現代医学を構成する医者、病院、薬品、医療機器の9割がこの世から消えてなくなれば、人々の体調はたちどころによくなるはずだ。これは私の確信である。 — 1979年 ロバート・メンデルソン医師

(※mono....Robert Mendelsohnの写真略)

Robert Mendelsohn (1926-1988)

(※mono....中略)

それで読む気になったのですが、この著者のロバート・メンデルソンさんというのは、30年くらい前に亡くなっている方なんですが、アメリカの小児科と予防医療の専門家で、英語版の Wikipedia によれば、全米保健連盟会長だとか、イリノイ州医師免許委員会の委員長だとか、アメリカ医師会のかなりの要職を歴任していた方のようなんですね。

Wikipedia によれば、この本のような批判を初めてから、それらは辞任したようですが。

まあ、たとえば、本の中には、


医療倫理は世間の常識と相容れないばかりか、伝統的な宗教ともかけ離れている。宗教は対立する宗教の欠陥を指摘して反証する傾向があるが、現代医学教は薬を使わない医者を「投薬の儀式を拒否した異端者」と見なし、反証の機会すら与えずに排除する。

現代医学教の戒律は非常に厳しく、アメリカ医師会の倫理規定では、医学博士の学位をもつ者は現代医学を信じない者との親交はもとより、言葉を交わしてもいけないことになっている。

(第2章「なぜ薬を飲んではいけないのか」より)


(※mono....中略)


はじめに「 医者から身を守るには」より

現代医学は患者の信頼がなければ成立し得ない。なぜなら、現代医学は医術でも科学でもなく宗教だからである。(略)

現代医学が宗教だとわかれば、それが医術や科学だと思い込んでいたときよりもはるかに効果的に身を守ることができる。とはいえ、現代医学は自らを宗教だとは絶対に認めない。病院にしても現代医学を信仰するための教会ではなく、科学を追究するための教育機関と位置づけている。

現代医学教は人々の信仰に依存している。宗教はすべてそうだ。しかし、現代医学教の場合、信仰への依存度がきわめて高く、人々がたった一日でも信仰を忘れると、医療制度そのものが崩壊してしまうのである。

(※mono....以下略、詳細はブログ記事で)


★ 日本の医療界は、世界標準から取り残される 「2023年問題」にどう対応するのか 「msn.news - 東洋経済(2015.3.17)」より
/
 少子化が進み、大学全入時代にある日本で人気が集中する医学部。「資格があり、安定していて収入も高い」というイメージが、将来への不安を抱える若者やその親を医学部受験へと駆り立てる。その日本の医学部を今、襲っているのが「2023年問題」だ。

 激震が走ったのは2010年秋のことだった。アメリカ、カナダ以外の医学部出身者が米国で医業を行う際に資格を発行する機関である「ECFMG」(Educational Commission for Foreign Medical Graduates)が、2023年以降の受験資格を「国際基準で認証された医学部出身者に限る」と明らかにしたことがきっかけだ。

 背景には、海外の大学を卒業し米国で医師免許を取得した者の教育レベルが、均一ではないということがあった。日本の医学教育は国際的に見て高いレベルだが、こと患者に接して診察・診療する「臨床」実習について言えば、国際認証基準を満たしていない。日本の医学部の臨床実習期間は他国に比べて短い上、多くの場合は「見学型」で学生はほとんど“お客さん”扱いだからだ。実習といっても、せいぜいカルテの下書きをするくらいである。

 日本の医学部を卒業してアメリカの国家試験を受ける者は少数なので、2023年問題の影響は、直接的には大きくない。ただ、日本の医師育成が各医学部や教員の自由裁量に委ねられてきた結果、医学教育が“ガラパゴス化”してしまっていることは、重大な問題である。

 2012年度には、文部科学省が「国際基準に対応した医学教育認証制度の確立」を補助事業に採択。東大、千葉大、新潟大、東京慈恵医大、東京女子医大が連携校となり、認証制度の確立に向けた取り組みを進めている。

 文科省のモデル校のひとつである慈恵医大の宇都宮一典主任教授は、「現状、日本の臨床教育レベルは一部の新興国より低くなってしまっている」と危惧する。慈恵医大では以前から臨床実習に力を入れており、現行では6年間で62週を実施している。新カリキュラムではこれを75週に拡大する。

 慈恵医大の新カリキュラムでは、大学1年次から学外施設で地域医療や福祉の現場に触れ、将来目指すべき医師像を明確にさせる。本格的な臨床実習も半年間前倒しして、大学4年の9月からスタートさせる。最も力を入れるのは、大学5年の9月から行う「参加型臨床実習」だ。

