最近のお勧め記事 / 最近のお勧め記事【分類版】 / メキシコ湾海底油田爆発・原油漏れ



■ メキシコ湾海底に巨大な原油プルーム 「ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト」より
 ● マサチューセッツ州にあるウッズホール海洋研究所(WHOI)の調査により、 長さ35キロ、厚さ200メートル にもなる原油の層が、水深1100メートル付近に数カ月間居座っている事実が判明した。
--------
■ メキシコ湾海底に巨大な原油プルーム 「ジンボルト」より
 ● 原油が沈んでプルームを形成しているとか、どういうことだろうか。バクテリアが食べるのではなかったのか。
----
■ 海中に巨大な原油の層が! 「ともこの不景気奮闘日記」より
 ● メキシコ湾の海底に点在する自然に漏れた原油によってもたらされる数千倍の規模で、原油は従来の探査・清掃努力によっては発見できない深海ならびに海底堆積物の中に残存している可能性があるようです!
 ● だいたい、気まぐれなバクテリアに頼ってるところがヘンだと思います
----
■ メキシコ湾原油流出事故あらたな不安 「蛙の目」より
 ● いわんこっちゃない。あれだけの流出事故が簡単に片付くわけがありません。

■ 原油流出事故での分散剤使用、毒性は高まらず=米当局 「ロイター」より
 ● 原油を処理するために使われた分散剤について、特定の種を対象に行った試験の結果、全般的に原油そのものに比べて毒性が高まることはなかったとのデータを発表した。
■ 米ルイジアナ州沖原油流出:三井の現地法人、BPの責任強調--公聴会 「YOMIURI ONLINE」より
 ● 被害補償はBPが一義的に支払う取り決めになっていると述べ、現段階では負担には応じられないとの考えを示した。
■ メキシコ湾の原油流出現場で海底爆発【動画あり】 「In Deep」より
 ● この光景は、水面下で作動しているROV(水中テレビカメラ)の映像に写っていたもので、ジョンと自分とでしばらく見ていたんだけど・・・見始めた2時間後くらいに、 BPの奴ら、撮影していたROV(水中テレビカメラ)を引き抜いちゃったんだよね
■ BPのねつ造、フォトショップ指令 「メモ・独り言・戯言」より
 ● 2001年3月の資料なんか見せられていた訳ですな。
でも 一体なぜ?  こんなものにまでフォトショップを使う必要があったのか
原油流出と直接の関連はないようだが、気になるのでこのページに置く。
■ 2400人のカナダ兵が湾に配置される 「メモ・独り言・戯言」より
 ● カナダ兵が市民を助けるのか、それとも大衆を寄せ集めて逮捕するのか?究極な話だと、言われているような災害の後の死体処理か?何もないのに派遣するかねぇ・・・・?

■ メキシコ湾からコスタリカへ米海軍(46の戦艦と7000の海兵隊)が避難 「Walk in the Spirit」より
 ● メキシコ湾で起こる何かの危機を避けるために、この大艦隊が避難してきたのでは、

■ 7/11は世界人口デー 「gooブログはじめました!」より
 ● みなさんご存知でしょうか?7/11に関する悪い噂が絶えませんね。

関連しているかどうか分からないが(monosepia) *上記「Walk in the Spirit」コメ欄より
■ 南米にドル脱却の風 「赤旗」より
 ● 南米のエクアドルとベネズエラは6日、米州ボリバル同盟(ALBA)の地域共通決済通貨スクレによる初の決済を実施し、貿易分野における米ドルの支配からの脱却に向けて新たな一歩を踏み出しました。

