健康 / 禁煙 / 禁煙運動 / 喫煙 / 嫌煙権




厚生労働省
■ 厚労省は狂っているのか 「二階堂ドットコム(2017.2.27)」より
/
国(財務省=JT)がタバコ売ってて、なぜ小規模店舗での喫煙も規制するんだよ。自宅とつながってる場合はどうなるの?

全く、机上でしか物事を考えられない人は困るね。アタマがいい人の言う事はよく分からないよ。それでいてシガーバーは喫煙可能。まぁあたり前。麻生が吸うんだもん(笑)

これの解決策は簡単なんだよ。すべての飲食店に「全面喫煙可」「分煙(副流煙が流れない保証はありません)」「禁煙」のシールを毎年、店の入り口に貼らせればいいだけ。シールは財団法人にでも作らせれば毎年儲かるだろ。ほら、天下り先がひとつできた(乞食下りだけど・笑)

どうせ「受動喫煙なんとか」とか、名前は知らんが、担当する変な天下り先あるんだから、そこで上記の「喫煙可/不可」シールでも売って稼げばいいだろ。で、「天下り(というか乞食下り)の給料以外は、小児医療に役立てます」って大義名分付けとけばいいだろう。ゴミ袋買わせるようなもんだよ。毎年保健所がそのシールを売りつけるという(笑)。

そもそもだよ。だったら、酒も売るのやめろよ。酒が原因で死ぬ奴の方が圧倒的に多いし、酒飲んで暴力振るわれるヤツもタバコの害より圧倒的に多い。あと、排気ガス出る車もダメだな。それに「焼き鳥屋は受動煙を外に出すな!」とか(笑)。焼き鳥屋のうえに住んでるヤツが健康被害で訴えたりしてね。もうむちゃくちゃ。

国会でくだらない事やってないで、もっとみんなが儲かるような事を考えろよ。ケチくさい事ばっかりやってないで。

ああ、いちばんやってはいけないのが「建物内は禁煙にするけど罰則無し」というやつ。そんな姑息な法案は逆に嫌煙者に迷惑。だから、表示させればいいんだよ。喫煙可能かダメか分煙か。それがいちばんいいじゃないか。タバコいやな奴は喫煙可能の店入らなきゃいいんだから。

ところで、私、線香の臭いが嫌いだし、受動喫煙になるから、坊主にも線香を屋内で焚くのを廃止させてくれませんかね。


■ リオデジャネイロ五輪会場の「廃墟」は警告する…☆ 「Trans Princess(2017.2.26)」より
(※mono....前半はリオオリンピック施設の変わり果てた姿の記事。)
/
おまけに、税金をはたいた施設は、五輪が終われば負の遺産として残る訳です。
対岸の火事ではありません。
東京も今から4年後に、こんな光景がみられる可能性は、正直高いのです。
国家財政破綻と言うおまけつきでね…☆
下手をすれば日本国中、こんな荒廃した風景になりかねません。


勿論、その他にも日本から色々な物を奪うでしょう。
例えばこれ…☆


正直、煙草の害は、吸わない人間には煙い位です。
むしろ煙草を何十本も吸ってしまう「ストレス」が健康を害している訳です。
それに麻薬・覚醒剤などの薬物に手を出されるよりは、よほどいいです。
麻薬・覚醒剤は確実に健康を蝕み、死に至ります。

わたしは煙草を吸わない人間なので煙いですが…☆
でも、夜に酒場で煙草を吸いながら色々とお話して、
色々なアイディアが生まれ、それを具現化(製品化)して、
1980年代の、「21世紀に一番近い国」日本を創り出したのです。

そんな光景は日本から消えるでしょう。
煙草を吸われる方は、さっさと家に帰って「宅飲み」で楽しむでしょうし、
参加者が減れば、非喫煙者も飲む回数は減ります。
かくして、夜の街のにぎわいは消え、閉店・廃業は続出し、
アイディアを生み出す力は更に衰え、日本製品は魅力を更に失い、
日本は本当に、無味乾燥な、世界の中でもつまらない国となっていくでしょう…

(※mono....後半数行略、詳細はブログ記事で)