 地域の基幹病院である柏(東京慈恵会医科大学附属 柏病院、千葉県柏市)、葛飾(東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター、東京都葛飾区)、狛江(東京慈恵会医科大学附属 第三病院、東京都狛江市)の3分院を中心に学生を派遣。学生はチームの一員となって検査や治療計画の策定に携わり、10カ月で10診療科を回る。

 卒業時には、従来の筆記試験と合わせて卒業時OSCE(オスキー:客観的臨床技能試験)の実施を予定する。姉妹校であるキングス大学(イギリス)の手法を参考にした。患者と面談し検査データを見た上で、診断や治療の方針を決められるかどうかを評価する。

 慈恵医大の新しい取り組みは、臨床医の育成強化という意味で非常に理にかなっている。一方で、ほかの私大から驚きの声が上がっているのも事実だ。

 限られた学習時間の中で、臨床実習を増やすには、座学を減らす必要がある。慈恵医大の学生は、実際の医療に携わる忙しい日々の合間を縫って、卒業直後の医師国家試験に向けた勉強もせねばならない。

 現状、偏差値の高くない私大の多くが、大学5~6年次のほとんどを国試対策に当てている。国試予備校と提携して、国試対策用の授業を入れたり、成績下位の学生を予備校に通わせたりといった大学も少なくない。国試合格率を上げるため、卒業試験を難しくし、1割程度の学生を落とすことも珍しくない。国試合格率は、学費と並んで、大学の人気度に直結するだけに、私大も必死なのだ。

 参加型臨床実習が定着するかどうかは、患者側の意識もポイントになる。「実習生には治療に参加して欲しくない」という声があることも事実であり、今後患者の間に「医師を育てる」意識が広がることも条件になるだろう。

 グローバル化の波に乗り遅れまいと、各大学は臨床実習の時間数を増やす方向で動いている。日本の医学教育の水準が上がるのは喜ばしいことだが、私大の医学部では座学や国試対策とのバランスをどう取っていくか、難しい判断を迫られることもありそうだ。


〔国保税〕
■ 高すぎる国保料が71名の命を奪う(2011.3.3) 「怒りの時評」より
 ・小泉構造改革で8年間連続して社会保障費を2200億円(初めの年は3000億円)削減し続けた結果ではないか。国民健康保険がはじめたときには、国民皆保険として政府と会員が折半で持つということだったが、それが2008年には政府が24%まで減り、国民は2.6倍になっている。 これをもとにもどせ!

★ 困窮で受診遅れ 71人死亡 - 高すぎる国保料・窓口負担 「しんぶん赤旗」より
 ・社保、国保など正規の保険証を持ちながら、窓口負担の重さなどのため受診が遅れ死亡したと考えられるのは29例で、昨年調査の約3倍です。
 ・厳しい雇用・労働環境のもと、死亡事例のうち50~60代の男性が約7割を占めています。
 ・疾病別では71例中悪性腫瘍46例、糖尿病8例。がん患者の大半が経済的な困窮のため高い治療費が払えず、末期状態でようやく受診にこぎつけています。

