【言葉検索〔ネット選挙運動解禁法案〕】は当ページ下方に↓





【この法案ではネット選挙解禁と言うには不十分である】
■ ネット選挙のこと 「六本木で働いていた元社長のアメブロ」より
記事引用
 ● 相変わらず既存メディアは新しいメディアに対してネガティブな事を言い過ぎる
 ● そもそもブログとtwitterを差別することが間違っている。技術的にはまったく同等のものであり、twitterには認証アカウント制度もある。疑問があれば直接本人に尋ねることができる。
 ● ブログは一行140文字以下だとtwitterなのか?twitter.comドメインじゃなければ大丈夫なのか?
技術的なことを何も知らない人たちに決められたくはない。専門家が入ってもっと現実的な案にすべきである。
■ インターネット解禁で出来ること出来ないこと 「イヤならやめろ!」より
記事引用
 ● 民主党はくだらないアンケートなんか無視し、政策審議会で法案を作成して各党協議会に図って通すこと。細かい事例は、有識者を集めてガイドラインを作成する。
■ なぜTwitterはダメなの? ネット選挙運動解禁、Twitter除外に批判の声 「Intermezzo」より
記事引用
 ● Twitterとブログの中間のサービスが明日始まったらどうするんでしょうかw。

【この法案の危険性は薄い、あるいは、無いと考える】
■ ネット選挙解禁法案で流れる噂 「福岡 民主党 情報」より
記事引用
 ● まず、要綱の「三-4-ロ」と「四-2」が実名制につながると言うが、これは間違いだろう。
   「三-4-ロ」はメールに限った話です。
   一般的な国民がメールで選挙運動するのは稀です。
■ ネットの選挙運動が解禁に思う。日本社会の凄さを知らない人々、日本は世界一凄い国! 「建国と今(元から考える)」より
記事引用
 ● とにかく、ネット選挙運動は時代の流れである。そして、事実を隠す左翼と違って、保守・愛国・右翼にとっては、事実を知らせる機会が増えると言う点で多いに期待できる。
■ 民主党のインターネット選挙運動解禁法案 (公選法の一部改正案) 「【月夜のぴよこ と ロバの耳】」より
記事引用
 ● 要項の解説を読む限り、危険な法案ではなさそうなのだけど・・・読んでみて欲しい。

【この法案は危険である。あるいは、将来の言論弾圧を見通した先行法案だ】
■ 由々しき法案の件について①
  ■ 由々しき法案の件について② 「ゴリのゴリ押し」より
記事引用
 ● 民主党がやりたかったのは、その微小に目立たなく記載した その部分だと思います。
■ ■ネット選挙■ 中国・韓国のようにネットによる言論弾圧がはじまる。 「レオナルド・ダ・ヴィンチの小部屋 ~最後の晩餐へご招待」より
記事引用
 ● つまり、「誹謗中傷」かどうかは、候補者の判断のみによって、プロバイダに削除の申し出がなされるということだ。
■ ネット選挙解禁法案の正体 「国民が知らない反日の実態wiki」より
その他関連
■ インターネット選挙運動解禁法案について 「民主党の票が伸びれば日本は最悪の状態を迎える」より
記事引用
 ● この件、現行法の公職選挙法のネットへの適用であり、「言論統制の悪意はない」と判断させていただきます。 

「ネット選挙運動解禁法案」で検索
■ テクノラティ検索
現在、このプラグインはご利用いただけません。

■ クチコミ検索
  • 「ネット選挙運動解禁法案」を含む口コミが見つかりません。

■ ブログ2
  • 「ネット選挙運動解禁法案」を含むブログが見つかりません。

■ ニュース1


■ ニュース2


「ネット選挙」で検索
■ テクノラティ検索
現在、このプラグインはご利用いただけません。

■ クチコミ検索
  • 「ネット選挙」を含む口コミが見つかりません。

■ ブログ2
  • 「ネット選挙」を含むブログが見つかりません。

■ ニュース1


■ ニュース2
#gnews plugin Error : gnewsは1ページに3つまでしか使えません。別ページでご利用ください。

.