みくる「みなさんの好きな食べ物ってなんですか?」
キョン「そーですね、やっぱり朝比奈さんが入れてくれたお茶ですね」
みくる「うふふ、ありがとうございます」
ハルヒ「私は鍋ね」
長門「カレー」

古泉「もちろんアナルです!!」



キョン「こいつは?」
谷口「B+だな」

キョン「こっちは?」
谷口「A-だ」

キョン「…甘過ぎないか?」
谷口「そうか?じゃあ写真写りの善し悪しも加味してBとB+かな」
キョン「なるほど…」
谷口「おまえはどうなんだ?」
キョン「FとGかな」
谷口「おいおい、俺的美的ランキング査定に喧嘩売ってんのか?」
キョン「…」
谷口「どした?」
キョン「この写真の人物をよく見ろ…見覚えないか?」
谷口「ん?何言って…」
キョン「女装した古泉と国木田だ…」
谷口「な、なんだってー!!?」

古泉国木田「「チャック!チャック!」」
谷口「アナルだけは!アナルだけは!」



布団の中、古泉を腕枕で支えながら
キョン「…いままでは…おまえが何故あれほどまでにアナルに固執するのか不思議だった…」
古泉「…」
キョン「だがおまえを掘った今、全て理解した。…神は人類の繁栄など望んでいない…」
古泉「終ったんだからさっさと帰れ!いいか!二度と顔を見せるなよ?!氏ね!このど早漏めが!!」
キョン「(゚д゚)」


キョン「古泉…昨日はその…すまなかった…」
古泉「気にしてません」
キョン「…」
古泉「気にしてません」
キョン「古泉…」
古泉「なんですか」
キョン「厚かましいと自分でも思う…だが…一度、もう一度だけでいい!やらせてくれ!」
古泉「キョンくん…あなたは悲しい人ですね…」
キョン「…お、おまえは今まで散々俺を掘ってきたじゃないか!だから…頼むよ…一度だけ…」
古泉「そんなに僕のはよかったですか?」
キョン「ああ!勿論だ!最高だったさ!だから…」
古泉「確かに僕はあなたを散々掘りました。ですがそれは過去の事です」
キョン「な…」

古泉「僕はバイト…まあいわゆる売春ですがその業務の性質上、様々なお客さまの相手をしてきました」
キョン「…」
古泉「その経験から言わせてもらいます。キョンくん…あなたは短小早漏の上、淡泊過ぎます」
キョン「だっ、だったら!お、俺を掘ってくれても構わん!だから…だからおまえを…」
古泉「…。まさかそんな言葉をあなたから聞くことになるとは…キョンくん…あなたには失望しました…」
キョン「え…?」
古泉「最初は僕も徹底して拒むあなたを征服することに欲情していました…ですが…」
キョン「な、なんだよ…」
ブーンブーン
古泉「失礼、携帯です。お待ちください」
キョン「くっ…!」
古泉「失礼しました。ですが申し訳ありません今日はこれで失礼します」
キョン「!?おい!何でだよ!話しはまだ…」
古泉「実は今夜はあなたにかわる新しいパートナーの家に泊まる予定なんです。今の電話はその催促でした」
キョン「なんだと!?」
古泉「彼はあなたとは違い、無尽蔵の精力と無限の僕への愛を持ち合わせてます。
    ちなみに今宵は燕尾服プレイを楽しむつもりです(^-^)では急ぎますので失礼させて頂きます(^-^)」
キョン「おい、まてって…」バタン
みくる「あ、あのぉ…わたしも帰りますね…」
キョン「くそ!何が燕尾服プレイだ!ふざけやがって!!」
みくる「さ、さようなら~」かちゃん
キョン「俺の一樹を盗りやがって…何処のどいつだ!?ぶっ殺してやる!…いやまてよ…燕尾服?燕尾服だと?まさか…いや、そんな筈は…」

