+ クチコミ検索〔ワクチン〕
+ ブログサーチ〔ワクチン〕
+ ニュースサーチ〔ワクチン〕
■ ナルコレプシー 「睡眠医学の部屋」より



■ イタリアで小児へのワクチン接種が強制となる法律が承認される中、アメリカで初めてとなる医学調査「ワクチンを接種した子どもと、摂取していない子どものどちらが多くの病気を持っているか」の衝撃の結果を見てみると 「In Deep(2017.5.26)」より
(※mono....前後は大幅に略してます。詳細はブログ記事で。)
/
4月27日に『ジャーナル・オブ・トランスレーショナル・サイエンス(Journal of Translational Sciences)』に掲載されたアメリカ 4州の 6歳から 12歳までの 666人のホームスクールの子どもたちを対象に、その中の 405人のワクチン接種を受けている子どもたちと、261人のワクチン接種を「受けていない」子どもたちを、医師が診断した結果についての発表だ。

以下はその一部だ。

  • ワクチン接種を受けた子どもは、自閉症スペクトラムと診断される可能性が 3倍以上だった
  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもたちよりアレルギー性鼻炎(花粉症)と診断される可能性が 30倍高かった
  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもたちよりもアレルギー薬を必要とする可能性が 22倍高かった
  • 予防接種を受けた子どもは、予防接種を受けていない子どもたちよりも学習障害と診断されるリスクが 4倍以上高かった
  • 予防接種を受けた子どもは、予防接種を受けていない子どもよりも注意欠陥多動性障害と診断される可能性が 300%高かった
  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもよりも肺炎と診断される可能性が 340%高かった
  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもよりも耳の感染症と診断される可能性が 300%高かった
  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもに比べて耳管を挿入する手術が 700%多かった
  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもよりも慢性疾患と診断される可能性が 2.5倍高かった

ここまでです。

論文はこの後から、個別の詳細に続きますが、それは割愛します。

なお、なぜ、ホームスクールの子どもたちを対象にしているかというと、

「普通の学校に行っている子どもは、ほぼ全員ワクチン接種を受けているから」

です。


■ [世界の裏側ニュース]ワクチン強制化で自閉症率が飛躍的に急増:カリフォルニア州のケース 「シャンテ・フーラ(2017.5.12)」より
/
竹下雅敏氏からの情報です。

 ワクチンは百害あって一利なしという感じです。記事によると、カリフォルニア州ではワクチン強制法が可決されているようです。すなわち、宗教および思想的な理由による拒否が認められないわけで、児童全員にワクチン接種が例外なしに強制されるのです。この結果、カリフォルニア州では、自閉症の児童の数が急増しているとのことです。
 こうした状況は、単にカリフォルニア州が医薬品業界の利益を優先しているというだけではなく、人口削減計画の一環として行われていると考えた方が良いと思います。日本も、対岸の火事とは見ていられません。今の政権が続けば、日本でも児童に対するワクチンの強制接種を閣議決定し、強行採決するのではないかという気がします。
 記事にあるように、全くワクチンを受けていない児童の場合、 “予定通りになるようにワクチンを受けることが強制”され、その結果、非常に短い期間に大量のワクチンを強制接種させられたようです。転載元では、このような危険な行為によって、ワクチン接種2日後に息を引き取った男の子の例が書かれています。仮に生き残っても、一生障害者になった児童も多く居るとのことです。
 これほど深刻な問題が進行していても、ほとんどの人は無関心です。事の重大性に気付くのは、ほんの一部の目が開いている人と、ワクチン接種によって身近な者が大変な被害に合った人たちだけです。

(竹下雅敏)

(※mono....中略)
/
2016年、カリフォルニアの公立学校で自閉症の児童の割合が全体として7%も上昇していましたが、中でも幼稚園児では17%と目立った上昇がみられました。

地方紙のサクラメント・ビーの報道によると、自閉症と診断を受けた児童の数は2001年と比較して7倍になっているということです。

(※mono....以下略、詳細はサイト記事で)


