『lakeside love story』

《その後》

合宿で1週間つぶした夏休み。
8月に入るところだ。
何故か、SOS団は毎日のように全員部室に来るという展開だ。
「だって部室が一番落ち着くじゃない!!」
だそうだ。

やること自体に変化はなく、朝から集まりミーティング。
その後、不思議探索or遊びのような感じで去年と同じようなことを繰り返している。

俺とハルヒは部室では付き合う前まで通りの関係だ。
「部室でイチャつくのはわたしが許しませんっ!!」
と朝比奈さんに可愛く言われたら仕方がない。


古泉は、
「【組織】の仕事が減って嬉しい限りですね。一個人としてのほうが、あなた達の幸せを喜べますがね。」
とニヤけ顔で、嬉しいことを言ってくれた。
合宿での計画については奢り5回分で手を打つとハルヒと決めた。
「マッガーレ…。」とか言っていたか。

団活に図書館に行くのも加わったな。
ハルヒが決めたから長門に何か恩でも出来たのだろう。
「…………うれしい。」
と言って、長門はハルヒに抱きついていた。
ハルヒは
「あたし、有希と付き合おうかしら?」
とか言っている。

長門の感情表現が増えたのはうれしいがそれは許さんぞ。

古泉が言っていたハルヒの計画による、【組織】プレゼンツの合宿2回目はどうやらまた推理ゲームになるらしい。
みんな楽しみにしているみたいだからいいか。

変化した事と言うと、土曜か日曜の片方は毎週休みにして2人で出かけているということだ。
正直、幸せである。
毎回キスとかするからな。
まぁ一緒にいるだけでも充分だが。

俺はそんな夏休みを送っていく予定だ。


部室での会話で、
「あたしと出来るだけ一緒にいるようにするのよ!」
「お前な、2人きりの時とは態度違うな。」
「……っ!?う、うるさい!」
「みんな、ハルヒって2人の時はな……「わ~~っ!!ごめん!わかったからやめて!」
とかやって、みんなで笑っていてとても楽しい時間を過ごしている。


今、俺はハルヒと初デートの時の湖を歩いている。
これからも度々ここに来るだろう。
「ずっと一緒にいような?」
ハルヒは驚いた顔をした後、微笑んで
「あんた次第よ……あたしをずっと好きでいてね?」
と言って、目をつむりキスをせがんでくる。
「やれやれ、大変な彼女を持ったな。」
と言い、
俺はハルヒにキスをした。

《lakeside love story》完

|