「口蹄疫」言葉で検索はページ下方に

最近のお勧め記事 / 最近のお勧め記事【分類版】

■ 激震 口蹄疫【宮崎日日新聞】

■ 口蹄疫問題の正体 「国民が知らない反日の実態wiki」より

■ 口てい役の闇は深い 「マヨの本音」より
コメントより
 ● 確かにイカサマ臭いですね! (ヨッシー)
2010-07-19 13:29:31
自然に治る病気なのに、大騒ぎしすぎだとは思っていました。御参考までに♪
「オランダは二度と口蹄疫で家畜を殺さない」 第二の官製パニック【池田香代子ブログ】
オランダはこのたびの宮崎の惨状を見て、今後一切、口蹄疫に罹った家畜は殺処分しない、と宣言したそうです。 宮崎を犠牲にして、日本の官僚機構は権力を温存し、オランダは貴重な教訓を引き出しました
■ 自民党王国の築いた畜産地域の出来事 「そりゃおかしいゼ」より
記事引用
 ●  頭数の多い養豚農家は埋却する土地もなく、殺処分を待つ数千頭の豚を飼い続けているのである 。もちろん大量のウイルスを撒き散らしながらである。ワクチンでどれほど抑えられるかが未知数である。 自民党が築いた畜産王国のスタイルが感染を広げているといえる
■ 家伝法及びガイドライン 「東国原英夫オフィシャルブログ:そのまんま日記」より
記事引用
 ●  家伝法では、口蹄疫に関して誰も「殺処分」の命令権を有しない 。殺処分を命ずることができるのは、他の家畜伝染病である。「と殺」に関しては、口蹄疫の場合、その義務を負うのは家畜の所有者である。
 ● 農場(敷地)が隣接し、下手すると 例え軒を並べていても、同じ敷地内でなく飼養管理者が別なら、別農場と見なされる 。それもおかしな話だと思う。何度も言うが、家伝法や防疫対策ガイドラインは現実や実情に合わない場合が多々ある。

■ 種牛の冷凍精子盗難から、口蹄疫発生まで 「てかまる日誌」より
記事引用
 ● ハッキリ言って、韓国人が宮崎牛の冷凍精子を宮崎の農協から盗んで、口蹄疫を宮崎にばら撒いて帰って、盗んだ和牛の精子で「韓牛」というブランドを立ち上げた…と疑われても仕方がない。
■ 発生原因は3月だ。安愚楽牧場がチーズを作る目的で水牛を輸入した。この水牛が感染源だ。3月に川南町の安愚楽第七牧場で口蹄疫発症 「株式日記と経済展望」より
記事引用
 ●  赤松農林大臣が動かなかったのも小沢一郎が関与した牧場のせいなのかもしれない

同記事コメント欄
コメントより
 ●  ネットでは明日から報道解禁らしいと言われていたとおりその日から一斉に報道 し始めたのにはあきれました。
其れも政府の体制が整った日が解禁で ”最初に見逃した県の対応が良くなかった”というニュアンスで報道されるそうだというのもそのとおりでした。
恐ろしい政権を選んでしまったものと今更ながら戦慄さえおぼえます。
■ 「口蹄疫問題」の目的とは一体何か? 「阿修羅♪」より
記事引用
 ● 口蹄疫ワクチンは存在するが、基本的に使用しない。その理由は