新川さん「いーくん!いーくん!」
古泉「アナルだけは!アナルだけは!」



ん、なんだこのDVD。
俺は1枚のDVDを拾った。
とりあえず見てみるか。
部室には誰もいないよな。
長門がいるけど大丈夫か・・・

俺はそのDVDをノートパソコンのDVDドライブに突っ込んでみた・・・
どうやらビデオのようだ。とりあえず再生してみる。
なんだこのAV臭いタイトルは。それに何故新川さんが出てるんだ。

「・・・、いけません、イツキ様・・・こんな執事と関係を持つなんて・・・」
「良いじゃないですか、新川さん。今更やめられませんよ」
「おやめください!イツキ様。アナルだけはっ!アナルだけはっ!アーッ!」

なんで新川さんと古泉がやってるんだ。不愉快な物を見てしまった。
とりあえず小便でもいくか・・・ あれ?ドアが開かない。
おい、長門。ドアが・・・ 俺の後ろで何をしてるんだ、長門・・・
やめてくれ!アナルだけはっ!アナルだけはっ!

・・・・・・



古泉「実は機関って5人しか居ないんですよ」
キョン「あーなんとなく予想してたようなそうでもないような」
古泉「ええ、ですから最近は神人もメンバーに入れる案が上で働いてます」
キョン「神人はお前たちが倒すんだろ?仲間にしてどうする。だいたい上って新川さんか?」
古泉「ですから倒さずにつれてきました、こちらです」
神人「よう」
キョン「へー結構がっちりしてるやん、おおなんか体も光ってるでー」
神人「ああ、体はでかいと邪魔だから人間サイズにしとくよ」
キョン「うわー神人のガリバートンネルやー」
神人「声も変えれるんだ、ちょっとキョン!」
キョン「おおハルヒの声やないかー」
古泉「ですから彼・・・いや今は彼女を北高にも置きます」
神人「よろしくお願いします」
キョン「普通の女の子になったな」
古泉「あまりめだちませんからね、それとときどき彼女には姿を変えてもらいます」

俺は即座に思いついた。こいつを肉便器にしよう!
最近オナニーだけじゃ物足りないと思ってたんだ!


キョン「おい神人!」
神人「なーに?」
キョン「こいつを抑えてくれ」
神人「はい」


古泉「ぼ、僕ですか!アナルだけはアナルだけは!」



俺は超能力を使い手なんだがキョンが残念な事に涼宮とくっつかないので「お前それで良いのか?」と言うと「何いきなり話かけて来てるわけ?」と言われました。
最終的には何かしら被害を受けるキョンが気の毒になったので聞いただけなんだがむかついたので「お前マッガーレでボコるわ・・」と
言って開始直後に力を溜めてふもっふしたら多分リアルでビビったんだろうな、、ガード固めてたからキャンセルしてカカッっとダッシュしながらセカンドレイドしたらかなり青ざめてた
おれは一気に空中にとんだんだけどキョンが硬直してておれの動きを見失ったのか動いてなかったからふんもっふでガードを崩した上についげきのセカンパドドでさらにダメージは加速した。
わざと距離をとり「俺はこのままこどもたちがマッガーレとふんもっふとセカンパドドでもいいんだが?」というとようやく必死な顔してなんか部室のはしっこから長門出してきた。
おれは●で回避、これは一歩間違えるとカウンターで大ダメージを受ける隠し技なので後ろの未来人が拍手し出した。
俺は「うるさい、気が散る。一瞬の油断が命取り」というと未来人は黙った
キョンは必死にやってくるが、時既に時間切れ、アナルガードを固めた俺にスキはなかった
たまに来るアナルガードでは防げない攻撃もキックで撃退、終わる頃にはズタズタにされた黒髪の雑魚がいた。

