新型インフルエンザ対策について現場から情報発信するブログです。 今の日本の新型インフルエンザ対策は間違っており、日本国民一人一人が日頃から手洗い・咳エチケットを心がけることにより、最悪の事態は絶対避けられることを知るべきです。



★ 強毒性新型インフル予測時、全国民に予防接種へ 「Yahoo!ニュース〔読売新聞〕2012.3.6」より


■ ワクチンは危険です! 「わんこと花・2(2012.3.8)」より

 ・ワクチン接種はリスクが高いわりに効くとも効かないともはっきりしないものです。
  日本のワクチンは生ワクチン(生きてる菌が入っている)で、副作用も大きいです。
  ちなみに先進国で生ワクチンを使っているのは日本だけです。
  とりあえずインフルエンザのワクチンは打たない方がいいと専門家も言っています。

-----------------
■ ワクチン 「そら日記(2012.3.8)」より



 ・此の法案は、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザが発生した場合、休校や 集会の制限 を法的に指示出来ること等を盛り込んでいるとのことだが、此れって 完全に憲法(日本国憲法第21条)違反だから (プ
 ・日本はワクチン人体実験場。現代医学に資金提供するロックフェラー家の長寿の秘訣は、現代医学を利用しないことw 「同ブログ(2011.3.3)」より


★ 新型インフル対策で学校や集会制限 特措法案たたき台 「日本経済新聞(2012.1.17)」より / 魚拓


★ 新型インフル流行備え特措法案、集会中止指示も 「読売新聞(2012.1.10)」より

 ・強毒性の新型インフル流行時に政府が「緊急事態」を宣言した場合、国民に外出自粛要請や集会中止を指示するなど、強制力を持った措置を取れるようにするのが柱だ。感染拡大や社会の混乱防止を「国家の危機管理」と位置づけるもので、緊急事態法制の新たな取り組みといえそうだ。政府は、 通常国会に特措法案を提出し、成立を図る

---------------
★ インフルエンザ関連ニュース一覧 「Yahoo!ニュース>サイエンス」より



 ・新型インフルエンザの流行による 「緊急事態」では、集会中止はやむをえないことなのだろうか
  選挙シーズンにあたったら、集会中止のまま、選挙は行うのだろうか?
  強毒と弱毒の見極めは?



 ・伝染力が強まる方向で10世代感染を繰り返したら、ななななんと世界全人類の半分を殺す超まずい空気感染ウイルス株ができてしまった、というわけ(警告フラッグ!!!!)。



 ・ああ、人類はやはりH5N1変異種のパンデミックで終わるのか...

映画でもSF小説でもない、現実のはなし。オランダの科学者が世界数十億人を骸の山に変える致死力を備えたスーパーウイルスをこしらえてしまいました。まあ、深呼吸、深呼吸...あ、深呼吸はまずいか...このウイルス、鳥インフルのくせに空気感染するんです。



■ 「人類終了のおしらせ」 だそうです 「さてはてメモ帳(2011.12.2)」より

 ・アメリカ国立衛生研究所(NIH)から「H5N1鳥インフルエンザウイルスの伝染力が強くなってパンデミックを起こし得るかどうか、いっちょ調べてくれないか」と頼まれ、かしこまりました、とやってみたのです(警告フラッグ!)。


2010.9.5up
■ 致死率高い鳥インフル、人間に感染しやすい型に変異 「asahi.com」より
----------
■ 遂に鳥インフルエンザの人型感染の変異が現実に! 「真理のある民主主義を目指す経済社会論」より
 ● 新型インフルエンザが人工的に作られた可能性を伝える衝撃動画




新型インフルエンザ 」を言葉で検索

■ テクノラティ検索
現在、このプラグインはご利用いただけません。

■ クチコミ検索


■ ブログ2
  • 「新型インフルエンザ」を含むブログが見つかりません。

■ ニュース1


■ ニュース2


.