最近のお勧め記事 / 最近のお勧め記事【分類版】

■ サッカーコラム J3 Plus+ J1、J2、日本代表を幅広くカバーします。


■ 2010年ワールドカップ・日本代表総括-その1 / その2 「サインワールド 」より
 ● 現在のシステムは本来の意味でのフォワードが存在しない、 いわゆる0トップシステム だと思っているので、両サイド及び中央に居るミッドフィルダーの攻撃参加は必須の条件だが、その中盤の選手で点の取れる人間がまるで見当たらない。
 ● 個人的には チリのビエルサ監督 に率いてもらうのもとても面白いと思うが、果たして次期監督は誰になるのだろう。面白くなってきた。
■ 上杉隆「W杯敗退で歓喜している国にベスト4など永遠に無理な話」は正論か? 「憂国世界」より
 ● 日本に限ったことではないが、本当のことを言う人間は嫌われる。敗戦を終戦と言い逃れ、占領軍を進駐軍、進駐軍を在日米軍とごまかし、駐留条約を日米同盟などと臆面もなく言っている国民に、上杉氏の正論はおよそ理解できない。
■ 駒野を慰めたパラグアイ選手 「東京の郊外より・・・」より 
 ● 産経さんには悪いですが、アエドバルデス選手じゃなくてEdger Barreto エドガー・バレット選手じゃないかと思います。そして最初のキッカーだったのでは・・・
 ● この話を読んで、「日本サッカーの父」と呼ばれる デッドマール・クラマー さんのことを思い出しました。
■ W杯PK戦で日本敗退~「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ」 「ジンボルト」より
 ● PK戦は残酷だ。誰かがゴールを外し、勝負を決定しなければならない。それが自国の選手でないことを願うしかない。今回はたまたま駒野にその“役割”が与えられてしまった。過去のW杯でもPK戦は多くのドラマを生んでいる。
■ W杯パラグアイ戦 PK戦で駒野が外して日本敗退! 「憂国世界」より
 ● 勝敗とは無関係の第三者から観れば、変化に乏しいつまらない試合に映るのも当然である。サッカーはゴールに入れてなんぼの世界だから、魅せる試合をするためには実力の底上げをするしかない。
上記の批判記事も当たり前のことを言っているだけだ。



■ W杯日本対パラグアイ、海外のメディアの反応。 「E-NEWS」より
 ● 実況中継した英民放ITVは29日、「 日本にもっと野心があれば、別の結果になっただろう 」と解説、より攻撃的なプレーがあれば勝てたと総括した。




.