トランプ政権
■ トランプ氏はワクチンと自閉症の関係を懸念しています。 「日本や世界や宇宙の動向(2017.1.12)」より
/
ジョンFケネディの甥のロバートFケネディJr(民主党)は、反ワクチン活動家ですが、トランプ次期大統領にワクチン安全委員会の委員長に指名されたと言っているそうです。
本当にトランプ氏が彼を指名するかどうかはわかっていませんが、彼はワクチンと自閉症の関係を訴えてきたそうです。ワクチンの安全性が実証されたならrトランプ氏もケネディ氏もワクチンには賛成だそうです。
もちろんそうでしょう。ワクチンが安全でちゃんと感染を予防してくれるならよいことだと思います。ただ、今のワクチンには有害物質が含まれていると言われていますから、徹底的にワクチンの調査を行うべきなのです。
トランプ政権下でワクチンの調査が行われれば良いなと思います。その結果、危険性が証明されたなら、ワクチンを根本から作り直すことになるでしょう。
日本政府はアメリカのやり事をそのまま真似するだけですから、ワクチンに関してもアメリカが変われば日本も変わります。

http://nymag.com/scienceofus/2017/01/trump-taps-anti-vaxxer-to-chair-committee-on-vaccine-safety.html
(概要)
1月11日付け
反ワクチン活動家がトランプ次期大統領にワクチンの安全委員会の委員長に指名されたと主張しました。

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)


■ 予防接種ワクチン驚きの成分を紹介:何も知らずに接種できますか? 「新発見。BLOG」より
/
予防接種ワクチンの含有成分

The Health Wyze Report “ Vaccine Ingredients and Vaccine Secrets”より
http://healthwyze.org/index.php/component/content/article/60-vaccine-secrets.html

水銀 」・・・日本ではメチロサールという名称ですが水銀含有成分です。過去に神経に支障をきたし自閉症の原因となる危険毒性が問題視されていますが、未だに添加しているワクチンはあります。
参考:http://www.doyaku.or.jp/guidance/data/H24-5.pdf


不凍剤(液) 」・・・有毒成分として知られており、大さじ一杯分で体重9kgの犬の致死量です。人体への影響も大きく、内臓疾患や血液への悪影響が指摘されています。


ホルムアルテヒド 」・・・急性毒性があり、国際がん研究機関ではグループ1に属するヒトに対する発がん性が認められる物質として警告されています。


ホウ酸ナトリウム+水和物 」・・・殺虫剤成分です。アメリカでは食品では使用禁止ですが、ワクチンでの含有は認められています。


グルタルアルデヒド 」・・・医療機器の滅菌、殺菌、消毒に用いられる殺菌消毒薬成分です。


MSG 」・・・これは危険な食品添加物のページでも紹介しましたが、食品だけでなくワクチンにも堂々使用しています。


硫酸塩とリン酸塩化合物 」・・・子供のアレルギーを引き起こす原因成分と言われています。


硫酸ゲンタマイシン 」・・・肺炎などの抗生物質に使われる成分で、確認されているだけでも20以上の副作用が報告されています。


ネオマイシン 」・・・乳児の血液に入ると稀にですがてんかんや知能障害を引き起こす成分が入っています。


動物の細胞、DNA、血液、タンパク質、ウィルス 」・・・信じられないかもしれませんが、サルの腎臓、牛の心臓、子牛の血清、鶏の胚卵、カモの卵、豚の血液、羊の血液、犬の腎臓、馬の血液、うさぎの脳、モルモットなどの動物から取れる臓器の組織細胞や血液、牛や豚のゼラチンタンパク質、モンキーウィルスSV40というサルのウィルス成分が含有されています。


ヒト(胎児)のウィルス 」・・・これまた信じられないかもしれませんが、流産や中絶で命を落とした胎児からウィルスを作りそれをワクチンに含有しています。


アルミニウム 」「 フェノキシエタノール 」「 フェノール 」「 硫酸アンモニウム 」「 リン酸トリブチル 」「 βプロピオラクトン 」・・・これらは発がん性物質が含まれているとされている成分です。

その他にも「 ポリミキシンB 」「 ポリソルベート80 」「 ソルビトール 」「 アンホテリシン B 」「 ラテックス(ゴムの木成分の乳液) 」「 マイコプラズ マ」「 遺伝子組み換え酵母菌 」「 メタノール 」など多数の有害とされる化学物質が含有されています。


到底理解できない予防接種ワクチンの成分が意味するものは?

