パナマ文書
★■ 日経新聞、パナマリークス記載のタックスヘイブン企業「NIKKEI, S.A.」との関係について質問を黙殺 「エコーニュース(2016.4.21)」より
/
(「NIKKEI, S.A.」の「S.A.」というのはパナマの公用語であるスペイン語では、「SOCIEDAD ANONIMA」の略として用いられ日本語で言えば「株式会社」に相当する。)

パナマでタックスヘイブン利用のため、多くのペーパーカンパニーを設立したことが発覚して問題となっている法律事務所モサック・フォンセカの顧客企業に「NIKKEI, S.A.」(日本語に直すと「日経株式会社」とでもなる)という社名が見られたことがわかった。

また、同社のPresident/Chairman(社長兼会長)であるJOSE ALBERTO RUIZ氏が、数百社で社長を務めており限り無くペーパー役員に近い存在であることも、英国タイムズ紙の作成したパナマドキュメント検索データベースから判明。

(※mono.--以下略、詳細はサイト記事で)


■ こいつバカ? 「二階堂ドットコム(2014.23.17)」より
/
だったら、オリンピックでも全部の国応援しろよな日経のこのアホは。日本だけ応援するんじゃねぇぞ。なにせ「やった方の意図」はどうでもいいんだろ?不快に思った方が優先されるんだろ?だったら、オリンピックでも何でも、おまえが日本だけ応援するのは不快だから、全部の国応援しろこのアホが。
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO68282860U4A310C1000000/?dg=1
+記事
サッカーJリーグ1部(J1)の浦和レッズのサポーターが「JAPANESE ONLY」という横断幕を競技場内に掲げた問題で、Jリーグは13日、浦和に対し無観客試合1試合と譴責(けんせき)処分を科した。無観客試合は1億円相当の入場料収入をフイにすることになるといわれる。Jリーグ史上初の厳しい処分には就任間もない村井満チェアマンの強い意志が働いたようだ。

■チェアマンのリーダーシップに敬意

 処分決定に至る過程で迅速な対応を見せた村井チェアマンのリーダーシップには敬意を表したい。12日午後の時点でチェアマンは「浦和からの報告を待っているところ。一刻一刻、信用が失墜していると感じている。早く(報告を)出してほしい」と話していた。横断幕を試合(3月8日・鳥栖戦)が終わるまで撤去できなかったことと同じくらい、浦和の事後処理の遅さに落胆していたのかもしれない。

 その村井チェアマンは浦和に「(横断幕を)試合終了まで放置したことはクラブが差別的な行為に加担したと、とらえられてもおかしくない」と伝えたという。本当にそのとおりだろう。個人的には「無観客試合ですんでよかったな」というのが正直な感想である。もっと厳しい処分が科されても仕方ないと思っていたからだ。今回浦和のサポーターがやったことは、それくらいのダメージをJリーグ全体に与えたと思う。

■問題の試合、浦和が勝っていたら…

 Jリーグが下す罰則には「譴責」「制裁金」「中立地での試合開催」「無観客試合」「没収試合」「勝ち点減」「出場権剥奪」「下位リーグへの降格」「リーグからの除名」の9段階に分かれている。厳しさでいうと今回の処分は下から4番目。問題となった試合で浦和は鳥栖に0―1で負けたが、もし勝っていたら、試合を浦和の0―3の負けとして没収することと無観客試合がセットになっていたのではないか。そんな処分を科されたときの選手の胸中を思うと、変な話だが、鳥栖に負けていてよかった、とさえ思う。

 事を荒立てすぎではないか、という意見もあるのかもしれない。横断幕を掲げたサポーターの中には「海外の観光客やほかの人たちが入ってきて、統制がとれなくなるのは嫌だった」と人種差別的な意図はなかったと主張する者もいたという。しかし、セクハラやパワハラがそうだが、こういう事例は、する側の意図ではなく、それをされて不快に感じた側の心証の方が重視される。

■自治と治外法権はイコールでなし

 マニュアルですべての対策を講じることは不可能だから「感受性を養うことが本質的なテーマ」と村井チェアマンはいう。そのとおりだろう。熱狂的なサポーターがゴール裏スタンドを聖域扱いする気持ちは分からないではないが、自治するということと治外法権は決してイコールで結ばれない。やっていいことと悪いことは必ず存在する。その峻別(しゅんべつ)に今回の問題を生かしてほしいと切に願う。

