状だけというものも含めた懲罰を受けていることが、情報公開法で入手した文書で明らかになった。

APが入手した1,000件以上の記録は、申し立ての扱われ方についての“憂慮すべき”姿を描き出している。この通信社は、このプロセスは“混とん状態に瀕している”と語っている。2005年から2013年の間に提訴された性犯罪についての報告は、何らかの形の懲罰を受けるのが当然な244人の軍人のわずか三分の一しか服役していないことを示している。

申し立ての結果が、戒告状だけだったものが30件あった。

とはいえ、海兵隊と空軍との間では、性犯罪告訴がどのように処理されているかという点での不一致が明らかで、軍の中でも、異なる部門で相違があった。

海兵隊は、270人の性犯罪者のうち、53人を刑務所に送っており、203人の犯罪者のうち、わずか15人しか懲役刑に処されていない海軍の実刑判決の数値と著しい対照を示している。約70人の他の海軍要員が軍法会議に欠けられるか、他の懲罰を課されるかしていた。

空軍では、124人の性犯罪者のうち、わずか21人しか服役しておらず、適正処罰を行なうという点では、軍の中で最も手ぬるい部門となっている。

文書の中で、特に二つの事件が言及されている。第1海兵航空団の監督下にある二人の軍人が、夜に外出した後、性的虐待を受けたと申し立てた。彼等には主張を裏付ける証拠があった。一人の容疑者は6年の実刑判決を言い渡されたが、もう一人は基地で30日間監禁されただけだった。

(※ 以下略、詳細はブログ記事で)

自衛隊
■ 妥協の平和と正義の戦争・・・『機動警察パトレイバー2 the Movie』 「人力でGO(2013.2.15)」より
(※ 前半は、『機動警察パトレイバー2』のあらすじ概要が書かれています。)
/
(※ 中略)
/
日本国内に駐留する米軍は、いつでも東京を、そして日本全国を占拠出来るのです。
これは、戦後日本が一環して米国の占領下に置かれている事を意味します。
そう、日本は独立国家としての体裁を持っていないのです。

当然、政権も米国の意向に逆らう事は出来ません。

アベノミクスという「露骨な為替誘導政策」は、米国が容認するから実行可能なのです。
もし、米国が「円安はケシカラン」と言えば、そこでアベノミクスは頓挫します。
何故なら、日本は独立国では無いからです。
(※ 後略)






.