1. 感染の診断が不可能になるので、その後の予防が著しく困難になる。また、感染した動物と抗体の区別がつかないので、ワクチンが投与された個体が生きている間は、輸入再開の許可を出さないケースが多く、産業への長期的打撃が大きい。
2. 100%の効果がないので、感染源になったり偽の安心を生む。
3. 日本での使用例がなく不安である。
4. 日本にきちんとした在庫がない。
5. ワクチン接種された動物は食品に使えない。
6. 接種範囲の決定が困難である。
■ 宮崎県の口蹄疫病拡大の第一責任と危機管理は政府でなく県である 「かっちの言い分」より
記事引用
 ● この件で、日刊ゲンダイ紙に以下の記事が載って、 その通りと思った記事 を紹介する。以下がタイトルだ。
『口蹄疫大被害と疫病神知事』、『 東国原 浮かれ知事に天罰 』、『お笑い芸 人失格人間を知事に選んだ宮崎県民に責任がある のに国の税金で救済は虫が良さ過ぎないか』とある。
■ 口蹄疫と米産牛肉規制の関係 米産牛肉輸入規制は口蹄疫蔓延の源? 「真実は何?2  読書日記と新聞スクラップ【イザ!ブログ内】」より
記事引用
 ● 結論⇒口蹄疫が流行する国は、米国産牛肉の輸入規制を行っている。
    これは事実
 ● 米国は国策として、世界の食糧支配戦略の一環として、また、米産牛肉の輸出振興の観点から、輸出先国内の畜産業に壊滅的な打撃を与えることを願っている・・・・・。
   これは 空想・・・
■ 民主党が広めた口蹄疫 「全面的徹底改造計画その壱」より
記事引用
 ● 黒竜江省など中国東北部の口蹄疫を発症していない一部の地域の特定の農家の稲わらだけが、加熱処理工場で処理され、農水省の監視のもと、日本へ輸入されていたのを、何を トチ狂ったか 完全解禁したのは2009年9月28日。
 ●  一国の畜産業を壊滅させる病疫である口蹄疫は、どの国においても国家規模災害 と見なされるためである。これを自治体の責任に押し付けるような国家は地球広しと言えども日本の民主党政権以外存在しない!
■ 口蹄疫問題に関してはソーゾー君さんの方が正しいと思う。 「破壊屋」より
記事引用
 ● 679 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/13(木) 06:37:05 ID:C8YUyQ7m [2/7]
口蹄疫問題の デマ

①「層化(何故か小沢が関係しているらしいw政治献金か?)が経営する畜産業の会社
 が発生元でそれを隠蔽する為に小沢(民主党)が報道規制を掛けた」と言う説

コレが事実なら小沢(民主党)は西松建設問題等の東京地検とマスコミの二人三脚でっち上げ報道を規制させるだろうw
基本的に東京地検はマスコミに偽情報をリークして大衆を誘導し罪をでっち上げる
小沢(民主党)はマスコミをコントロール出来ないと言う証拠であるw
報道規制を頼んだのは宮崎県知事の東である w風評被害を出さない為なんだとさw
民主党は東の要求を飲み風評被害が出ていないか調査している。

①農林水産大臣が外遊していた?と言う説

外遊ではなく赤松農林水産大臣は、関係閣僚と EPA・FTA等にかかる会談を行うため
メキシコ、キューバ、コロンビアに出張していただけw
だからGWの連休前にこの問題を起こしたと言う事だ・・・・
そして「外遊して遊んでる~」とデマを飛ばした

コレは明らかに 人工的に起こされた前政権と官僚=売国奴共の国民に対するテロ である。
■ 1997年の台湾の口蹄疫(殺処分がもたらしたもの) 「地球の記録」より
記事引用
 ● 宮崎での口蹄疫に関して、報道を見ていると、初動がどうしたとか「誰々の責任」とか、そういう問題になっているようですが、メキシコ湾の原油流出もそうですが、そういう問題ではないように思います。なぜなら「今まで家畜の口蹄疫の封じ込めに 殺処分対応でまともに成功した国などない 」からです。つまり、責任も何もまだ終わりは見えていないと思われます。
 ● 台湾はそれまで豚肉の輸出国でしたが、この件で台湾の養豚産業は消滅しました。
 ●  2001年、イギリスで口蹄疫発生。1000万頭 (10,000,000頭)の牛と羊が殺処分 というように、対策の早かったイギリスでは、もっとひどい惨事となってしまいました。

■ 口蹄疫:見逃しと罵倒するマスコミと 反省しない馬鹿松 「内科開業医のお勉強日記」より
記事引用
 ● ”下痢”だけで、口蹄疫診断できる獣医師っているだろうか?
こういう軽口マスコミ・・・獣医だけの問題ではない、歯科医師・医科医師とも、不当なマスコミ報道に戦うべきだろう!