 Jリーグには設立の根幹にかかわる命題として「スポーツで、もっと、幸せな国へ」という百年構想のスローガンがある。百年というと世紀にまたがる単位だ。20世紀を2度の世界大戦によって「戦争の世紀」と呼ぶ人がいるが、私は同時に「スポーツの世紀」だったと思っている。

 ワールドカップもオリンピックも20世紀に飛躍的な成長を遂げ、いろいろなスポーツが世界中の人々の間で行われるようになった。ボクシングのモハメド・アリやサッカーのペレ、バスケットボールのマイケル・ジョーダンらはスポーツという枠や国境や国籍を超えた、アイコンになった。彼らの影響力が一国の元首たちをもしのぐ状況さえ出現するようになった。

■選手の向日性に共感覚えるファン

 彼らほどの巨人ではなくても、それぞれの国には自分たちが愛してやまない、スポーツ界のスーパースターが大抵存在する。現在ではアスリートと総称される人々に、なぜ、そういう感情が湧くかというと、彼らの向日性がそうさせるのだと思っている。昨日より今日、今日より明日。1日1歩ずつでも1ミリずつでも前進しようと、不断の努力を続ける姿に、人々は限りない共感を覚えるのではないだろうか。アスリートが子供たちにとって「ロールモデル」とされるゆえんでもあろう。

 選手たちは単純にもっとうまくなりたい、もっと強くなりたい、もっと速くなりたいと思っているだけなのかもしれない。しかし、私はそんな彼らの姿に、この社会が、この世界が、昨日より今日、今日より明日、少しでも良くなるようにと願いながら地道に生きる人々の姿を重ね合わせてしまう。遠いようで近く、近いようで遠い。アスリートとわれわれのそんな絶妙な距離感が、スポーツをこれほどまでに大衆化させ、巨大な産業へと押し上げた気がしている。

■スポーツの一番の醍醐味とは

 そんなスポーツが理想とする世界とは基本的にオープンなものでなければならない。見る人がいるから励みになる、戦う相手がいるから真剣になれる。その見せる相手、戦う相手の「地域」や「国籍」を限定して燃えられますか? そんなものはコップの中の争いであり、井の中の蛙(かわず)でしかない。アスリートの本能にも反している。世界中を相手に「look at me!(おれを見ろ!)」と言えるのがスポーツの、アスリートの一番の醍醐味でしょう。

 それは「日本人だけ」という閉じた考えとは対極にあるもので、肝心要の応援している選手たちへの冒涜(ぼうとく)につながってしまう。それが今回一番悲しいのである。

■いつかみんなで笑える横断幕を

 浦和は当面、サポーターが掲げる横断幕を全面禁止にするという。真剣勝負の空間に異物のように紛れ込んだ、機知に富んだ横断幕を見るとき、思わず吹き出してしまうことがある。ユーモアもまたスポーツに欠かせない要素である。それは心の余裕を表しているからだ。今回の横断幕は少しも笑えない。笑える人間もいるのだろう。だから感受性の問題なのかもしれない。

 スタンドにいる、みんなで笑える横断幕が、埼玉スタジアムに掲げられる日を、心から待っている。スポーツでもっと幸せな国になるために。
↑ていうか、1万歩譲っても記事が気持ち悪い。


それから、日経だったかな?クリミアの話と中国の話一緒くたにして、「尖閣問題で日本は中国に強気で出たからロシアにも強気に出て制裁に加われ。北方領土は裏で交渉しろ」みたいな記事がどっかにあったんだが、アホか?クリミアみたいに人がいて、動員とはいえ、一応そこで選挙までやってから土地を分割するプーチンと、人がいないところにいきなり「俺の土地だ」とやってきて取ろうとするアホなシナ人と違うだろうが。一緒くたに書いているんだもんな。バカだよ。

プーチンは、集金ピン(習近平・中国権力者は自分の金だけ目当てにしかうごかないことからの揶揄。実際、Nikonが賄賂支払いをしくじったらCCTV使って叩かれてる。あれは100%シナの嫌がらせ。)と違って頭がいい。頭がいいというか、理屈を通せそうなやり方をするからうまい。何でも強奪して押し切ればいいと思っているアホなシナ人と違うんです。
日中関係

