※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

うだるような暑さが続く中、オレはサバンナに迷い込んだ北極熊のように背を丸めて雑
踏の中を歩いていた。照り付ける太陽はアスファルトを直火に掛けたフライパンのように
熱し、吹き出す汗はシャツを濡らすと同時に乾いていく。
何故そんな暑さの中、外を出歩いているのかというと……何のことはない、我が家のク
ーラーがぶっ壊れたからだ。故に部屋の中は蒸し風呂のように熱気が籠もり、それなら見
たかった映画を劇場で見つつ、暑さをやり過ごした方がマシだ。

だから、オレはこの暑さから避難したかっただけなのだ。そのために駅前まで出てきた
し、日々の活動で薄くなる財布の中身に鞭打って映画館へ向かおうとしていたのである。
にもかかわらず……何故こいつが目の前にいるのか、理解に苦しむ。

「何? あたしの顔に何かついてる?」

胡乱な目つきに気づいたのか、アイスカフェオレをちゅごごごごとすすりながら、ハル
ヒがオレを鋭く睨んでくる。
何故か避暑しに来たはずのオレは、町中で偶然見かけたハルヒに声をかけ、あまつさえ
二人きりのティータイムを過ごすハメに陥っていた。
理由はない。何故かしらんが、そうしなければという脅迫概念を受けていたからかもし
れないし、声をかけるのが当たり前と思っていたからかもしれない。

「気にするな。麗しの団長さまと二人で過ごせる幸せを噛み締めているだけだ」
「へ……!? あ、あんた何バカなこと言ってるのよっ!」

嫌味のつもりで言った台詞で、そんなに焦られてもな……。何かオレが悪いことをした
気分になるじゃないか。

「だいたい、あんたが疲れてるっぽいから貴重な時間を割いてまで付き合ってるのよ。明
日はみんなで花火大会に行くんだからね。わかってんの!?」

真夏のイベントね……もう、イヤになるほど堪能してるじゃないか。それも、オレを苦
しめるこの太陽の日差し以上の笑顔を浮かべてな。
なんてことを考えていると、不意に古泉の「後ろから抱きしめて……」などという妄言
が蘇る。アホらしい。

「ちょっとキョン、あんた本当に大丈夫? なんかいつものマヌケ面にアホ属性が追加さ
れた顔してるわ」

おいこらハルヒ、さらりとヒドイこと言ってないか?

「この暑さに参ってるだけだ。気にするなよ」
「なんだ、夏バテ? だったらあたしが、元気になるスタミナ料理でも作ってあげましょ
うか? 団員の健康管理も、団長の役目だもんね」

ヤモリの串焼きやスッポン鍋とか、中世の魔女でさえ作らなさそうな操作機料理が出て
きそうなので、謹んで辞退しよう。

「そんなことより、どこか行きたいところあるか? 家に帰ってもクーラーがぶっ壊れて
て暑いだけだから、何だったら付き合ってやるぞ」

これも別に他意はない。何も古泉の妄言にそそのかされたわけでもない。事実、家に帰
ってもクーラーは故障中で暑いんだ。熱波がすべての元凶だな。

「えっ? あー……そ、そうね。うん、えっと」

何をそんなに日和ってるんだ? おまえの方こそ、この暑さにやられちまってるんじゃ
ないだろうな?

「何もないないのか? それなら、オレはこれから映画を見に行くつもりなんだが……一
緒に行くか?」
「え、映画? そっか、映画か……。し、仕方ないわね。あんたの奢りってんなら、付き
合ってやるわよ」

オレが奢ること前提かよ。まったく、勘弁してくれ。

「あんたから誘ったんだから、当然でしょ! そうと決まったらほら、早く行くわよ!」

オレのアイスコーヒーはまだ飲みかけだったにもかかわらず、ハルヒは手を取って立ち
上がった。何をそんなにテンションが上がっているのか、さっぱりわからん。

その後、ハルヒと見た映画はやっぱりというか、案の定、どこかで見たことのある
内容だった。なんだか無駄に出費してしまった気がするが、それでも、ハルヒはそれなり
に満足したようで、それで満足してくれれば……と切に願う次第である。

うだるような暑さが続く中、オレはサバンナに迷い込んだ北極熊のように背を丸めて雑
踏の中を歩いていた。照り付ける太陽はアスファルトを直火に掛けたフライパンのように
熱し、吹き出す汗はシャツを濡らすと同時に乾いていく。
何故そんな暑さの中、外を出歩いているのかというと……何のことはない、妹が友だち
連中を家に招き入れ、自由研究の課題に取りかかっているからだ。故に家の中は阿鼻叫喚
の地獄絵図となり、子守なんぞしたくないオレは町の中に逃げ出した。