どういう過程や研究でこうした化学物質や細胞、ウィルスを含有するに至ったのか到底理解は出来ませんが、単純に考えてもこんな異物のオンパレードである予防接種ワクチンが赤ちゃんや子供の体に入って小さなか弱い体を守ってくれるんでしょうか?と思わざるをえません。



★ 厚生労働省「子宮頸癌、ヒブ、肺炎球菌」を定期接種化の方針 「QLifePro医療ニュース(2013.2.3)」より
/
厚生労働省は、子宮頸癌予防用ヒトパピローマウイルスワクチンと、インフルエンザ菌b型ワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの3種のワクチンを2013年度より定期接種化にするという方針を決定した。

1月27日、田村憲久厚生労働相と新藤義孝総務相、そして麻生太郎財務相が最終合意。厚労省は今後、予防接種法改正案に定期接種化も盛り込んで通常国会に提出する予定である。

現在、ワクチンの定期接種事業等は、市町村が実施主体であり接種費用を負担することが予防接種法で定められている。国は接種費用を負担することができない低所得者の分として、必要な費用の30%を負担している。ただし地方交付税の不交付団体は除いている。

一方、市町村では被接種者から実費を徴収することは可能なのだが、小児の定期接種ワクチンは、ほぼ全ての市町村が全額助成を行っている。そのため無料で接種できるようにしているということが現状である。

自己負担1割、国と市町村で9割を負担

同省では昨年、3種のワクチンを定期接種化する方針を固めていたのだが、接種にかかる費用負担が年間約1200億円増えるということで自治体が反発した。このためこれまで厚労省や総務省などの間で、予防接種の負担費用について協議が続けられていた。

2013年度から年少扶養控除の廃止ということで、増加する地方税収のうち522億円を一般財源化して接種事業に充てるという方針を決定。接種費用の1割を被接種者の自己負担、残りの9割を国と市町村がほぼ半分ずつ負担する内容を予防接種法改正案に盛り込むとした。

自治体の負担を軽減することによって、これらの予防接種を定期接種化する。

またこの決定以外にも妊婦健診の公費助成も恒久化し、地方税増収分の残りである364億円を財源に充てるということを示している。


★ ワクチン同時接種後に乳児死亡 熊本、再開後初の事例 「47ニュース(2011.6.13)」より
/
 熊本市は13日、子どもの細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンと、小児用肺炎球菌ワクチンの同時接種を受けた同市の生後2カ月の男児が死亡したと発表した。

 任意接種のヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンは、接種を受けた乳幼児の死亡が続発。厚労省が3月に接種を一時見合わせたが、明確な因果関係はないとして4月に再開していた。同様のワクチン接種後の死亡例は全国で8例目で、再開後の死亡は今回が初となる。

 同市によると、男児は市内の医療機関で3日に接種を受けたが、翌日に死亡。男児に基礎疾患はなく、予防接種と死亡の因果関係は不明という。医療機関から市へ4日に報告があった。


日本脳炎ワクチン
■ 7月にも接種後の死亡例 日本脳炎ワクチン 「憎しみの連鎖(2012.10.18)」より
ワクチン接種はまったく無意味と言ったら違います。しかしワクチン、接種というのは多くの危険を伴い死亡する例があるということは上記したニュースからもわかると思います。なのにワクチン接種が大々的にコマーシャルなどで流れているのは、「ワクチン」というワードが生み出すネットワーク、それは数々の機関や人間であり、それによるバイオ産業が落とす「お金の魅力」というものがあるのも事実です。そして数々の研究は時に人間を死へと追いやる技術へと発展してしまうこともあります。


★ 日本脳炎予防接種:死亡2例のワクチン製造元が一致 「毎日新聞(2012.10.19)」より
 日本脳炎10+件の予防接種で死亡例が2件続いたのを受け、厚生労働省は19日までに、ワクチン製造元の阪大微生物病研究会(大阪)に対し、事実関係の確認や製品の安全性などを調査するよう要請した。厚労省によると、2件で使われたワクチンはいずれも同研究会が製造したものだったが、製造日は異なる。

