最近のお勧め記事 / 最近のお勧め記事【分類版】 / 【菅直人】(サイト内ページ) / 菅直人内閣

■ じつは参議院選で勝ちたくない官菅内閣 「反戦な家づくり」より
 ● おそらく、多くの選挙区で、小沢グループの議員を落とすために、ネオリベ連合は裏選挙協力を結んでいるのだろう。
■ 韓国クラブ「新羅」ww 「世の中を生暖かく見守るぶろぐ」より
 ● 菅直人に隠し子がいるという話が民主党内で駆け巡っている。いま出ている話によれば、赤坂にあった韓国クラブ「新羅」のミカちゃんというのがその噂の女だそうである。

■ 喜納昌吉の本で菅直人が「普天間なんてどうでもいい」「沖縄独立しろ」発言 「nikaidou.com」より
 ● 喜納氏が「沖縄問題をよろしく」と言ったところ、首相は「沖縄問題は重くてどうしようもない。基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」と漏らし、最後は「もう沖縄は独立した方がいい」と言い放ったという。

■ カンガンス【沖縄、独立したほうが良い。基地問題には手を出したくない。】サヨクには領土を守る概念がない 「豪の気ままな日記」より
 ● 真性のサヨク脳の本音が思わぬところで、出てしまった。ということなんでしょう。
■ 菅民主党新政権に感じること 「THE JOURNAL」より
記事引用
 ● 情報通によれば、この頃、幹事長周辺に、6月1日の「 鳩山--菅会談 」の内容が伝わり、 挙党一致体制が崩れた とのこと。ここら辺が事実に近いのではないか。
 ● 党の代表として政権交代に自己を犠牲にして貢献した小沢一郎という政治家に「日本のためにも静かにしていろ」との暴言は見逃せない。
 ● 率直にいって、 菅氏の性格は 他人を利用して自分の地位や利益向上に利用 するというきわめて自己本位で人間としての礼や信や道に欠ける態度 であった。「脱小沢」の選挙劇場を演ずる役者としては適当かもしれないが、 日本の社会や国民の生活を一新させることは無理 である。
■ 菅新首相との電話会談「大統領は満足」=共同声明で評価改善-米高官 「1jiji.com」より
記事引用
 ● ベーダー氏は共同声明の内容について「民主党政権が安全保障の重要性を理解し、 成熟したことを反映 している」との認識を表明。
☆ コメント - monosepia
【ブログ】菅さん、日本の政治で1年は非常に長い 「Japan Real Time(日本リアルタイム)【The Wall Street Journal】」より
記事引用
 ● 菅政権の命運を探るため、アイルランドのブックメーカー、パディ・パワー(日本ではこのような賭け屋は違法のため存在しない)に当たってみた。
 ● この倍率は、黒人俳優のウィル・スミスが映画「007」シリーズの新ジェームズ・ボンド役になるとか、クリントン米国務長官が2012年の大統領選で民主党候補の指名を獲得するかの賭けの倍率と同じという。
■ 小泉劇場を模倣・再現する菅直人 - 衆参ダブル選挙で小沢派を抹殺 「世に倦む日日」より (注:全文を読めるのは今日中?) 
記事引用
 ● 早速、参院選の2人区の立候補者の再調整が宣告された。小沢一郎が設計した選挙戦略は白紙化される。
 ● 党への政党交付金を仕切っていた小沢派の金庫に査察を入れ、資金を押さえ、小沢一郎の権力の源泉であるヒト・モノ・カネを干上がらせ、軍団を無力化と武装解除に追い込むだろう。3か月あれば十分できる。
 ● 今度の参院選は、菅新政権にとって自民党との戦いではなく、小沢一郎との戦いであり、民主党から小沢一郎の影響力を消し、小沢派を解体して壊滅させるための選挙戦だ。    .

関連
■ 組閣前の菅内閣支持率ってふざけ過ぎてないか 「satolog」より
記事引用
 ● この世論調査、完全にフライング。まだ正式に組閣していない菅直人内閣の支持率って一体何なんだ。流れている組閣人事も新聞辞令、テレビ辞令のマスコミ辞令。まだ国民にじっくり考える暇も与えず、これで世論を聞くのだから、 ANNは完全に国民をなめきっている

■ 菅内閣、支持V字回復 「クルトンパパのいろいろ日記」より
記事引用
 ● 国民は何度でも騙される(笑)

■ 政権支持率:菅内閣発足、62.4% NNN緊急調査 「ニュースで楽しむ掲示板『街ノ灯』」より
記事引用
 ● 回答率51.69%で支持が62.4%ってことだよね。
   どうも数字的トリックの気がするんだけど
   表現を変えるとこうなるんじゃね?
   支持 32.25%
   不支持19.43%
   無回答48.31%