「いつでもマッガーレでトドメは刺せた、あの時長門だそうとしたときにも実はズタズタに出来た、」とかいった
そしたら「いや今のハメでしょ?俺のシマじゃ今のノーカンだから」とかいったので俺がヒト睨みするとまた俺から視線を外した、2戦目は俺のマッガーレを先読みしてたみたいでいきなりバックステッポで回避された
「ほう、経験が生きたな」と少し誉めるとジュースをおごってくれると言う約束をしたので空中で●を当てて一気にかけよりふんもっふとセカンドレイドの二択を迫り
5回くらいマッガーレしたら死を感じたのかガードしようとしたので近づいてセカンパドドをお見舞いしてやった、絶望でダウンしているところにギロチンのマッガーレがダブルで入れた。
「今のがリアルでなくて良かったな、リアルだったらお前はもう死んでるぞ」というと想像して圧倒されたのか動きが鈍くなったのでmamamaマッガーレで動きをコントロールし
さらに時間までコントロールしていることにも気付かせずにこどもたちとマッガーレとふんもっふとセカンパドドさせた。
そしたら「まただよ(笑)」とか負けたくせに言いワケ言ってたから「限られたルールの中で勝利条件を満たしただけ」といったら顔真っ赤にして3戦目はけっこう攻撃的だったけど挑発に軽々と乗ってくる馬鹿には確実な死が待っていた。
マッガーレの恐怖が完全に摺り込まれている為思うように近づけないでいるようで空中来たらキックでけん制し飛び込んできたらマッガーレでいつの間にかガードゲージは光っていたから「セカンパドドでトドメさすよ」と言うとキョンは必死にガードしたから
狙い通り3段目くらいをロマキャンすると予想通り青ざめてガードしてたから●投げで強打したのちマッガーレでトドメ。
あとはこどもたちとマッガーレとふんもっふとセカンパドドまで粘った。俺のアナルガードは固く、隙を見せなかった。キョンもアナルガードできない攻撃してきたけど反撃もここまで。残念ながら前半の遅れを取り戻す事が出来なかった。



「よし・・・・・着艦体勢に入った・・・」

「そう・・・・・そのま【ピーピー】
「!!!!」


「どうしたんだ?」

「未確認の飛翔体が急速接近中」
「気を付けて・・・ロックされてる」


「ちきしょう、何でこんな時に!」
「アッー!ケツをとられた!」
「いったいなんなんだ!!」



「・・・・・解析中・・96・・98・・・・100・・」

「・・・・識別完了」

「飛翔体の正体は・・・・・・テトドン」


「アナルだけは!アナルだけは!」



名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/20(日) 18:29:50.89 ID:XRFDZMI3O
キョン「なにぃ!ハルヒのアナルだと!」
古泉「どうせ釣りでしょう」
キョン「い~や、そんなことはない!10分で500か、長門特製スプリクト発射!」



キョン「500いったぞバーロ!」
古泉「すごいですね。5秒で500なんて」
キョン「アナルがうpされたぜ!」
古泉「かかったな小物め!そのアナルはハルヒではなく僕のアナルだ!」
キョン「な、なんだってーー」
古泉「くらえテドドン!」
キョン「くらうか!出撃アナルギア!」
古泉「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ」
キョン「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」



朝比奈「何がしたいのあんたたち」



古泉「消失時の長門さんと霊魂となった涼宮さん、それと全裸の僕…つきあうなら誰がいいですか?」

キョン「付き合うなら長門、突き合うなら古泉、憑き合うならハルヒかな」

古泉「口頭では解りにくいですね…え?憑き“合う”?」

キョンシー「よくぞ気付いた!貴様だけには正体を明かそう!我が名はキョンシー!よろしくな!」

古泉「はい、こちらこそ!では早速!キョンシーたん!キョンシーたん!」

キョンシー「アナルだけは!アナルだけは!」



ガチャ

キョン「おぃーす」

古泉「おや、キョンたんじゃないですか♪僕に会いに来てくれたんだね!」

キョン「あ、俺今日アマンダさんのイボが爆発するところを見なければいけないバイトがはいってたわ。じゃーな、ホモ」

スタスタ…

古泉「フフフ…キョンたんったら素直じゃ無いんだから…ツンデレキョンたんテラモエス…おっと、我慢汁が…イケナイイケナイ^^さぁ、キョンたんを尾行してアナルを頂くとしますか。神人?そんなことよりキョンたんのアナルが先決ですよ、フフフ…」

ダダダ…

長門「…仕事しろよホモヤロー」

キョン「ふ~、よし行くか!!」
古泉「キョンたんハケーンwwwさぁスキを見てアナルを頂きますよ…ん?あれは…」
ドカーン…(なにかが爆発する音)
アマンダさん「い、イボが!イボがあぁぁ!!」