■ ガンで助かる二つのタイプの人たちがいる。 医者から見放された人。医者を見放した人。 「ライジング・サン(甦る日本)」より こちらからの転載記事
 ・OTAレポートを91年にいち早く日本に紹介した ジャーナリスト今村光一氏 は2003年に不当逮捕されています。罪状は薬事法違反、オリーブ葉のエキスを著書で紹介した事による「未承認医薬品の宣伝販売」で逮捕され身柄を拘束されました。そして急逝(きゅうせい)されたのです。 憤死、口封じ等々今でも憶測が飛び交っています
■ 医猟マフィア達の世界家畜奴隷化支配下計画 「だいだいこんの日常に溢れる陰謀~もう騙されない~」より
 ・地獄の傀儡師を頂点とする医局の仕組み
 ・偽医者は悪化させて、出番を増やし、お医者さんごっこに熱中
 ・米国で代替療法医の〝謎の死〟続出
 ・NK細胞こそが自然治癒力の神髄
 ・医師免許、剥奪で脅されたゲルソン博士
 ・〝殺人療法″から逃げ出し始めた米医学界
 ・薬事法違反で市民団体を〝魔女狩り″
 ・国家 (ガン・マフィア) の戦慄的暴挙
 ・狙いはイラク反戦運動と代替療法つぶし
 ・抗ガン作用が証明されていても逮捕……
 ・ガンを悪性化させる抗ガン剤認可の理由
 ・「ガンに効く」緑茶を売ったら逮捕?
 ・アガリクスにガン促進の疑いで中止要諦
 ・現実を知ったら嘆き悲しむだろう…しかし、それが日本の現実だ
 ・民間がやれば、破防法適応で死刑、医者が殺せば「先生ありがとうございました」
 ・ただ殺すだけじゃつまらない。虐殺収奪のお楽しみはじっくりと…
 ・毒ガス兵器マスタードガスが起源
 ・顔や手の皮が爛れ喉を掻き悶絶死……
 ・抗ガン剤は〝発ガン剤″である
 ・「最強の発ガン性で悪化させて獲物を追い込め」
 ・抗ガン剤で治った人見たことない
 ・クスリを次々に変えたり 〝カクテル〃 で
 ・一度使ったら、やめられない猛烈発ガン剤、その経営効果、経済効果の効き目
 ・学長は目前で「報告論文」を破り棄てた……
 ・博士論文を審査もせず破り棄てた狂気
 ・ガン産業を告発したマティアス・ラス氏のPDF
 ・多くの人間が関わる産業は全部猛烈に残酷だ
 ・医猟産業のやっていることは人間社会の当たり前に過ぎない
 ・イメージ作戦という殺人トラップ
 ・人間とは恐ろしい生き物だ
 ・医師は国家狂育という詐欺にババを掴まされた被害者でもある
 ・肉を食べる人ほど不幸なりやすいメカニズム
 ・無慈悲な人間が屠殺にも劣る豪快な殺され方をする
 ・現代医療の医者は宇宙ワースト級の知能である証拠
 ・看護婦は白衣の悪魔の虐殺マリオネット、殺人犯の助手
 ・真実に気付かないと殺される
 ・自分が生きてきたように殺されている日本人
 ・ピンクリボン運動の本質がわかっているか

■ 医猟マフィア達の世界家畜奴隷化支配下計画 「上記記事の元サイトページ」より

■ 病院がないほうが死亡率が下がる! 夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ 「logmi(2014.8.13)」より
/
市の財政破綻により市立病院が無くなり、街から救急病院が消えた夕張市。高齢化率45%のなか悲惨な現実が待ち受けるかと思われたが、結果はその真逆だった–。 死亡率、医療費、救急車の搬送回数、全てが下がったマジックの背景を、夕張市立診療所で院長を勤めた森田洋之氏が明かしました。(TEDxKagoshima2014 より)
【スピーカー】
南日本ヘルスリサーチラボ 夕張市立診療所 前院長  森田洋之 氏

【動画もぜひご覧ください!】
Hiroyuki Morita/TEDxKagoshima
/
「病院がないほうが死亡率が下がる」という夕張市の奇異な現象は、何も夕張市だけに起こった特別な結果ではなく、世界で見ても同じような事例は至るところで起こっており、その中には「医者がストライキを起こすと死亡率が下がる」という事例がいくつもあります。

「医療」(Wikipediaより転載)
  • 1973年にイスラエルで医師のストライキが決行された時には、診察する患者の数を1日あたり6万5000人だったところを7000人に減らした。そしてストは1ヶ月続いた。エルサレム埋葬協会によると、医師のストライキの期間中、人々の死亡率が半減したという。イスラエルでこれほど死亡率が減少したのは、1950年代に医者がストライキをした時以来である。

  • 1976年、コロンビアの首都ボゴタで、医師たちが52日間のストライキを行い、救急医療以外はいっさいの治療を行わなかったところ、ストライキの期間中、死亡率が35%低下したという。コロンビアの国営葬儀協会は「事実は事実である」とコメントした。

  • 同じ1976年、アメリカ合衆国のロサンゼルスでも医者らがストライキを行った。この時は、死亡率が18%低下した。ストライキの期間中、手術の件数は60%減少していた。そして、医師のストライキが終わり、彼らが医療活動を始めると、死亡率がストライキ以前と同じ水準に悪化した。

「医者が仕事をしなければ死亡する人も減る?」と考えると、果たして医者の必要性というものが世の中に本当にあるのか疑問の残る話ではありますが、これは必ずしも医者が不要というわけではなく、医者が本当に治療に必要な人にだけ集中して治療を専念すれば、“通常は助ける余裕がない人達も助けることができる”ので死亡率が下がるという見解のようです。

(※ あちこち略、詳細はブログ記事で)




.