だから、向かう場所はどこでもよかったし、できることなら日々のSOS団の活動で万
年床のように薄くなった財布の負担にならない場所へ行きたかった。
オレが避暑地に選んだ場所は、駅前にある図書館だ。ここなら無料だし、冷房も効いて
いるし、静かで本を読むのもうたた寝をするのにも最適な場所との判断からのチョイスだ。

案の定、中は涼しく静かで、のんびりとした時間が流れている。そしてその中に、見知
った顔を見つけたのは、場所を考慮すれば、必然の出来事なのかもしれない。

「なんだ、長門もここにいたのか」

オレが声をかけると、長門は本から顔を上げてわずかに首を傾けてから、再び本に視線
を戻した。それが会釈だと気づくのに、要した時間は一分。
もう少し分かりやすい挨拶をしてくれと思いつつ、こいつの読書を邪魔するのは、なん
というか……瞑想する釈迦に声をかけるようで気が引ける。そもそもオレは避暑で訪れた
だけなので、これ以上話しかけることもあるまい。黙って適当に本を選ぶことにした。

一冊の薄い小説を選んだオレは、早速腰を落ち着けようと空いてる席を探して館内を見
渡した。が、席はすでに満杯。意外なほど、人が多い。

それもそうだ。

今は夏休み、それもあと一週間で終わるはずの差し迫った時期だ。課題を片付けるつも
りで、図書館に駆け込むヤツは少なくない。ま、オレの場合は課題を終わらせることを放
棄しているが……などと考えていると、くいくいっ、と引っ張る力が袖に加わった。見れ
ば、長門が洞穴のような目でオレを見ている。

「座って」

と一言、今まで自分が座っていた席を指さしてそう言った。そこには長門の鞄が置いた
ままになっており、なるほど、オレに席取りをさせようってつもりらしい。
ま、長門がそういう意思表示めいたことをするのは珍しいし、座る場所がなくてどうし
ようかと考えていたオレだ、そのお願いを聞いてやっても罰はあたるまい。

長門が戻ってくるまでとは言え、腰を落ち着ける場所を得たオレは、せっかくなので手
にした本を読み始める。選んだのはシャーロック・ホームズの本。一度は目を通したこと
があるが、こうやって読むと懐かしさと新鮮みを覚えて面白い。

そのせいだろうか、慎ましやかに体に付加が加わるまで、そのことに気づかなかった。
何のことかと聞かれれば、傍目に見れば一目瞭然。長門がオレの横に座って、本を読んで
いるだけのことだ。
ただ、この椅子は長椅子とは言え、一人で座ることを前提に作られている。例え小柄な
長門といえど、隣に座られれば密着することは必然だった。

「す、すまん。戻ってきてたのに気づかなかった」

慌ててオレは立ち上がろうとした。したんだが、長門の手が立ち上がろうとしたオレの
腕に触れて、立ち上がることを許可してくれない。

「このままでいい」

オレは驚いた。長門の方からそんなことを言ってくるとは想像していなかったから、こ
の驚きもわかってもらえるだろう。けれど次に出た言葉は、オレをさらに驚愕させた。

「このままがいい」

それは、はっきりとした自己主張。あまりの出来事に固まってしまったオレは、結局、
長門と密着したまま長椅子に座り続けることになった。

まいったな。オレは暑さを凌ぐために図書館へやってきたのに、妙に体が熱い。という
か、すでに頭の中はいっぱいいっぱいだ。このままでは何か間違いでも犯しそうなので、
オレはあえて長門に進言した。

「なぁ、長門。オレはこれから映画でも行こうと思ってるんだが、一緒に行くか?」

そう問いかけると、長門は何か言いたげにオレをしばし見つめ、オレが困惑の表情を浮
かべようかと思った頃合いにコクンと頷いた。何を言いたかったのか不明だが、もしかす
ると、このまま密着していたかった……なんてのは、オレの妄想だけで十分だな。

その後、長門と見た映画は、この夏話題の映画と言われていたが、実際に見てみれば先
読みできてしまうようなチープなものだった。それでも、一夏の思い出としては満足でき
る一時だったのは、否定はしないさ。

うだるような暑さが続く中、オレはサバンナに迷い込んだ北極熊のように背を丸めて雑
踏の中を歩いていた。照り付ける太陽はアスファルトを直火に掛けたフライパンのように
熱し、吹き出す汗はシャツを濡らすと同時に乾いていく。
何故そんな暑さの中、外を出歩いているのかというと……何のことはない、母親からお
中元の手続きをしてくるように言い渡されて、一人寂しく町中のデパートまで出かけるハ
メになったからである。連日ハルヒの我が侭に付き合って遊び歩いていたことが、よっぽ
ど目に付いたようだ。

だから、オレはさっさと雑用を済ませて冷房の効いた部屋の中に戻り、安穏とした一時
を過ごしたかった。親からはお駄賃代わりに映画の無料チケットをもらったが、そんなも
のを見るつもりは、まったくない。