■ 菅内閣への支持率?:まだ発足していない内閣への支持調査を行ったというニュース 「RADIO HAAFUU~愛と礼儀!涙と感謝!」より
記事引用
 ● 清廉建白な政治家なんて幻想であります。それが「選ぶ」メインではないはず。まさに政策、10年後の日本をどうしていくのか、もっと言えば、50年後くらいまでをイメージしているのかどうか、そんな「未来」について議論をし、現実について議論をし、「完璧な政策」なんて幻想を追いかけず、しかしせめて「それでいこう!」とは思わせて欲しい。

■ 菅直人新首相、今度こそ大丈夫? 「blogram通信」より
記事引用
 ● 新しい菅内閣、民主党の身内からも“選挙管理内閣”などと言われてしまっている。選挙のための内閣ではなく、今度こそ本当に“日本”と“国民”の未来を示せる内閣であって欲しいものだ。

■ 民主党と菅内閣の詐術 「草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN」より
記事引用
 ● 今の菅氏をはじめとする民主党執行部は、鳩山内閣を小沢の傀儡内閣と位置づけている。その通りならば、未だ鳩山内閣の副総理兼閣僚である菅氏自身も、小沢の傀儡だということになる。では、小沢傀儡からの脱却を唱える菅氏にとって脱却すべき対象は自分ではないか。
■ 菅新政権の組閣人事~仙谷官房長官は大丈夫なのか? 「ゲンダイ的考察日記」より
記事引用
 ● 政治ジャーナリストの角谷浩一氏が言う。
「実はきのう、枝野事務所の秘書たちが会議を開いています。幹事長の打診があるが、大丈夫だろうかと検討したようです。幹事長ポストは党のコア(核)のような存在で、選挙や党の金を一手に扱う重要な役職です。その仕事は閣僚よりも難しいと言われている。まして政策畑の枝野氏には全く経験がない。いきなり幹事長をやって、選挙に勝てる保証はないのに、負けたら責任を取らされる。リスクが高すぎると枝野サイドは難色を示しているらしいのです」
■ 霞が関との闘いの正念場 に登場する菅直人に期待する 「誰も通らない裏道」より
記事引用
 ● 私としては小沢総理で霞が関壊滅→菅総理で日本再生という順番でいって欲しかった。が、ことここにいたっては菅直人で霞が関壊滅&日本再生をやってもらわなければならない。
■ 前原時代に逆戻りした民主党 - 新自由主義勢力のクーデターと奪権 「世に倦む日日」より (注:明日には詳細記事は有料となると思われ…)
記事引用 (明日には有料となるだろう記事中から)
 ● この布陣は、まるで前原誠司が代表・首相になったら、こうした人事になっただろうと思われる親米新自由主義の露骨な権力体制で、菅直人の以前の中道リベラルのイメージからは想像できないほど右に傾斜した陣容になっている。5年前、郵政選挙で惨敗した直後の、前原誠司が代表に就いたときの執行部を想起させる。すなわち、①消費税増税、②道州制、③外国人移民の三大新自由主義政策を敢行する政権に他ならない。
■ 菅直人が首相になって、本当の意味での政権交代&市民政が実現 「日本がアブナイ!」より
記事引用
 ● 菅直人氏は、サラリーマンの息子で、東工大出身の弁理士だ。世襲ないor家族等が政治家ではない首相の誕生は、96年の村山富市氏以来、14年ぶりだという。
■ 「小沢一郎中心史観」に引きずられない菅直人政権の評価が必要 「kojitakenの日記」より
記事引用
 ● 嘆かわしいのは、「増収=消費税増税」という観念にとらわれた「閣僚」に菅直人自身が含まれていたように見えたことだ。マスコミによる発言意図の歪曲もあったかもしれないが、どうひいき目に見ても、菅直人はマスコミ(や官僚)に安易にリップサービスをし過ぎた。
■ 管直人首相は9月で終わるか、死闘、小沢一郎の逆襲 「どーんと来い・いじめに負けるな裁判を通して町田市立忠生第三小学校」より
記事引用
 ● 結論から言って、管直人の傲慢さは、軽さは、間もなく出て来るだろう。
■ 菅政権「脱小沢人事」に隠された小沢の思い 「永田町異聞」より
記事引用
 ● (鳩山元由紀夫氏は)次回の衆院選には出馬せず、政界を引退するという。 惜しい政治家を失おうとしていることを日本人ははるか後世に思い知ることになるかもしれない
■ この政局は小沢一郎が仕切っている - マスコミの異常な小沢叩き 「世に倦む日日」より (注:すでに全文を読める時間は過ぎている)
記事引用
 ● 代表が辞任すれば、執行部総辞職であり、代表に任命された幹事長は自動的に失職となる。
 ● 事実の解読は、小沢一郎が鳩山由紀夫のために花を持たせているのである。面子を立ててやっているのだ。

.