関連
■ 口蹄疫との共生日本獣医学界」より
記事引用
 ● 現在のワクチンには次のようないくつかの問題があります。(1)口蹄疫ウイルスには前に述べたように、 7つの血清型があり、さらに多くのサブタイプ があるため、ワクチンは 流行株に適合しなければ効果がありません 。時折、これまでのワクチンが効果を示さない新しいタイプのウイルスが出現することがあります。流行株に合致しないとワクチン効果が期待できない点はインフルエンザの場合と同様です。(2) ワクチン接種した動物でも感染することがあります 。その際には症状はほとんど出ませんが、 動物はキャリアーになってウイルスを放出してほかの健康な動物に感染を広げる ことがあります。(3) 不活化が不十分でウイルスがワクチンの中に生き残ってしまうことがあります 。現実に1980年代にヨーロッパでこの事態が起きて、それ以来、ヨーロッパでは口蹄疫ワクチンの使用は完全に中止されました。ただし、現在の品質管理システムでは、このような事態が起こることはないと考えられます。(4)もっとも重要な点は自然感染とワクチン接種の区別ができないことです。そのため、本講座(96回)でご紹介したような血清調査による、口蹄疫清浄国の判定ができなくなります。

■ 【宮崎口蹄疫】周知と支援のお願い 「たまねぎ通信」より
記事引用
★【近県にお住まいの皆様へ】
 ● (1) 現場へは絶対に近づかないで下さい
 ● (2) 迂回をお願いします
 ● (3) 消毒の徹底
★【近県以外に在住の皆様へ】
 ● (1) バスタオルのご寄付
 ● (2) 口蹄疫被害に対する 義捐金
 ● (3) ご署名のお願い
 ● (4) 応援メッセージのお願い

関連
■ 口蹄疫アウトブレーク 「5号館のつぶやき」より
記事引用
 ● 口蹄疫の早期封じ込めにはどうやら失敗したらしいようですが、まだ騒動が終わっていない今の段階で誰の責任でこうなったのかとか、誰それは**大臣を辞めるべきだとかという議論が出てくるたびに、この国では問題を解決するよりも問題を利用して自分の勢力を伸ばし、反対勢力をつぶそうとするという風土があるのかもしれないと暗澹たる気持ちになります。

■ 鳥越「口蹄疫は人に感染しないし、食べても大丈夫なのに、なぜ殺処分などするのか」 「ニュー速で暇潰しブログ」より
記事引用
 ● スタジオでは「人に感染しない、 食べても大丈夫。ならば、なぜ(殺処分など)そこまで厳重にするのか 」(ジャーナリストの鳥越俊太郎)、「結局、人間のご都合で、 罹っていないのに大きくまとめて処分は可哀そう 」(弁護士の田中喜代重)と素朴な疑問が出た。
ただひとり、対応の遅さに言及したのは作家の吉永みち子。「リスクとして避けられないものがあるなら、どれだけ早く発見するかが勝負。今回はちょっと遅れましたよね、前の教訓がなぜ生かされなかったのかなと思う」

■ 知らぬ間に11万頭になっていた・・・宮崎口蹄疫殺処分対象家畜 「蘇る金狼の日記」より
記事引用
 ● 保健所というと、つい先日まで、どうでもいい新型インフルエンザに狂奔していたのを思い出す。

■ 口蹄疫問題にネットの怒り 募金活動に800万円集まる(J-CASTニュース) 「日々のnewsをたくさん発信することに専念するツイッター的な日記」より
記事引用
 ● JA宮崎中央が10日公表した試算によると、 8日までの口蹄疫の被害総額は110億円 。内訳は、殺処分される家畜の損失が40億円、出荷遅れが10億円、家畜を新たに購入・飼育する再建費用が60億円だという。

■ マスゴミの政権叩き材料か 宮崎県の口蹄疫 「偏西風にのって」より
記事引用
 ● マスゴミは鳩山政権叩きの材料で、普天間に続く 新たなネタ が出てきた、とほくそ笑んでいるようです。