参考まで
★ アメリカと日本の時差 早見表 アメリカの時間一覧表
 ● アメリカ中部時間:7月12日am4:17 ⇒ 日本時間:7月12日pm19:17
■ 石油流出=アメリカに対するイルミナティの密かな戦争 by Henry Makow, Ph.D. 「さてはてメモ帳」より
 ● しかし、戦争のずっと優れたやり方は、9-11のような偽装テロ、カトリーナのような自然災害、あるいは4月20日の石油流出のような 事故として攻撃を装うことである
■ 政府内通者:湾岸地域を「死界」にする態勢が整った 「ChemBlog-ケムログ」より
 ● メキシコ湾の原油流出災害は非常に深刻な事態のようで、先週あたりから大規模な避難(疎開)があるのではないかという情報が目立ってきています。
■ アンクル・サムの頭上にいる黒い馬 「全面的徹底改造計画その壱」より
 ● (注:メキシコ湾原油流出)蓋をするつもりで底を抜いてしまうことがあるかもしれない。そうなったら合衆国はどうなるのだろう?あるいはこれは アメリカにとってのチェルノブイリ 、黙示録のニガヨモギなのだろうか?
 ● 注:ニガヨモギ - 新約聖書・ヨハネの黙示録では、苦よもぎという星が落ちて多くの人が死ぬという預言がある。ただし、これは正確にはニガヨモギではなく、Artemisia judaica だとする説が有力である。wikipediaより
超深度掘削を、陸上ではなく、海上で許可した。 BPがとんでもないヘマをやらかした。
彼らは25000から30000フィートの深さにまで掘削した。これが彼らの言う超深度掘削だ。
これがとんでもない突発的な災害を起こした。
原油の下の圧力がべらぼうに高く、20000から70000ポンド/平方インチもある。
これは人間がコントロールできるレベルではない。
(Lindsey Williams Exposes BP's Gulf Oil Spill Disaster from Insiders & Mr. X on Alex Jones Tv 1/9  http://www.youtube.com/watch?v=SYhugmaAL3A
陰謀説
■ メキシコ湾の原油流出事故は仕組まれていたのか? 「テルテルヘヴン」より
 ● 4月20日に発生したメキシコ湾の原油流出事故は、陰謀論の見地で考え始めるとキリがないし、そんなの関係なく発生した可能性もあるので触れたくありませんでした。しかし、興味深い記事があったので紹介させて下さい。
■ メキシコ湾岸の都市を襲う火災は原子爆弾並みになる 「tamekiyo.com」より
 ● ハリケーンは、ニューオリンズに上陸するとしよう。 数十万ガロンもの「揮発性燃料」をニューオリンズ市に吹き付ける。 最初の内は、ヌルヌルと湿った有害液体で、木や草に損害を与えるだけである。だが、 嵐が終わり、陽が照って乾燥したらどうなるか
■ やはりこの夏になにかあるのか?11 「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ」より
  小見出し
 ● イランによるガザへの船団派遣
 ● メキシコ湾原油流出事故の最新情報
 ● 止めることが不可能な原油流出
 ● 2-ブトキシエタノール
 ● 健康リスクの初期評価
 ● 応急処置
■ 差し迫った国家非常事態-酸性雨がアラバマに降りかかる 「ロストワールド Season2.3」より
 ● しかし、石油災害の短期~長期間の影響に対処している連邦当局は、 メタンガスとCorexit中毒雨の組合せによってつくられる『デッドゾーン』が、石油火山の半径200マイルの範囲内 で住民の避難と都市と町の長期間の遺棄を強制すると報告します。
計画は、ニューオリンズ、バトンルージュ、マンデビル、ハモンド、ホーマ、ベルチェイス、シャルメット、スライデル、ビロクシ、ガルフポート、ペンサコラ、ハッティーズバーグ、モービル、ベイミネット、フォートウォルトンビーチ、パナマシティ、クレストビュー、パスカグーラの強制的避難により実施されます。
■ ルイジアナ州知事の湾岸清掃作業を湾岸警備隊が阻止、連邦政府の遅い対応に地元政府の怒り爆発 「苺畑より」から
 ● オバマ政権はジンダル知事の始めた原油吸引作業は危険だとかいういいかがりをつけて、湾岸警備隊を送り込み、 作業の一時停止を命令 した。
■ メキシコ湾の石油漏出対策に関する17の疑問 「Beyond 5 Senses, tamekiyo.com」より
 ● (14) 流出現場で働く作業員の多くが、「謎の病気」に苦しんで地元の病院を訪れているが、これは何故か?
 ● (17) どうして我々の政府は、漏洩の真実を隠蔽するBPと共謀しているのか?
★ メキシコ湾原油流出事故関係情報 「Tiny Message」より
陰謀説「メモ・独り言・戯言」 より BP原油流出は虚偽なのではないか、と言う。
■ 虚偽のフラグ(2)
 ● 人々が病気になっている原因:何故か 放射能漏れが 検出
 ● こりゃ 放射能漏れを隠ぺいする 意味でも 海底で核爆弾使う可能性 ありですな。
■ 虚偽のフラグ(3)
 ● 岸に打ち上がっている大きい流出油は BPディープホライゾンからではありません
■ 虚偽のフラグ(4)
 ● 彼らは故意にメキシコ湾岸に沿って 住民を淘汰するために エバーグリーン・エアー / CIA によってスプレー(ケムトレイル)をかけられています。