 同研究会は「痛ましい事例で、重く受け止めている。できる限りの情報を収集して厚労省に報告したい」としている。

 三井辨雄厚労相は19日の閣議後の記者会見で「現在、接種との因果関係を含めて事実関係を確認している。今後の対応については、専門家の意見を聴いて考えたい」と話した。(共同)



★ 強毒性新型インフル予測時、全国民に予防接種へ 「Yahoo!ニュース〔読売新聞〕2012.3.6」より


■ ワクチンは危険です! 「わんこと花・2(2012.3.8)」より

 ・ワクチン接種はリスクが高いわりに効くとも効かないともはっきりしないものです。
  日本のワクチンは生ワクチン(生きてる菌が入っている)で、副作用も大きいです。
  ちなみに先進国で生ワクチンを使っているのは日本だけです。
  とりあえずインフルエンザのワクチンは打たない方がいいと専門家も言っています。

-----------------
■ ワクチン 「そら日記(2012.3.8)」より






 ・(※ 元は阿修羅の記事。原文を再度翻訳し直して「さてはてメモ帳」さんがアップした。)
  • しかし、もし周囲が嘘でいっぱいであれば、どのように選択ができるのでしょう? また、もしFDA(※1)が高潔な人たちによって運営されていたならば、これらのワクチンに対しては認可が下りることはなかったでしょう。 それらは消滅する一歩手前まで調査されるでしょう。
  • A: 病気の減少は生活状況が向上したことによるものでした。

 Q: どのような状況ですか?

 A: 水がきれいになったこと、下水処理の発達、栄養摂取、食物の衛生、貧困の減少などです。菌はあちらこちらにあるでしょうが、健康であればその疾病に容易に罹ることはありません。

 Q: 独自の調査を終えたときに何を感じましたか?

 A: 絶望です。私は嘘の集積をベースにしたところで働いていたことに気が付いたのです。


  • Q: 他のワクチンより、より危険だというワクチンはありますか?

 A: はい、例えばDPT。 MMR(3種混合生ワクチン)。しかし、混合ワクチンのいくつかには、同じワクチンであってもその他の混合ワクチンより危険なものがあります。私が知る限りにおいて、すべてのワクチンは危険です。

 Q: なぜですか?

 A: いくつかの理由があります。それらはある過程で人間の免疫系に影響を与えます。つまり、免疫に障害を生じさせる傾向があります。ワクチンは、予防すべき病気を実は引き起こすことができるのです。予防すべき病気以外の病気も引き起こし得ます。



 ・伝染力が強まる方向で10世代感染を繰り返したら、ななななんと世界全人類の半分を殺す超まずい空気感染ウイルス株ができてしまった、というわけ(警告フラッグ!!!!)。



 ・ああ、人類はやはりH5N1変異種のパンデミックで終わるのか...

映画でもSF小説でもない、現実のはなし。オランダの科学者が世界数十億人を骸の山に変える致死力を備えたスーパーウイルスをこしらえてしまいました。まあ、深呼吸、深呼吸...あ、深呼吸はまずいか...このウイルス、鳥インフルのくせに空気感染するんです。



■ 「人類終了のおしらせ」 だそうです 「さてはてメモ帳(2011.12.2)」より

 ・アメリカ国立衛生研究所(NIH)から「H5N1鳥インフルエンザウイルスの伝染力が強くなってパンデミックを起こし得るかどうか、いっちょ調べてくれないか」と頼まれ、かしこまりました、とやってみたのです(警告フラッグ!)。



 ・B型肝炎ワクチンとHiB(髄膜炎)ワクチンが導入され、大規模なワクチン接種計画が加速した1991年までは、自閉症は稀でした。子供にこうしたワクチンを接種した直後に自閉症が現れたことを証言できる親が何万人もいます。
 ・米国では、ワクチンで何か悪いことが起きても、製薬会社や医者を訴えることはできません。いずれも「1986年・児童ワクチン被害法」で保護されています。当時のロナルド・レーガン大統領が署名・発効したこの法律では、「ワクチンのメーカーは、ワクチンに関連する傷害や死亡から発生した損害の補償を求める民事訴訟において、法的な責任を負うことはない」(一般法律99-660)と定められています。

 •豚や牛のゼラチン。アナフィラキシー反応を起こすことがわかっています。3種混合ワクチン(はしか、おたふく風邪、風疹)、水疱瘡と帯状疱疹のワクチンに大量に入っています。