古泉「ちょwwwホントかよwwww」



キョン「おい古泉!俺のプリン食べただろ!」
古泉「すいませんね、なにせ空腹だったもので・・・・・・」
キョン「罰として、お前のプリンを食わせろ」
古泉「え、今はありませんが・・・・・・」
キョン「ここにあるじゃないか、股間にある丸いプリンがふ☆た☆つ☆」
古泉「アッー!」




ハルヒ「ハッ!ドリームか!」



ある日、部室に入ると下半身をまるだしにしている古泉が立っていた。その股間からは立派な一物がそそり立っている。

古泉「やっと来てくれましたか、遅いですよキョンたん」

キョン「そうか、待たせていたのならすまなかったな。それでそんな恰好をしてなんの用だ」

古泉「いやぁ…面白い一発芸を思い付きましてね、ちょっとキョンたんに見てもらおうかと思いまして」

キョン「そうか、じゃあ見てやるからそのおぞましい物体をしまってくれないか」

古泉「やだなぁ…いまからする一発芸はコレを使うんですよ」

そう言うと古泉はタコ糸を取り出し、おのれの一物にきつく巻き始めた。

古泉「はぁはぁ…どうですか?ボンレスハムです!!うっ…」

その瞬間古泉の息子から白濁色の液体が飛び出した。なんとも気持ち悪い光景である。ていうか早いな…

古泉「キョンたんに見られているかと思うとすぐイッちゃいましたwww」

キョン「どうでもいいが、ハルヒ達が来る前に床拭いとけよ」

古泉「まったくつれないなぁ、キョンたんは…あ、そうだ、キョンたんもやってみます?使いさしですけど…」

そう言うと古泉は液体まみれの糸を俺に突き出してきた

俺はその糸で古泉の首を絞めた。



部室に行くと珍しく誰もいなかった。俺は自分で茶をいれ、ぼーっとしていた。平和だ……。早く朝比奈さんがいれてくれるお茶を飲みたいね
そんな事を考えている内に誰か来たようだ
ガチャ
古泉「おや、キョンたんだけですか珍しい」
古泉か…一番来てほしくない奴が来たな…

キョン「なんだ?俺だけじゃなにか不満でもあるのか」
古泉「とんでもない!むしろ逆ですよ。貴方一人でよかった。」
どういう意味だ?前々からコイツはなにか変だと思っていたが、なに考えてやがる。
ガチャ
突然、古泉は部屋のカギを締めた。一体なんのマネだ?
古泉「僕もね、この状況にずっとヤキモキしてたんですよ…貴方一人でよかった。これで誰にも邪魔されない」
…どういう意味だ?まさかコイツも朝倉と同じ考えなのか!?しまった今は長門がいない!このままじゃ…
古泉「フフフ…抵抗しても無駄ですよ。貴方は逃げられない」
キョン「ふん、そうやすやすと殺されてたまるかってんだ。もう朝倉だけで充分だ」
古泉「殺す…?フフ、そんなことしませんよ人聞きの悪い」
じゃあ一体なんのつもりだ
古泉「キョンたんのアナルを掘って、涼宮ハルヒの出方を見る!!」
な、なんだとぉ!!
キョン「や、やめろ!来るな!近づくな!!」

古泉「ハハハ!僕からは逃げられませんよ、キョンたん!!」
やべぇ!コイツかなり速い!!

古泉「では頂きます」

キョン「アナルだけは!アナルだけは!」



古泉「ところで、保守するのはかまいませんが、





別に、キョンたんのアナルをほってもかまわないのでしょう?」

アナルだけは!アナルだけは!