「Corexit 9500」関連記事
■ 科学者たちが原油流出事故を「人類史での最大の破局」と呼ぶ理由 「地球の記録」より
■ メキシコ湾に撒かれている分散剤コレキシット(Corexit)の有毒性 「Beyond 5 Senses, tamekiyo.com」より
■ メキシコ湾原油流出:環境破壊が懸念される分散剤(COREXIT)の使用 「eComStation 2.0 日本語版&シルバーカトラリーのお部屋」より
■ 今後予想される健康被害【BP原油噴出事故】 「いつも感謝している高年の独り言」より
 ● 既にメキシコ湾沿岸各州の複数の観測地点では、 ベンゼンが3000ppb(3ppm)以上の数値となっているそうです。米国の労働安全法では1日8時間労働での許容値が1ppmです。  
硫化水素は、1192ppbの数値が観測されています。(肉体的に影響が出てくる閾値は5ppb~10ppb)
■ 限界寸前の米国で、オバマは戒厳令の命令を準備します。 「ロストワールド Season2.3」より
 ● 注:多くのプレス・アウトレットの情報によると、オランダ政府とオランダの専門家である技術者が蓄積して来たテクノロジーで漏れ口をふさぐと申し出たとき、大統領主席補佐官、及び、イスラエル・モサドエージェントのラーム・エマニュエルが『地獄に落ちろ』と、だまって家にいろとオランダ政府に言ったと報告しました。
 ● 戒厳令シナリオを通しての強制的避難が(おそらく) 来たるべき週と月以内 に起こる場合があり、おそらくこれはほぼ確実でしょう。
■ やはりこの夏になにかあるのか?10 「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ」より
 ● しかし、流出原油は水面から確認できる流れだけではない。3.2キロの海底に、幅が約10キロの原油の流れが2つ存在することが確認されている。これは、 原油が流出している地点よりもさらに深く、深海に原油の流れが存在する ことを示している。
 ● BPが原油流出を止めるため 流出地点に泥を流し込んだ際、逆に圧力が高まり、その圧力で地殻が壊れ 、これまで流出が発生していなかった 複数の地点から原油の流出が発生 している疑いがあることを、大手メディアのMSNBCで報告した。

■ メキシコ湾石油流出事故、未曾有の金融・環境危機=ムーディーズ 「ロイター」より
記事引用  
 ● (ムーディーズのマネジングディレクター、スティーブン・ウッド氏は)また、「メキシコ湾深海での生産・掘削・サービス関連企業の業務が事故前の水準まで 回復するには最長2年 かかるかもしれない」とした。

■ 米大統領4度目現場視察へ 原油流出「同時テロ級」… 「産経新聞」より
記事引用
 ● 大統領は13日付の米政治専門サイト「ポリティコ」との単独会見で、 流出事故が2001年の米中枢同時テロに匹敵する“国難” という見解を示した。

■ オバマ氏、原油被害補償で国民演説へ 政権批判に押され 「asahi.com」より
記事引用
 ● 大統領は14、15日、4月末の事故発生から4度目の現地視察をしたあと、 15日夜 にホワイトハウスで演説する。