 ・自閉症の研究・治療団体ジェネレーション・レスキューは、カリフォルニア州とオレゴン州で、子供を持つ親を対象に、ワクチン接種/未接種を比較する調査を行ないました。対象となった子供の数は17,674名で、結果は以下の通りです。
   • ワクチンを接種した子供のぜんそく罹患率は120%増
   • ワクチンを接種した男児のADHD罹患率は317%増
   • ワクチンを接種した男児の神経疾患罹患率は185%増
   • ワクチンを接種した男児の自閉症罹患率は146%増


★ ワクチンで自閉症はでっちあげ 英医学誌に報告 「47ニュース」より
----------
■ 似非医学、ワクチン恐怖症が生んだ数知れない悲劇 「苺畑より」から
 ・このようなでっちあげ論によって被害を受けたのはインフルエンザのワクチンだけではない。子供から命を奪い、生存者は一生後遺症を患うポリオや、乳児や幼児には命取りになる百日咳なども、 嘘でまかせワクチン恐怖症 のために、現代社会では信じられないような巻き返しをおこしているのだ。
----------
■ 予防接種で自閉症になるってホント? 「warblerの日記」より  詳細な資料と分析あり
 ・日本でもこういった影響を受けて予防接種害悪論を振りまく人達が少なからずいます。例えばホメオパシー普及・推進団体は世界標準で予防接種は害だとして執拗に攻撃をしていますが、日本でも多くのホメオパシー団体が予防接種の毒によって自閉症などの発達障害が引き起こされるとして活発にネガティブキャンペーンをしています。
 困ったものですね。この論文の罪は大きいです。しかも、 全くと言って良い程の捏造だったのですから ...。
----------
■ ホメオパシーによって壊れた家族の実態。 「てんかん(癲癇)と生きる」より
 ・奥さんが息子のてんかんの治療をホメオパシーだけにした家庭の例を聞き取りしました。インタビューイは旦那さんで、現在は奥さんと離婚して、息子を現代の医療による治療に復帰させています。
----------
■ ねつ造:MMRワクチンが自閉症の原因とした商売 「脳漏れ自慢」より


■ インフルエンザワクチン 「ちわわのひとりごと」より
 ● 大原麗子さんは自宅でひっそりと亡くなられていた。大原さんは1999年からギラン・バレー症候群を患っていたという。ギラン・バレー症候群は、急速に腕や脚の筋力が低下し歩行障害などを引き起こす病気。

上記記事の項目です。
 ● ▼豚インフルエンザワクチンは致命的な呼吸器系疾患と関連がある
 ● ▼1976年の豚インフル:集団予防接種で副作用による死者多発 豚インフル原因では1名のみ
 ● ▼1919年のインフルエンザ大流行はワクチンによって引き起こされた
 ● ▼強制予防接種が天然痘・ポリオ・インフル工ンザの流行を招く
 ● ▼インフルエンザ強制予防接種の恐怖
 ● ▼ワクチンは危険
 ● ▼湾岸戦争症候群の一因は微生物汚染炭疽菌ワクチンという証拠
 ● ▼予防接種が増やす自閉症
 ● ▼ジョン・ラポポートによる元ワクチン研究者インタヴュー
 ● ▼予防接種問題まとめ

■ こりゃすごいや: 「さてはてメモ帳」より
 ● インフル集団感染、入院高齢者6人死亡…秋田【読売新聞】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101106-OYT1T00517.htm?from=rss&ref=fln
 ● 同病院では10月29日、死亡者も含め入院患者全員に「A香港型」「B型」「新型」の 混合ワクチンを接種していた といい、発症者には全員に「タミフル」を投与した。

■ 「パンデミックを煽るな!静かに殺そう!」:これが今年のワクチン・ビジネス戦略とか? 「Kazumoto Iguchi's blog(2010.11.9)」より
 ● このデービッド・アイクの警告を他所に、すでにこの国では以下のような感じで事が進行中である。あほな国民はもはや助ける事すら難しい。なぜなら我々が警告しているその理由、その言葉すら理解しないほどアホになったからである。 ワクチンさえ打たなければこんなことにはならなかったはずである