■ 今月末、九州の他県に飛び火する 「nikaidou.com」より
記事引用
 ● 消毒剤が圧倒的に足りません。 消毒剤の事は昨日書きましたが、人手も圧倒的に足りません。
政府は“現場スタッフを国としても確保している”と発表してますが、一昨日までの現場スタッフ350人のほとんどは県のスタッフ。 九州農政局から3人の獣医師と20人のスタッフ、追加で30人の自衛隊。
■ 口蹄疫情報 「備忘録」より
記事引用
 ● 宮崎は今まさに戦場と言っても過言ではないです。
宮崎の農家と日本の畜産の危機、乳製品の値上がり、野生動物(鹿など)の感染の危険もあります。
■ 赤松農林水産大臣記者会見概要(2010.5.14(金)8時33分~8時51分 於:衆議院議員食堂前廊下) 「農林水産省HP」より
記事引用
 ●  記者 :今日時点ではないということなんですけれども、昨日、東国原知事が、予防的殺処分について、今後、必要が出る可能性もあるということをおっしゃっていたのですけれども、ただ、大臣ご自身は、予防的殺処分には否定的なコメントを出されているのですけれども。
 ●  大臣 :昨日の委員会でも、そういう質問あって、ただ、今の法律に、やっぱり、私ども従ってやらないといけないので、今の家畜伝染予防法では、そういう疑似患畜までは、そういうことを言ってますけれども、全く関係ない、ただ、その周辺で、そこに、何か緩衝地帯作ろうみたいなことで、健康な牛や豚を殺してしまうということは、どうなのかということですね。そこには、必ずお金がついて回るわけですね、所有者が、 自分の意思で、勝手に殺すのは、全くそれは構わないのですけれど、殺したいという人は、「それで、5分の4ください」という話ですから、変なやり方をすると、今、裁判になっているBSEと同じようなことになってしまいますし 、それから、「韓国でもやっている」ということ言われるのですけれども、じゃあ、それをやったから本当に、それで、飛び火が止まったのかと言ったら、そこを越えて、こっち側に、また、出てるとかね、そういう例もあるので、必ずしも、専門家に聞くと、それをやったからと言って、完全に予防できるとか、そんなことは、科学的に、別に証明されてませんよということなものですから、今の、小委員会等の先生方が、「それ、やってでも、是非、やれ」と、あるいは、「それ、効果がある」ということなら別ですが、一応、そういう方の意見を聞いても、本当に効果があるのかどうか科学的に証明できないと。それから、今の、法律の下では、法を変えればできますけれど、法律の下では、それは、人の財産権を侵す問題ですから、できないと。何か、そういうようなことをしかけて、僕も正確には、ちょっとあれですが、北海道でも、それで裁判沙汰になったというようなことも聞いてますので、その辺のところは、やっぱり、人の財産権を侵す問題ですから、慎重に考えないと、それから、また、やるとしても、法に基づいて、やっぱり、やるということじゃないと、あんまり浮き足だって、バタバタして、やるというのは、あんまりよくないんじゃないかなと、僕は思っております。
■ 口蹄疫・消毒剤500本が小沢の地元に(日記より) 「Japanism.org」より
記事引用
● 口蹄疫発生当初から現場が放出を要望してる消毒剤がある。ビルコン。
● だが全国の農政局に合わせて5000本の家畜防疫用のビルコンのストックがある。俺も初めはこれが放出されるものと思っていた。
● 「大臣にしか権限が無い。俺達農水の職員もおかしいと思う。でもどうにもできないんだ…」と。が、 大臣は一切対応を見せない
● それでも、バイエル日本支社の社長が必死になって 確保した1500本 のビルコンを確保した。
● 小沢と岡田が500本を韓国・中国に無償で提供…。
●  {イギリスの口蹄疫リファレンスセンターが余りの日本政府の対応の悪さに、ドイツのバイエル本社に要請をかけた。
MarkShuwalut常務の計らいで後10日で2000本のビルコンが届く!!!!}

■ 民主党に都合が悪い記事だそうですので転載します 「全面的徹底改造計画その壱」より
記事引用
 ● NTTレゾナンスに民主党から圧力が掛っているそうで、こちらに投稿できない内容の記事がある。(注:口蹄疫関連です。)
上記の掲載出来ないという記事
■ 口蹄疫で小沢一郎がやった不正犯罪行為 「日々超然主義」より
記事引用
 ● 5月3日に日本に届いたビルコン1500本、
『口蹄疫はアジア全体に蔓延しており、日本一国の問題ではない』と、小沢と岡田が500本を韓国・中国に無償で提供ノ。
さらに500本を小沢の地元の東北にノ。
九州に来たのは500本のみ。
そのうち250本は数万頭規模の大手が独占。
宮崎1区の河村議員が宮崎の選挙支援した農家に50本を横流し。
最終的にJA川南に届いたのは20本のみ。発生農場の入り口で使うくらいで、焼け石に水だ。