日本経済新聞
■ マスコミによる既成事実化 「ひろのひとりごと(2013.5.8)」より
/
日経の記事を読むとあたかも松山市の水道事業全体を委託したかの様に見えますが、実際は浄水場の保守管理を委託しただけですね。
しかも以前から民間に委託していた部分でありますので、松山市の水道事情に与える影響はほとんど無いと思います。

多分これ、日経の分かってて書いているんでしょうね。

記事中にちゃんと「事業は浄水場やダム、配水池の運営や保守など」と書いていますし、それでどうやって松山市民48万人に水を供給する事業になるのか・・・記事の整合性が取れていません。(ダムの事業については民間に委託していないし)

まあ、日経の目的はおそらく「既成事実化」ではないかと思います。

読者に対して規制緩和やグローバル化の波には抗う事はできないのだというイメージを植え付ける。それがこの記事の狙いでしょうね。
(※ 記事前後は略、詳細はブログ本文で。)

サンテック】 / 【ソフトバンク
■ 同業他社けなしまくり説明会の直前にバレてしまった調達先の計画倒産 「二階堂ドットコム(2013.3.21)」より
/
 集めたメディアを前に、言ったもん勝ちの嘘八百データを並べ立てて同業他社をけなしまくるのも、取引先の計画倒産を利用してインチキ財務データを水膨れさせるのも半島人のお家芸ですね♪説明会翌日には、サムスンに買収された国際スケート連盟と同様にソフトバンクに買収された日経新聞が、SBアゲ・ドコモKDDIサゲ記事を大きく掲載するのでしょう。中国当局が国策で開発したTD-LTE技術で日米の通信網を乗っ取ろうという孫社長の野望が成功した暁には莫大なキックバックがSBから転がり込むのですから、日経もSBヨイショに必死ですw

中国に設立したファンド会社を使って環境関連企業を物色しているソフトバンクのソーラーパネル調達先である中国サンテックパワーが倒産した今、米元高官の警告が真実味を帯びています。

(※ 以下略)



内容的には目新しいものでは無く、
日本国債売りを計画するファンドのポジショントークですが、
全くもってその通りなので、カイル氏を批判はしません。

 ・ところでカイル氏は下記の様に語っています。

<引用>

 「12年度に財政赤字のGDP比は約10%まで上がるでしょう。日本の人口は過去3年半で290万人も減りました。少子高齢化もいよいよ深刻になっています」

<引用終わり>

ところで、いつ日本の人口が3年半で290万人も減少したのでしょうか?

2011年の予測値は年末に報道されています。

  • 出生数は戦後最少の105万7千人
 前年比1万4千人(1.3%)減少
  • 死亡数は126万1千人
 東日本大震災の死者(昨年12月30日現在で1万5844人確認)の
 影響もあって、同6万4千人(5.3%)増加、戦後最多を更新

約20万人、人口が減少 して大きなニュースになりました。

3年半で290万人減少などとは、いったいどういう統計なのでしょう。
戦争でも起きたのでしょうか・・・・?


■ 貧すれば鈍する・・・日本経済新聞が、詐欺ステマ芸能人と同じになった日 「More Access,More Fun!(2013.1.18)」より
/
日本も終わりです。

わたくし、いままで何度も詐欺的な情報商材やFacebookにはびこる一攫千金のエセコンサルについて書いてきました。情報弱者のなけなしの金を巻き上げるこうした方々には、共通点があります。儲けているのは「自分がこうやって儲けた」という内容のセミナーや情報商材。内容は具体的ではなく、勧める手法は脱法、違法性の高いもの。サービスの規約も無視。

まあ、ここまでは騙されるのは「何でもいいから金欲しい」の皆さんですのである意味仕方ないのですが、ここにきて電車の中吊りや、あの日本経済新聞にまで広告審査を通って堂々と掲載されるようになると、世紀末感がじんわり漂っています。

しまう 与沢翼の『秒速で1億円稼ぐ条件』
↑このエントリーは必読です。要するに「秒速で1億円稼ぐ条件」は違法、脱法は気にするなっていう内容だそうです。

彼が犯罪者であることを、私もちょこっと証明しましょう
こちら、当方のクライアントのアドレスにしつこいほどに送られてきた、スパムです。サーバ会社にクレームを言い続けて停止させました。

(※ 以下ブログ本文で。)






.