■ 今年(2010年)もワクチンがやってきた 「tamekiyo.com」より 掲載2010年10月10日
 ● なお、毎年の季節性インフルエンザ・ワクチンが無意味なことは、医療の世界では(知見豊かな層に限るが) 公言してはいけない常識だった ことも書き添えておく。昔からだ。
--------
■ インフルエンザワクチン接種の問題点を聞こう! 「さてはてメモ帳」より 2009年 09月 30日
 ● 群馬県の衛生研究所と医師会の調査の結果、 ワクチン接種地域と非接種地域に流行の差がないことがはっきりした

■ アジュバント多くのワクチン、例ナルコレプシーと新型インフルエンザ。 「Malapedia: フォーラム H1N1」より
----------
■ 新型インフルエンザワクチン接種後のナルコレプシーの多発についての調査が欧州で始まる 「In Deep」より
 ● 新型インフルエンザワクチンの予防接種後に、突然眠りに落ちる病気ナルコレプシー患者が発生していることで、ヨーロッパの薬事監査機関は豚インフルエンザワクチンの安全性の調査を開始した。
 ● パンデムリックスの接種が病気のトリガーとなったのか、あるいは、単なる偶然の一致なのかを現在調査している。
--------
■ 新型インフルエンザワクチン接種とナルコレプシーの関係について欧州で調査が始まる 「ちょっと意外な健康情報」より
 ● 日本なら、たとえこのような事実があったとしても、相当国民からの世論が喚起されなければ
調査は決して行われないだろう。さすがに、疑問は追求するという国民性の違いを見せつけられた思いです。
--------
■ インフルエンザワクチンでナルコレプシー(過眠症)疑惑? 「新型インフルエンザ・ウォッチング日記」より
 ● ナルコレプシーとは過眠症の一種で、睡眠発作と脳波異常で特徴づけられます。
突然の眠気で(たとえ興味のあることをやっている瞬間でも)眠り込んでしまう睡眠発作、寝入りばなや起きがけに怖い夢を見る入眠時幻覚、感情の波で力が抜けてしまう情動脱力発作などが症状です。脳波では、本来、入眠後数時間経ってから現れるはずのREM睡眠が寝入りばなに出てきたりします。


■ カネのためならなんでも出来る人たち 「我が郷は足日木の垂水のほとり」より
 ● 今の日本には「奴隷制」は無い。しかし、懲りない輩(やから)はいるもので、いたいけな小学生や中学生を、人体実験の材料として売る莫迦がいる。

■ 豚インフルの嘘が公に 「メモ・独り言・戯言」より
記事引用
 ● WHOのアドバイザーが H1N1ワクチン製造業者からリベートを受け取りました。
 ● 豚インフルで右往左往したみなさん、ま、真相はこんなもんですよね!

■ 医療と健康管理 関係記事の ご紹介 「我が郷は足日木の垂水のほとり」より
副題・記事引用
 ●  種痘やワクチンの投与には、人体実験の ウラがある
 ● 特別レポート HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く
 ● 厚労省は製薬業者などには、事故の場合には免責を与えています。 つまりたとえば異物(最悪の場合は強毒の生ウイルス)が混入されていても、責任を問わないと、厚労省は言っているのです 。是がどれだけ危険きわまりないことか、 予防接種を受ける人は覚悟を 決めてからなさるべきでしょう。

■ 「原因」ではない「ヒトパピローマウィルス」 - 子宮頸癌ワクチンは打たないで! 「同時多発テロはヤラセだよ! 」より
記事引用
 ● つまり子宮頸癌の原因は「HPV」自身ではなく「頑固な感染症」にあるということです。その微妙な違いがおわかりになりますか?

■ 特別レポート HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く 「Beyond 5 Senses」より  ★★★
記事引用
  • 過去何年もの間、子宮頸癌(けいがん)を防止するという趣旨で、HPVワクチンが一般に販売され、米国のいくつかの州では学齢の女子を対象に接種が義務付けられてきた。
  • HPVワクチンが、既にHPVに曝露している女性(性的活動が旺盛な女性を含む)からHPVウィルスを除去するのに全く役立たずなことが証明済みである
  • 何もしない場合と比べ、ワクチンを接種することは、女性の健康にとって遥かに危険な可能性があることを明らかにする。



.