■ 千葉県家畜伝染病予防規則に基づく牛等の移入禁止:pdf 「千葉県報:号外(平成22年5月11日)」より
記事引用
 ● 次の期間、次の区域からの牛、めん羊、山羊、豚、水牛、しか及びいのしし並びにそれらの死体並びに口蹄疫の病原体を広げるおそれがある物品の移入を禁止する。

■ エアロゾルで遠方まで飛ぶことが確認された口蹄疫ウイルス 「In Deep」より
記事引用
 ● 豚は非常に大量のウイルスを産生し、天候によっては、ウイルスは遠方まで風によって数百メートルから数キロメートル、あるいはさらに遠方までと運ばれる。その場合、牛は呼吸器感染によって、非常に感染の影響を受けやすくなる。


monosepia
● Twitterがおかしいのです。
■ 検索にかからず① / 検索にかからず② / 検索にかからず③ / 検索にかからず④ / 検索にかからず⑤
これは一体どういうことでしょうか?少なくとも、昨日の段階では④は確実にヒットしていたのですが・・・。
まさか・・・そうなら、Twitterは潰れてしまえばいい。

失礼しました。こちらなら検索出来ている。 これとどう違うのか分かっていないmonosepiaでした・・・。

■ やはり噂は本当だった!? 「ボヤッキーでトンズラーな日記」より
記事引用
 ● 昨日、口蹄疫絡みの情報を得ようと思い、ある“情報源”と接触してみました。そこで色々と話を聞いてみたのですけど、どうやら安愚楽牧場が真犯人である、と言う事はほぼ確定のようです!

( 関連
■ 【口蹄疫】原口総務相「報道規制指示した」とTwitterで発言 「(´A`)<咳をしてもゆとり」より
■ 口蹄疫の犯人は学会関係の牧場か:激裏さんより引用 「niakidou.com」より
記事引用
 ● 発生原因は3月だ。安○楽牧場がチーズを作る目的で水牛を輸入した。この水牛が感染源だ。

■ 口蹄疫問題に関してあまりに報道が少ないのを聞いたらキー局からストップがかかってる模様 「チラ裏の倉庫」より
記事引用
 ● なにせ呆れる指示は民主政権からではなくて麻生政権からずっとですから。

■ 「赤松農林水産大臣 外遊」でググったらバカウヨサイトがゾロゾロと… 「憂国世界」より
記事引用
● 今回赤松氏が外遊するのは当たり前の話だ。特に食料に関する対外交渉は日本の生命線なので大臣級が直接会談するのは望ましい。EPA・FTAの多数派工作に中南米を取り込むことは国策上極めて重要である。
過去関連リンク  (2010.5.2付け)
宮崎県 - 口蹄疫発生関連
■ 口蹄疫 えびの市で聞き取り 松野官房副長官 「YOMIURI ONLINE」より
■ 宮崎、精密検査前の豚も緊急処分 口蹄疫拡大で 「47news」より
   記事引用  2日までに、殺処分対象の豚は6千匹を超え、牛や水牛と合わせると9千頭近くに上る

■ 口蹄疫、畜産試験場の豚にも・・・ 「チラ裏の倉庫」より
■ 豚1頭が口蹄疫疑い、飼育の3882頭殺処分へ・・・宮崎県 「ジンボルト」より
■ 口蹄疫 「東国原英夫 :そのまんま日記」より
   記事引用  これまでの殺処分対象家畜は牛豚合わせて4369頭になった。被害は甚大である。



世界を言葉で検索

■ テクノラティ検索
現在、このプラグインはご利用いただけません。

■ クチコミ検索


■ ブログ2
2017年04月12日(水)


■ ニュース1


■ ニュース2


.