(※mono....サイト主(monosepia)には才がないので飲み会で披露できるどのようなアイデアも持ち合わせてはいないけれど、喫煙を止める気がないので、非喫煙者が半数以上集う飲み会には一切参加しないことに決めている。吸わずに飲んでいても少しも楽しくなくストレスが溜まるばかりだから、行かなくなるのは必然の成り行き。お陰で日ごろも酒をほとんど飲まなくなって、財布に余裕が出来ましたw。)


■ 松本人志、嫌煙者に持論「もともと吸わない人は寛大」「やめた人の嫉妬心」 「マイナビニュース(2015.7.20)」より
/
お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、19日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナB面』(毎週日曜10:55~11:15)で、嫌煙者に関して持論を展開した。

喫煙者を不採用とする企業の話題が取り上げられると、松本は「昔吸っててやめた人の方が、今吸っている人に対して厳しくないですか?」と問いかけた。松本は10年ほど前にタバコをやめてからその自覚があると言い、「もともと吸わない人は意外と寛大」とその温度差を指摘した。

喫煙経験がないというゲストの石原良純は、松本の意見に賛同。「なぜ加速度的にタバコを吸っている人を"悪人"にするようになったのか」と投げかけ、「オフィスビルから出てきて吸っている人いるじゃない? 本当にかわいそうだなと思う」「ハワイも街中ダメだとか」と例を挙げて、「いつからこんな世の中になったのか」と嘆いた。

これを聞いた松本は、「僕が思うに、途中でやめた人の嫉妬心みたいなもの」とその傾向を分析。禁煙者からよく聞く「タバコをやめたことで食事がおいしくなる」などという味覚の変化については「別に」と否定的で、「そんなふうに言いたいだけですよ」とバッサリ。「やめて良かったこともそんなにないんですよね」と元喫煙者の立場からの正直な感想を語っていた。


■ ヘビースモーカー・飯島勲内閣特別参与を味方につければ勝てるかも。 「二階堂ドットコム(2013.11.3)」より
(※ 前後略)
/
 たばこといえば、たばこが原因で医療費が上がるという統計の証拠って実はないんですよ。むしろ、数字が逆に出てるの。だからちゃんとしたのは発表しない。しても、サンプルや年代をごまかした、いわゆる”いじった”数字しか出ないんです。むしろ吸う奴の方が長生きかも。癌の発生率とかも怪しくてね。そもそも人間それぞれのDNAが違うし、肺がんになる遺伝子をもった家系のヤツでたばこ吸う奴をサンプリングすれば、そりゃ、多くなるよね肺がんになる率・・・統計というのはきちんとみないとわからんのよ。

■ 喫煙は肺がんからの保護を助けます(1) / (2)
 「メモ・独り言・戯言(2011.9.13)」より

 ・日本とギリシャは世界中で最も高い成人喫煙者の数ですが、肺がんの最も低い発生率を持ちます。

直接の対照で、アメリカ、オーストラリア、ロシアといくつかの南太平洋の島のグループは、世界中で最も低い成人喫煙者の数ですが、肺がんの発生率は最も高い数を示します。

これは、「喫煙が肺がんを起こす」というばかばかしい、強固な西洋医療の嘘を解明することの手がかりの1つです




■ 煙草は薬として認めるようになる。 「銀座のコテコテ周旋屋のよもやま話(書き殴り)」より  ★★
記事引用
禁煙運動は、俺みたいな職業の者には命を守る為の貴重な薬を奪われるにも等しい。
これは人命に関る重大な問題なんだがな。
アホはどっちか? ま~近いうちに解るさ。

関連(2010.3.14リンク記事)
■ 魔女狩は続くよどこまでも:NY「炭酸飲料税」案…赤字も体形もスリムに:NYのレストランで「塩使用禁止法案」提出 「或る浪人の手記」より  ★★
記事引用
ま、何と言うか、今、日本でタバコを叩きまくって悦に入っている嫌煙厨の人達は、覚悟しといた方がいいよ。タバコを悪者として駆逐し終わった次の矛先は、日本でも恐らくこの辺だろうしね。




.