「あれ、キョンくん?」

デパートの中、やや時季はずれのお中元の手続きを済ませたオレは、そこで神に感謝し
たいほどの偶然の出会いを果たした。清楚なワンピースにリボン付きの麦わら帽子をかぶ
った朝比奈さんが、そこにいたのである。

「朝比奈さんとこんなところで会うなんて奇遇ですね」
「あたし、時間があるときはデパートでお買い物をよくしてるんです。部室で使ってるお
茶も、ここで買ってるんですよ」

なるほど、それはいいことを聞いた。つまり、暇なときにここへ来れば朝比奈さんと遭
遇する確率がかなり高い、ということか。まぁ、実際にはそんなストーカーじみたことを
するつもりはないが。いやホントに。

「キョンくんは、何をしてたんですか?」

「ああ、オレは親からお中元の手続きをしてくるように言われて……ま、お使いみたいな
もんですよ」
「お中元?」

それが初めて聞く言葉であるかのように、朝比奈さんは首をかしげた。未来にはそうい
う習慣がなくなってるのかね?

「ええっと、お盆の時期にお世話になった人にものを送る、この国らしい風習です。本当
はご先祖さまに供える日なんですけどね」
「へぇ~、なるほどぉ。あ、それなら……」

何を思いついたのか、朝比奈さんは自分の鞄の中から何かを探すようにごそごそしてい
たかと思うと、オレにマスコットの付いた携帯のストラップを差しだした。

「お中元です」
「え? いや、でも……」
「いいんです。キョンくんにはいつもお世話になってるし……それにほら」

朝比奈さんは自分の携帯を取り出した。そこには、同じマスコットの別バージョンが付
いた携帯ストラップがついている。

「デザインは違うけど、お揃いですよね」

えへへと笑う朝比奈さんは、そりゃもう反則的なまでに可愛かった。それはたぶん、オ
レとお揃いの携帯ストラップだから笑っている──と、自己解釈しておこう。

「大事にしますよ。じゃあ、オレからも……」

朝比奈さんには部室で毎日美味しいお茶を淹れてもらって、お世話になっているのだ。
むしろオレのほうから朝比奈さんにお中元を渡すのが道理というものだろう。
とは言え、何も渡すものが無いことに気がついた。うーん、困ったな。今から何かを買
いに行っても、朝比奈さんのことだ、恐縮して受け取ってくれないだろう。

……そうだ。

「朝比奈さん、このあと、時間はありますか?」
「え? ええ、あとはおうちに帰ろうと思っていたの。でも、どうして?」
「映画のチケットが一枚ありまして。でも一人で行くのは寂しくて、このまま帰ろうと思
ってたんです。よければ、一緒に行きませんか?」
「あ、その映画、ちょっと見てみたいなぁって思ってたんです。でも、いいの?」
「もちろん、映画代もオレが出しますよ。オレからのお中元ですから」
「えっ……と、それじゃご一緒しちゃいます」

ニッコリ微笑む朝比奈さんに、オレは内心でガッツポーズをとった。そしてこのときほ
ど、映画のタダ券をくれた母親に感謝したことはない。

その後、朝比奈さんと見た映画とは、この夏話題の冒険活劇もの。どうせなら甘いラブ
ストーリーがよかった気もするが、あいにく財布の中身がピンチなのでタダ券を使わざる
を得なかった。それでも、隣でハラハラドキドキしながら画面を見つめる朝比奈さんを盗
み見るのは、映画の内容よりも楽しかった出来事だ。

うだるような暑さが続く中、オレはサバンナに迷い込んだ北極熊のように背を丸めて雑
踏の中を歩いていた。照り付ける太陽はアスファルトを直火に掛けたフライパンのように
熱し、吹き出す汗はシャツを濡らすと同時に乾いていく。
何故そんな暑さの中、外を出歩いているのかというと……何のことはない、連日連夜、
ハルヒに連れられて外を出歩いていたもんで、家の中でじっとしていることに耐えられな
くなったからだ。

だから、どうせなら一人で過ごせて、夏らしいオレだけの思い出を作れそうな場所なら
どこでもよかった。こんな暑いのに、自分でも物好きだと思うがね。

「おんやぁ~? もしかしなくてもキョンくんじゃないかっ」

体力の消耗が激しいのでコンビニでアイスでも買おうかと思った矢先のこと、この炎天
下にグロッキーすらせず、それどころか妙にテンションの高い声が降ってきた。
振り返ると、ハルヒに負けないくらいの笑顔に八重歯がキュートな女性が、ぶんぶんと
手を振っている。6月の野球大会のときに、朝比奈さんが連れてきた……たしか、鶴屋さ
んという先輩だ。