■ オバマと海 の2 「全面的徹底改造計画その壱」より
記事引用
 ● 結局のところ、どの企業も「うちの責任ではない。他社の責任だ」と主張して、責任になすりつけ合いを展開しているだけ。 数兆円とも見られる天文学的な賠償額 がかかってくるので、どこも自社の責任だけはなんとかして逃れたいと思っているのが現状です。

■ オバマ、BP幹部とホワイトハウスで会談予定 Drill, Spill, Bill 「世界の動きを英語で追う」より
記事引用
 ● The New York Timesは、上院民主党有力議員のHarry Reidは、BPに送るべき言葉はこれだけだと言ったと報道している。「 掘削(drill) して、 流出(spill) させたら、 勘定(bill) を払え」 。

■ 海底油田採掘を許可したオバマの責任 「世界の情報交差点」より
 ● オバマ政権の決定は裏目に出てばかりいる
■ 生態学的な災害が拡大する湾 - 混乱する米国政府 「ロストワールド Season2.3」より
記事引用
 ●  一部の個人が 、石油漏れを除去するため メキシコ湾での駆け引き的な核攻撃をするよう 、『大統領オバマによる命令』を勧めている、あるオバマ政権が存在します。
 ● 注: 戦術核兵器を使うというこの考えは 、これがさらにより大きな世界的な災害を引き起こすという軍の懸念から、 米軍によって抵抗されています
 ● 我々は現在オバマ大統領には全然力(権力)がないと報告することもできます。
 ● 我々は、現在3人の前記の個人が現在の ジョセフ・バイデン副大統領に辞任させて、そして、バイデンをほかならぬ機能不全のヒラリー・ロデンハースト・クリントン国務長官と入れ替えるために 、オバマをゆすることを現在企てていると明かすこともできます。

関連
■ メキシコ湾の石油流出は「何年も」続く 「Beyond 5 Senses,tamekiyo.com」より
記事引用
 ● オバマ政権とBP社(British Petroleum)上層部は、世界最悪の石油災害を止めるためではなく、生態系への 破滅的な影響を隠すのに必死 である。
 ● グリーンピース、ネイチャー・コンサーバンシー(Nature Conservancy)、シエラ・クラブ(Sierra Club)など主だったグリーン団体・エコ団体の沈黙は、石油業界(特にBP)につながるマネーに絡んでいる。
陰謀説
■ 続:まさか始まった? 「メモ・独り言・戯言」より
記事引用
 ● 2010年は最も多くのカオス(絶滅シナリオ)が予定されていると、3年前に元イルミナティの記事を読んだのですがこれもその内のひとつでしょうか?   う~ん、・・・気のせい、気のせい・・・
■ 原油流出で三井物産“まっ青”賠償1000億円規模? 「ZAKZAK」より 記事保護
記事引用
 ● 実は、三井物産が子会社を通じてこの油田の権益を10%保有。市場関係者はかなりの打撃を受けるのではと不安を抱き、物産株が暴落する事態になっている。

■ メキシコ湾北方の米国テネシー州で広がる農作物全滅への脅威 「In Deep」より
記事引用
 ● 我々が話をした農民たちは、「 空中の何か 」がこの被害と関係あることを確信していた。
■ 米国でフロリダからの退避に国連軍と FEMA 出動の噂 「In Deep」より
記事引用
 ● (訳者注)上のソースの通り、単なる「噂」で、公式な報道ではありません。
 ● 軍の車隊は、 FEMA のキャンプに人々を引導するために西の砂漠地帯から近づいている。内陸に人が集められて、何が起きるのか?

関連
■ とてつもなく気になっていること 「風の通る道・・・」より
■ アメリカから逃げてについてその2 「黄金の金玉を知らないか?」より
■ BP が抱えるもうひとつの原油流出 -- アラスカパイプラインの流出 「In Deep」より
記事引用
 ● 世界中の注目が BP のメキシコ湾での原油流出に注がれているせいで、もうひとつの原油漏れの影が薄い。それはアラスカでの BP による10万ガロン以上の原油の流出だ。
■ BP株を売り抜けていたゴールドマン 「nikaidou.com」より
☆ コメント - monosepia

.