「ありがとう。」古泉は顔を赤くしたまま言う。
抱き合っていると、さすがに変な気分になってくるな。
ちょっとぐらい悪戯しても許されるんじゃないか?そんな気分になってきた。
首筋に軽くキスをしてみた。ぴくんと体が反応した。いい反応だ。
両手をすっとお尻にまで降ろし、さわさわとなでて見る。古泉の体は、すばらしい反応を見せた。
「中学時代、遊んでたって話は本当なのか?」
「な、なにをいうんですか、突然。」
「ほら、すごく感度がいいんだ。」首筋をなぞるようにキスを繰り返す。そのたびに、古泉の体が反応した。「中学時代に、開発されたんだろ?」
「ば、ばかなこと言わないで下さい」否定せず、うつむく古泉。
古泉の顎を右手で軽く持ち上げた。潤んだ瞳に欲情の炎が見てとれる。唇を荒々しく奪う。古泉は目を大きく広げ、そして素直になった。
「こんなとこで・・・・」うっとりとした顔は、ここでしてって言ってるぞ。「そんなこと、いわないでキョンタン・・・そんなにしたら、僕のテドドンが・・・・テドドンが・・・」

古泉「僕のテドドンがドーーーーーーーンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
キョン「ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンwwwwwwwwwwww」
長門「ドーーーーーーーーーーーーーンwwwwwwwwww」



古泉「だーれだ?」

キョン「とりあえずその暑苦しい手をどけろ、ホモ」
古泉「フフフ照れちゃって、キョンたんかーわいいww」

キョン「よし、今すぐ殴ってやるから面貸せ」

古泉「おやおや、恐い恐い…キョンたんは笑顔が一番だよ!そうだ、今日はキョンたんの誕生日ですよね?プレゼントを用意しました」

キョン「え?…お前が俺に?」

古泉「ええ、そうです。日ごろキョンたんにはお世話になってますからね」

キョン「世話つっても別に俺は何もしてないぞ?」

古泉「いえいえ。いつもキョンたんをオカズに使わせてもらってるんですよww昨日もキョンたんで抜きましたしwww」

キョン「…そのプレゼントとやらを受け取る気にはなれないな。じゃーな!ホモ!!」

俺は全速力で逃げた

古泉「なにをいまさら!!キョンたん!プレゼントは僕です!受け取ってーー!!」

しまった!回り込まれた!!つかなんでコイツこんなに速いんだよ!陸上部入れ!!

古泉「キョンたんへの愛があるから成せる事です!さぁイキますよ!!」

キョン「アナルだけは!アナルだけは!」



部室に入ると、古泉が珍しく読書をしていた。長門に勧められたのだろうか?どっちにしろコイツが本なんか読んでるとこは初めて見るな。そんな真剣な顔してなにを読んでんだ

古泉「あ、キョンたん!こんにちはww」

キョン「ああ。ところで何を読んでんだ?」

古泉「これですか?フフ、キョンたんに貸してあげます!絶対読んでね!!」

おい…と、声をかける前に部室を出て行きやがった…なんだったんだ?…ていうかこの本…BL本てやつか?アイツこんなもん読んでやがったのか…てかこの犯られてる奴俺に似てないか?
……家に帰って、飯食ったり風呂入ったりしてぼーっとしてたらもう11時になっていた。時間が経つのは早い。

ふと、ホモから受け取った本に目をやる。とりあえず妹に悪影響が出ないように机にでもしまっておくか

と、本を持った瞬間、栞が落ちた。『7時に公園で待ってます』
……長門のパクりめ…あんまり行きたくないな。

しかし、今も待ってるかと思うといてもたってもいられなくなった。やれやれ、あのホモの事だ。どうせくだらない事だろうか行ってやるか。
チャリを飛ばして公園についた。ホモはどこだ?あ、いた。ベンチに座ってやがる。ていうかアイツ裸だよな?しかもベンチの周りには精液が散乱しているような…
古泉の座っているベンチに近づくとコッチに気付いたようだ
古泉「やぁ、キョンたん。遅いですよ」
キョン「お前7時からずっといたのか?」
古泉「ええ、今日は来ないかと思いましたよ」
キョン「そうか、それは悪かったな。とりあえず聞きたい事が山ほどあるんだが…まず、何故裸なんだ?」古泉「興奮するじゃないですかww」