「あ、どもっす」
「あっはは~、どもどもっ」

挨拶をすると、鶴屋さんは快活のいいしゃべり方に溌剌とした歩き方で近寄ってきた。

「むむっ!? 察するに、コンビニで冷たいもんでも買おうとしてたのかい?」

オレのぐでーっとした表情と、間近にあるコンビニを見比べて、夏バテとは無縁の表情
で尋ねてくる。

「さすがに暑すぎですからね。あ、もしよければ何か奢りますよ」
「おおうっ、さっすがキョンくん! うんうん、みくるがいつも話題に出すだけのことは
あるっさ。あまりの優しさに、おねーさんカンゲキしちゃったよっ!」

いやいや、ちょっと待ってくださいよ。オレはただ、アイスなりジュースなり、その程
度を奢るつもりだったんですが。

「あっはっは、わかってるっさ。それじゃ、お言葉に甘えちゃおっかなっ」

結局、鶴屋さんが選んだのは100円にも満たないラクトアイスだった。まるでオレの懐
事情を察してくれているかのような、チョイスに思わず感動してしまう。

「ところで、キョンくんは何してたんだい?」

一緒に並んでアイスを食べながら、あてもなく歩いているとそんなことを聞かれた。

「いや、今日は暇だったもんで一人でどこか行こうかと思ってたんですよ。あまりの暑さ
に、このまま帰るつもりでしたけど」
「ほうほう、なるほどねぇ。そいならさ、あたしと映画でも見に行かないかい?」

と言って、鶴屋さんは映画のチケットを二枚取り出した。この夏話題の、冒険活劇もの
だ……ってあれ、これどこかで見た気がするんだが……? ふむ、気のせいか。

「でも、オレでいいんですか?」
「ホントはみくると行くつもりだったんだけどね~。あの子、何か急用ができちゃったと
かでフラれちゃったのさっ。キョンく~ん、可哀想なおねーさんに付き合ってくれたって、
罰はあたらないと思うよっ」

そんな芝居がかったセリフで言われましてもね、こうなんていうか、グッと来るものは
少ないと思いますよ。

「むむぅ、なにやらナマイキくんだなぁ~。そんなこと言うと、映画に連れてってあげな
いよっ!」

珍しく頬を膨らませる頼れる先輩の姿に、我知らず苦笑が漏れる。おそらく、これは別
にオレを誘いたい口実というわけではないだろう。事実、朝比奈さんには急用が入ってし
まったに違いない。ここで出会ったのがオレじゃなくて、ほかの顔見知りでも鶴屋さんの
ことだから、映画に誘っていただろう。
もっとも、それが分かっているからと、わざわざ口に出すのは野暮ってもんだ。

「すいません、あまり女性から誘われる経験がないもんですから」
「またまたぁ~、そんなこと言っても騙されなよっ。まっ、とりあえず行こっかね! ハ
ルにゃんにはナイショにしといた方がいいのかな?」

やれやれ、上手くやり返されたか。出来ることなら、ハルヒどころか誰にも口外して欲
しくない気分ですね。

「そいじゃ、あたしとだけのヒミツだねっ!」

にぱっと笑う鶴屋さんは、それはもうかなり魅力的だった。やはりこの人には夏がよく
似合う。

その後、鶴屋さんと見た映画とは、初めて見るはずなのにどこかで一度は見たことのあ
る内容だった。それでも、面白かったことに違いはない。そして何より面白かったのは、
隣に座る鶴谷さんが映画の内容に応じて表情を七変化させていたことだろう。

さて、最後にこれだけは話しておく必要があるだろう。

これまでダラダラと話してきた内容だが、実際にオレが覚えているのは、その中のひと
つにすか過ぎない。というのも、すべての体験は同じ日の同じ時間の出来事であり、つま
るところハルヒが引き起こした『永遠に続く夏の二週間』に起こった、心温まるわけでも感
動するオチがあるわけでもないが、けれどオレにとっては忘れたくないエピソードなのだ。

何故オレがそれを知っているのかというと、オレが覚えている以外の話は夏休みが終わ
った部室で、暇つぶしに異なったシークエンスにどんなものがあったのかを長門から聞い
たことで判明した。
まさかオレは、自分の知らないところでSOS団に関わりある4人それぞれと二人きり
で行動していたとは夢にも思わなかった。どうせだったらその記憶だけでも残しておいて
ほしかったものだが……ま、ハルヒのことだ。そんな親切な真似はしちゃくれないだろう。

なので、紹介しているエピソードは申し訳ないが順不同で並べ立てている。

どれがオレも覚えている正解のエピソードか……なんてことを聞くのは野暮ってもんだ。
せめて無駄に夏を繰り返したオレたちへのご褒美として、二人の秘密にさせてくれたって
いいだろう?



|