キョン「そうか。お前にまともな回答を求めた俺が馬鹿だったな。そしてその白濁色の液体はなんだ?」

古泉「見てわかりませんか?精液ですよ。勿論僕のね(はぁと)」

キョン「……。」

古泉「キョンたんが来るまで暇だったので、キョンたんの事考えながら9回もしてしまいましたよww」

キョン「……とりあえず用件を手短に聞こうか。もう帰るぞ」

古泉「フフフ……キョンたん、この状況を見てください。何かに似てると思いませんか?」

……!!まさか…お前…!
古泉「そうです。そのまさかです」

古泉「や ら な い か」

キョン「やらねぇよ」



古泉「突く突く奉仕!!突く突く奉仕!!」
キョン「とってもいいよお!!とってもいいよお!!」

キ・古「アアアアアァッ!!!」

長・み・ハ「さすがにそれは引くわ」



「実は僕…超能力者なんです」
「へー」
「今からそれを証明しますのでついて来てください」
そして俺は古泉につれて行かれた。
「へいタクシー」
「ちょwwwwww」
そうして俺達はタクシーに乗り込んで待つこと1時間。都市につれてこられた。
「もうすぐです」
何がもうすぐなんだ。
「マッガーレ」
古泉がそういうと世界が歪み始め、ぐるぐる回って──同じところに立っていた。
いや、正確には同じところでもさっきまでいた人間が消え、なにやら薄暗く、
不気味な雰囲気を漂わせていた。
すると、なんか巨人みたいなのが現れた。その時古泉が玉に変わった。
─以下省略─

「ふう、見ていただけましたか?」
「すごいな。で、どうやったらここから帰れるんだ?」
「帰る?何を言ってるんです。帰しませんよ。ふふ…」
「な…お前なんなんだ!?ただの超能力者じゃないだろ!」
「ええ、僕は…ハァハァ…キョンたん…」
「な…なにーーー!?」
「キョンたん…ハァハァ…あなたを誘ったのはこの為ですよ…」
「ほ、他のやつは!?」
「ええ、新川さん出てきてください」
「久々にやれるわけですか…キョンたん…ハァハァ…」
な…俺は…いったいどうすればいいんだ…このままじゃやられる…本能がそう告げている…
「うわーーー!」
俺は精一杯逃げ出した。

「逃げようとしても無駄ですよ」
どん。何かやわらかい壁のようなものにぶつかった。
「なんなんだこれは…」
「だから言ったでしょう?逃げようとしても無駄だ、とね…」
「古泉の言うとおりですな」
「ではあなたに選択肢をあげましょう」
「な…なんだ…」
「それでは選択肢です。
1:今から僕と新川さんとハァハァして元の世界に帰る。
2:ここにずっといて、弱ったところを僕と新川さんにハァハァやられる。
3:元の世界に戻って僕と新川さんとハァハァする。
さぁ、どれにします?」
「ちょwwww結局やられ…」
「もう構いません。やっちゃいましょうか、新川さん。」
「そうですな。」
「ふふ…キョンたんと…僕のキョンたんと…ハァハァ」
「ふふ…久々に血が騒ぎますな…ハァハァ…若者と…ハァハァ」
「アナルだけは!アナルだけは!」



もし、キョンと古泉の立場が逆だったら

放課後、部室には誰もいなく、キョンだけがいた。
「あれ?あなた一人ですか?」
「ああ、古泉か。なんでかしらんが俺一人なんだ」
「そうですか」
「それより古泉。なんかさ、俺むずむずしてるんだ」
「どうしました?どこか痒いところでも?」
「そういうんじゃないんだ。性的なやつさ」
「それは大変ですね」
「なんかよ、俺お前が格好よく見えてきた」
「それは恐縮です」
「俺…お前が好きだ」
「僕もいろんな意味であなたが好きですよ」
「なぁ、古泉」
「なんでしょう?」
「犯していいか?」
「誰をです?」
「お前」
「あなたとうとう壊れましたか?」
「もう我慢できない。襲ってやる」
「え…、ちょっと…何して…うわっ、脱がさないでください!って、何あなたまで脱いでるんですか!?」
「もう逃げられないぜ」
「アナルだけは!アナルだけは!」



|